作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

【番外】LPレコードクリーナー到着

4
0
世の中では消費税増税で一喜一憂。会社の近くのランチスポットもきっちり税金分上げているところもあれば、そのままの値段のところもあり、中には上がった値段以上に量が増えていたりと、増税を乗り切る工夫を凝らしているようですね。

特に値段のはるものは増税前に買おうという気になるものです。

ということで2月にディスクユニオンに立ち寄っていつものようにハイドンのCDを何枚か仕入れた折、隣のオーディオユニオンにぶらりと入ると、入り口にいつも置いてあるVPIのLPレコードクリーナーに特売の張り紙が貼られ、かなり魅力的なお値段が提示されておりました。

しばらく店内を澄まし顔で巡回したあと、店員さんを捕まえ、納期とか値段のことをやりとり。脳内では嫁さんの顔やこれまでの人生のことが走馬灯のように浮かびますが、増税前という人並みの高揚感から、「これ、もらいます。」とクールに決断しました。

1週間くらい届くでと言われていたものの、世の中同じ思考回路の方が多数いらっしゃったようで、届いたのは3月31日。増税前でホットしました。

IMG_7429.jpg

ESORTERIC : VPI HW-16.5 / amazon


ということで、かなり前に中古で手に入れたローズマリー・クルーニーのLPを取り出し、まずは針を落として見ます。盤面は中古のそれなりのものでしたが、少しスクラッチノイズが目立ちます。

マニュアル通りにそのLPをクリーナーのコルク張りのターンテーブルに載せ、スイッチを入れて専用液を垂らしながら専用ブラシでクリーニング。そして指示通りに吸引するレバーをLPの上に出して吸引スイッチをオン!

掃除機のようなけたたましい音とともに液を見事に吸い取っていきます。指定通り2周ほどでスイッチを切り、またしても指示通り数分乾くのを待ちます。そしてやおらLPをTHORENSのターンテーブルに移して針を落とすと、期待通りノイズはかなり減って、音もダイレクト感が増します。

盤面もピカピカになり、かなり気分爽快。これはいいですね。

IMG_7428.jpg

ということで先日仕入れたドラティのハイドンの交響曲全集のLPの第1巻6枚組を一気にクリーニングして、彫りの深いドラティの響きを堪能しました。

部屋にこもって大音響でLPをクリーニングする姿を見て、嫁さんからは「怪人レコード磨き」と呼ばれてます(笑)

これからはLPの記事も増えるかもしれませんね。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

4 Comments

There are no comments yet.

sifare

ローズマリー・クルーニーも大好きです!

こんにちは~
いつもにやっとしながら読ませて頂いていますが、今日はまたパソコン前に声を出して笑ってしまいました(^-^)クールにお買いものされているご様子が浮かびます(^_-)-☆
うちの夫も私は「野獣~」と時にネーミングしますが、「怪人~」の方が数倍クールですから大丈夫ですよ(笑)

ローズマリー・クルーニーは映画「ホワイト・クリスマス」などではダイナマイトボイス←ふる~、のみならず軽やかな動きで演技でも魅了されました。

MK

良いですねぇ

私はいい加減なので、レコードクリーナーは昔ながらのワッツだけ。
スクラッチノイズもレコードの味とやせ我慢です(笑)。

  • 2014/04/04 (Fri) 21:51
  • REPLY

Daisy

Re: ローズマリー・クルーニーも大好きです!

sifareさん、いつも癒しコメントありがとうございます!
ローズマリー・クルーニーもたしなまれるのですね。見方によりますが、「怪人」な夫と「野獣」な夫では、世間的には野獣の方が聞こえがいいかもしれませんね。
残念ながら最近仕事が忙しく、記事を書くピッチを上げられませんが、適当に気晴らししながらやっとります。変わらず癒しご支援のほど、よろしくお願いします(笑)

  • 2014/04/04 (Fri) 23:39
  • REPLY

Daisy

Re: 良いですねぇ

MKさん、こんばんは。
ワッツとは懐かしい。父がよく使ってました。あれも湿らせるいい具合に埃がとれるんですよね。ちょっと探してみましたが、もうないようです。
いつも画面からコーヒーのいい香りがただようようで、ブログ楽しく読ませていただいております。

  • 2014/04/04 (Fri) 23:42
  • REPLY