フランツ・フォアラーバーのピアノ協奏曲XVIII:3ライヴ(ハイドン)

何気なく手に入れたアルバムですが、なかなかすごい演奏です。

Vorraber.jpg
HMV ONLINEicon / amazon(mp3) / TOWER RECORDS

フランツ・フォアラーバー(Franz Vorraber)のピアノと指揮、彼の友人を集めた弦楽オーケストラの演奏による、ハイドンのピアノ協奏曲(Hob.XVIII:3)、メンデルスゾーンのピアノと弦楽のための協奏曲の2曲を収めたアルバム。収録は2011年6月4日、ドイツ南部、シュツットガルト北西のマウルブロンにある世界遺産のマウルブロン修道院でのライブ。レーベルは独K&K VERLAGSANSTALT。

このアルバム、実に不思議なジャケット。アルバムの表面には"Grand Piano Masters - Mendelssohn & Haydn Concertos"としか書かれておらず、奏者名はなし。裏面には"Franz Vorraber Plays"と書かれ、これがピアニストの名だろうと想像力で補いますが、協奏曲ですから指揮者やオケはどうなっているのだろうと、ビニールを剥がすまでわかりません。超廉価版ならまだしも、中身はかなりまともな演奏にもかかわらず、かなり変わった作りのアルバムです。

さて、肝心のピアニスト、フランツ・フォアラーバーについて調べておきましょう。彼のサイトがありました。

Franz Vorraber - Pianist, Klassik, Robert Schumann Interprit

オーストリアのグラーツ生まれのピアニスト。ヨーロッパではシューマンのスペシャリストとして知られた人のようです。オルガン奏者を父にもち、幼少時から教会でオルガンを演奏し、ヴァイオリンも学んだそうです。専門的な教育はグラーツ音楽院、フランクフルト音楽院で受け、ケンプやハンス=ヨアヒム・エルハルトらに師事。卒業後ベーゼンドルファー賞、ウィーン省賞(he prize of the Austrian National Ministry of Vienna )に輝きました。デビューリサイタルは19歳の時に、なんと東京で開催したとのこと。以後ヨーロッパを中心に世界的に活躍しているということです。

Hob.XVIII:3 / Concerto per il clavicembalo(l'organo) [F] (1765)
臨時編成のオケとは思えない絶妙な呼吸の伴奏から入ります。テンポは速め、リズムは小気味よく刻み実に生気に富んだオーケストラコントロール。弾き振りの域を超えています。石造りの修道院らしく残響を伴う録音ですが、ピアノもオケも鮮明さはそれなりにあります。なにより素晴らしいのがフォアラーバーのピアノの輝くようにほとばしる才気。オケのキレも素晴らしいのですが、それを上回るキレ。まるで音が立っているよう。このハイドンの初期のピアノ協奏曲からあらん限りの才気を描き出すよう。フォアラーバー、只者ではりません。実にキレの良いアクセントをそこここに織り交ぜ、右手が紡ぎ出す音階の輝かしいことといったらありません。アルゲリッチを超えるようなカミソリのようなキレとダイヤのような輝き。テクニックの鮮やかさは素晴らしいのですが、それをひけらかすような音楽性のアンバランスはなく、あくまでも古典期のハイドンの曲を鮮烈に蘇らせるという範囲を保っているので、安心して聴いていられます。1楽章のカデンツァはキレの良いピアノタッチと会場に広がる余韻の消え入る様子を巧みに組み合わせた見事なもの。響きの良い会場であることを考えたものでしょうか。1楽章から衝撃的な素晴らしさにノックアウト気味。
美しいメロディーが心地良い2楽章のラルゴ・カンタービレ。淡々と入りますが、オケとピアノキレは変わらず、徐々にピアノの美しいメロディーが沁みてきます。満天の星空のような素晴らしい景色。オケのピチカートも弾み、ピアノがそれに応えながらの演奏。時折聞こえる咳払いにライヴであることに気付かされます。ラルゴにしては足早ですが、響きの澄み切った美しさに酔わされます。絶品。
期待通りフィナーレは素晴らしい推進力。ピアノのリズムのキレは恐ろしいほど。オケもヴァイオリンの旋律をかなりエキセントリックに響かせて、キレにはキレで応じます。終盤の音階が繰り返し遅いかかる部分では音数の多さに混濁寸前のカオス。迸るエネルギーに圧倒されます。ピアノは楽器のもつダイナミックレンジをフルに響かせます。この曲では拍手はカットされています。

つづくメンデルスゾーンのピアノと弦楽のための協奏曲はハイドン以上に表現が突き抜け、最後には観客から盛大な拍手を浴びて終わります。まさに奇跡の瞬間のような素晴らしいコンサートの記録でした。

まったく存在すら知らなかったフランツ・フォアラーバーという人。この演奏によってハイドンの演奏に一石を投じたことになります。まったく期待せずCDをかけてみると、キレキレの音楽が噴出。はっきりいってピアノはアルゲリッチよりキレてます。オケのコントロールも見事の一言。世の中には素晴らしい才能を持った人がいるものです。略歴で触れたように日本でデビューリサイタルを開いたということで、ご存知の方もいるかもしれませんね。要注目のピアニストです。評価はもちろん[+++++]です。いやいや、素晴らしい。皆さん是非このエネルギーに打たれてください!

