作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

【新着】ハイティンク/バイエルン放送響の天地創造ライヴ(ハイドン)

2
0
書きかけの記事があるのですが、大物が手に入ったので、横入りでレビューです! 湖国JHさん、スミマセン!

HaitinkCreation.jpg
HMV ONLINEicon / TOWER RECORDS

ベルナルド・ハイティンク(Bernard Haitink)指揮のバイエルン放送合唱団、バイエルン放送交響楽団の演奏で、ハイドンのオラトリオ「天地創造」。合唱指揮はペーター・ダイクストラ(Peter Dijkstra)。収録は2013年12月19日から20日にかけて、ミュンヘンのヘラクレスザールでのライヴ。レーベルはバイエルン放送響の自主制作BR KLASSIK。

このアルバム、巨匠ハイティンクの最新のライヴということで、リリースが発表されたときより心待ちにしていたもの。注文をいれておいたものがようやく届き、早速のレビュー。ハイティンクのハイドンは正規録音は少なく、CD-Rがほとんど。これまでとりあげたハイティンクのハイドンの演奏はどれも素晴しいものでした。

2014/02/22 : ハイドン–交響曲 : ハイティンク/コンセルトヘボウ管の奇跡、99番(ハイドン)
2014/01/20 : ハイドン–交響曲 : ハイティンク/クリーヴランド管 交響曲86番1976年ライヴ(ハイドン)
2011/07/21 : ハイドン–交響曲 : ベルナルド・ハイティンク/ベルリンフィルの95番ライヴ
2011/06/28 : ハイドン–交響曲 : ハイティンク/ドレスデン・シュターツカペレの86番ライヴ!
2011/05/12 : ハイドン–交響曲 : ベルナルド・ハイティンク/ウィーンフィルの時計ライヴ

今日取り上げるアルバムはハイティンクのハイドンの正規録音としては非常に貴重なものです。しかも曲目は天地創造、昨年のライヴということで否が応でも期待が高まります。ハイティンクのビシッとオケを引き締めた筋肉質の演奏がきかれるでしょうか。

ソロは以下のとおり。

ガブリエル/エヴァ:カミラ・ティリング(Camilla Tilling)
ウリエル:マーク・パドモア(Mark Padmore)
ラファエル/アダム:ハンノ・ミュラー=ブラッハマン(Hanno Müller-Brachmann)

ソプラノのカミラ・ティリングははじめて聴く人。1971年生まれのスウェーデンのソプラノ。テノールのマーク・パドモアはマクリーシュの天地創造でもウリエルを歌ってました。そしてバス=バリトンのハンノ・ミュラー=ブラッハマンはアンドレアス・シュペリングの天地創造で、ラファエルとアダムを歌っている人。決して豪華な布陣ではありませんが、堅実な歌手をそろえているといっていいでしょう。オケと合唱は名門バイエルン放送響ということで、ハイティンクの相手としては申し分ありません。

Hob.XXI:2 / "Die Schöpfung" 「天地創造」 (1796-1798)
冒頭からこれ以上図太い響きはないほどの渾身の一撃。録音は流石に最新のものだけあって、広大なダイナミックレンジを感じさせるもの。響きの良いヘラクレスザールらしく、ホール内に響きの余韻が消え入るようすが手に取るようにわかります。ゆったりとしたテンポながらタイトに攻めていくのはハイティンクならでは進行。第1部は特に静けさの表現が見事。静寂から轟音が轟く場面の迫力は素晴しいものがあります。ヴォリュームの調整を誤るともの凄い音量になります。ウリエルのパドモアはヴィブラートがかかった独特の歌唱。ミュラー=ブラッハマンは声量よりもエッジを立ててクッキリと語るように聴かせる声。そして期待のカミラ・ティリングは余韻がふくよかななかなか美しい声。ハイティンクの重厚なコントロールに従い、それぞれ独特ながら落ち着いた歌唱を聴かせます。第1部のガブリエルのアリアはすこしメロディーがふらつくもののティリングは独特の色っぽさのある歌唱を聴かせます。期待の第1部終盤の盛り上がりはやはりハイティンクの盤石のコントロール。消え入るような弱音からクライマックスに至る盛り上がりは、オケの奏者全員が筋肉質に鍛え上げられたような力感あふれるもの。どうしても耳が歌手よりもオーケストラにいってしまいます。重厚に響くオケとコーラスの快感。ヘラクレスザールに響きわたる大音響。大津波のようなクライマックス! 汗かいちゃいます(笑)

