作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

絶品 ラグナ・シルマーのピアノソナタ集(ハイドン)

0
0
すでにドイツは優勝してしまいましたが、ドイツ国歌がらみでもう一枚。

Schirmer2.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

ラグナ・シルマー(Ragna Schirmer)のピアノによるハイドンのピアノソナタなど9曲を収めた2枚組のアルバム。曲目は各曲のレビューをご覧下さい。収録は2007年8月1日から9日にかけて、ドイツのライプツィヒ近郊のハレ(ザーレ)のフランケ財団スタジオでのセッション録音。レーベルは独BERLIN Classics。

ラグナ・シルマーのハイドンはこれが2セット目で、最近ようやく手に入れたもの。手元には同じくBERLIN Classicsによる1995年録音の2枚組のアルバムがあり、それがなかなか良かったので探していたもの。

ラグナ・シルマーは1972年、ドイツのハノーファーの南にあるヒルデスハイム(Hildesheim)生まれのピアニスト。容姿端麗、人気ピアニストのようでBERLIN Classicsからは10枚以上のアルバムがリリースされています。幼少のころから才能が開花し、すでに9歳でピアノコンクールに優勝したそう。また、ライプツィヒで開催されている国際ヨハン・セバスチャン・バッハ・コンクールに1992年と1998年の2度優勝しているという経歴の持ち主。おそらくデビュー盤はバッハのゴールドベルク変奏曲で、このアルバムが話題となって広く知られるようになったということです。

最近印象にのこった女性ピアニストのハイドンといえば、ダリア・グロウホヴァのショパンのように詩的なハイドン。ラグナ・シルマーのハイドンはかなり正統的なもの。清透な清水の流れのような透明感溢れる響きが特徴。タッチのキレも良く、ハイドンのソナタをフレッシュに再生して弾いているような演奏。甘いマスクに華麗な経歴の持ち主のラグナ・シルマーのハイドンのソナタ集の第2弾、曲ごとにかいつまんでレビューしておきましょう。

Hob.XVI:37 / Piano Sonata No.50 [D] (c.1780)
挨拶代わりといった配置でしょう。1楽章の演奏はアルゲリッチの鬼気迫るようなキレではなく才女のキレのような印象。快活なリズムを刻んで行きます。ドラマティックな2楽章のラルゴも、ぐっと音楽は沈み込みますが、さらりとした爽やかな余韻の残るもの。そしてフィナーレもヴォルビックの口当たりのようななんともいえない透明感をはらみます。ハイドンのソナタの面白さを爽やかにまとめた演奏。

Hob.IX:11 / 12 Menuets arranged for clavier "Katharienentänze" "Redout Menuetti" (1792)
次の曲は12のメヌエットですが、4曲ずつに3分割されて、ソナタの間に配置するという珍しい構成。全曲で透明感を基調とした響きで魅せたシルマーですが、このメヌエット集では、ゆったりと語るように曲を置いていきます。くだけたタッチで曲のメリハリを描くだけでなくどこか儚い色気が滲むあたりが流石です。

Hob.III:77 / String Quartet Op.76 No.3 "Kaiserquartetett" 「皇帝」 [C] (1797)
もちろん、2楽章の「神よ、皇帝フランツを守り給え」の変奏曲。意外に訥々と入ります。磨かれた表現というよりむしろ枯れた表現と言っていいでしょう。枯れた印象のなか右手の音階のきらめきの美しさをさりげなく感じさせます。変奏を聴き進むうちにシルマーの自然体のアプローチに引き込まれます。ピアノの美しい響きで純粋に聴かせる音楽。ドイツ国歌のメロディーが次々に変化を遂げ、音楽の芯がしっかりと響きながら力がすっと抜けて行くあたり、素晴しいコントロール。

