作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

アンドリュー・ワイルドのピアノソナタ集(ハイドン)

4
0
旅行記にかまけておりましたので久々のレビューとなってしまいました。ハイドンを愛する正規の読者の皆さん、あいすみません。今日はピアノソナタの名盤です。

AndrewWilde.jpg
amazon

アンドリュー・ワイルド(Andrew Wilde)のピアノによるハイドンのピアノソナタ3曲(Hob.XVI:20、XVI:42、XVI:44)とアンダンテと変奏曲(Hob.XVII:6)の4曲を収めたアルバム。収録は1991年10月、ロンドンの北東約20kmのところにあるラフトン(Loughton)のセント・ジョーンズ教会でのセッション録音。レーベルは英Collins CLASSICS。

このアルバムもしばらく前から湖国JHさんに貸していただいているもの。なぜか当家のCDプレイヤーと相性が悪く、ちょっと音飛びするところがあるのですが、試行錯誤しているとMacなら聴けることがわかりました。演奏はピアノの美しい響きと静寂の織りなす綾をうまく表現した名演盤。ハイドンのピアノソナタを謙虚に弾きつつ、その真髄を極めた演奏といっていいでしょう。

演奏者のアンドリュー・ワイルドはまったく未知の人なので、ちょっと調べてみますが、ライナーノーツには奏者の情報がまったくありません。ということでいつものようにネットで調べた情報。1965年イギリス生まれのピアニストでマンチェスターのチェザム音楽学校、ロイヤル・ノーザン・カレッジで音楽を学び、ピアニストとしてはショパンを得意としている人。活動は主にイギリスやアメリカのようで、ロンドンフィルをはじめとするイギリスの主なオケとは共演履歴があります。いずれにしても日本で知っている方は少ないのではないでしょうか。

Hob.XVI:20 Piano Sonata No.33 [c] (1771)
教会での録音らしくピアノの余韻の美しい録音。ピアノの響きの透明感はかなりのもの。録音のマイク設定などが上手いのでしょう。ワイルドのピアノはオーソドックスな演奏ですが、自然な流れの中にもテンポをすっと落とすところのさりげない美しさ、高音のメロディーがすっと抜けるような爽やかさが感じられる実に品のいい演奏。よく聴くとかなりテンポを自在に操っているんですが、それと感じさせない自然さがあります。作為的に聞こえる感じは皆無。ピアノ自体が音楽を語っているような印象。速いパッセージの音階は非常に軽やかで音階の大きな起伏だけが目立ち、細かい音階は小々波のように聞こえます。このXVI:20はハイドンのソナタの中でも格別美しいメロディーがちりばめられていますが、その美しさの結晶のような演奏。1楽章から引き込まれます。
綺羅星の輝きのような美しさに打たれる2楽章。ワイルドの自然なタッチと作為のない佇まいは冒頭から澄み切った冬の夜空に天の川を眺めるがごとき至福のひととき。あまりの自然さ、凛とした美しさに言葉になりません。淡々と進むピアノから自然に詩情が滲み出てくる感じ。
その自然さをそのまま引き継いでフィナーレに入り、ピアノを美しく響かせながら自然な感興で適度にダイナミックに攻めてきます。冒頭から一貫したスタンスの演奏。川の流れのようにしなやかに表現を変えながらここまで滔々と音楽が流れます。最後はピアノ全体を鳴らしきって終了。これはいいですね。

Hob.XVI:42 Piano Sonata No.56 [D] (c.1783)
つづいて2楽章構成の曲。ピアノの響きの美しさを存分に味わえる曲。高音の響きの美しさを聴かせたかと思うと、中音、低音もそれに合わせて実に深い響きで呼応。どの音も実に立体的に鳴り響きます。鍵盤からこれほど彫刻的な音が紡ぎ出せるのが不思議なほど。音の隅々までコントロールされた至高の名演です。ブレンデル盤やアックス盤以上にピアノの響きの美しさに酔える演奏。
2楽章はあっという間に終わる短い曲ですが、忙しく上下する音階の合間に楔のように強音を挟んで、素晴らしい力感を見せつけます。あまりの展開の見事さに息を呑むほど。

