【ドイツ決勝進出記念】アルバン・ベルク四重奏団の「皇帝」「騎士」(ハイドン)

ブラジルワールドカップも大詰め。開催国ブラジルを奈落の底に突き落とし、決勝まで勝ち残ったドイツですが、やはり試合前のハイドン作曲の国歌のメロディーには聴きいってしまいます。そこで今日はドイツ国歌のもとになった「皇帝」を取りあげましょう。

AlbanBergTeldec.jpg
HMV ONLINEicon(別装丁盤) / amazon(別装丁盤) / TOWER RECORDS(別装丁盤)

アルバン・ベルク四重奏団(Alban Berg Quartett)の演奏によるハイドンの弦楽四重奏曲Op.76のNo.3「皇帝」、Op.74のNo.3「騎士」の2曲を収めたアルバム。収録は1973年から74年にかけて、ウィーンのバイエリッシャー・ホーフでのセッション録音。レーベルはTELDEC。

アルバン・ベルク四重奏団は、日本では最も有名なクァルテットでしょう。ハイドンもベートーヴェンもブラームスもラヴェルも雑誌などでは皆推薦盤となっており、精緻、精妙な演奏は弦楽四重奏曲のスタンダードとして広く親しまれています。また、ずいぶん来日していたようで、生で聴かれた方も多いかもしれません。私も一度ミューザ川崎でのコンサートでハイドンを聴いています。アルバン・ベルク四重奏団の情報も含めて、その辺はEMIでのレコーディングを取りあげた記事に記しています。

2011/11/17 : ハイドン–弦楽四重奏曲 : アルバン・ベルク四重奏団のOp.76のNo.1

そのアルバン・ベルク四重奏団も2008年7月に解散してから、すでに6年が経ちます。アルバンベルク四重奏団のハイドンの弦楽四重奏曲はEMIの録音がスタンダードとされているようですが、私は今ひとつ、クッキリと精緻に演奏するスタイリッシュなアルバン・ベルク四重奏団の演奏が、ハイドンの弦楽四重奏曲の多様な魅力を伝えきっているかといわれると、そうでもないとの印象をもっており、世評ほど高く推してはいません。

また、今日とりあげるTELDECの旧録音の方は、実は手元になく、先日ディスクユニオンでようやく手に入れた次第。この旧盤の出来も気になっていたため、ワールドカップのドイツの活躍をきっかけとして、今更のレビューとなったわけです。このアルバムの演奏時のメンバーは以下のとおり。

第1ヴァイオリン:ギュンター・ピヒラー(Günter Pichler)
第2ヴァイオリン:ゲルハルト・シュルツ(Gerhard Schulz)
ヴィオラ:ハット・バイエルレ(Hatto Beyerle)
チェロ:ヴァレンティン・エルベン(Valentin Erben)

新盤はヴィオラがトーマス・カクシュカ(Thomas Kakuska)に変わっていますので、その違いも興味深いところです。

Hob.III:77 / String Quartet Op.76 No.3 "Kaiserquartetett" 「皇帝」 [C] (1797)
このアルバムを聴くのにEMIの新録音の方の皇帝も聴いたのですが、新録音の方が響きの多いホールで遠くに定位する録音、TELDECの旧録音の方はそれに比べるとオンマイク気味でオーソドックスな録音という感じという違いがあります。旧録音は演奏もオーソドックスに聴こえます。1楽章はハイドンの書いた楽譜のエッジをキリリとシャープに聴かせて、音の重なりとメロディーの変化を克明に響かせる感じ。このシャープに聴かせるというところにこだわっているのがアルバン・ベルクの特徴でしょう。
2楽章のポコ・アダージョ・カンタービレがドイツ国歌のメロディー。Wikipediaによれば、この曲はハイドンが1797年に神聖ローマ皇帝フランツ2世に捧げた「神よ、皇帝フランツを守り給え」(後に弦楽四重奏曲「皇帝」第2楽章の主題に用いられる)のメロディーに、1841年にアウグスト・ハインリヒ・ホフマン・フォン・ファラースレーベン(August Heinrich Hoffmann von Fallersleben)がヘルゴラント島で詠んだ詩を付けたものとのこと。歌詞は同じくWikipediaによれば下記のとおり。

