【新着】エーリヒ・ヘーバルト/アンサンブル・コルディアのヴァイオリン協奏曲、悲しみ(ハイドン)

今日は新着アルバム。

Hobarth.jpg
TOWER RECORDS / HMV ONLINEicon

エーリヒ・ヘーバルト(Erich Höbarth)指揮、ヴァイオリン独奏、アンサンブル・コルディア(Ensemble Cordia)の演奏で、ボッケリーニのシンフォニア(G.522)、ハイドンのヴァイオリン協奏曲(Hob.VIIa:1)、ボッケリーニのチェロ協奏曲、ハイドンの交響曲44番「悲しみ」の4曲を収めたアルバム。収録は2013年5月9日、イタリア、ボルツァーノのコンサートホールでのライヴ。レーベルは墺fB。

最近にわかに活気づきはじめたハイドンの交響曲の録音。全集が進行中ですが怪我で進行が危ぶまれるファイ、最近全集の録音をスタートしたアントニーニとイル・ジャルディーノ・アルモニコ、全集になるかはわかりませんが、ニコラス・マギーガンとフィルハーモニア・バロック・オーケストラ、そして抜群のキレのよさを聴かせた、ロビン・ティチアーティ。ハイドンの交響曲演奏に新風をもたらす演奏がいろいろリリースされて嬉しい限り。そんななかのこのエーリヒ・ヘーバルトの新盤の登場です。

エーリヒ・ヘーバルトはご存知のようにモザイク四重奏団の第1ヴァイオリン。1956年ウィーン生まれのヴァイオリン奏者、指揮者。ウィーン音楽院、ウィーン国立音楽大学、ザルツブルクのモーツァルテウムなどで学び、モーツァルテウムではシャーンドル・ヴェーグに師事しています。1977年にはヴェーグに招かれ、ヴェーグ四重奏団の第2ヴァイオリンと、マスタークラスの助手となっています。1980年から87年までウィーン交響楽団の第1コンサートマスター、1979年からはアーノンクール率いる、ウィーン・コンツェントス・ムジクスのコンサートマスターと活躍しています。同じく1979年からはウィーン弦楽六重奏団を創設し、古典の作品を古楽器で演奏するスタイルで25年間にわたり同じメンバーで活動を続けました。1987年からはご存知古楽器で弦楽四重奏を演奏するモザイク四重奏団を創設しています。ヴァイオリンのソリストとしては多くの有名オケとの共演履歴があり、アルバムにも多数登場しています。最近では教職に就く一方2000年からはカメラータ・ベルンの芸術監督を務めています。

モザイク四重奏団の録音はハイドン、モーツァルトともに昔はよく聴いたアルバムでおなじみですが、ヘーバルトが指揮をしているとは知りませんでした。その腕前や如何に。

1曲目のボッケリーニのシンフォニアから、鮮やかで分厚い音色の古楽器オケが迫力満点、グイグイ引っ張る推進力、そしてしなやかに流れる音楽を聴かせます。これは期待できるかも。途中入るヴァイオリンソロはヘーバルトでしょうが、録音上はソロというよりコンサートマスター的にオケと比較的近くでかぶっている感じ。

Hob.VIIa:1 Violin Concerto [C] (c.1765)
古楽器オケ特有の鮮度の高い響き。序奏からオケのキラキラするような色彩感が印象的。序奏がいい感じだったんですが、ヘーバルトのソロが序奏のオケとは若干異なる距離感でいきなり入るので少々違和感があります。オケよりもソロのほうが明らかに残響が多く、ソロの録音とのミキシングの問題でしょうか。録音に若干違和感があるものの、ヘーバルトのヴァイオリンは楽器をよく鳴らしきった落ち着いたもの。定位感に違和感がある以外は悪くありません。演奏のタイプとしては愛聴盤のマルク・デストリュベ盤に近いですが、デストリュベがバランス良く流麗なのに対し、こちらは多少淀みはあるものの楽器自体を巧みに鳴らし、新鮮な響きを作っているという違いがあります。1楽章のカデンツァは派手さを抑えて楽器の美音をじっくり聴かせるタイプ。なかなか玄人好みの演奏です。
美しいメロディーが印象的なアダージョですが、ここではピチカートがバックなせいか定位感に違和感はありません。ヘーバルトが淡々と美音を奏でていきますが、ヴァイオリンの音の美しさ自体に惚れ惚れします。艶やかすぎず、古楽器の素朴な音色を生かしながら不思議と厚みも感じる音色。華美にならない落ち着きがあるのが素朴な美しさを保っているポイントでしょうか。
フィナーレはしなやかな迫力につつまれて入ります。曲想の切り替えが鮮やかで曲が引き締まります。やはり最新の録音だけあって鮮度の良さはかなりのもの。柔らかさを表現できるほどの鮮度と言えばいいでしょうか。フィナーレの起伏をダイナミックに描きながらヴァイオリンとオケが交互にせめぎ合います。いやいや、ライヴとは思えない完成度ながら、躍動感はライヴならではの出来。これはいい。