ここでCDを入れ替えて、第2部以降を聴きます。第1部は重厚長大な印象が強かったんですが、第2部に入ると、軽やかな表情も見せ始めます。ガブリエルのティリングはやはり独特な雰囲気を感じさせる個性的な歌唱で冒頭のレチタティーヴォとアリアを支配。純粋に美しい音楽を楽しめる第2部、やはりハイティンクの操るオケの魅力が際立ちます。分厚い響きに乗ってソロとコーラスを交えて昇天。特に低音弦の迫力はちょっと類が無いほど。素晴しく自然で鮮明な録音のおかげで自宅がヘラクレスザールになったようにスピーカーのまわりに響きが満ちあふれます。次々と流れる素晴しいメロディーの数々に痺れます。それぞれ個性的な歌手の声にも馴れて、心地よく響きを楽しめるようになってきました。オケがこれほどに気持ちよく鳴る演奏がこれまであったでしょうか。ハイティンクの絶妙なオーケストラコントロールに完全にやられてます。オケもコーラスも渾然一体になってハイティンクにグイグイドライブされていきます。第2部の終結部のハレルヤコーラスも天から光が射してくるような神々しい雰囲気に満たされ、最後は響きの坩堝に巻き込まれるよう。

第3部は、自然なメロディーをハイティンクの作為はないものの自然な迫力を加えた演奏で聴きます。ここにきてウリエルの歌唱がしなやかさを増し、実にいい感じ。アダムとエヴァのデュエットはハイティンクの純粋無垢な伴奏が心を打ちます。さっぱりとしていながらも、柔らかな厚みで支える円熟の境地。ここはソロを引き立て、オケもコーラスも絶妙に抑えます。デュエットの後のじわりと盛り上ってくるところの燻し銀の演出にも痺れます。ハイドンの曲に宿る気配のようなものまで含めて、ダイナミックに、しかもしっとりと描いて行く手腕な見事。特に第2部以降の自然な佇まいは神がかっています。終曲にいたるまで、ハイティンクのコントロールに圧倒されっぱなしでした。終曲のオケ、コーラス、ソロの渾然一体となった壮麗さにも打たれました。

巨匠ベルナルド・ハイティクの指揮する名門バイエルン放送響の2013年12月の天地創造ライブ。ヘラクレス・ザールの素晴しい響きをそのままアルバムにしたような完璧な録音によって会場の興奮がつたわります。この天地創造はハイティンクの見事なオーケストラコントロールが圧倒的な魅力になっています。歌手はハイティンクの好みかもしれませんが、かなり個性的な布陣。歌手だけスポットライトを当てれば、このアルバムよりすぐれたものは沢山ありますが、オケとコーラスの圧倒的な存在感はこのアルバムを越えるものはあまりないでしょう。ハイティンクはこの演奏時84歳。円熟は感じさせても老いは一切感じさせない力強い音楽は流石です。このアルバム、大音量で聞くとまさに天地を創造しているよう。これは名演です。歌手の分を割り引くと言う考えもありましたが、ハイティンクの圧倒的な音楽に敬意を評して[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

2 Comments

There are no comments yet.

小鳥遊

天地創造、余り好きでは無かったのですが、実演を聴いてとても感動しました。

その折に、録音で聴く様な音楽じゃないなと確信しつつも、ハイティンクだったら聴いてみたいなという欲望が、レビューを拝見して湧いて来ました(笑)

Daisy

Re: タイトルなし

小鳥遊さん、コメントありがとうございます。

天地創造、やはり生で聴くと迫力がちがうでしょう。第一部から第三部まで、美しいメロディーと神々しい盛り上がりがそこここにある名曲ですね。実演を聴くとアルバムの聴き方もかわりますよね。このハイティンク盤はまさに実演さながらの素晴しい録音ですので、きっとお気に召すと思います。
歌手で違和感のあるのが、ラファエル/アダムがレポレッロ役が歌っているようなキャラクターなところでしょうか。こちらの先入観ですが、やはりラファエルは朗々とホールを圧倒するような存在感がほしいところです。
天地創造は名盤がいろいろあり、レビューもいろいろしておりますので、お楽しみください。

  • 2014/10/03 (Fri) 22:23
  • REPLY