作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

【新着】フィリップ・ヘレヴェッヘ/シャンゼリゼ管の四季(ハイドン)

0
0
久々の新着アルバムです。

Herreweghe4S.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

フィリップ・ヘレヴェッヘ(Philippe Herreweghe)指揮のシャンゼリゼ管弦楽団(Orchestre des Champs-Elysées)、コレギウム・ヴォカーレ・ヘント(Collegium Vocale Gent)の演奏で、ハイドン最後のオラトリオ「四季」を収めたアルバム。収録は2013年4月10日から13日、オーストリアのインスブルック公会堂でのセッション録音。レーベルはヘレヴェッヘの録音を専門にリリースするφ PHI。

古楽器演奏においては知らぬ人はいないヘレヴェッヘですが、手元のアルバムを調べてもヘレヴェッヘの指揮するハイドンの録音はありませんでした。唯一クイケンの指揮する天地創造で合唱指揮を担当してるアルバムがあるのみでした。手元にあるのはharmonia mundiに大量に録音したバッハのカンタータ集の録音が十数枚ほどとヨハネ、マタイ受難曲など。ヘレヴェッヘのバッハは透明感とほどよいしなやかさからハイドン以外では結構集めたほうです。

フィリップ・ヘレヴェッヘは1947年、ベルギーのヘント生まれの指揮者。少年時代はイエズス会の少年聖歌隊員だったそうで、実家が医者であったことから精神科医を目指してヘント大学医学部で心理学を学びましたが、ヘント音楽院でピアノ、チェンバロ、オルガンなどを学び、結局医学をあきらめ音楽家になることになりました。1970年代には指揮活動に従事し、コレギウム・ヴォカーレ・ヘントを創設。その演奏がアーノンクールらに注目され、レオンハルトなどと共同で進められていたバッハのカンタータ全集の一部を担当したということです。1977年にはルネサンスから現代音楽までをレパートリーとするシャペル・ロワイヤルを設立、他にもルネサンス音楽を専門に演奏するヨーロッパ声楽アンサンブル、ロマン派などを中心に演奏するシャンゼリゼ管弦楽団、現代音楽を専門とするアンサンブル・ミュジック・オブリークなどを主宰。現代楽器のオケでは王立フランダース・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督に就任するなど活動は多彩です。

歌手は以下のとおり。
ハンネ(ソプラノ):クリスティーナ・ランズハマー(Christina Landshamer)
ルーカス(テノール):マクシミリアン・シュッミット(Maximilian Schmitt)
シモン(バス):フローリアン・ベッシュ(Florian Boesch)

Hob.XXI:3 / "Die Jahreszeiten" 「四季」 (1799-1801)
第一部「春」
バッハのカンタータなどで親しんだ柔かな肌合いの古楽器の演奏。適度な覇気に落ち着いたテンポでじっくりと踏みしめていくような展開。メロディーの語り口の上手さは流石ヘレヴェッヘというところ。録音は癖のない自然なもの。残響も適度で非常にバランスの良いものです。冒頭からティンパニの自然な迫力を感じる理想的な録音と言っていいでしょう。
歌手は、バスのフローリアン・ベッシュはクッキリとエッジの利いた硬質の声。テノールのマクシミリアン・シュミットは柔らかい透明感に溢れた声。そしてソプラノのクリスティーナ・ランズハマーは高音の伸びが素晴しい可憐な声。そしてやはり合唱はヘレヴェッヘの演奏に共通した柔らかなハーモニーが特徴。天地創造のクリスティ盤と同様、自然な歌を楽しめる名盤の予感です。曲がすすむにつれて自然なハーモニーの美しさに徐々に引き込まれていきます。ハイドン最晩年の澄みきった心情を表すように淡々と演奏が進んでいきます。最後の三重唱と合唱による「おお、今やなんと素晴らしい!」では自然さを保ちながら、オケが渾身の響きで入り、リズミカルに美しいメロディーを奏で、清透なコーラスのやまびこのように重なっていく様は、清らかな迫力。この演奏の特徴が最も良く出たところでしょう。第一部から高い完成度にもかかわらず、それを感じさせない自然な演奏にうっとりです。

