【新着】ジャン=エフラム・バヴゼのピアノ協奏曲集(ハイドン)

ソナタ集を続々とリリースしているバヴゼの協奏曲集がリリースされました。早速レビュー。

BavouzetCon.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

ジャン=エフラム・バヴゼ(Jean-Efflam Bavouzet)のピアノ、ガボール・タカーチ=ナジ(Gábor Takács-Nagy)指揮のマンチェスター・カメラータ(Manchester Camerata)の演奏によるハイドンのピアノ協奏曲3曲(Hob.XVIII:3、XVIII:4、XVIII:11)を収めたアルバム。収録は2013年10月14日と15日、英マンチェスターの王立ノーザン音楽大学のコンサートホールでのセッション録音。レーベルは英CHANDOS。

バヴゼのアルバムはソナタ集を過去に2度取り上げています。ソナタ集は現在第5巻までリリースされており、その途中で協奏曲集をリリースしたというところ。

2012/06/14 : ハイドン–ピアノソナタ : ジャン=エフラム・バヴゼのピアノソナタ集Vol.3
2012/05/22 : ハイドン–ピアノソナタ : ジャン=エフラム・バヴゼのピアノソナタ集Vol.1

これまでのソナタの演奏を聴く限り、フランスっぽい色彩感とドイツっぽい質実さを併せ持つ演奏スタイルの人。ソナタではピアニストの個性がそのまま出ますが、協奏曲ではオケとの丁々発止のやり取りがあり、指揮者やオケとの相性も加わるため、バヴゼの別の面が見えるかもしれませんね。

バヴゼの経歴などはソナタ集Vol.1の記事を御覧ください。指揮者のガボール・タカーチ=ナジは名前から予感はしてましたが、なんと、あのタカーチ四重奏団の元第1ヴァイオリン奏者。現在はマンチェスター・カメラータの音楽監督となっています。ということでバヴゼのピアノとともにガボール・タカーチ=ナジのコントロールするオケ、とりわけ弦楽セクションに関心が集まりますね。

Hob.XVIII:3 / Concerto per il clavicembalo(l'organo) [F] (1765)
柔らかな肌触りのオケがしっとりとした伴奏を聴かせ、バブゼがクッキリとしたピアノで入ります。オケの生成りの音色に対し、クリアなバヴゼのYAMAHAのピアノの対比がわかりやすいですね。オケに比べてピアノのリアリティがちょっと弱いバランスの録音。鮮度は十分なので、これはバランスの問題でしょう。音量を上げると非常に鮮明な録音であることがわかります。バヴゼの転がるようなタッチが演奏に色彩感を与え、オケの方は実にタイトで堅実な演奏。パブゼはときおりアドリブをかまそうとしますが、オケの方は一貫して堅実。ノンヴィブラートの弦の透明感のある響きにときおりホルンの心地よい響きが加わり、いい感じ。カデンツァはバヴゼのオリジナルということでコンパクトにピアノのテクニックをさらりと聴かせるような粋なもの。
2楽章のラルゴ・カンタービレに入るとバヴゼのピアノの軽やかな色彩感がぐっと魅力を増します。メロディーを構成する音階もかなり表情をつけ、華麗な響きにしてしまいます。イケメンフランス人ピアナニストの本領発揮。すれ違いざまにコロンが香るような芳しい音楽。カデンツァはまるでドビュッシーの音楽のような夢の中にいるような天上の響き。
フィナーレはオケの鮮烈さが印象的。快速テンポに乗ってバヴゼのピアノはまさに自在に転がり回るよう。この曲がこれほどまでに迫力のある曲だと改めて気づかされるような演奏。ハイドンの曲ということを忘れてしまいそうになる芳しい爽快感。これは見事です。

Hob.XVIII:4 / Concerto per il clavicembalo(l'fortepiano) [G] (c.1770)
つづく曲も変わらず鮮度抜群のオケの序奏にいきなり引き込まれます。リズムの面白さが印象的な曲ですが、オケとピアノの豊穣な響きの魅力が素晴らしいですね。冒頭から爽やかな迫力に圧倒されます。やはりガボール・タカーチ=ナジのオーケストラコントロールは並のものではありませんでした。バヴゼの存在感を食うほどの迫力で耳に迫ってきました。
この曲でも2楽章のアダージョ・カンタービレの濃密な響きが特に印象に残ります。やはりオケが表情をつくり、その上でバヴゼが自在にメロディーを操るという構図は変わりません。さすがと思わせるのはバヴゼの個性をしっかりと踏まえてガボール・タカーチ=ナジがオケを操っているところ。
フィナーレは俊敏なオケのスロットルコントロールが聴きどころ。オーケストラコントロールにエクスタシーを感じるほどのキレ味。バヴゼもそれに詩情あふれるピアノの響きで応えます。切れ味を競いあうような緊迫感あるセッション。疾風のように駆け抜けます。