ドイツよ、ドイツよ、すべてのものの上にあれ
この世のすべてのものの上にあれ
護るにあたりて
兄弟のような団結があるならば
マース川からメーメル川まで
エチュ川からベルト海峡まで
ドイツよ、ドイツよ、すべてのものの上にあれ
この世のすべてのものの上にあれ

まさにワールドカップの決勝戦の前に歌われるのにふさわしいもの。私には歌詞ではなく、ハイドンの書いた神々しいメロディーだけが響きますが、、、

(追記)
だまてらさんのコメントにあるように上に引用した歌詞は1番で現在は3番の歌詞が歌われているそう。よく考えれば1番の歌詞は今は歌えませんね。Wikipediaにも明記されてました。だまてらさん、ご指摘ありがとうございます。3番の歌詞も載せておきましょう。

統一と正義と自由を
父なる祖国ドイツの為に
その為に我らは挙げて兄弟の如く
心と手を携えて努力しようではないか
統一と正義と自由は
幸福の証である
その幸福の光の中で栄えよ
父なる祖国ドイツ

演奏にもどると、流石にアルバン・ベルク、2楽章のメロディーをくっきり描いて行く手腕は見事。まさに精緻そのものという感じ。変奏ごとの表情をクッキリと描き分け、パートごとにアクセントをつけて、特にヴィオラ、チェロの表情の多彩さが素晴しいですね。この2楽章はスタイリッシュすぎず、じっくり、しっとりとしていて悪くありません。新盤よりも音楽が深い感じ。
続くメヌエットは意外に変化をあまり付けず、一様なリズムで淡々と進めます。メヌエットの演出はクァルテットによってかなり異なりますので、ハイドンの弦楽四重奏曲の聴き所の一つ。中間部は表現を抑えて穏やかに進み、再び適度に活き活きとしたメロディー。やはりヴィオラ、チェロの響きが心地よいですね。
フィナーレはもうすこし激しく来るかと思いきや、踏み外しません。きっちりと枠にはまって、設計どおりの演奏を意図しているよう。やはりカッチリとしたメリハリが印象的。これをドイツ的というのでしょうか。あえて言えば模範的な演奏というべきでしょう。

Hob.III:74 / String Quartet Op.74 No.3 "Reiterquartetett" 「騎士」 [g] (1793)
騎士の方にもすこしふれておきましょう。適度にカッチリした演奏というスタイルは変わりませんが、騎士の方が曲に虚心坦懐に向き合っているように聴こえます。八分の力の範囲で冷静にコントロールしている感じがやはりアルバン・ベルクらしいところ。ほの暗い表情を織り交ぜながら、かなり多彩な展開。ピヒラーのヴァイオリンは他の3人のアンサンブルの調和を乱さず、うすく縁取りを目立たせるような絶妙なもの。
つづく2楽章は先にふれたミューザ川崎のコンサートのアンコールで取りあげられ、4人の呼吸とボウイングが完全に一体化した、実に精妙な音楽の流れに打たれましたが、このアルバムの演奏では、そこまでの突き抜けた表現ではなく、まだ自然さの残る演奏。
メヌエットも前曲同様、安定したリズムに乗って、特段の踏み込みは見せません。そしてそのまま終楽章に入り、安定した弓さばきで、タイトに引き締まった音楽を聴かせます。

1970年代のアルバン・ベルク四重奏団による皇帝と騎士というハイドンの弦楽四重奏曲の名曲2曲を収めたアルバム。やはりアルバン・ベルク四重奏団の演奏は盤石の安定感で、クッキリとしたメロディーを、踏み込みすぎずに奏でて行くスタイル。この演奏を好む方も多いと思いますが、これまで様々な弦楽四重奏曲の名演を聴いている立場からすると、彼らのイメージするかっちりとしたハイドンという枠にはまっている演奏と聴こえます。アルバン・ベルクのハイドンはこのクッキリとした響きを造る事にこだわっている感じがして、ハイドンの音楽に潜む人間的なウイットとかユーモアの表現がもうすこしあればいいのにとの余韻を残してしまいます。逆に響きの完成度は高く、そこを評価する人には好まれる演奏だと思います。評価は両曲とも[++++]としておきましょう。

