作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

【追悼】ロリン・マゼール/ベルリン放送響の「驚愕」1975年ライヴ(ハイドン)

0
0
7月13日、ロリン・マゼールが84歳で亡くなりました。肺炎による合併症とのこと。ウィーンフィルのニューイヤーコンサートをずいぶん振ったので日本でもおなじみの指揮者でしょう。

Maazel94.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

ロリン・マゼール(Lorin Maazel)指揮のベルリン放送交響楽団の演奏で、ベートーヴェンのピアノ協奏曲3番(独奏:ヴィルヘルム・ケンプ)、ハイドンの交響曲94番「驚愕」の2曲を収めたアルバム。ハイドンの収録は1975年6月8日、ベルリンの放送ホール1でのライヴ。レーベルは貴重なライヴを次々とリリースする独audite。

マゼールのハイドンの録音は多くはありませんが、それでもいろいろ探して過去に2度ほど取りあげています。リンク先を読んでいただければわかるとおり、私はマゼールは嫌いではありません。

2013/04/11 : ハイドン–交響曲 : ロリン・マゼール/ベルリン放送響のオックスフォード、太鼓連打
2011/07/12 : ハイドン–交響曲 : ロリン・マゼール/ウィーンフィルの85年オックスフォードライヴ

マゼールで皆さんおなじみなのはやはりウィーンフィルのニューイヤーコンサート。調べてみると、弾き振りのヴィリー・ボスコフスキーの後を受けて1980年から7年連続で指揮をとり、その後1994年、96年、99年、2005年と振り、都合11回も指揮台に登っています。ボスコフスキーの25回、クレメンス・クラウスの12回について3番目に多い回数です。ボスコフスキーの後を継いで指揮をとった1980年のコンサートでは、優雅なボスコフスキーとは対照的にムジークフェラインを吹き飛ばさんばかりの大迫力の演奏に賛否両論だったのが懐かしいところ。もちろんオケのすべてのパートに指示を出すような精密機械のような指揮ぶりも圧巻。マゼールの音楽は音だけ聴くとフレーズの造りが微視的で大きな流れが弱いところがありますが、ディティールの緻密さと時折聴かせるグロテスクなまでの誇張によって、怖いもの見たさのような感覚で聴いてしまう面白さがありました。やはりマゼールは映像でその指揮姿を見ながら聴くのが一番特徴がわかる気がします。クライバーの魂を揺さぶるような指揮ぶりともちがって、鋭い眼光とタクトの先ですべての奏者を監視しながら恐ろしく精密に指示を出す姿は才気爆発。指揮者の指示を聴くような気になります。何れにしても、巨匠と呼ばれる世代の最後の世代の人でしょう。マゼールより高齢で活躍しているのは、もはやスクロヴァチェフスキくらいでしょうか。

今日取り上げるアルバムはフェレンツ・フリッチャイの後任として1964年から首席指揮者の地位にあったベルリン放送交響楽団とのコンサートのライヴですが、マゼールもこのライヴと同じ1975年にその地位を離れ、しばらく後の1982年にリッカルド・シャイーが首席指揮者に着きました。すなわちベルリン放送交響楽団との10年以上にわたる関係の総決算のような時期の演奏ということになります。若き日のマゼールの才気が迸るでしょうか。

Hob.I:94 / Symphony No.94 "Mit dem Paukenschlag" 「驚愕」 [G] (1791)
録音は年代なりで、すこし痩せ気味ですが、十分鮮明です。1楽章は速めのテンポでグイグイ攻める感じ。アクセントがきっちりついてリズムを強調するあたりがマゼールならでは。首をふりながら指揮するすがた想像できるよう。オケもきっちり指揮についてキリリと引き締まった表情をつくっていきます。終盤になるに従ってオケの振幅も大きくなり、スピーディながらリズムに溜めをつくって表現を大きくしていきます。このへんの設計の確かさは流石なところ。一貫したスピードの中、表現の振幅を巧みに変えて音楽の抑揚をうまく造っていきます。1楽章は流石の出来。
意表をつかれるのが続くアンダンテ。テンポが速い。ビックリの部分も驚かそうなどというそぶりはまったくなく、単なる強弱記号をこなしていくだけのようなあっさりした表現。このアンダンテも緊密な音楽の構成を速いテンポで浮かび上がらせようと言う事でしょう。一貫してタイト。終盤の展開部も速めのテンポでグイグイあおり、ダイナミック。ところどころで金管にアクセントをつけて変化を加えます。
予想通りメヌエットも速い。ハイドンの音楽からスタイリッシュなダイナミックさが浮かび上がってきます。ここにきて節回しがマゼールっぽくなってきました。指揮棒をクルクルまわしてオケに指示を出しているのでしょう。
一貫して速めのテンポで来たので、フィナーレは突っ走ってほしいものです。まずは期待どおりの速めの入りですが、まだオケは抑え気味。徐々にスロットルを開いて行く快感。マゼール流のちょっとくどい感じもしかねないアクセントがかえって痛快。爆発を期待します。なんだか不思議な高揚感。最後は期待通りのクライマックス。やはり盛り上げ方は流石です。知的な印象も残し、ハイドンのやり方によってはちょっと温くもなってしまう交響曲をキリリと引き締めたタイトな曲に仕上げてきました。
最後は拍手に包まれます。

ロリン・マゼールが手兵ベルリン放送交響楽団を振ったコンサートのライヴ。若き日のマゼールの才気が味わえるなかなかいい演奏でした。マゼールのハイドンに対するスタンスは純音楽的にタイトに仕上げる素材としての古典期の曲というところでしょう。標題性には一切媚びる事無く、ハイドンの書いたメロディーとオーケストレイションをキリリと引き締めて聴かせる手腕は流石です。音楽を自在に操る類いまれな能力が迸っていました。このハイドン、マゼールらしさが出た秀演でしょう。評価は[+++++]に格上げです。

マゼールは演奏によっては独特の灰汁の強さがあり、好き嫌いが別れる指揮者だったと思いますが、この独特の演奏に惹き付けられた人も多いのではないかと思います。マゼールのハイドンの録音はほとんどないと思いますが、この不思議なタクトでもう少しハイドンを聴いてみたかったですね。また一人、偉大な個性が消えていきました。ご冥福をお祈りします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.