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノ協奏曲XVIII:3 ライヴ録音

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつも有益な情報ありがとうございます。
ハイドンに目覚めて?からこちらのブログを参考に少しづつ揃えています。
こちらのアルバムも非常に良さそうですね。
メンデルゾーンが入っているのも良いです。私はハイドン始めシューマン、メンデルスゾーン、ウェーバーなど何故か評価が低めな作曲家が好きなので…

閑話休題

ここでの演奏はホルン無しな演奏でしょうか?
フォアラーバーはHob.XVIII:4も録音しているようですがお聞きになりましたでしょうか?

Re: No title

論より感覚さん、コメントありがとうございます。仕事がバタついており返信が遅くなり申し訳ありません。

この珍しいアルバムに目を向けられるとは! このアルバムに収められたHob.XVIII:3はもともとチェンバロと弦楽合奏のための曲なのでホルンは入っておりません。念のため聴き直してみましたが、オケは弦楽合奏ですね。

コメントをいただいてXVIII:4をネットで探してみると、これはCDではなく、ネット配信のようですね。Apple Musicをちょっとかじるくらいで、まだネット配信で音楽を聴くというハイカラな作法に慣れていないため、なんとなくハードルが高いというところです。そろそろDACくらい導入しなくてはいけませんね。聴いて良ければレビューに取り上げたいと思いますので、気長にお待ちください。

No title

お忙しい中ありがとうございます。
該当曲のスコアの情報を見たらホルンがオプションのような記載があったので確認させていただきました。
お手数おかけしました。
ピアノ協奏曲欲しくてこちらのレビューをちょくちょくチェックさせて頂いでいます。

XVIII:4はDLのみなんですね、最近当方はお小遣いと家族にバレない?ようにロスレスのDL購入ばかりです。
本アルバムはCDだけのようですね。
どのアルバム買うかもう少し悩みます…

買ってしまいました。

結局アマゾンで残り1枚なのをみて注文してしまいました。
ついでにXVIII:4も$5ちょっとだったのでおもわず注文してしまいました。
あとはXVIII:11が欲しいのですが、フォアラーバーに近い演奏だと誰かな?と悩んでおります。

Re: 買ってしまいました。

論より感覚さん、コメントありがとうございます。

XVIII:11ですが、フォアラーバーのような演奏ということでは下記はいかがでしょうか。
2014/10/26 : ハイドン–協奏曲 : <a href="http://haydnrecarchive.blog130.fc2.com/blog-entry-1233.html" title="【新着】アレクサンドル・タローのピアノ協奏曲(ハイドン)">【新着】アレクサンドル・タローのピアノ協奏曲(ハイドン)</a>
2013/06/02 : ハイドン–協奏曲 : <a href="http://haydnrecarchive.blog130.fc2.com/blog-entry-960.html" title="デレク・ハン/ポール・フリーマン/イギリス室内管のピアノ協奏曲集">デレク・ハン/ポール・フリーマン/イギリス室内管のピアノ協奏曲集</a>
2012/09/21 : ハイドン–協奏曲 : <a href="http://haydnrecarchive.blog130.fc2.com/blog-entry-813.html" title="【新着】オリヴァー・シュニーダー/イギリス室内管のピアノ協奏曲集">【新着】オリヴァー・シュニーダー/イギリス室内管のピアノ協奏曲集</a>

一番近いのはデレク・ハンのような気がしますが、他の2枚もキレという意味では負けてません。ご参考まで!
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ヴィヴィアーニバリトン三重奏曲四季ライヴ録音ロンドンピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:37ベートーヴェンピアノソナタXVI:19ピアノソナタXVI:23先生と生徒古楽器音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲オルガン協奏曲XVII1:1ピアノ協奏曲XVIII:4軍隊交響曲70番ヒストリカル交響曲93番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番トランペット協奏曲ヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6悲しみモーツァルト交響曲4番ヨハン・クリスチャン・バッハオックスフォード豚の去勢にゃ8人がかりピアノ三重奏曲ピアノソナタXVI:51十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモースカルラッティヘンデルバッハショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフヨハン・シュトラウスリゲティタリスリヒャルト・シュトラウス交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71交響曲88番ブルックナーベルリオーズウェーベルンナッセンベンジャミングリゼーメシアンヴァレーズシェルシOp.20弦楽四重奏曲交響曲65番交響曲9番交響曲67番交響曲39番交響曲73番交響曲61番狩りリームピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:6アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:20交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打交響曲99番ボッケリーニシューベルト交響曲5番チャイコフスキーストラヴィンスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74アルミーダチマローザ無人島変わらぬまこと哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ騎士オルランド英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:3ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲19番交響曲58番交響曲27番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲90番交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者ニコライミサ小オルガンミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲11番交響曲12番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ライヒャロッシーニドニぜッティ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26バードアレグリパレストリーナモンテヴェルディ美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナードラルゴ五度ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌オフェトリウムカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:11ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