アーリーン・オジェーのカンツォネッタ(ハイドン)

世の中ゴールデンウィークですが、ラ・フォル・ジュルネなどを楽しんだり、近くの公園に出かけたりと、近場で適当にゴールデンウィークを満喫して楽しんでおります。

今日取り上げるのは最近ネットを検索していてはじめて存在を知ったアルバム。amazonに注文したら、いつも通り翌日には到着です。

Auger1978.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

アーリーン・オジェー(Arleen Augér)のソプラノ、エリック・ウェルバ(Erik Werba)のハンマークラヴィーアでグルック、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンの歌曲26曲を収めたアルバム。収録は1978年5月11日、ザルツブルク・レジデンツ(宮殿)内のリッターザール(Rittersaal)での録音。ライヴとは記載されていませんが、明らかに拍手や会場ノイズが聴こえるのでライヴです。レーベルはORFEO。

アーリーン・オジェーは1939年、ロサンゼルス近郊のサウスゲート生まれのソプラノ歌手。子供のころからピアノとヴァイオリンを習っていましたが、ロングビーチのカリフォルニア州立大学を卒業し、最初は幼稚園の先生でした。26歳になってシカゴ近郊のエヴァンストンでテノール歌手のラルフ・エローレ(Ralph Errolle)について歌を学び始め、2年後にロサンジェルスで行われた声楽コンクールで優勝したことで歌手としてのキャリアがスタートしました。音楽家としては遅咲きのほうでしょう。この後ロサンジェルスフィルと共演、ウィーンに渡りり、ウィーン国立歌劇場ではヨゼフ・クリップスの指揮の魔笛でデビュー、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場ではベームの振るフィデリオのマルチェリーナ役でデビューといきなり世界のトップシーンで活躍し始めました。レーパートリーはバッハからモーツァルトあたりまでで、高貴な響きのソプラノで知られた人です。歌手としては全盛期だった1992年、脳腫瘍のため引退、3度の手術ののち1993年に亡くなったとのこと。今日取り上げるのは1978年、オジェー39歳の頃の歌ということですね。

ジャケットの若々しいオジェーの姿が眩しいですね。オジェーにはホグウッドが伴奏を担当した「ナクソスのアリアンナ」などを収めたアルバムや、オルベルツのピアノ伴奏によるカンツォネッタ集などのアルバムがありますが、何れもこの録音よりあとのセッション録音。また天地創造や四季、ミサ曲のソロを担当した演奏もいくつかありまますが、ドラティの「月の世界」の録音に1977年に参加している以外はすべて今日取り上げるアルバムより後の録音です。このアルバム、若きオジェーの貴重な録音といっていいでしょう。

伴奏のエリック・ウェルバは1918年生まれのオーストリアの作曲家、ピアニスト。ネットを検索すると歌曲の伴奏者として錚々たる歌手の伴奏を担当したアルバムが残されていますね。1992年に亡くなっています。

1曲目のグルックの曲につづき、2曲目から5曲目までの4曲がハイドン。

Hob.XXVIa:35 / 6 Original Canzonettas 2 No.5 "Piercing eyes" 「見抜く目」 [G] (1795)
伴奏のウェルバの弾く楽器はハンマークラヴィーアとありますが、音色はフォルテピアノに近いです。かなり雄弁なウェルバの伴奏に乗って、オジェーの歌が入りますが、高音の響きの豊かさがいきなり印象に残ります。録音は70年代後半としてはちょっと粗さが目立ちますが、特段聴きにくいものではありません。良く響く宮殿内のホールで歌っている感じがよくわかります。ウェルバの起伏に富んだ伴奏に対し、オジェーの歌の誠実な展開にぐっと来ます。

Hob.XXVIa:34 / 6 Original Canzonettas 2 No.4 "She never told her love" 「彼女は決して愛を語らなかった」 [A sharp] (1795)
挨拶がわりの前曲に対し、ぐっと情感が強まる曲をもってきました。ウェルバのドラマティックな伴奏にオジェーも応えて、歌の表現の幅も前曲より広がります。ゆったりと間を取る事で生まれる空気感を存分に活かした演奏。しっとりとした歌にゆったりとした伴奏から生まれる濃い情感。会場内のお客さんの集中力も一気に鋭敏になります。

