作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

カメラータ・ベロリネンシスの弦楽三重奏曲集(ハイドン)

6
0
またまた間が空いてしまっておりましてスミマセン。今日は心躍るマイナー盤(笑)

Berolinensis.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

カメラータ・ベロリネンシス(Camerata Berolinensis)の演奏による、ハイドンの弦楽三重奏曲5曲(Hob.V:20、V:16、V:4、V:3、V:21)を収めたアルバム。収録は2003年10月27日から29日にかけて、ベルリンのマルティン・ルター教会でのセッション録音。レーベルははじめて見る独Musikmanufaktur Berlin。

お察しのとおり、このアルバム、いつも当方の所有盤リストにない名演盤をそっと送り込んでこられる湖国JHさんから貸していただいたもの。比較的最近リリースされたようなのでまだ手に入ります。早速聴いてみると、キビキビとした古楽器による演奏ながら、曲が進むにつれて、これぞハイドンという愉悦感に満ちたメロディーが湧き出してくる素晴しい演奏。いつもながら感服です。

はじめて聴く団体ゆえ、奏者のことを少しさらっておきましょう。メンバーは以下のとおり。

第1ヴァイオリン:ヨハネス・ゲバウアー(Johannes Gebauer)
第2ヴァイオリン:フィオナ・スティーヴンズ(Fiona Stevens)
チェロ:ウルリケ・リューベン(Ulrike Rüben)

ウェブサイトもドイツ語のみですが、ありました。

CAMERATA BEROLINENSIS Ensemble für Alte Musik auf Originalinstrumenten

創設者で音楽監督はヴァイオリンのヨハネス・ゲバウアー。イギリス、ケンブリッジのキングス・カレッジで音楽学を学び、ヴァイオリンをサイモン・スタンデイジに師事しています。1992年にはロンドンのパーセル・ルームでエドゥアルト・メルクスの公開マスタークラスに参加、94年から95年にかけて、アカデミー室内管(Academy of Ancient Music)やコレギウム・ムジクム90のメンバーとして活躍、スコラ・カントゥルム・バーゼルの大学院で学び、その後ジョシュア・リフキン率いるバッハ・アンサンブルなどで活躍しています。サイトを見ると、このカメラータ・ベロリネンシスの他に、カメジーナ四重奏団やブルーノ・ヴァイル率いるカペラ・コロニエンシスのメンバーとして四季や3枚リリースされているザロモンセットの録音に参加しているようですね。

カメラータ・ベロリネンシスとしては今日取り上げるアルバムの他に、もう一枚ハイドンの弦楽三重奏曲のアルバムがリリースされていることがわかりましたので、こちらは早速手配です(笑)

ハイドンの曲のなかでもかなりマイナーな弦楽三重奏曲集。作曲年代はまさにシュトルム・ウント・ドラング期、もしくはその直前のものと思われます。まさにハイドンの創作の最初の黄金期。曲ごとの演奏の特色を記しておきましょう。

Hob.V:20 / No.19 Divertimento for 2 Violins and Violoncello [G] (1765)
キビキビとした古楽器のヴァイオリン2本とチェロのアンサンブル。録音は近くにアンサンブルがリアルに定位する鮮明なもの。構成はアレグロ - メヌエット - プレストの3楽章構成。演奏は規律重視、恣意的ま表情の変化を抑え、古楽器の響きの魅力を前面に出した落ち着いたもの。1楽章はリズミカルに入りますが、良く聴くとアンサンブルの精度はかなりのもの。弦楽四重奏曲よりも声部が少ないためか響きはよりピュア。楽器の微妙な音の重なりの面白さ、メロディーの引き継ぎの鮮やかさが際立ちます。メリハリもクッキリ、キレのいい演奏。2楽章のメヌエットに入るといつもながらハイドンの創意に釘付けになりますが、その面白さをしっかり踏まえて、表現の幅が広がります。最後のプレストではボウイングの軽さと軽妙洒脱さが加わり、聴き応え十分です。最初の曲からしっかり引き込まれます。

Hob.V:16 / No.15 Divertimento for 2 Violins and Violoncello [C] (1766)
アレグロ - メヌエット - フィナーレ:プレストと前曲とほぼ同じ構成ですが、入りはコミカルなリズムとメロディー。弦楽器3本でこの豊穣な音楽。驚くばかりの創意です。アンサンブルは全員キリリと引き締まっていますが、ここに来てヴァイオリンのヨハネス・ゲバウアーの美しい高音が際立ちます。いい意味で他の2人が少し抑えることでメロディーラインがクリアに響きます。伴奏にまわる2人のリズムの取り方も表情豊か。3人のリズム感のキレは惚れ惚れするよう。メヌエットに入っても緩急自在なリズムのキレは健在。演奏する方が存分に楽しんでいる様子が伝わります。フィナーレに入ると気持ちよい音程のジャンプがそこここに出現。さらにノリが良くなって、ハイドンが乗り移っているような愉悦感。弦楽三重奏曲がこれほど面白いとは気づいていませんでした。

