作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

ショルティ/ロンドンフィルの「奇跡」、「時計」(ハイドン)

2
0
年度はじめに相応しく、メジャーアーティスト、メジャーレーベルのメジャーな曲。私個人の嗜好のままレビュー盤を選んでいくと、どんどんマイナーなアルバムになってしまいますので、意図してメジャーなアルバムをセレクトします。

Solti96_101.jpg
amazon / amazon(ザロモンセット)/TOWER RECORDS(ザロモンセット)

サー・ゲオルク・ショルティ(Sir Georg Solti)指揮のロンドン・フィルハーモニー管弦楽団(London Philharmonic Orchestra)の演奏で、ハイドンの交響曲96番「奇跡」、101番「時計」の2曲を収めたアルバム。収録は1981年3月、ロンドンのキングスウェイホールでのセッション録音です。レーベルは英DECCA。

ショルティはマーラー等派手なオーケストレイションの曲を得意としていたからか、はたまたかなり強引な指揮姿からか、豪腕なイメージが強い人ですが、このロンドンフィルとのハイドンを聴くとさにあらず。オケを思い切り煽って鳴らしまくるのですが意外とダイナミクスを強調した演奏ではなく、アクセントはあまり強調せず流れの良い大きな起伏で聴かせる演奏なんですね。これまで当ブログでもいろいろ演奏をとりあげています。

2012/02/25 : ハイドン–オラトリオ : ショルティ晩年の天地創造ライヴDVD
2012/01/02 : ハイドン–オラトリオ : ショルティ/シカゴ響による天地創造旧盤
2011/06/27 : ハイドン–交響曲 : ショルティ/ウィーンフィルの「ロンドン」1996年ライヴ!
2011/03/27 : ハイドン–交響曲 : 爆演、ショルティの指揮者デビュー録音、ロンドンフィルとの太鼓連打他
2010/12/03 : ハイドン–交響曲 : ショルティ/ロンドンフィルによる102番、103番「太鼓連打」2
2010/12/02 : ハイドン–交響曲 : ショルティ/ロンドンフィルによる102番、103番「太鼓連打」

ただし、最も録音年代の古いロンドンフィルとの太鼓連打の指揮者デビュー録音でははち切れんばかりの覇気に満ちた爆演。この演奏が最もショルティらしい演奏と言っていいでしょう。デビュー当時のショルティの気合いの入りかたは尋常ではありませんでしたが、今日取り上げる1980年前後のザロモンセットでは、いい具合に力が抜け、ハイドンとはしゃにむに振るのではないとの悟りを得たのか、適度に力がぬけたショルティの余裕が感じられる演奏だと言うところでしょう。

Hob.I:96 / Symphony No.96 "The Miracle" 「奇跡」 [D] (1791)
響きの良い録音会場として多くの名録音を生んだ今は亡きキングスウェイホールの豊かな響きにつつまれた奇跡の序奏。ショルティらしい精緻なゆったり感。主題に入るとテンポを一気に上げ、いきなり素晴しい躍動感。インテンポで畳み掛け、この曲独特のコミカルなメロディーを素晴しいキレの弦楽器群が描いて行きます。意外と低音弦は抑え気味で主に高音弦の迫力で聴かせ、この推進力とハンガリーの伝統と思わせるヴァイオリンのキレは見事。オケはいい意味で適度な粗さもあり、それが迫力にもつながっています。ショルティがオケを煽っているのがよくわかります。
つづくアンダンテも基本的に落ち着いた表現ながらインテンポの余韻がのこってヴァイオリンパートの流麗さで聴かせる演奏。弦楽器の雄弁さと、奏者全員がショルティの煽りにしっかりとついて行っているのが流石。木管、金管もすこし控えめであくまで弦楽器主体なところにこのしなやかな表情が生まれるのでしょう。
メヌエットは流石に迫力に振ってきますが、それでも力ませではなく、あくまで音楽が一貫して流れ、特に弦楽器の雄弁さに裏付けられた一貫性があります。徐々に迫力を増し、オケが怒濤の迫力を帯びてきます。木管のソロは落ち着きはらって美しいメロディーラインをこともなげに吹いてきます。テンポは乱れず、音楽が滔々と流れて行きます。
アバド盤で鮮烈なキレが印象的だったフィナーレ。ショルティのコントロールはミクロ的なキレではなく大局的な見地でのキレがあります。最初は抑えて入りますが、徐々にマグマにエネルギーが満ち、オケの底力が発揮されます。それでも高音弦中心のスタイリッシュなイメージを保ちます。非常に高揚感を感じながらもオケの力が抜けた名演奏。