つづくボッケリーニのチェロ協奏協奏曲のチェロのソロの残響が少し多め。協奏曲が2曲とも同様の録音ということで、意図的なものかもしれませんね。

Hob.I:44 Symphony No.44 "Trauer" 「悲しみ」 [e] (before 1772)
さて、アルバムの最後に置かれたお目当ての「悲しみ」。予想どおり鮮度の高い迫力十分の古楽器オケの序奏から入ります。若干調律に乱れがなくもないですが、冒頭からオケが弾けてます。演奏に力がみなぎり、各奏者がちょと前のめりになりながら、一心不乱に合わせてくる、あのライヴの恍惚のようなものの気配が満ち溢れます。オケの各パートに少々荒さが見られますが、逆にそれが迫力につながっていて、音楽に躍動感を与えています。
つづくメヌエットも、音楽に込められたエネルギーは変わらず、オケがグイグイと推進します。フレーズごとに表情とテンポを次々と変えていきながら、この時期のハイドンの作品に共通する仄暗い表情を深めていきます。
ことのほか素晴らしかったのがつづくアダージョ。もともと美しい曲ですが、アンサンブル・コルディアの適度に粗いながらも古楽器特有の色彩感に溢れた音色、ヘーバルトによる音楽の豊かな表情が最も生き生きと聴かれた楽章。この演奏より精度の高い演奏は多々ありますが、音楽の豊かさにかけてはこのアルバムにかなう録音は多くはありません。作為のない音楽の魅力といったらいいのでしょうか。
予想どおり、フィナーレはものすごい迫力の入り。火の玉のようなオケ。力みすぎて違和感を生じる演奏も多いなか、不思議に違和感を感じることはなく、畳み掛けるオケの魅力が実にうまくとらえられています。吹き抜けるようなフィナーレ。ライヴですが会場ノイズはまったく気にならず、拍手もカットされています。

エーリヒ・ヘーバルトの振るアンサンブル・コルディアという古楽器オケによるハイドンとボッケリーニの協奏曲、交響曲を収めたアルバム、意外に迫力重視の演奏。モザイク四重奏団の演奏からヴァイオリンの美音の印象は想像できましたが、オケから色彩感豊かな響きとこれだけの迫力を引き出すとは想像できませんでした。演奏の精度に着目するとあまりいい評価はできませんが、音楽の面白さは逆に粗さが豊かさにつながり、太い筆で書いた独特の書のような趣を感じさせ、これはこれでいい演奏です。私は気に入りましたので評価は[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

交響曲76番オックスフォード交響曲90番ライヴ録音ヴィヴィアーニバリトン三重奏曲四季ロンドンピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:21ベートーヴェンピアノソナタXVI:19古楽器ピアノソナタXVI:23先生と生徒音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲オルガン協奏曲XVII1:1協奏交響曲ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲93番軍隊ヒストリカル交響曲70番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番トランペット協奏曲悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6モーツァルトヨハン・クリスチャン・バッハ交響曲4番ピアノ三重奏曲ピアノソナタXVI:51豚の去勢にゃ8人がかり十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモーバッハヘンデルスカルラッティショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフタリスリヒャルト・シュトラウスヨハン・シュトラウスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71ブルックナー交響曲88番ベルリオーズウェーベルンベンジャミンナッセンメシアンシェルシグリゼーヴァレーズ弦楽四重奏曲Op.20交響曲67番交響曲9番交響曲65番交響曲73番交響曲39番交響曲61番狩りリームアンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打ボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74無人島騎士オルランドアルミーダ変わらぬまこと哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲27番交響曲19番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ドニぜッティライヒャロッシーニ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26アレグリモンテヴェルディパレストリーナバード美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌オフェトリウムカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