作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

ダヴィド・ゲリンガス/エミール・クラインのバリトン二重奏曲集(ハイドン)

0
0
今日はかなり渋めのマイナー盤。これ以上渋い盤はあり得ないほど(笑)

GeringasKreinDuo.jpg
amazon

ダヴィド・ゲリンガス(David Geringas)、エミール・クライン(Emil Klein)のチェロによる、ロッシーニの2台のチェロのためのデュエット、ハイドンのバリトンニ重奏曲4曲(Hob.X:11、XII:4、XII:1、XII:3+5)の5曲を収めたアルバム。収録はベルリンの20kmほど北にあるオラニエンブルク(Oranienburg)にある北方教会でのセッション録音。

こちらのアルバムも湖国JHさんに貸していただいているもの。チェロの名手、ゲリンガスとクラインの2人がデュエットでバリトン用の2重奏曲を弾いたもの。実は湖国JHさんには以前にもバリトン二重奏曲のアルバムを貸していただいています。

2013/05/03 : ハイドン–室内楽曲 : イジー・ホシェク、ドミニカ・ホシュコヴァーによるバリトン二重奏曲集

このアルバム、実にいい演奏だったのは上の記事を読んでいただければわかると思います。チェコのチェリスト親子による息の合ったデュエットでした。ということで、その後注文して今は我がCDラックに鎮座しております。こうした激マイナーなアルバムは非常に貴重なもの。

今回のアルバムは、チェリストとしてはずっと格上のゲリンガスと、その弟子、エミール・クラインによるデュエットということで、更なる名演が期待できます。

ゲリンガスの情報はこれまでの記事をご覧ください。

2013/11/14 : ハイドン–室内楽曲 : ゲリンガス・バリトン・トリオのバリトン三重奏曲集(ハイドン)
2013/09/14 : ハイドン–協奏曲 : ダヴィド・ゲリンガス/チェコフィルのチェロ協奏曲集

そして、エミール・クラインの演奏もいくつか取りあげています。

2013/05/04 : ハイドン–管弦楽曲 : エミール・クライン/ハンブルク・ソロイスツの「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」
2012/06/19 : ハイドン–弦楽四重奏曲 : エミール・クライン/ハンブルク・ソロイスツのディヴェルティメント集

このアルバムを聴く前に、イジー・ホシェク、ドミニカ・ホシュコヴァー盤を取り出し、聴き直してみましたが、親子2人のチェロの掛け合いが実にいい具合の演奏。チェロの音の安定感はほどほどながら、演奏から滲み出る素朴な良さで聴かせる演奏でした。それに対し今日取り上げるアルバムは、教会の録音らしく、豊かな残響のなかに盤石の安定感のチェロが伸びやかに、かつ爽快に掛け合う見事なもの。2人のチェロの分離はホシェク盤の方が良いので、掛け合いの様子はホシェク盤のほうがよくわかりますが、演奏はやはりゲリンガス盤でしょう。

これらのバリトン曲の作曲はハイドンがエステルハージ家の楽長に就任した直後のもの。ゲリンガスは自身でバリトンも弾きますが、クラインがバリトンが弾けるかどうかわかりません。バリトンの不可思議な音色の魅力も捨て難いのですが、チェロ2台で弾くほうが、メロディーラインがよくわかるかもしれませんね。以下曲ごとに簡単にレビューを。

冒頭にはロッシーニのチェロ二重奏曲が置かれていますが、オペラの一場面の音楽のような優雅な展開は流石ロッシーニ。ゲリンガスとクラインものびのびとした演奏でテクニックを披露。特にチェロの胴鳴り美しさに圧倒される演奏。このあと冷静に古典に戻る、不思議な曲順。個人的にはハイドンの後にロッシーニが良いと思うのですが、、、

Hob.X:11 : Bryton Duet [D] (c.1766-69)
ホシェク盤では二人のチェロの音色の違いがよくわかったんですが、このアルバムでは二人の音色と演奏が良くそろってどちらがどちらかわかりません。豊かな残響の中にチェロが交互にメロディーを奏でていきますが、脳内ではなぜかバリトンの摩訶不思議な音が鳴り響きます。この曲に仕込まれたスイッチが脳のバリトン中枢を刺激しているということでしょうか(笑) テンポは軽快。リズムのキレも良く、交互にメロディーを渡し合う様子は実に微笑ましいもの。ハイドンが仕えたニコラウス候が愛好したバリトンをニコラウス侯と弾いたのでしょうか。モデラート - メヌエット - フィナーレの3楽章構成。軽やかなメヌエットにフィナーレの最後の充実した盛り上がりは流石名手たち。

Hob.XII:4 : Bryton Duet [G] (c.1766-69)
この曲が唯一自筆譜が残っている曲。ホシェク盤でも最も構成が見事と感じた曲。モデラート - アレグロ - メヌエットの3楽章構成。最初のモデラートが主題と2つの変奏による構成で、ハイドンならでは素朴な展開を2人の名手が楽しんでいるような演奏。チェロの低音域の豊かな響きが実にいい雰囲気。つづくアレグロも非常に変わったもの。ピチカートでバリトンのような響きを加えながらの演奏。曲によって構成がいろいろ変わり、聴く側の予想が追いつかないほど。この曲も3楽章の中間部で急に短調に転調します。短い曲でも飽きさせない素晴しい筆。

Hob.XII:1 : Bryton Duet [A] (c.1766-69)
アダージョ・カンタービレ - アレグロ・モルト - メヌエットの3楽章構成。チェロがどんどんバリトンの響きに近くなって行きます。1楽章の深い呼吸のメロディーはさすがゲリンガスとクライン。このゆったりした楽章の音が漂うような雰囲気こそ、バリトンの音色を想起させるのでしょうね。2,3楽章のコミカルなメロディーラインも奏者が微笑みながら弾いているのがわかるような演奏

Hob.XII:3+5 / Bryton Duet [D] (c.1766-69)
ホシェク盤には含まれていなかった曲。アダージョ - メヌエット - フィナーレの3楽章構成。アダージョは主題と3つの変奏。冒頭しばらくのところでちょっと少女のような声が聴こえるような気がします。演奏は相変わらず余裕たっぷりの素晴しいもの。弾むメヌエットに、フィナーレはちょっと想像だにしなかったメロディー。ちょっとジプシー風でしょうか。

ダヴィド・ゲリンガスとエミール・クラインというチェロの大御所2人がロッシーニとハイドンのデュエットを演奏したアルバム。演奏は極度にリラックスして、まさに演奏を楽しんでいるのがつたわるような素晴しいもの。ハイドンについては以前聴いたホシェク盤も素晴しかったんですが、こちらのほうが技術的にも表現も上でしょう。ただ、ホシェク盤には技術では表せない素朴な良さもあります。両盤ともにこれらの曲を録音する必然を感じる素晴しいプロダクションといっていいでしょう。ハイドンマニアの方は、手に入れるべき価値のあるアルバムです。評価は[+++++]です、もちろん。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.