作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

オレグ・カガンのヴァイオリン協奏曲(ハイドン)

2
0
新たに湖国JHさんから送りこまれたアルバム。ようやく手がつけられるようになりました。

OlegKagan.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

オレグ・カガン(Oleg Kagan)のヴァイオリンによるハイドンのヴァイオリン協奏曲(Hob.VIIa:1)と、ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲(RV 278)、ストラヴィンスキーのヴァイオリン協奏曲ニ長調の3曲を収めたアルバム。ハイドンの演奏はワシーリー・シナイスキー(Vassily Sinaisky)指揮のモスクワ交響楽団(Academic Symphony Orchestra of the State Philharmony Moscow)で、収録は1980年3月20日、モスクワのチャイコフスキー音楽院でのライヴ。レーベルはリヒテルのライヴなどをリリースしているLIVE CLASSICS。

オレグ・カガンは1946年、サハリンのユジノサハリンスク生まれのヴァイオリニスト。後年、リヒテルと妻であるナタリア・グートマンと室内楽の演奏で知られた人です。また現代音楽、特にベルクのヴァイオリン協奏曲の支持者でもありました。近年リリースされたライヴ録音によって再評価されてるそうです。

手元のリヒテルのライヴアルバムのなかに、オレグ・カガン音楽祭の演奏があり、私はそれで名前を知っている程度でした。略歴をたどると、サハリンという極東の生まれながら、7歳の時にはロシアの反対の端にあたる現ラトビアのリガ音楽院に入り、13歳でモスクワで高名なヴァイオリニスト、ボリス・クズネツォフに師事することになります。1960年代には、シベリウス・コンクールやバッハ・コンクールで優勝したほか、エネスコ・コンクール、チャイコフスキー・コンクールで上位入賞します。クズネツォフが亡くなった後は、ダヴィド・オイストラフに師事、1969年以降はリヒテルとナタリア・グートマンとの室内楽の活動を始め、またピアニストのワシーリー・ロバノフと頻繁に共演するようになります。これらのメンバーとドイツのバイエルン州ヴィルバート・クロイト(Wildbad Kreuth)で音楽祭を主催しますが、オレグ・カガンが1990年、癌のため43歳の若さで亡くなってしまいます。音楽祭はその後彼の功績を讃えてオレグ・カガン国際音楽祭と改名され、その後、妻のグートマンやリヒテルなどによって継承されということです。ようやく、彼の名を冠した音楽祭のことがわかりました。

リヒテルの強靭なピアノに対抗できる存在感のあるヴァイオリン、あらためて聴くとどのような印象になりますでしょうか。

Hob.VIIa:1 / Violin Concerto [C] (c.1765)
録音はライヴだけにすこし甘い感じですが、冒頭からオケの色彩感がなかなか良く出たもの。ハープシコードが雅な趣を加えています。穏やかな伴奏から始まりますが、カガンのヴァイオリンは師のオイストラフというよりシゲティを思わせる、強いテンションの持続音をベースとしたもの。淡々とメロディーを弾いていくだけですが、かなりの存在感。この演奏時、カガンは34歳くらいですが、すでに巨匠然とした堂々たる演奏。ヴァイオリンから華麗ではなく、強い浸透力のあり美音を轟かせていきます。伴奏を担当するシナイスキーも堂々とした演奏。小細工などなく、カガンが弾きやすいようゆったりとオケを鳴らします。盤石の信頼関係なのでしょう。カデンツァはヴァイオリンの響きの面白さを生かしたもの。1楽章は壮麗極まりないもの。
好きなアダージョですが、1楽章に続いてゆったりしたオケの伴奏に乗ってカガンが堂々と美音を披露します。ハイドンの美しいメロディの真髄をつく超絶的な美しさ。ヴァイオリンの音色がグイグイ迫ってきます。ヴィブラートが痺れます。ところどころ咳払いが聞こえますが、ホールに轟く美音に観客席も静まりかえります。
フィナーレの入りは意外にさりげない感じですが、徐々にオケの色彩感が溢れ出してきます。シナイスキーもここぞとばかりにオケを煽り盛り上げてきます。カガンのヴァイオリンはここにきて神々しいほどの輝き。ヴァイオリンという楽器の音色のもつ美しさとエネルギーの限りを尽くした演奏。最後の一音の余韻が消えると同時に聴衆の拍手に包まれます。この日の聴衆の驚きに満ちた拍手がこの演奏の素晴らしさを物語っています。

このアルバムの3曲目に収められたストラヴィンスキーのバイオリン協奏曲も痺れます。こちらはエフゲニー・スヴェトラーノフ指揮のロシア国立交響楽団との1979年のライヴ。現代音楽を得意していたというのは偽りではありません。こちらもカガンのヴァイオリンキレまくって、加えてスヴェトラーノフの伴奏も最高。こちらも痺れました。今までストラヴィンスキーのヴァイオリン協奏曲のなかでも間違いなく一押しの名演です。

オレグ・カガンによるハイドンのヴァイオリン協奏曲。これまでカガンのヴァイオリンがこれほどまでに素晴らしいとは知らずにおりました。若くして亡くなってしまいましたが、存命であれば間違いなく現代最高のヴァイオリニストの一人だったでしょう。最近カントロフ、スークなど名手のヴァイオリン協奏曲を聴いて、ヴァイオリンの音色の魅力、ヴァイオリンという楽器の素晴らしさの奥行きの深さにあらためて驚いています。決してヴァイオリンの名曲という範疇ではないハイドンのヴァイオリン協奏曲ですが、ハイドンの曲は楽器の音色に対する鋭敏な感覚を踏まえて書かれており、カガンがその真髄に迫ったということなのだと思います。この演奏、録音が万全ではありませんが、それを補って余りある名演、ハイドンのヴァイオリン協奏曲の名盤として広くおすすめしたいものです。評価はもちろん[+++++]です。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

2 Comments

There are no comments yet.

小鳥遊

へぇ~、カガンにハイドンの録音があったのか、と驚きました。

聴いてみたい!

Daisy

Re: タイトルなし

小鳥遊さん、こんばんは。
このようなアルバムは意図して探さないと出会いませんね。私も今回湖国JHさんに貸していただくまでその存在すら知らなかったアルバムです。オレグ・カガンのヴァイオリン、リヒテルが認めただけのことはありますね。この録音は貴重です。私も注文を入れてしまいました。

  • 2014/11/04 (Tue) 00:17
  • REPLY