Hob.V:4 / No.4 Divertimento for 2 Violins and Violoncello [Es] (before 1767)
すでにアルバムに痺れています。構成はアレグロ - アダージョ・カンタービレ - プレストの3楽章構成。メロディーラインの面白さ、創意はどんどんアップ。こんこんと湧き出るアイデアの快感。まさに音楽的エクスタシー。このアンサンブルはハイドンの曲の面白さのツボを完全に掌握して、完璧な演奏。精緻でありながらユーモラスで、なにより楽しい雰囲気に満ちています。平日ですがモルトに手を出してしまいます。1楽章の面白さと対比を鮮明にするようなしっとりとしたアダージョ・カンタービレ。しっかりと沈みこんでゆったりとした音楽をじっくり楽しめます。控えめなチェロのサポートが絶妙。最後のプレストも予想をまったく越える展開。参りました。

Hob.V:3 / No.3 Divertimento for 2 Violins and Violoncello [h] (before 1767)
今度はアダージョ - アレグロ - デンポ・ディ・メヌエットという構成でこのアルバム唯一の短調の入り。これまでの愉悦感に満ちた音楽から一転、ゲバウアーの切々としたヴァイオリンの音色が険しく耳に刺さります。続くアレグロにもテンションが残り、険しい雰囲気から入りますが、徐々に明るさを帯びてくるようなデリケートな変化が見事。最後のメヌエットにもテンションは伝わり、妙に刺さる音楽です。

Hob.V:21 / No.22 Divertimento for 2 Violins and Violoncello [D] (1766)
最後の曲はシチリアーノ :アダージョ - アレグロ - メヌエットという構成。緩やかな付点リズムに乗った舞曲ですが、様々に交錯する和音の魅力も加わり、実に趣き深い音楽。あっさりとした表情が古典期の明解さも感じさせる絶妙のバランス。つづくアレグロはパートの絡み合いの面白さを活かしながらスリリングな音階が交錯。チェロも音階でせめぎ合い、メロディーよりも構成の面白さに表現のポイントが移っています。 最後のメヌエットは落ち着いたもの。パートごとに慈しむように淡々とした演奏が逆に音楽の純粋さを引き立てます。中間部は何奏法というのかわかりませんが、ギターで言うとハーモニクスのような音を響かせ、聴かせどころをつくります。シンプルな構成なのに実に聴き応えのある音楽。ここにもハイドンの真髄がありました。

いまいちなじみのなかった弦楽三重奏ですが、ようやく決定盤に出会った気がします。このアルバムに収められた曲の面白さは、最近気に入っているディヴェルティメントや、初期の弦楽四重奏曲同様、ハイドンの音楽の面白さがやまほど詰まった素晴しい音楽です。演奏は曲の面白さを実に自然に表現した、しかも万全のテクニックを持つ腕利き奏者による一級のもの。このアルバムはハイドンの室内楽の真髄がしっかり味わえる名盤です。評価はもちろん全曲[+++++]とします。

もう1枚リリースされているアルバムが到着するのが楽しみです!

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

6 Comments

There are no comments yet.

戎棋夷説

最初の二曲だけ聴いたところです。

初めて聴く曲です。気分としては、ハイドンが21世紀人のために書いてくれた新曲ですね。「キビキビとした古楽器のヴァイオリン2本とチェロのアンサンブル」。「ここに来てヴァイオリンのヨハネス・ゲバウアーの美しい高音が際立ちます」。まったく同感であります。また素晴らしい演奏を教えていただきました。(カルドゥッチは買い遅れたかな、4000円以上するやつしか無くて断念です)

  • 2014/10/06 (Mon) 02:24
  • REPLY

Daisy

Re: 最初の二曲だけ聴いたところです。

戎棋夷説さん、コメントありがとうございます。
私もこの曲は他の演奏が手元にあるにもかかわらず、これほどいい曲だとは気づいていませんでした。やはり良い演奏があって曲が引き立つというものですね。まさにハイドンが21世紀人のために書いてくれた曲のようですが、聴く方は20世紀人という気分なのが正直なところです(笑) 未知なる名演盤を捜す旅は続きます。

  • 2014/10/06 (Mon) 06:56
  • REPLY

Skunjp

ハイドンにないものが4つある

こんにちは。Daisyさん、今日はかなり古い記事にコメントします。すみません。

弦楽三重奏曲、良いですねー。また演奏が素晴らしい!

