作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

マイゼン/セベスティアン/オステルタークによるフルート三重奏曲集(ハイドン)

0
0
台風が去って、空は澄み、気分も落ち着いてきました。秋の夜長にぴったりの静謐な室内楽を楽しみます。

PaulMeisen.jpg
HMV ONLINEicon(別装丁盤) / amazon / TOWER RECORDS

パウル・マイゼン(Paul Meisen)のフルート、エルネ・セベスティアン(Ernö Sebestyén)のヴァイオリン、マルティン・オステルターク(Martin Ostertag)のチェロによるハイドンのフルート三重奏曲6曲(Hob.IV:6、IV:7、IV:8、IV:9、IV:10、IV:11)を収めたアルバム。収録は1990年2月、3月、独ニュルンベルク近郊のノイマルクトのライトシュタッデル(Reitschtadel)でのセッション録音。レーベルは独mDG GOLD。

このアルバムもいつも渋めの名演奏を貸していただく湖国JHさんから借りているもの。奏者もアルバムもその存在を知らなかったもので、いつもながら実に渋いところを突かれてしまいます。早速奏者について調べてみます。

フルートのパウル・マイゼンはハンブルク生まれで、ハンブルク、デトモルト、チューリッヒで音楽を学び、1952年から1972年の間、カールスルーエ、ミュンヘン国立劇場、ハンブルク州立フィルなどで首席フルート奏者を務めた人。以降は教職に就き、デトモルト音楽アカデミー、ミュンヘン州立音楽アカデミーなどにおいて教授職をつとめています。
ヴァイオリンのエルネ・セベスティアンはブダペスト生まれ。23歳でハンガリー国立歌劇場管弦楽団のコンサータマスターに抜擢され、1968年には同じくブダペストのフランツ・リスト音楽アカデミーの教授になります。1970年にはハンガリー放送交響楽団のコンサートマスター、1971年にはベルリンドイツオペラのコンサートマスター、そして1980年にはバイエルン放送響のコンサートマスターとなるなど、有名オケのコンサートマスターを歴任した人です。1988年からはミュンヘン州立音楽アカデミーの教授職にあります。
チェロのマルティン・オステルタークはスイスのバーゼルのすぐ脇のドイツのレラハ(Lörrach)に生まれ、カールスルーエ、パリ、デトモルトなどでチェロを学びました。1967年にウィーン国際コンクールで優勝し、1968年にはデュッセルドルフ交響楽団、1971年にベルリン・アマティ・アンサンブル、1972年にはベルリンドイツオペラ、1974年にはバーデンバーデンのSWF交響楽団の首席チェリストを歴任しています。1980年からはカールスルーエの州立音楽アカデミーの教授となっています。

3人とも有名オケの首席を務め、教職についているということで、そのテクニックは確かなものがあるはず。略歴をしらべていてほくそ笑んでしまいましたが、演奏はまさにこうした奏者の経歴が頷けるもの。正確なテクニックで純粋に音楽を演奏することに集中しているような流れ。特にオケの奏者を歴任してきたメンバーらしく、正確無比な演奏という感じです。このフルート三重奏にはクイケン兄弟によるこれまたストイックな名盤があり、その対向盤という位置付けでしょう。

Hob.IV:6 / Op.38-1 Trio für Violine (oder Flöte), Violine und Violincello Nr.1 [D] (1784)
鮮明な録音に鮮明なアンサンブルの響き。実際のアンサンブルよりもすこし楽器が大きめに定位する録音。禁欲的な印象すらある、鋼のような冷徹さを感じさせる正確さ。フルートという楽器の優美な音色の魅力ではなく、グイグイ攻めてくる演奏。短い1楽章のアダージョから鮮烈なアレグロに入り、メヌエットで終わるという3楽章構成の曲。フルートの演奏を楽しむというよりは完全に勝負に来ています。彫りが深い峻厳な表情にゾクッときます。大学教授3人のアンサンブルということで妙に納得できる演奏。

