作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

ジャン=ジャック・カントロフのヴァイオリン協奏曲集(ハイドン)

0
0
ゴールデンウィーク中はラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンなどを聴きながらのんびりと過ごしましたが、肝心のハイドンのレビューに戻らねば、ハイドンの音楽の素晴しさを広く全世界に伝えるという崇高なミッションを持つ当ブログの矜持が保てません。

ということで、今日はまたまた湖国JHさんからの課題曲。いやいや、こちらの所有盤の隙間の名演盤を刺されました(笑)

Kantrow.jpg
amazon

ジャン=ジャック・カントロフ(Jean-Jacques Kantorow)のヴァイオリン、クリスチャン・ベンダ(Chirstian Benda)指揮のシュツットガルト室内管弦楽団(Stuttgarter Kammerorchester)の演奏で、ハイドンのヴァイオリン協奏曲3曲(Hob.VIIa:1、VIIa:3、VIIa:4)を収めたアルバム。収録は1995年1月、シュツットガルト近郊のルードヴッヒスブルク(Ludwigsburg)でのセッション録音。レーベルはスイスのCASCAVELLE。

ジャン=ジャック・カントロフは名前は知っているものの、ちゃんと聴くのははじめての人。ということでちょっと調べてみました。1945年フランスのカンヌ生まれのヴァイオリン奏者、指揮者。13歳でパリ音楽院に入り、1960年代にはロンドンで開催されたカール・フレッシュ国際ヴァイオリンコンクール、ジェノヴァで開催されたパガニーニ国際コンクールなどのコンクールで数々の優勝、入賞をはたし、国際的に知られる存在となりました。70年代にはソロ、そして室内楽演奏者として活躍しました。教育分野ではストラスブール、ロッテルダムの音楽院にて教職につき教授職を引退するまで教育に従事しました。80年代からは指揮もこなし、欧州各地の室内楽団などの指揮者として活躍しています。

このアルバムで指揮を担当しているクリスチャン・ベンダはチェコ生まれのチェロ奏者、指揮者。ネットを検索するとNAXOSからプラハ室内管を振ったロッシーニ、バッハなどかなりの枚数のアルバムがリリースされていますので、ご存知の方も多いかもしれませんね。私はこちらもはじめて聴く人。ハイドンはこのアルバムのみのようです。

Hob.VIIa:1 / Violin Concerto [C] (c.1765)
クリスチャン・ベンダの振るシュツットガルト室内管はキビキビとしながらもバランスのよい正統派の演奏。序奏から程よい緊張感を保ち、リズムのキレの良さはかなりのもの。その爽快なオケに乗ってカントロフのヴァイオリンもキビキビとキレの良いボウイングでハイドンの美しいメロディーを奏でてていきます。オーソドックスな演奏ですが、良く聴くとリズム感の良さ、鋭いフレージング、高度なバランス感覚が感じられるなかなかいい演奏。ハイドンの最も有名なヴァイオリン協奏曲を楽しむ演奏として広くお薦めできる名演盤という印象です。カントロフはストラディヴァリウスを弾いていますが、非常に良く楽器が響いてヴァイオリンの音色の美しさを堪能できます。特に高域の引き締まった音色は出色。1楽章は最後まで引き締まった一貫した美音を披露。最後のカデンツァでその一貫した表情を突然崩し、自在にヴァイオリンを鳴らして別世界のような音楽を披露。風流を解する人のようですね。最初から見事な演奏にこちらもぐっと身を乗り出して聴きます。
続くアダージョは、カントロフの磨き抜かれたハイテンションの美音の魅力にやられます。かなり抑えたオケのピチカートにのって圧倒的な存在感のヴァイオリンソロ。この美音は素晴しい。決して緩む事のない緊張感が素晴しいですね。
フィナーレはオケがすこし踏み込んでクッキリとした表情の伴奏で変化を付けます。カントロフのヴァイオリンはもはや神がかっていると言っていいほどの磨き込まれ方。さりげないのに深い演奏。オーソドックスなのに変化に富んで実に表情豊か。私の好きなタイプの演奏。終盤に至るとオケもかなり大胆にアクセントを効かせたり、曲のツボをおさえた垢抜けた表現で惹き付けます。カントロフも変化で応報。実に聴き応えがあります。1曲目から完全にカントロフのペースにハマりました。

Hob.VIIa:3 / Violin Concerto "Merker Konzert" 「メルク協奏曲」 [A] (c.1765/70)
オケの表現力が上がり、冒頭からかなりスリリングな演奏。クリスチャン・ベンダ、只者ではありませんね。カントロフも受けて立ち、最初から穏やかに火花散る掛け合い。曲想が前曲よりスリリングな分、演奏も前曲より起伏をハッキリさせています。時折ぐっと惹き付けられる高音の美音を轟かせながら、ベンダの振るオケとのジャブの打ち合いを楽しむよう。演奏はスリリングですが、非常に落ち着いた奏者の感覚がコントロールしているのがわかります。この曲でもカデンツァの崩したスタイルが絶妙。カデンツァとは技巧の披露ではなく奏者の風流さを聴かせるところとの位置づけですね。1楽章終盤にむけたオケとの掛け合いの息の合い方が尋常ではありません。見事。
2楽章はテンポをあまりおとさず、表情だけが癒しに向かい絶妙のリラックス感。アーティスティックな緊張感を失わないアダージョに痺れます。
フィナーレは1楽章の終盤のスリリングな展開が再び顔を出します。協奏曲の演奏では奏者とオケの息がどこかズレた部分があるもので、逆にあまりにリズムが合っていると緊張感がないもの。このカントロフとベンダの演奏はリズムがピタリと合っているのに極めてスリリングな希有な演奏。この緊張感は聴いていただかなくてはわからないでしょう。手に汗握るとはこのこと。松ヤニが飛び散るような素晴しい迫力。最後にカントロフのこれまた見事なカデンツァを楽しませてもらって終了。

Hob.VIIa:4 / Violin Concerto [G] (c.1765/70)
脳の音楽中枢がこれまでの2曲で全開になってますので、冒頭からカントロフとベンダの名演奏にアドレナリン大噴出。あまりに見事なカントロフのヴァイオリンに言葉も出ません。ハイドンの名旋律にただただ打たれるように音楽を浴びます。
この曲ではアルバム最後の曲だからか、アダージョのテンポを前曲よりも落とし、すこしゆったりした表情になります。美しいメロディーにカントロフも音を震わせながら入り、すぐに澄みきった美音に変わります。オケはビロードのように柔らかく響きを変え、ここではじめてオーソドックスなアダージョの魅力を披露します。
最後のフィナーレは前曲同様スリリングな音楽な魅力炸裂。この対比の見事さ、純粋に音楽的な演出設計の巧みさ、そしてやはりカントロフの美音の魅力が圧倒的です。軽やかに駆け上がる音階。手を切りそうなほどの鋭いキレ味。オケも抜群のキレ味。いやいや素晴しい!

ヴァイオリン協奏曲では以前取りあげたマルク・デストリュベ盤やカルミニョーラ盤、エリナ・ヴァハラ盤など名盤揃いですが、もしかしたらこのカントロフ盤はそれを上回ると感じるほど。カントロフの美音の素晴らしさは尋常ではありませんし、ベンダの振るシュツットガルト室内管もキレキレ活き活きとした演奏で完璧なサポートです。これは脱帽。3曲とも[+++++]とします。

残念ながらこのアルバム、頼みのamazonでも入手難ゆえ入手は容易ではないでしょう。お持ちの方は家宝として神棚にお供えしてください(笑)

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.