作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

ウィリアム・スタインバーグ/ボストン響の「校長先生」1969年ライヴ(ハイドン)

0
0
8月最初のレビューはDVDです。

Steinberg.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

ウィリアム・スタインバーグ(William Steinberg)指揮のボストン交響楽団の演奏で、ハイドンの交響曲55番「校長先生」、ベートーヴェンの交響曲7番、8番を収めたDVD。ハイドンの収録は1969年10月7日、ボストン・シンフォニー・ホールでのライヴ。レーベルはica CLASSICS。

ウィリアム・スタインバーグは日本ではあまり大きく露出された人ではありませんが、小澤征爾の前のボストン響の音楽監督だった人です。1989年、ドイツのケルン生まれの指揮者。早くからピアノ、ヴァイオリン、作曲の才能に恵まれ、ケルン音楽院でピアノや指揮を学び、特に指揮はヘルマン・アーベントロートに師事し、1919年に指揮で優秀賞を得て卒業しました。その後ケルン歌劇場の第2ヴァイオリン奏者となりますが、独自のボウイングのせいではなれ、クレンペラーのアシスタントになります。クレンペラーが1924年に去ると、首席指揮者となりました。1930年にはフランクフルト歌劇場の音楽監督に抜擢されますが1933年、彼がユダヤ人であったためその地位を追われました。そして、1936年に当時イギリスが統治していたパレスチナに移住し、同地でブロニスワフ・フーベルマンらと共にパレスチナ交響楽団(現イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団)を結成し、指揮者を務めることになります。戦後は1945年から53年までバッファロー・フィルハーモニー管弦楽団、1950年代にはロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、1952年から76年までのピッツバーグ交響楽団の指揮者としての活動しましたが、ボストン響の音楽監督はミュンシュ、ラインスドロフの後を受けて、1969年から72年まで務めました。スタインバーグの後は、冒頭に触れたように小沢征爾が1973年から2002年までの29年間努めていましす。ちなみにこの29年間は歴代音楽監督のなかで最長ということです。なお、息子のピンカス・スタインバーグも指揮者として活躍しており、以前、N響を振ったハイドンのロンドンの演奏をたまたまテレビで見る機会があり、覇気に満ちた素晴しい演奏だったのが印象に残っています。

今日取り上げる映像はボストン交響楽団の演奏のテレビ放映用の映像であり、しかも1960年代としては貴重なカラー映像。ボストンのシンフォニーホールでのライヴの様子がよくわかる演奏です。

Hob.I:55 / Symphony No.55 "Der Schulmeister" 「校長先生」 [E flat] (1774)
ステージ袖からから指揮台に上がるだけで万来の拍手。片手だけで大きな独特なアクションでオケに指示を出しますが、かなり独特な指揮で、奏者はタイミングではなくアクションからテンションの指示を受けているよう。1楽章は落ち着いたテンポでキレよくハイドンの音楽の推進力を引き出して行きます。1969年当時のボストン響のメンバーは老紳士が多く、キリリと引き締まって、かなり正統派な演奏。ヴァイオリンのボウイングはテンポの厳格さの中でも伸びやかさを失いません。音楽は折り目正しさを保ちます。
続くアダージョも、テンポはかなり遅めですが、ゆったりしながらも規律正しい感じを保っているのがスタインバーグ流でしょう。大きな独特のジェスチャーでオケに指示を出して行くスタインバーグの姿を見るのも楽しい映像。咳払いなども聴こえますがいい意味でライヴの緊張感を感じさせて悪くありません。独特の棒から繰り出される音楽は実にニュアンスが豊かで、ハイドンの音楽の微笑ましさが迸ります。
メヌエットも遅めですが、起伏は十分。テンポに安定感があるので曲のメリハリを落ち着いて楽しんでいるよう。中間部のチェロのソロもさりげない演奏ですが、大きな起伏をうまく作って音楽の面白さを際立たせます。この表情の作り方の上手さもスタインバーグの特徴の一つでしょう。
フィナーレもじっくり入ります。木管、金管ともにテンポ良くユーモラスなメロディーを重ね、徐々にオケも盛り上がっていきますが、かなり明確に強弱をコントロールして、音楽のメリハリを浮かび上がらせます。ハイドン独特の入り組んだメロディーを実に上手く重ねて、最後はきっちり片をつけます。ボストン響の奏者の笑顔がスタインバーグとの良好な関係と、演奏の出来を物語っているよう。会場も割れんばかりの拍手で迎えます。古き良き時代の素晴しいハイドンの演奏として、貴重な映像であることは間違いないでしょう。

このあと、1970年10月6日のベートーヴェンの7番(同じくボストン市ンフォニーホールでのライヴ)、1962年1月9日のベートーヴェンの8番(ハーバード大学サンダースシアターでのライヴ)が収められていますが、どちらもスタインバーグの溢れる覇気を収めた素晴しいもの。後者は白黒映像で途中に映像の乱れが散見されますが、音はかえってリアルで音楽を聴く分には問題ありません。7番も素晴しいのですが、この8番は図抜けて素晴しい演奏です。

個人的にはあまりなじみのなかったウィリアム・スタインバーグのハイドンですが、こうして映像を通して見ると、スタインバーグという人の音楽がよりリアルに感じられます。ボストン響から引き締まった素晴しい響きを引き出し、ハイドンの音楽の要であるユーモラスな表情の演出も流石というところ。他にハイドンの演奏がないか探したくなってしまいます。ちなみにこのDVDの見所はやはりベートーヴェンであり、ボストン響の素晴しい吹き上がりを堪能できます。手に入れる価値のある素晴しい映像です。「校長先生」の評価は[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.