Hob.XVIII:11 / Concerto per il clavicembalo(l'fortepiano) [D] (1784)
最後はハイドンのピアノ協奏曲の代表曲。これまでの曲で聴かせた先鋭なアタックをすこし抑えて聴きなれたフレーズを演奏していますが、そこここにキレ味鋭い響きをちりばめ、隙あらばキレまくってしまいそうな不気味な迫力を感じさせながら演奏を進めます。徐々にバヴゼのピアノのアタックに迫力が増し、オケも鋭敏に反応するようになります。オーソドックスな演奏ながら尋常ではないキレ味がスリルを加えて実に見事な展開。カデンツァでは鮮やかな指さばきと和音の織りなす響きの変化を存分に聴かせて曲の成熟度合いに応じたスタンスの変化を聴かせる余裕ぶり。
曲の美しさに敬意をはらってか、前2曲よりも表現は穏やかになり、曲自体の美しさに語らせる演奏。バヴゼの詩情の表現はあいかわらず芳しく、スタイリッシュ。オケもエキセントリックに美麗な響きを聴かせます。
フィナーレの力感は期待通り。前2曲に近いエネルギーの凝縮とキレ。やはりオケの迫力が尋常ではありません。ともすると単調になりがちなこのフィナーレに迫力とテンポの波を持ち込み、フレッシュに再生。最後はオケの響きがぐっと凝縮して終わります。

ジャン=エフラム・バヴゼとガボール・タカーチ=ナジ指揮のマンチェスター・カメラータの演奏によるハイドンのピアノ協奏曲集。タカーチ四重奏団を率いた指揮者のコントロールはもう少し弦を歌わせるものとの先入観を粉々に打ち砕く鮮烈なオーケストラコントロールで度肝を抜かれました。バヴゼのピアノソナタ集で感じた気品に傾いた演奏ではなく、バヴゼの個性をふまえてガボール・タカーチ=ナジがど迫力のオケでサポートする、個性と個性を重なりあわせて音楽の魅力が倍増しています。やはりオケの魅力が勝るでしょうか。バブゼには申し訳ありませんが、ソナタ集よりもこちらの方が気に入りました。評価は全曲[+++++]とします。

さてさて、本日は月末ですが、この記事を書きかけたまま終わるわけにもいかず、まずはこの記事をアップします。今月の1枚は月をまたいでしまいますが、明日アップ予定です。

11月はまたもや湖国JHさんから送り込まれたアルバムが溜まっていますので、じっくり取り上げようと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノ協奏曲XVIII:3 ピアノ協奏曲XVIII:4 ピアノ協奏曲XVIII:11

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ヴィヴィアーニバリトン三重奏曲四季ライヴ録音ロンドンピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:37ベートーヴェンピアノソナタXVI:19ピアノソナタXVI:23先生と生徒古楽器音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲オルガン協奏曲XVII1:1ピアノ協奏曲XVIII:4軍隊交響曲70番ヒストリカル交響曲93番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番トランペット協奏曲ヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6悲しみモーツァルト交響曲4番ヨハン・クリスチャン・バッハオックスフォード豚の去勢にゃ8人がかりピアノ三重奏曲ピアノソナタXVI:51十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモースカルラッティヘンデルバッハショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフヨハン・シュトラウスリゲティタリスリヒャルト・シュトラウス交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71交響曲88番ブルックナーベルリオーズウェーベルンナッセンベンジャミングリゼーメシアンヴァレーズシェルシOp.20弦楽四重奏曲交響曲65番交響曲9番交響曲67番交響曲39番交響曲73番交響曲61番狩りリームピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:6アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:20交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打交響曲99番ボッケリーニシューベルト交響曲5番チャイコフスキーストラヴィンスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74アルミーダチマローザ無人島変わらぬまこと哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ騎士オルランド英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:3ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲19番交響曲58番交響曲27番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲90番交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者ニコライミサ小オルガンミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲11番交響曲12番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ライヒャロッシーニドニぜッティ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26バードアレグリパレストリーナモンテヴェルディ美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナードラルゴ五度ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌オフェトリウムカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:11ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