作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

【新着】フランソワ・ルルーのリラ協奏曲、オーボエ協奏曲(ハイドン)

0
0
まだまだ新着アルバムが続きます。

FrancoisLeleux.jpg
TOWER RECORDS / amazon / HMV ONLINEicon

フランソワ・ルルー(François Leleux)のオーボエと指揮、ミュンヘン室内管弦楽団(Münchener Kammerorchester)の演奏で、 フンメルの序奏、主題と変奏(Op.102)、ハイドンのリラ協奏曲2曲(Hob.VIIh:4、VIIh:2)と伝ハイドンのオーボエ協奏曲の4曲を収めたアルバム。収録は2014年2月8日から10日にかけて、ミュンヘンのバイエルン放送第1スタジオでのセッション録音。レーベルはSONY CLASSICAL。

このところSONY CLASSICALより続々とハイドンの新録音がリリースされています。このアルバムもそのうちの1枚。オーボエ奏者のフランソワ・ルルーを看板にしたアルバムですが、不思議なのは彼よりネームバリューのありそうなエマニュエル・パユがフルート奏者として参加しているのに、まったく写真が露出していないこと。レーベル間の大人の事情によってこうなっているのでしょうか(笑)

フランソワ・ルルーはジャケット写真では貫禄ある姿に写っていますが、意外に若く、1971年、フランス北部のベルギー国境の街、クロワ(Croix)生まれのオーボエ奏者。パリ国立高等音楽舞踏学校でオーボエの名手、ピエール・ピエルロらに師事、18歳でパリオペラ座管弦楽団の主席オーボエ奏者となります。トゥーロン国際コンクール、ミュンヘン国際音楽コンクールで1位となり、1992年から2004年までバイエルン放送交響楽団の主席奏者を務め、現在はヨーロッパ室内感のソロ・オーボエ奏者とのこと。教育者としてはミュンヘン音楽演劇大学の教授として活躍しているとのこと。日本では東京都響、新日本フィル、大阪フィルなどと共演しているということでご存知の方もあるでしょう。

そのルルーが、ハイドンとその後任となったフンメルの曲を収めたアルバムということで、アルバムタイトルは「エステルハージ家の協奏曲」ということで、ハイドン、フンメルが仕えたエステルハージ家を軸にしたアルバム。

最初に置かれたフンメルの序奏、主題と変奏Op.102はもともと4手のピアノために1822年に書かれた曲を2年後にオーボエと管弦楽のために書き直されたものとのこと。劇的に始まりシューベルトのような穏やかなメロディーの美しさが特徴の曲。ルルーの表情豊かなオーボエによってフンメルのメロディーメーカーの才が浮かび上がります。流石にルルーのアルバムだけあって、オーボエの魅力が際立ちます。音階のデリケートな表現と鮮やかなキレが見事。

ハイドンのリラ・オルガニザータ協奏曲のリラ・オルガニザータはルルーのオーボエと、パユのフルートによって奏でられます。これまで取り上げたリラ・オルガニザータ協奏曲の演奏をリンクしておきましょう。

2012/01/11 : ハイドン–協奏曲 : シュツットガルト・ソロイスツのリラ・オルガニザータ協奏曲、オルガン協奏曲
2011/09/02 : ハイドン–協奏曲 : 【新着】ウォルフガング・シュルツによるリラ・オルガニザータ協奏曲
2011/04/29 : ハイドン–交響曲 : ブリュッヘン/モーツァルテウムのリラ・オルガニザータ協奏曲、84番

Hob.VIIh:4 Concerti per la lira organizzata [F] (No.2) (1786)
アレグロ、アンダンテ、フィナーレの3楽章構成。アレグロは手回しオルガンのようなおもちゃっぽい響き炸裂。オーボエとフルートのソロは神がかり的な精度でリラ・オルガニザータの音色を再現。ハイドンによるユーモラスなメロディーが次々と湧き出してくる快感に酔いしれます。ソロとオケの一体感。そして転調しながら陶酔の彼方へ。アンダンテはしっとりと落ち着いた演奏。中間部の静けささえ感じる瞬間が秀逸。そしてコミカルさが際立つフィナーレへ。フレーズ毎にテンポや表情を巧みに変化させながらこの曲の面白さを存分に表現しようとういうことでしょう。先日取り上げたノリントンのパリセットと同様鮮明な録音が演奏の面白さを引き立てます。

Hob.VIIh:2 Concerti per la lira organizzata [G] (No.3) (1786)
ヴィヴァーチェ・アッサイ、アダージョ・マ・ノン・トロッポ、ロンドの3楽章構成。いつもながらハイドンの同時期に作曲された曲の変化の巧みさに唸ります。リラ・オルガニザータの音色の面白さを推進力に昇華させて聴かせようということでしょうか。オケのノリノリの推進力とオーボエとフルートによるユーモラスな音色の対比の妙。ゾクゾクするような臨場感。音楽の持つ多彩な面白さを感じないわけにいきません。2楽章はざらついたオケの響きとリズムの溜めが意表をつきます。よく聴くとフルートのパユの音色の美しさを感じるのですが、意識的にか、裏方にまわってオーボエのルルーを引き立てるのに徹しています。結果的にルルーの美音が際立ちます。3楽章は意外にあっさりとした表情ですが、それによって音楽自体の面白さが浮かびあがります。ところどころに挟まれたオーボエの修飾音のキレのよさにハッとさせられます。

Concerto per il oboe [C] (Hob.VIIg.C1)
最後は伝ハイドン作のオーボエ協奏曲。最近何枚かアルバムを取り上げています。古典的な均整のとれた曲ゆえ、ハイドン作ということで長らく認識されてきた曲です。この演奏でもオケのキレの良さが印象的。小編成ながら、ゴリっとしたオケの低音の迫力を存分に活かした演奏が痛快。リラ・オルガニザータ協奏曲が曲をうまく生かした変化に富んだ演奏だったのに対し、こちらはややオーソドックスな入り。ただしオーボエもオケもキレキレで実に面白い。鮮やかに吹き上がるオケ、余裕たっぷりに間をとって入るオーボエの粋なソロ、そして物憂い翳りを感じさせるオーボエの表情の変化。ルルーの自在な指揮とソロの魅力に釘付けです。非常にレベルの高い演奏。古典的な曲の垢がはがされ鮮やかな姿が蘇ります。1楽章最後のカデンツァではオーボエの宇宙への交信的信号音のような音を聴かせてビックリさせます。
アンダンテはオーボエの美音の独壇場。オーボエの名手といえばホリガーが有名ですがホリガーが天上に昇るような透明感を感じさせるのに対し、ルルーのオーボエは豊かな音色と濃いめの起伏が特徴という感じでしょうか。このアンダンテでもオーボエの美音を色濃く感じさせる演奏で圧倒。
3楽章はオーボエのソロと吹き上がるオケの対比を変幻自在に繰り返し、陶酔感へ誘います。音階の滑らかさとキレに圧倒されます。やはりルルーのテクニックに釘付け。最後はゴリっと締まって終わります。

はじめて聴くフランソワ・ルルーによるハイドンのオーボエが主役の曲3曲を収めたアルバム。いかつい姿をジャケットに晒すだけあって、ルルーのテクニック、音色は素晴らしいものがあります。リラ・オルガニザータ協奏曲のコミカルな魅力、そして伝ハイドンのオーボエ協奏曲の力感漲る演奏も見事。ソリストしてもオケのコントローラーとしての指揮者としても見事な手腕でした。ハイドン(伝ハイドンを含む)の3曲はいずれも[+++++]としておきます。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.