Hob.XVI:44 Piano Sonata No.32 [g] (c.1771)
もう1曲2楽章構成の曲。今度は短調でリズムの面白さを聴かせる曲。なかなか巧みな選曲。ピアノの響きを美しく聴かせる曲をうまく選んでいる感じ。いい意味で弾き散らかすようなタッチの面白さを感じさせます。2楽章もリリカルな曲調が美音で際立ち、磨き抜かれた響きの中にメロディーがくっきりと漂う絶妙な音楽。ここまで完璧な演奏。この完成度は尋常ではありません。そしてピアノのコンディションも完璧。全てが調和した奇跡の瞬間のような音楽。

Hob.XVII:6 Andante con Variazioni op.83 [f] (1793)
最後は数多の名演ひしめく名曲。これまでの演奏からその出来についてはまったく不安はありません。どれほどの起伏と翳りの深さを聴かせてくれるのでしょうか。冒頭の入りはこのあとの展開を際立たせるためか、実に穏やかな入り。変奏が進むにつれて徐々に起伏が大きくなり、曲もうねりを伴って展開していきます。それでも自然さと、フレーズごとにしっかり休符をとって曲の構成を浮かび上がらせる手腕は前曲までと変わらぬレベル。オーソドックスではあってもこの名曲の名演に名を連ねるレベルに仕上がっています。

まったく未知の存在だったアンドリュー・ワイルドによるハイドンのピアノソナタ集ですが、ピアノから美しい響きを紡ぎ出すことにかけては一流どころに引けを取るどころか、十分勝負になる演奏。この人のアルバムはベートーヴェンのソナタ集の他数枚しかリリースされていないようですが、マーケットはこれほどの腕前のピアニストを見過ごしていたのでしょうか。ハイドンに関する限り、このアルバムはピアノソナタのおすすめ盤として、ブレンデルやアックス盤以上の魅力をもっています。評価は全曲[+++++]としておきます。

このアルバムをリリースしているCollins CLASSICSですが、このレーベル、ロバート・ハイドン・クラークの交響曲集など、ハイドンに関しては素晴らしいアルバムをリリースしており、ハイドンファンにはとりわけ重要なレーベルだと思います。こういう素晴らしいレーベルが生き残っていないのは大きな損失ですね。

2015/04/09 : ハイドン–弦楽四重奏曲 : ヴァンブラ弦楽四重奏団のラルゴ(ハイドン)
2010/07/19 : ハイドン–交響曲 : ロバート・ハイドン・クラークの交響曲集

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

4 Comments

There are no comments yet.

Skunjp

宝の山

Daisyさん、お帰りなさい(笑)
しかしDaisyさんは親孝行ですね。私も老母と同居していますが、あそこまであちこち連れて行くことはできません。敬服します。

アンドリュー・ワイルドですか。良さそうですねー。でもamazonで見ると目が飛び出るような値段。全く芸術を投機の対象としか考えないヤカラには腹が立ちます。

naxosで聴けないかなと行ってみたのですが、この盤は登録されていません。collinsのハイドンでは他にアルベルニ四重奏団のOp76がありましたので少し聴いてみました。柔らかく味のある演奏です。いつかゆっくり聴いてみたいです。collinsは地味ですが奥の深いレーベルと見ました。

さてハイドンのピアノソナタです。このジャンルは今まであまり聴いていませんでした。かつて副科ピアノでハ長調ソナタを弾いたことがあるのですが、若気の至りでハイドンをなめていましたね。今の耳で聴くとハイドンの奥深さがよくわかります。全くハイドンは、身近にあるのに訪問者の少ない宝の山ですね。

というわけでこのジャンルは開拓し甲斐があります。Daisyさんお勧めで、購入して特に良かったのはダリア・グロウホヴァ盤です。私の定番であるオルベルツが玄米ご飯だとすれば、グロウホヴァは超高級スイーツという感じです。ほっぺが落ちそうです。

もう1枚狙っているのが、これもDaisyさんお勧めのラグナ・シルマー盤。こちらも美形。naxosで聴けばこれは非常に爽やか。まさに「清透な清水の流れのような透明感溢れる響き」が心地よいです。かつ非常に深い打鍵がハイドンの真実をえぐりだしている感じがします。

