リリー・クラウス/シモン・ゴールドベルク/アンソニー・ピニのピアノトリオ(ハイドン)

当ブログはカスタマー・フォーカスを旨としております(笑)

KraussGoldbergPini.jpg

リリー・クラウス(Lili Krauss)のピアノ、シモン・ゴールドベルク(Szymon Goldberg)のヴァイオリン、アンソニー・ピニ(Anthony Pini)のチェロによるハイドンのピアノ三重奏曲3曲(XV:26、XV:27、XV:29)と、シモン・ゴールドベルクのヴァイオリン、ワルター・ジェスキンド(Walter Susskind)指揮のフィルハーモニア管弦楽団(The Philharmonia Orchestra)の演奏でハイドンのヴァイオリン協奏曲(VIIa:1)を収めたアルバム。今日取り上げるピアノ三重奏曲の収録は1939年8月29日と9月1日、収録場所はロンドンとだけ記載されています。レーベルはDante ProductionsのLYS。

非常に懐かしいこのアルバム。手に入れたのはかなり昔のだったと思います。このアルバムは手元の所有盤リストに掲載していたのですが、3曲収められたピアノトリオの評価は[++++]としていました。そうしたら、このお正月、いつもコメントを戴き、当ブログの評価についてもずいぶん参考にしていただいている戎棋夷説さんが、twitterで、「ハイドン音盤倉庫でなぜこれが評価[+++++]でないのか、考えてしまった。」と、疑義まではいきませんが、大人の表現でつぶやかれていらっしゃいます。

このアルバムの評価はかなり昔のことゆえ、これは責任重大ということで、あらためて取り出し、レビューしなくてはと思い立った次第。

所有盤リストの評価は、かれこれ15年がかりでつけています。ちなみに1997年当時の所有盤リストを確認するとアップルマーク3つ。つまり最高評価としていました。当時は3段階評価だったわけですね。それを5段階の現行評価に変換し、いろいろいじって現在に至ってますが、この3曲の評価をいつ変えたものなのかは記録はなく、判然としません。

ここは現在の耳で虚心坦懐にレビューしなくてはならないでしょう。

リリー・クラウスは1903年ハンガリーのブダペスト生まれのピアニスト。ユダヤ系とのこと。ブダペスト音楽院で、シュナーベル、コダーイ、バルトークらに学び、1930年代にはウィーン音楽院で再びシュナーベルに師事。モーツァルトやベートーヴェンを得意としており、シモン・ゴールドベルクと組んで室内楽の演奏に早くから取り組んでいました。1942年からのアジア遠征で訪問したインドネシア、ジャワ島で日本軍に捉えられ、終戦まで軟禁されたとのこと。戦後は国際的に活躍し、日本にも度々来ています。亡くなったのは1986年で、永住先のアメリカ、ノースカロライナ州アッシュビル。

シモン・ゴールドベルクは一度アルバムを取りあげています。

2013/07/11 : ハイドン–協奏曲 : シモン・ゴールドベルク/オランダ室内管のヴァイオリン協奏曲

略歴は上の記事をご覧ください。奥さんは日本人で亡くなったのは富山ということで、おなじみの方も多いでしょう。

チェロのアンソニー・ピニは1902年、アルゼンチンのブエノスアイレス生まれのチェリスト。10歳でグラスゴーに移り、それからロンドンに上りデビュー。1932年にトーマス・ビーチャムの招きでロンドンフィルの首席チェロ奏者となり、以降イギリスの主要なオケのチェロセクションのリーダーとして活躍した人。1989年に亡くなっているとの事です。

このアルバムのピアノトリオの録音は1939年と古いもので、SPからの板起こしと思われますが、録音ははっきりと骨格を捉えた素晴しいものゆえ、時代を超えて音楽が我々の耳に迫ってきます。

Hob.XV:26 / Piano Trio (Nr.40/op.73-3) [f sharp] (1795)
若干のヒスノイズは伴いますが、素晴しい立体感。リリー・クラウスの弾くピアノは眼前にあるよう。ノスタルジックな印象もありますが、落ち着き払ったトリオのゆったりとした演奏にうっとりとします。特にピアノ余韻の美しさは素晴しいですね。1930年代の録音としては流石のクォリティ。ピアノの音は転がるような滑らかさ。
この曲の2楽章は交響曲102番の2楽章を転用したもので、メロディーの美しさは折り紙付き。リリー・クラウスがフレーズを非常にうまく描いて、ゆったりと詩情溢れる展開。ゴールドベルクのヴァイオリンも独特の弓の摩擦が濃いような音でメロディーを重ね、えも言われぬような濃い雰囲気になります。
秀逸なのはフィナーレ。静寂のなかから音符が浮かび上がるような独特の入り。テンポもゆったりして慌てるそぶりはなく、淡々と弾き進めていきますが、ゴールドベルクのヴァイオリンも独特の図太い音色でメロディーを重ね、徐々に感極まるような成熟した響きに至ります。極上のヒストリカルな響き。

Hob.XV:27 / Piano Trio (Nr.43/op.75-1) [C] (1796)
名曲XV:27。ゴールドベルクとリリー・クラウスはもともと2人で組んでの演奏活動も長いため阿吽の呼吸。チェロのピニは音量は抑え気味ですが、そっと音を乗せて、脇役に徹するよう。この曲では時代を超えて躍動感が伝わります。リリー・クラウスのピアノの演奏は、余韻の美しさの限りを尽くしたようなもの。シモン・ゴールドベルクは直裁な音色を活かしながらもしなやかにアンサンブルに応じて、後年の唯我独尊的演奏とは異なる柔軟さが光ります。1939年という録音年代が信じられないようなしなやかさ。
このアルバム一番の聴き所はこの2楽章でしょう。あまりの詩情の濃さにむせ返りそう。リリー・クラウスのピアノだけでもデリケートなニュアンスに富んだ素晴しい演奏。古い録音ながら、このニュアンスの豊かさは何なのでしょう。ピアノと言う楽器の表現力の多彩さに今更ながら驚きます。圧倒的な音の分厚さ。現代の録音よりも音楽的に感じます。
3楽章は驚くべきダイナミックさとキレ。もはやピニは完全に脇役。リリー・クラウスとシモン・ゴールドベルクの火を噴くような掛け合い。パンチアウト!