Hob.I:101 / Symphony No.101 "Clock" 「時計」 [D] (1793/4)
続いてこちらも名曲「時計」です。ことさら1楽章の緊密な構成感が聴き所ゆえ、このアルバムのショルティの録音の出来が素直に刺さります。またまた緊張感を帯びたゆったりさで入ります。序奏の規模が奇跡よりも大きいので、しなやかにオーケストラが響くのをゆっくり楽しめます。そしておもむろにギアチェンジして怒濤のインテンポ。特に低音弦を抑えながらのこの高揚感。あえて旋律の美しさに目を向けさせようと言うのでしょうか。高音弦だけでもこれだけ迫力を出せることを誇示したいのでしょうか。真意はわかりませんが、いずれにせよ素晴しい高揚感。時計の1楽章の理想的な演奏でしょう。
有名な時計のリズムを刻むアンダンテは、予想通り速めのテンポでいきます。おそらく途中からのうねりも速めに畳み掛けてくるのでしょう。速めののテンポと軽々としたリズムからハイドンの諧謔的なメロディーの面白さが滲み出てきます。このあたりはショルティの面目躍如。時計の面白さを良く踏まえた演奏。中盤からの盛り上がりもテンポを落とさずしっかりと隈取りを重ねて素晴しい迫力。再び枯れてもテンポは落とさず、オケは規律を失いません。最後まで弦楽器のボウイングに力が漲り、エネルギーはおとろえません。
メヌエットは前曲と異なり、かなりアトラクティヴ。クッキリと旋律を描き、色彩感も抜群。陽光に映える白亜の神殿のような圧倒的存在感。丁寧にフレーズを重ね、徐々にクライマックスに近づいていきます。間奏のフルートが妙に上手くて気になります。冴え冴えとした動と静の対比が見事。
最後のフィナーレに集中。入りはオーソドックスですが、おそらくトランス状態のような陶酔がまっているでしょう。やはり低音弦を抑えてメロディー主体の盛り上がり。これがショルティのハイドンのスタイルでしょうか。不思議に落ち着いてもいながら響きは陶酔まっしぐら。明らかにこの楽章に焦点を合わせてきています。最後はやはりショルティ、オケを鳴らしきって終わります。

サー・ゲオルク・ショルティ指揮のロンドンフィルによるザロモンセットのアルバムから「奇跡」と「時計」というハイドンの交響曲でも指折りの名曲。やはり一流どころのハイドンたる雄弁な演奏だと再認識。ショルティの古典派が良いというイメージを持たない方も多いかもしれませんが、これは名演です。私はカラヤン/ベルリンフィルのザロモンせっとよりもショルティの方を推します。この2曲の評価は[+++++]ですね。未聴の方は是非聴いてみてください。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

2 Comments

There are no comments yet.

だまてら

No title

ハイドンに傾倒するずっと以前から、ショルティの信奉者である小生にとって、
大変うれしい記事&評価です!
ちょうどこの録音の頃に、ショルティ/LPOの来日公演に行ったことを懐かしく
思い出しました。

  • 2014/04/13 (Sun) 06:22
  • REPLY

Daisy

Re: No title

だまてらさん、いつもコメントありがとうございます。
ショルティ/LPOの来日公演行かれたんですね。今となっては実演に触れた思い出は貴重なものでしょうね。ショルティのライヴは凄まじい迫力だと伝え聞きますが、さぞかし素晴しかったでしょうね!

  • 2014/04/15 (Tue) 22:02
  • REPLY