Hob.IV:7 / Op.38-2 Trio für Violine (oder Flöte), Violine und Violincello Nr.2 [G] (1784)
勝負は続いてます(笑) それぞれのパートがそれぞれくっきりとメリハリがついて、アンサンブルも絶妙な精度。まるで一人が楽器を変えて多重録音で演奏しているような音楽性まで完璧に揃った演奏。最初は無機的にすら聴こえたんですが、この演奏の抜群の精度に徐々にやられてます。アレグロ-アダージョ-フィナーレという普通の構成。ハイドンのこの手の曲集は曲ごとに巧みに曲想が変化していくのにいつも唸らされます。この曲でもアダージョの翳りとフィナーレの躍動感の対比が見事。

Hob.IV:8 / Op.38-3 Trio für Violine (oder Flöte), Violine und Violincello Nr.3 [C] (1784)
アレグロ・モデラート-ポコ・アダージョ-フィナーレという構成。3曲目に至り、演奏の安定感というか盤石さは素晴らしいものがあり、少しは隙を見せて欲しいと思うくらい。1楽章のチェロのコミカルな寄り添いが微笑ましいですね。ただ演奏には教則本の演奏見本のような完璧さがあり、逆にもう少しユーモラスでもいいと思わせなくもありません。2楽章に入り曲自体は素朴な美しさが際立ちますが、演奏は相変わらずキリリと引き締まったもの。フィナーレでは再びチェロが活躍。

Hob.IV:9 / Op.38-4 Trio für Violine (oder Flöte), Violine und Violincello Nr.4 [G] (1784)
4曲目はバリトントリオで聴き覚えのある旋律。妙に神秘的な余韻が漂う不思議な曲。アダージョ-スケルツァンド-フィナーレという構成。バリトンの優雅な響きの印象があるので、この演奏はそれに比べると足早な印象がつきまといます。ただアンサンブルの精度は前曲までと同様、引き締まって精度が青光りするほど。

Hob.IV:10 / Op.38-5 Trio für Violine (oder Flöte), Violine und Violincello Nr.5 [A] (1784)
なんとなくこの曲が一番心に響きます。アンダンテーアダージョ-メヌエットという構成。入りのしっとりとした曲調がフルートの響きの美しさを際立たせているよう。篠笛のような幽玄さを感じさせるフルートの響きの魅力を存分に楽しめます。マイぜンのフルートはパユの気配まで優美にしてしまうようなしなやかな演奏とは異なり、このような優美な曲でさえもキリリとひきしまった印象を残すもの。残す詩情の種類が異なります。もちろんテクニックは十分。誰に聴かせてもツッコミどころがないような正確さと正当さを感じさせる演奏。続く短いアダージョもフルートの独壇場。最後の楽章もフルートの音色が曲を彩ります。

Hob.IV:11 / Op.38-6 Trio für Violine (oder Flöte), Violine und Violincello Nr.6 [F] (1784)
最後はアレグロ・モデラート-アダージョ-ヴィヴァーチェという構成。最後まで切れ味鋭いフレージングは保たれましたが、最後にちょっと面白い拍子が耳に残ります。ここにきてようやく砕けた感じがと言いたいところですが、砕けたとまではいかず、規律はきちんと保ちます。ただし、続くアダージョでは初めてじっくりと沈みこみ、間をじっくりととった踏み込んだ表現。これはこの6曲の曲集の最後だということでの踏み込みのよう。ハイドンの楽譜の指示か、はたまた奏者の表現なのでしょうか。最後のヴィヴァーチェもジブシー風な響きでちょいと華やいだ印象を残します。

ドイツの腕利き奏者で教授まで務めた3人によるフルート三重奏曲集。書いた通り最初は踏み込みがちょっと足りない演奏のようにも聴こえましたが、アンサンブルの精度はキレキレで、テクニックは素晴らしいものがあります。弦楽四重奏では険しくタイトな演奏もよく聴きますが、フルートを交えた曲では逆に珍しいスタイルだと思います。最後まで聴き終えると、6曲セットでの演奏としての表現を考えての演奏だという印象を得ました。何度か聴いているうちにこの演奏の魅力も楽しめるようになり、奏者の意図もなんとなくつたわりました。評価は[+++++]をつけました。

いつもながら湖国JHさんの送り込まれるアルバムには感服です。次なる使者の予告もあり、ちょっと期待です(笑)

(私信)
こちらもそろそろ返送します!

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.