Hob.XV:29 / Piano Trio (Nr.45/op.75-3) [E flat] (1796)
一転して落ち着いた導入の曲。良く聴くとピニのチェロも抑え気味ながら、実に味わい深い演奏であることがわかります。丹念に陰を描くような控えめな姿勢ですが、テンポの正確さと、抑えた音量のコントロールは流石。やはり名人芸はシモン・ゴールドベルク。ヴァイオリンのメロディーを追いかけているだけでで至福の時間。落ち着いた1楽章を聴いているだけでトリップしそうです。終盤にドビュッシーかと思うような音階の閃きがあり、リリー・クラウスのピアノの抑えたタッチが冴え渡ります。
前曲のアンダンテで感極まってましたが、このアンダンティーノも素晴しい。この演奏を上回る詩情はあり得ないと思わせる豊かな音楽。部屋の中に香しい花のつぼみの香りが満ちているよう。
そしてフィナーレで、一気に花が咲き乱れたような爽やかな明るさ。途中の絶妙な抑え具合と、アクセントの付け方はもはや神がかっています。リリー・クラウスのピアノがこれほど素晴しいと今更気づかされました。このアルバムの録音は1939年の原盤に込められたデリケートなニュアンスをそのまま伝える素晴しさ。おそらくSPはもっと素晴しいのでしょう。最後はキリリと締めて終わります。

リリー・クラウスとシモン・ゴールドベルクの凄さを思い知らされるような空前絶後の演奏。リリー・クラウスのデリケートなニュアンスに富んだ演奏は現代では真似の出来る人はいないでしょう。古き良き時代を感じさせると同時に、古さを感じさせない普遍性もあります。シモン・ゴールドベルクのヴァイオリンは独特の音色で穏やかに合わせていくところと、キリリと引き締まった攻め込むところの使い分けが見事。そして決して前に出てこないアンソニー・ピニの脇役振りも見事。これほど素晴しい演奏だったとは、昔の記憶とは異なります。そう、このアルバム、[+++++]意外の評価はつけ難いですね。早速修正です。

戎棋夷説さんが違和感を感じられたのも無理もありません。今後ともご指導よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノ三重奏曲 ヒストリカル

コメントの投稿

非公開コメント

No title

twitter を気にかけていただいて恐縮しております。「たぶん録音が古いから評価4なのだな」と思ってました。アンソニー・ピニは初めて聞く名でしたが、ビーチャムのもとでハイドンをたくさん弾いてる人なんですね。

Re: No title

戎棋夷説さん、コメントありがとうございます!
所有盤リストの評価も、数が膨大なため、ご指摘のような状況が生じてしまいます。まあ、こちらも道楽でやっておりますゆえ、あまり厳しい指摘に耐えられるものではありませんが、やはりいいものはいい。こちらの器もみなさんからのご意見や指摘によって育つものと寛大なる視点で見守っていただければと思います。リリー・クラウスの真価にようやく触れられた気分です。
今後ともよろしくお願いいたします。「ダウト」も歓迎でございます。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ヒストリカル交響曲88番交響曲90番交響曲76番オックスフォードライヴ録音バリトン三重奏曲ヴィヴィアーニ四季ロンドンピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:25ベートーヴェンピアノソナタXVI:19ピアノソナタXVI:23先生と生徒古楽器音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲オルガン協奏曲XVII1:1ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲70番交響曲93番軍隊交響曲80番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6トランペット協奏曲モーツァルトヨハン・クリスチャン・バッハ交響曲4番ピアノ三重奏曲豚の去勢にゃ8人がかりピアノソナタXVI:51十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモーヘンデルバッハスカルラッティ驚愕ショスタコーヴィチシェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフヨハン・シュトラウスリゲティタリスリヒャルト・シュトラウス交響曲10番ピアノソナタXVI:49交響曲54番迂闊者ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46日の出皇帝弦楽四重奏曲Op.71ブルックナーベルリオーズウェーベルンナッセンベンジャミンヴァレーズグリゼーシェルシメシアンOp.20弦楽四重奏曲交響曲9番交響曲67番交響曲65番交響曲39番交響曲73番交響曲61番狩りリームピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:6アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:48交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:45ピアノソナタXVI:44第九太鼓連打ボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番チャイコフスキーストラヴィンスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34サントリーホールブーレーズ弦楽四重奏曲Op.74アルミーダ無人島変わらぬまこと騎士オルランド哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:3交響曲3番交響曲79番アレルヤラメンタチオーネチェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲19番交響曲27番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎オーボエ協奏曲LPヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲1番交響曲37番ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニライヒャドニぜッティ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26バードアレグリモンテヴェルディパレストリーナ美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌カノンオフェトリウムよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