【新着】カール・フォルスターの天地創造(ハイドン)

実に、実に久しぶりに天地創造のアルバムを聴きます。

KarlFosterCreation.jpg

カール・フォルスター(Karl Forster)指揮のベルリン交響楽団(Berliner Symphoniker)、ベルリン聖ヘトヴィヒ大聖堂聖歌隊(Chor der St. Hedwigs-Kathedrale Berlin)の演奏で、ハイドンのオラトリオ「天地創造」。収録は1960年1月27日から30日、2月17日、ベルリンのグリューネヴァルト教会(Grünewaldkirche)でのセッション録音。レーベルはEMI CLASSICSのELECTROLA COLLECTION。

ソロは次のとおり。

ガブリエル/エヴァ:エリザベート・グリュンマー(Elisabeth Grümmer)
ウリエル:ヨゼフ・トラクセル(Joseph Traxel)
ラファエル/アダム:ゴットローブ・フリック(Gottlob Frick)

このアルバム、タワーレコードの店頭で発見したもの。2013年にリリースされたものながらネットショップでは見つかりません。なぜでしょうか。

LP時代、ドイツプレスのEMI盤であるELECTROLA盤は、フランスプレスのPATHE MARCONI盤とともに音が良いので知られていましたが、CD時代に入ってELECTROLAの名前を見ることはなくなりました。このアルバムは久々にELECTROLAの名を冠したアルバムと言う意味でも感慨深いものがあります。

指揮者のカール・フォルスターは1904年ドイツのバイロイト東方、チェコ国境に近いティルシェンロイト近郊のグロースクレナウ(Grossklenau)生まれの指揮者、合唱指揮者。最初はレーゲンスブルクで哲学、神学を学び、その後ミュンヘンのルートヴィッヒマクシミリアン大学で教会音楽や音楽学を学ぶようになり、1934年から亡くなるまで、このアルバムの合唱を担当するベルリン聖ヘトヴィヒ大聖堂聖歌隊のカペルマイスターとして活躍しました。1963年に若くして亡くなっていますので、この録音は亡くなる3年前、56歳での録音ということになります。私はこのアルバムではじめてカール・フォルスターの音楽を聴きました。

歌手も当ブログではなじみのない人なのでさらっておきましょう。

ソプラノのエリザーベート・グリュンマーは1911年生まれのドイツのソプラノ。アーヘン歌劇場でカラヤン指揮のもと1940年にデビューし、その後デュイスブルグ、プラハの歌劇場で歌うようになり、戦後ベルリンに移って、ベルリン市立歌劇場(現ベルリン・ドイツ・オペラ)に出演するようになります。その後ヨーロッパやアメリカの主要な歌劇場に出演するようになりますが、出演はドン・ジョバンニのドンナ・アンナ、パルジファルの花の乙女、魔弾の射手のアガーテなど、ごく限られたものに制限していたそう。1986年に亡くなっています。

テノールのヨゼフ・トラクセルは1916年マインツ生まれのドイツのテノール。ダルムシュタット音楽院で学びましたがすぐに徴兵されますが、病気で離隊した後、1942年にドン・オッターヴィオ役でデビュー。その後捕虜としてイギリスにで過ごしたあと1946年にニュルンベルクで音楽界に復帰、シュツットガルト歌劇場、ザルツブルク音楽祭、バイロイト音楽祭などに出演。モーツァルトやワーグナーを得意としていたよう。亡くなったのは1975年。手元のアルバムでは同じ天地創造のウリエルをカイルベルト盤で歌っています。

バスのゴットローブ・フリックは1906年、シュツットガルト近郊のエールブロン=デュロン出身のバス。シュツットガルト州立歌劇場合唱団のメンバーから、フライブルク、ケーニヒスブルク(現ロシアカリーニングラート)などで働き、ケーニヒスブルクでカール・ベームに見いだされ、ドレスデン州立歌劇場と契約することになりました。その後ベルリン・ドイツオペラに移りましたが、以降はヨーロッパの主要な歌劇場に出演するようになります。亡くなったのは1994年。フルトヴェングラーから「ドイツで最も闇を感じるバス」と称された声の持ち主とのこと。録音はワーグナーが多いようです。手元のアルバムではヨッフム盤でもアダム/ラファエルを歌っています。

