作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

ペーター・アルノルトのホルン協奏曲(ハイドン)

0
0
10月最初の記事は協奏曲。

PeterArnoldHorn.jpg
amazon

ペーター・アルノルト(Peter Arnold)のホルン、エルンスト・ウィダム(Ernst Wedam)指揮のボフスラフ・マルティヌー・フィルハーモニー(Bohuslav Martinů Philharmonie, Zlin)の演奏で、ハイドンのホルン協奏曲(Hob.VIId:3)、伝ハイドンのホルン協奏曲(Hob.VIId:4)、カール・シュターミツのホルン協奏曲、ミヒャエル・ハイドンのホルン協奏曲の4曲を収めたアルバム。収録は1992年1月19日から24日、チェコのズーリン(Zlin)のDům Umeníというコンサートホールでのセッション録音。レーベルはDEUTSCHE SCHALPLATTEN。

このアルバムもホルン好きな湖国JHさんから貸していただいているもの。アルバムの存在も奏者も未知のものゆえ、CDプレイヤーにかけ、最初の音が響くまでの緊張感がたまりません。

奏者のペーター・アルノルトは1952年、ルクセンブルク国境に近いドイツのトリール(Trier)という街の生まれ。バーデン=バーデン、ハイデルベルクで父、カール・アルノルトに学び、エッセンではホルンの巨匠、ヘルマン・バウマンに師事します。多くのホルンコンクールで優勝し、1974年にエッセンフィル、1976年にはSWF放送響の首席ホルン奏者に抜擢され、以後は室内楽やソリストとして国際的に活躍したとのことです。

ボフスラフ・マルティヌー・フィルハーモニーは1946年設立と歴史あるオケ。ヨーロッパでは知られた存在のようですが、録音が少ないせいか知名度はイマイチ。ただチェコのオケということで、それなりに良い響きが期待できそう。指揮のエルンスト・ウィダムについてはあまり情報がありませんし、録音もこのアルバム以外に目立つ録音もなさそうな人。

マイナー盤の香りが立ち昇って、目にしみる感じですが、このようなアルバムに良い演奏が多いという経験的な推論がジャストミート。このアルバム、なかなかの出来です。

Hob.VIId:3 Concerto per il corno [D] (1762)
年代なりの燻らせたような響きは感じるものの、冒頭の序奏から実にしっとりとオケが入ります。オケはかなりレガートを効かせて流れの良い演奏。音楽が躍動する見事な入り。アルノルトのホルンは最初は少し奥に定位して、控えめですが、ホルンの音色は実にしなやか。磨き抜かれて角がとれたまろやかな音色。録音は実に自然でオープンリールのマスターテープのような安定感。力みもなく、自然なテクスチャーで演奏が続きます。1楽章は力の抜け具合が尋常ではありません。どうしたらこれほど素朴に音楽が奏でられるのでしょうか。カデンツァではアルプスに響きわたるようなゆったり壮大なホルンのソロ。ホルンという楽器に宿る魂が自ら歌っているような超自然なホルン。ソロも指揮も、オケも私欲ゼロの素朴な音楽にゆったり浸かります。
聴きどころの2楽章。ゆったりしたテンポというか気配というか、癒しに満ちた時間が流れます。これほどしみるアダージョは久しぶり。オケの序奏だけで昇天しそうな安らぎ。ゆったりとホルンが入るとさらに癒しが深くなります。すぐに音程が下がりますが、これほどしっとりと鳴らすホルンは初めて。もはや協奏曲というソロとオケの緊張感は消え去り、ひたすら安らぎだけを紡いでいこうとしているよう。溶けてバターになっちゃいそうなほどのとろけ具合。ホルンの抑えた低音が心に滲みまくります。オケの伴奏がかなりの起伏で大波を送り、それにホルンが揺られるような心地良さ。この楽章のカデンツァはもはやホルンの魂そのもののような凝縮感。
ゆったりした気配を引き継いでフィナーレに入りますが、オケのしなやかさは変わらす、ホルンを綿で包むような優しいサポート。それにそっと寄り添うアルノルトのホルン。とんがったところは皆無。そしてオケに合わせて朗々と歌うホルンの魅力を垣間見せながら、ゆったりと音楽をつくっていく才能を持っています。最後のカデンツァで朗々と響きわたるホルンの音色を聴かせて終了。いやいや、これは絶品ですね。

Hob.VIId:4 Concerto per il corno [D] (1781) by Michael Haydn?
現在ではハイドンの作品ではないであろうと思われている曲ですが、録音は少なくありません。表情を抑えながらもホルンの魅力ある音色で吹き続けるアルノルトの妙技に惚れ惚れとします。オケも前曲と変わらず好サポート。どちらかと言うと雄弁なオケに、ゆったりとしたホルンが寄り添っている感じ。難しそうな音程のジャンプをそれなりに難しそうに演奏するあたりが、アルノルトの巧さと見ました。自然なカデンツァがここでも好印象。ホルンの語り口の巧さが光ります。
短調のリリカルなメロディーが印象的な2楽章、入りからオケが鳴きまくりです。ホルンは逆にかなり表現を抑えて淡々、朗々、ゆったりと音楽を紡いでいきます。抑えた表現から情感が滲み出る名演。ソロもオケもしっとりと濡れたようなしなやかさがあり、それが音楽を静かに生き生きと進めさせます。
フィナーレも抜群の安定感。ここまで、テンポは揺らさず、しっとりと控えめな表情は変えず、一貫した演奏。それなのに楽章間の対比が単調だと感じさせることは皆無、音楽は弾みながら静かに躍動します。これはなかなかできることではありません。ホルンもオケも見事すぎる素晴らしさ。最後のカデンツァも自然さを保ちながらのホルンの妙技に痺れました。完璧。

この後のシュターミツ、ミヒャエル・ハイドンの協奏曲も見事。特にシュターミツのホルン協奏曲がこれほど面白い曲だと初めて知りました。

未知のホルン奏者、ペーター・アルノルト。ホルンはテクニックではなく、音色をコントロールしながら、どう響かせ、どう歌わせるかだとでも言いたげな素晴らしい演奏。デニス・ブレインの図太い直裁なホルン、師であるヘルマン・バウマンのきっちりとコントロールされたホルンとも異なるしなやかな演奏ですが、説得力はブレイン、バウマン以上に感じます。伴奏のエルンスト・ウィダムとボフスラフ・マルティヌー・フィルハーモニーも、無名ながら、実に味わい深い演奏でソロを支えています。このアルバム、これまでに聴いたホルン協奏曲のベスト盤だと思います。チェロ協奏曲における、エアリング・ブロンダル・ベンクトソン盤のような存在。しなやかな癒しに満ちた名盤です。評価は両曲とも[+++++]とします。湖国JHさん、これは見事ですね!

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.