もう少しでシルマーをポチリそうなのですが、今現在はフスのノットゥルノ(名曲の超名演!)第2巻が欲しいのに単品ではなく、Bisの組み物を買わざるを得ないので迷っています。

  • 2015/10/21 (Wed) 11:50
  • REPLY

Skunjp

追伸

あれからamazonを検索しておりましたらアンドリュー・ワイルドのHaydn;Piano Variations というのがありましたのでポチリました。約10日後の到着が楽しみです。

ついでにロバート・ハイドン・クラークの49番、100番も購入。今、naxosで49番を聴きながらこれを書いています。非常に素晴らしいですね。透明で清らか、そして上品。受難なのにいたずらに暗くならず明るい演奏。しかも深い情感と生命感に満ちています。特に私が良いと思う点はリズムの推進力です。ある時はサラサラと浅瀬を走り、またある時は深い淵をたたえてひたすら流れる深山の清流のよう。このロバート・ハイドン・クラーク、さすがに名前からしてただならぬ指揮者です。

またまた名演盤のご紹介をいただきありがとうございました。ちなみに両方とも日本通貨の最低単位でした。
…いったいどうなってんの?(笑)

  • 2015/10/22 (Thu) 10:01
  • REPLY

Daisy

Re: 宝の山

Skunjpさん、コメントありがとうございます。

旅行記の方はいつもダラダラとお恥ずかしい限りです。どちらかといえば親孝行な方なのでしょうが、母親のイベントということで自分も楽しんでいるという面もありまして、それにかまけていい宿泊まったり、いいワイン開けたりして楽しんでます(笑)

さて、アンドリュー・ワイルドですが、こういったマイナー盤をどう入手するかは考えものですね。私も欲しいのに手に入らないアルバムがいろいろありますが、買い物リストに記録していつも探していると、そのうち手にはいるというのが流れです。中古やオークション、海外サイトなどを気長に探すというところでしょう。amazonの中古も時折いい値段のものがありますし、オークションでも結構せり上がることがあります。この辺はコレクション価値のあるものすべて同じことでしょう。アンドリュー・ワイルドに高値をつけるというのは、もしかしたら相当な「見識」の持ち主かもしれませんね(笑) その辺も含めて楽しむのが良いのではないでしょうか。ちなみにnaxosや、Apple Musicに登録されていれば聴くことはできますが、不思議とコレクション欲を満たしてはくれません。これは聴くことが趣味なのか、集めることが趣味なのかの違いでしょう。私は表向きは前者ですが、最近正直、後者に近くなっています(苦笑) 大脳皮質ではなく大脳髄質にコレクション司令が刻み込まれてしまっているようです。ということで冷静な思考を若干失いつつ(笑)ハイドンの世に出ているアルバムはコレクションすべきというミッションを遂行中というわけです。

ラグナ・シルマーもフスもハイドンの面白さを存分に楽しめるアルバムゆえ、お楽しみください!

  • 2015/10/24 (Sat) 09:37
  • REPLY

Skunjp

さすがDaisyさん

>アンドリュー・ワイルドに高値をつけるというのは、もしかしたら相当な「見識」の持ち主かもしれませんね(笑) その辺も含めて楽しむのが良いのではないでしょうか。


そうですね。そう考えると腹も立ちませんね。さすがDaisyさん(笑)。手に入りにくい盤は気長に待ちましょう。

私もコレクション大好きです。音声ファイルで音は聴けますが、CDを所有しないと落ち着きませんね。

最近、ピアノソナタに開眼しています。今朝もホロヴィッツのラストレコーディングを聴きました。力が抜けきっているのに充実した音楽。素晴らしいです!終楽章のフッと力を抜く余裕が底知れない音楽性をうかがわせます。しかもリズムは若い鹿のように研ぎ澄まされています。晩年のホロヴィッツは恍惚の老人風(失礼)に見えたのですが、実際は違ったようです。この人の音楽的叡知は最後まで衰えなかったのでしょう。

  • 2015/10/24 (Sat) 11:21
  • REPLY