アルバン・ベルクのカッチリとしたハイドン、今回のワールドカップの冷静沈着なパスまわしを特徴とするドイツのサッカーのスタイルと共通点が無くもありませんね。さてドイツ。天才メッシを擁するアルゼンチンの止める事ができるのでしょうか。決勝戦のドイツ国歌を楽しみながら、試合を見たいと思います。決勝は特にどちらを応援しているわけではありません。今回私はチリに入れこんでおりました。

アルゼンチンが勝ったら。ピアソラでも取りあげましょう(笑)

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 皇帝 騎士

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ごぶさたしています。元野球少年(軟式止まりですが・・・)の小生にとっては、WBCの方が
ずっとエキサイティングなイベントではありますが、ともあれ朋友ドイツの優勝は慶賀の至り
です。
ところで、ご引用されたドイツ国家歌詞ですが、地名に現ドイツ領では無いところまで含まれ
ている、等の理由により本国では唄えない幻の?一番のものですね!
二番も「酒は旨いし姉ちゃんは綺麗だ・・・」的な歌詞に問題ありという事で、現在では三番
のみが唄われているとの事です。
アルバン・ベルクSQの「皇帝」は、最近エソテリックの高音質盤が発売されたようで、同SQ
を代表する名盤、私も愛聴しております。

No title

Daisyさん、早速のフォローありがとうございます。
jammin' Zebという、男性コーラスグループがライブの最中、ちょっと変わった
レパートリーをという短い前説の後に、このドイツ国家を唄いだしたことがあり、
滅茶苦茶に感動しました。(当然ながら?歌詞は3番のみでした・・・)
http://jamminzeb.com/repertory/
日本人なら、長年経てば「歌詞くらい、ちょっといいじゃない・・・」と日和りそうな
気もしますが、ドイツ人はかたくなですね!と思ったら、その一方でドイツ連邦
共和国憲法は何と58回!も改正している、との事。
真面目な性格で、カメラ等の光学機器に強いなど、多くの共通点を見出しなが
らも理解しがたいところもある不思議な朋友ですね。

Re: No title

だまてらさん、いろいろ情報ありがとうございます!
確かに世界を見回しても光学機器は日本とドイツですね。かく言う私も昔は愛機CONTAXとZEISSレンズで写真を撮るのが趣味でしたが、最近はもっぱらiPhoneになっちゃってます。ZEISSのディスタゴン25mmという変わった焦点距離のレンズが好みで、いろいろ撮り歩いたものです。今は大量のポジフィルムも、カメラもお蔵入りですね(笑)
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

交響曲76番オックスフォード交響曲90番ライヴ録音ヴィヴィアーニバリトン三重奏曲四季ロンドンピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:21ベートーヴェンピアノソナタXVI:19古楽器ピアノソナタXVI:23先生と生徒音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲オルガン協奏曲XVII1:1協奏交響曲ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲93番軍隊ヒストリカル交響曲70番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番トランペット協奏曲悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6モーツァルトヨハン・クリスチャン・バッハ交響曲4番ピアノ三重奏曲ピアノソナタXVI:51豚の去勢にゃ8人がかり十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモーバッハヘンデルスカルラッティショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフタリスリヒャルト・シュトラウスヨハン・シュトラウスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71ブルックナー交響曲88番ベルリオーズウェーベルンベンジャミンナッセンメシアンシェルシグリゼーヴァレーズ弦楽四重奏曲Op.20交響曲67番交響曲9番交響曲65番交響曲73番交響曲39番交響曲61番狩りリームアンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打ボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74無人島騎士オルランドアルミーダ変わらぬまこと哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲27番交響曲19番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ドニぜッティライヒャロッシーニ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26アレグリモンテヴェルディパレストリーナバード美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌オフェトリウムカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