つづいて先の12のメヌエットの中間の4曲を挟みます。

Hob.XVI:49 / Piano Sonata No.59 [E flat] (1789/90)
1楽章のリズムと展開の面白さが印象的な曲。タッチの上品なキレはやはりシルマーの特徴でしょう。この曲には名演盤が多いですが、シルマーの演奏は、バランスよく曲をまとめながら、タッチ、リズム、アクセントに微妙にアイデアがあり、しかも音楽が自然にながれるというところ。かなり玄人好みの演奏です。決して凡庸な演奏ではありません。2楽章のアダージョ・カンタービレでは、右手の美しいタッチをさりげなく際立たせながら、音楽は深く沈んでいくというなかなかの表現。そしてフィナーレでは軽やかなリズムの跳躍から少しずつ重みを増して行くあたりの微妙な変化が味わえます。

CD2に移ります。

Hob.XVI:47bis / Piano Sonata No.19 [e] (c.1765)
シュトルム・ウント・ドラング期まで遡る曲。冒頭のアダージョはぐっと沈み込むメロディーライン。その反動のように堂々としたアンダンテ。この対比を自然な流れを保ちながら表現。これは上手い。リズミカルなアンダンテになぜかほんのりと陰りがあり、音楽が深い。そして、実に自然なフィナーレへの展開。なにも迷いのない純粋な心境で弾いているのでしょう。さりげない演奏なのにゾクッとします。

Hob.XVII:5 / Tema con 6 variazioni "Faciles et agreables" 「やさしく快適」 [C] (1790)
有名なアンダンテと変奏曲(Hob.XVII:6)の一つ前の番号の演奏曲。落ち着いた主題が提示されたあと、そのテーマの6つの変奏が続きます。メロディーの変化だけではなく、タッチをかなり明確に変えて奏でられます。最初の変奏ではメロディーが複雑になり、次の変奏でテンポを上げ、さらに次の変奏で左手のタッチが冴え、こんどはゆったりとテーマを噛み締めるような変奏、そしてさらに沈み込み、最後は華麗、壮麗な変奏で結びます。この変奏ごとのタッチの変化が鮮明で聴き応え十分。基本的なテクニックの高さを見せつけます。

このあと12のメヌエットの最後の4曲が続きます。

Hob.XVI:11 / Piano Sonata No.5 [G] (1750's)
2楽章のアンダンテのみの演奏。ここだけ取り出して弾くと、まるでバッハのようなアンダンテ。短い曲ですが、神々しささえ感じる演奏。

Hob.XVII:10 / Allegretto [G]
音楽時計の曲から編曲された小曲。途中から時計のリズムのような不思議な伴奏が独特の雰囲気を醸し出します。こうしたさりげない小曲を、さりげなく深い印象を残すあたり、やはり流石な手腕です。

Hob.XVI:48 / Piano Sonata No.58 [C] (1787/9)
最後は有名曲。音の間に詩情が宿る、シルマーの美点が良く出た演奏。クッキリとメロディーの芯をきらめくような音で描き、また、ピアノの響きが消え入る瞬間の美しさでも聴かせるなど、かなりコントラストをハッキリつけた演奏が秀逸。このスリムなのに陰影の深い美しさはなかなか出せるものではありません。ピアノ音の厚さは男声ピアニストには敵いませんが、逆に凛としたメロディーの粒立ちとデリカシーは女性ピアニストならでは。2楽章のロンドもスリムな音色で実にクッキリと音楽を聴かせ、終盤左手のアタックでは、ピアノを鳴らしきる迫力も垣間見せます。聴けば聴くほど味わい深い演奏ですね。

ラグナ・シルマーによるハイドンのピアノソナタなど9曲を収めた2枚組のアルバム。最初はかいつまんで数曲取りあげて終わろうかと思っていましたが、聴き進むうちにシルマーの魅力に引き込まれ、全曲じっくり聴く事になりました。一聴すると小綺麗な演奏という印象でしたが、良く聴くと実に深い演奏。さっぱりとした雰囲気ながらクッキリと彫り込まれたメロディーに、ピアノの美しい余韻を織り交ぜ、しかもかなり表情をつけながらくどくならないセンスも持ち合わせています。洗練されたハイドンのソナタです。これは聴き応え十分。ハイドンのピアノソナタをじっくり味わうに足る素晴しいアルバムです。評価は全曲[+++++]としました。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.