ほとんどノンビブラートで尖った表現ですが、クリアーな録音とあいまって聴く者の感覚をどこまでも冴え渡らせます。

地味ですが、とても良い曲を聴いた、という満足感があります。思わず第2集を注文しました。


ところで、このトリオを聴いて感じたことは、ハイドンが「無心」で作曲しているということです。

ここには変な邪心がなく、子供のように音の世界と戯れ、喜々とした純真な世界が構築されています。

私はハイドンに無いものが4つあると思います。

「無心」「無欲」「無作為」です。そして4つ目は「無私」です。

ハイドンは、「俺が、俺が」と主張しません。「これ聴いてよ、楽しいよー」とは言いますが、決して「これを書いた俺って凄いだろー」とは言いません。

ハイドンを聴いた後で、ベートーヴェンの弦楽トリオを聴きました。凄い曲ですね。恐れ入ります。でも強烈にベートーヴェンの姿が見えます。(ベートーヴェンの曲自体は嫌いじゃないですよ…)

でもハイドンのトリオは、ハイドンの姿の前に、まず曲の素晴らしさが見えてきます。何て良い曲なんだろう…!と。

ですから演奏者はハイドンを演奏するに当たって、同様のものが求められると思うのです。つまり、「無心」「無欲」「無作為」「無私」です。


ところが先日聴いたある巨匠の「天地創造」には辟易しました。

冒頭から物々しい雰囲気で、本来隠し味で使っているフルートやファゴットが目の前にグアーッ!とばかりにクローズアップされます。

私は心の中で静かに、「これはいかん…」とつぶやきました。コッホの演奏には確かに存在する「純真な心」がこの演奏にはありません。

私はごひいきのヤノヴィッツが歌っているハリウッド映画のようなこのCDを止めました。

そして口直しにヤノヴィッツが歌うシューベルトを聴き、「糸を紡ぐグレートヒェン」の sein Kuß!で悶絶しそうになりました。

ヤノヴィッツのどこか危うげな歌唱には乙女のような「純真な心」があります。

  • 2015/11/19 (Thu) 17:53
  • REPLY

Skunjp

No title

Daisyさんがある巨匠について絶賛しておられる記事を見て、しまった!と思いました。ハイドンの宗教曲関しては超初心者の私ですので気になさらないでくださいね。(^^;)

  • 2015/11/19 (Thu) 19:43
  • REPLY

Daisy

Re: No title

Skunjpさん、コメントありがとうございます。

ヤノヴィッツが歌うある巨匠の振る天地創造とは後にも先にもカラヤン盤のみです(^_^)
だいぶ昔の記事に書いた通りカラヤン盤は私の天地創造の刷り込み盤ゆえ、今もなんとなく聴くとと懐かしい感情に包まれます。
音楽に対する感情はその人のそれまでの音楽体験に大きく影響されますね。

カラヤンは好き嫌いが結構別れる指揮者ですが、私は特に古い時期の録音は好きな方です。1956年のモーツァルトの生誕200年の日のジュピターのライブなど、目もくらむような輝きに満ちていて圧倒され、録音はイマイチながら今でも愛聴盤です。
ハイドンも世評は良いようですがベルリンフィルとのDGの録音はカラヤン臭が気になりあまり好きではありません。
さてこの天地創造ですが、純粋に宗教音楽として聴くとご指摘のような面もありますが、この大曲をぐいぐいドライブしていく全盛期のカラヤンの輝きやアクの強さもまた一つの聴きどころでもあると思います。純粋無垢な演奏、技巧を凝らした演奏、穏やかな演奏などそれぞれ美点があり、好みも分かれますが、それを許容するハイドンの音楽の偉大さがあってこそかと思います。こうして良し悪しを語るのも音楽の楽しみの一つだということで、、、(^_^)

  • 2015/11/20 (Fri) 08:20
  • REPLY

Skunjp

No title

さすがDaisyさん。ハイドンを聴くということは心のキャパを広げるということですね。ときたら、ハイドンにないものの5つめは「不寛容」でしょうか。
…ピノックのスターバト・マーテル、なかなか良いです。(^-^)

  • 2015/11/20 (Fri) 14:42
  • REPLY