第二部「夏」
物憂い雰囲気ではじまる夏もヘレヴェッヘの自然な語り口は変わらず、淡々と音楽が流れ、徐々に起伏の面白さに引き込まれていきます。迫力で聴かせる演奏ではなく、音楽の流れと語り口の面白さでで聴かせる演奏。夏の前半のハイライト「朝焼けが訪れて」では、オケとコーラスがここぞとばかりに盛り上がりますが、それまでのしなやかさがあっての盛り上がりが映えるというもの。力まかせなところはなくてもかなりの起伏です。そしてルーカスのカヴァティーナ「自然は、重圧に喘いでいる」ではマクシミリアン・シュッミットが染み渡るような柔らかい声でじっくりメロディーを聴かせます。そしてハンネのアリア「何という爽やかな感じでしょう」ではクリスティーナ・ランズハマーのどこまでも延びていく高音の魅力にうっとり。ちょっと好みです。ざっくりと生成りの肌合いのオケに乗って気持ち良さそうに歌うランズハマーの美声に酔います。終盤はティンパニによる雷鳴が近づいてくるところの静寂感から嵐に変わるところの演出の見事さで、再びガッチリとつかみます。最後の「黒い雲は切れ」では癒しに戻ります。

第三部「秋」
CDを換えて2枚目。ヘレヴェッヘの指揮は緩む事なく淡々と進み、ハイドンの書いた音楽のとおり進みます。やはり、3曲目の「ごらんなさい、あそこのしばみの茂みの方へ」でオケが大波が来たように盛り上がります。軽快な曲の多い秋ですが、ここに来てオケの演奏精度の高さは流石というべきところ。終盤の狩のホルンによるファンファーレが高揚感ばかりでなく渋い表情も併せ持ち、このあたりのコーラスも見事。いつ聴いても盛り上がる最後の「万歳、万歳、ぶどう酒だ」もコーラスの圧倒的存在感。オケよりもコーラスが主導権をとっているよう。舞曲が宴席の興奮を伝え、まるでオペラのような展開に。オケとコーラスと鳴りものが渾然一体になって陶酔します。

第四部「冬」
モノクロームの冬の暗い風景のような序奏から入りますが、徐々に色彩が戻ってくるようにオケの表情がはっきりとしてきます。このあたりの微妙な表情の変化のコントロールは実に緻密。半ばでハンネと合唱による不思議なメロディーが出現。いつもこの曲の響きに惹き付けられます。「くるくる回れ」という糸車の歌。終曲の前のシモンのアリア「これを見るが良い、惑わされた人間よ」から、終曲三重唱と合唱「それから、大いなる朝が」は派手さはない展開なんですが、この大オラトリオの最後にふさわしい、神々しい雰囲気が漂います。最後に明るい響きが鳴り響くところは、フィガロの最後のすべてを許すメロディーが鳴る場面を彷彿とさせる癒しに満ちた聴き所。最後のコーラスによるフーガ締めくくります。

フィリップ・ヘレヴェッヘが満を持して録音した、ハイドン最後のオラトリオ「四季」。期待に違わぬ素晴しい出来です。私の好きなウィリアム・クリスティの「天地創造」と同様、古楽器ながら実に素朴にハイドンの名旋律をじっくりと奏でていき、歌の素晴らしさ、コーラスの素晴らしさに溢れた演奏。歌手、コーラス、オケそれぞれ万全。そして自然でじっくりと盛り上がりを楽しめる録音の良さもポイントです。久しぶりの大型プロダクションということで聴く方も力が入りました。手元のアルバムは輸入盤に丁寧な日本語訳をつけたマーキュリーのリリース。いつもながら丁寧な仕事に感服です。評価はもちろん[+++++]です。久々に四季の素晴らしさに打たれました!

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.