調べてみるとソロは大物揃いということがわかりました。

Hob.XXI:2 / "Die Schöpfung" 「天地創造」 (1796-1798)
第1部
歌手の起用から予想は出来ましたが、朗々としたソロが聴き所の演奏。適度に粗いオケはまさにオペラのよう。ちょっと時代がかった演奏スタイルではありますが、これがすぐに慣れてしまって、違和感はありません。それよりも、まずはフリックの鋼のような芯のあるラファエル、意外に堂々とキレのあるトラクセルのウリエル、体中に余韻が響き渡るグリュンマーのガブリエルと、ソロの素晴しい存在感に圧倒されます。オペラ黄金期の覇気が伝わるような歌唱。これでは現代の演奏が敵いそうにありません。フォルスターの指揮はベテランのオペラ指揮者のごとく、歌手を引き立てながら、所々で個性的なフレージングで自己主張。火の玉のような熱くたぎる音楽が吹き出していきます。聴き所のガブリエルのアリアは夢の国のよう。グリュンマーの美しすぎるソプラノに完全にノックアウトです。高音から低音まで磨き抜かれた美声。特にヴィブラートが良くかかった高音の美しさは筆舌に尽くし難いもの。溺愛するヤノヴィッツ、ゼーフリート以上かもしれません。第1部のクライマックスを構成する第10曲から13曲までの盛り上げは、コーラスがずば抜けた迫力。粗さはあるものの、荒削りな表情だけがもつ迫真の迫力を感じさせるもの。フォルスターのコントロールは堅実かつ要所をビシッと決め、静けさも戦慄を感じさせるなど、ポイントを押さえた職人らしいもの。特に第13曲の大神殿のような構築感は見事。鳴門の渦潮に巻き込まれていくような陶酔感、あ〜れ〜っ。

第2部
間をおかずすぐに第2部。名曲連発の第2部はこのアルバムの真の聴き所。すぐにガブリエルのアリアで、再びグリュンマーの美声にうっとり。適度にノリのいいフォルスターの伴奏にグリュンマーも歌いやすそう。つづいて圧倒的な迫力のゴットローブ・フリックのレチタティーヴォ、それから三重唱を経て第2部前半のクライマックスですが、最後の部分をテンポを落として朗々と演奏するあたり、古風ではありますが、独特の迫力を帯び、悪くありません。多くの演奏で三重唱でテノールが聴き劣りするんですが、トラクセルはむしろ対等以上の覇気を感じさせます。
CD2に変えて第2部後半。オケは調子が上がって鳴りが非常に良くなっています。ラファエルのアリア、第22曲「いまや天は光に溢れて輝き」の遠くから響き来る荘厳な輝き、ウリエルのアリア、第24曲「威厳と気高さを身につけ」の弾むような華麗さも盤石。トラクセルの表情豊かな伸びやかな声もこの曲のベストと思わせるもの。第2部のクライマックスのハレルヤコーラス、三重唱、ハレルヤコーラスでの三重唱の沈み込むコントロールが効いていて、対比の効果抜群。最後のコーラスはやはりテンポを落として荘厳に。

第3部
聴き所のアダムとエヴァの最初のデュエットは期待通りの素晴しさ。極上のオペラの一場面のような息のあったデュエット。アダムのフリックがあまりに揺るぎないので可憐というより鉄壁という感じ。2番目のデュエットはグリュンマー、絶唱。そして第34曲は、荘厳な入りから、例によって落としたテンポで神々しいばかりのクライマックス。演奏によっては構築感が出にくい難しい終曲をしっかりまとめる手腕は見事でしょう。

久々に聴いた大曲天地創造。歴史を感じさせる時代がかった演奏でもありますが、3人の名歌手と怒濤の迫力を生むコーラスをまとめあげ、劇的に展開するカール・フォスターの手腕は見事と言う他ありません。ソロはソプラノのグリュンマーが特に素晴しいと言いたいのですが、聴いてみると3人とも素晴しい出来。どのパートも天地創造のベストと言っても過言ではありません。このアルバムがこれまで眠っていたのは人類の損失です。評価はもちろん[+++++]をつけます。大変気に入りました。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 天地創造 ヒストリカル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

交響曲76番オックスフォード交響曲90番ライヴ録音ヴィヴィアーニバリトン三重奏曲四季ロンドンピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:21ベートーヴェンピアノソナタXVI:19古楽器ピアノソナタXVI:23先生と生徒音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲オルガン協奏曲XVII1:1協奏交響曲ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲93番軍隊ヒストリカル交響曲70番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番トランペット協奏曲悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6モーツァルトヨハン・クリスチャン・バッハ交響曲4番ピアノ三重奏曲ピアノソナタXVI:51豚の去勢にゃ8人がかり十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモーバッハヘンデルスカルラッティショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフタリスリヒャルト・シュトラウスヨハン・シュトラウスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71ブルックナー交響曲88番ベルリオーズウェーベルンベンジャミンナッセンメシアンシェルシグリゼーヴァレーズ弦楽四重奏曲Op.20交響曲67番交響曲9番交響曲65番交響曲73番交響曲39番交響曲61番狩りリームアンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打ボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74無人島騎士オルランドアルミーダ変わらぬまこと哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲27番交響曲19番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ドニぜッティライヒャロッシーニ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26アレグリモンテヴェルディパレストリーナバード美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌オフェトリウムカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