Hob.XXVIa:21 / 12 Lieder No.9 "Das Leben ist ein Traum" 「人生は夢だ」 [E flat] (1784)
前曲同様、しっとりと入りますが、聴かせどころの盛り上がりかたが違いました。オジェー、いきなりフルスロットルで素晴しい高音を聴かせます。声の張りと力の漲り方が尋常ではありません。ウェルバが落ち着きはらってしっかりサポートしているのがいいですね。流石に伴奏に慣れた人と感慨しきり。オジェー全盛期の絶唱。

Hob.XXVIa:4 / 12 Lieder No.4 "Eine sehr gewöhnliche Geschichte" 「ごくありふれた話」 [G] (1781)
ハイドンの最後はこれまでの3曲とはことなりドイツ語の歌。コミカルな台詞まわしが印象的な曲。ハイドンの4曲だけで、歌曲の様々な面白さに次々とスポットライトを当てる巧みな選曲でした。この曲が終わると盛大な拍手に包まれます。

多くのソプラノ歌手の歌でも微妙なニュアンスの違いで、何となく好きになる歌手がいるものです。オジェーはなぜか、華やかさも折り目正しさもあり、妙に心に刺さる人。軽々とした節回しで転がるように音階が走り抜け、あとに何とも言えない可憐な余韻が残ります。このアルバムは若きオジェーの魅力が詰まった素晴しい歌唱が楽しめる絶好の録音。残念ながら70年代としては今少しの鮮明さが欲しいところですが、オジェーの魅力は十分伝わります。ウェルバの伴奏も味があって非常にいいですね。ファン必携のアルバムでしょう。評価はもちろん4曲とも[+++++]です。ハイドン以降のモーツァルト、ベートーヴェン、そして特にシューベルトがいいです。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 英語カンツォネッタ集 ライヴ録音 古楽器

コメントの投稿

非公開コメント

No title

素晴らしい(と未聴のうちから断言してしまいましたが・・・)アルバムですね。
同年録音の、ヘルムート・リリングの「マタイ受難曲」旧盤でも彼女が歌っています。
’80年代なかばには、同キャストでの実演をNHKホールで聴いて感動しました。
トピずれになりますが、リリングの指揮はピリオド奏法が業界?を席巻する以前の
中庸的なスタイルの演奏であり、ともすれば微温的と片付けられがちですが、
音盤も実演も滋味溢れる癒しの音楽でした。それにはオジェーとメゾ・ソプラノの
ユリア・ハマリの名唱が大きく貢献していると考えます。

Re: No title

だまてらさん、いつもコメントありがとうございます。
オジェーの実演を聴かれたとはうらやましい限り。あの美しい声がホール響き渡るのを想像するだけでぐっときますね。リリングとのバッハはあまり聴いてはいませんが、ちょっと仕入れて聴いてみたくなりました。そういえばリリングのハイドンもテレジアミサを一度取り上げたきりでした。もう少し聴いてみたいですね。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ヒストリカル交響曲88番交響曲90番交響曲76番オックスフォードライヴ録音バリトン三重奏曲ヴィヴィアーニ四季ロンドンピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:25ベートーヴェンピアノソナタXVI:19ピアノソナタXVI:23先生と生徒古楽器音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲オルガン協奏曲XVII1:1ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲70番交響曲93番軍隊交響曲80番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6トランペット協奏曲モーツァルトヨハン・クリスチャン・バッハ交響曲4番ピアノ三重奏曲豚の去勢にゃ8人がかりピアノソナタXVI:51十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモーヘンデルバッハスカルラッティ驚愕ショスタコーヴィチシェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフヨハン・シュトラウスリゲティタリスリヒャルト・シュトラウス交響曲10番ピアノソナタXVI:49交響曲54番迂闊者ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46日の出皇帝弦楽四重奏曲Op.71ブルックナーベルリオーズウェーベルンナッセンベンジャミンヴァレーズグリゼーシェルシメシアンOp.20弦楽四重奏曲交響曲9番交響曲67番交響曲65番交響曲39番交響曲73番交響曲61番狩りリームピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:6アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:48交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:45ピアノソナタXVI:44第九太鼓連打ボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番チャイコフスキーストラヴィンスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34サントリーホールブーレーズ弦楽四重奏曲Op.74アルミーダ無人島変わらぬまこと騎士オルランド哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:3交響曲3番交響曲79番アレルヤラメンタチオーネチェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲19番交響曲27番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎オーボエ協奏曲LPヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲1番交響曲37番ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニライヒャドニぜッティ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26バードアレグリモンテヴェルディパレストリーナ美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌カノンオフェトリウムよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