作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

H. R. A. Award 2013

4
0
昨年思いついたように突然はじめたこの賞。今年1年にレビューして毎月のベスト盤を選ぶHaydn Disk of the Monthの中から選りすぐりのアルバムを選びます。まさに1年の総決算に相応しいアルバム。本来は何か贈るべきなんでしょうが、そこは勝手表彰ゆえ、ハイドンばかり聴いている、ごくごくニッチなマニアにとって掛け替えのないアルバムであるという名誉が与えられます。

やはり某誌にならって部門別表彰です。

【交響曲部門】
やはり、このアルバムを選ばざるを得ないでしょう。

Vegh103_95.jpg
Haydn Disk of the Month - September 2013
2013/09/15 : ハイドン–交響曲 : ヴェーグ/カメラータ・アカデミカのブダペストライヴ

シャーンドル・ヴェーグが手兵カメラータ・アカデミカを引き連れブダペストに帰郷公演を行った1995年のライヴ。極度の興奮のなか、演奏者と観客が一体となった千載一遇の瞬間を収めたライヴ。素晴しい録音によって、ヴェーグ渾身の太鼓連打が鮮明に録られ、家の中がまさにコンサート会場になったよう。ヴェーグのハイドンの録音でもダントツの素晴らしさ、というより太鼓連打のベスト盤といえる素晴らしさです。アルバムも丁寧なつくりで、アルバム全体からヴェーグへのリスペクトが立ちのぼっています。今年聴いたハイドンの交響曲で最も心を打たれた一枚。家宝です。

【管弦楽・協奏曲部門】

いや〜、迷いました。今年聴いた中では、ポール・フリーマンのピアノ協奏曲、ダヴィド・ゲリンガスのチェロ協奏曲、そして今月選んだエアリング・ブロンダル・ベンクトソンのチェロ協奏曲と、マイナーながら素晴しい協奏曲のアルバムが目白押しでしたが、、、

Destrube.jpg
Haydn Disk of the Month - January 2013
2013/01/20 : ハイドン–協奏曲 : 超名演盤発見! マルク・デストリュベ/パシフィック・バロック管弦楽団のヴァイオリン協奏曲集

やはり、とどめはこれでしょう。昨年カルミニョーラのヴァイオリン協奏曲を選んだので、またヴァイオリン協奏曲と思われるでしょうが、良いものは良いのです。デストリュべのこの演奏で聴くハイドンのヴァイオリン協奏曲は、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲以上の素晴しい美しい響き。カナダで自身が率いるオケとの録音ですが、本場ヨーロッパの演奏よりもハイドンの時代を感じさせ、素晴しい覇気と素晴しい色彩感に目もくらむほど。色彩感に溢れたハイドンのヴァイオリン協奏曲を是非聴いてみてください。

【室内楽部門】

こちらも迷いました。ハイドン・トータルのクァルテット・アルモニコにワリド・アクルも良かったんですが、、、

DerekAdlam.jpg

Haydn Disk of the Month - January 2013
2013/01/27 : ハイドン–ピアノソナタ : デレク・アドラムのクラヴィコードによるソナタ集

このアルバムの素晴しさは多くの人に聴いていただく価値があります。ハイドンの時代はクラヴィコードからフォルテピアノまで鍵盤楽器がめまぐるしく進化していた時代。現代のピアノで聴くハイドンのクラヴィーアソナタもいいものですが、蚊の鳴くような小さな音ながら、クラヴィコードで奏でられるハイドンの素晴しさにはじめて出会ったアルバム。デレク・アドラムは楽器製作者でもあり、楽器の響きを知り尽くした人にしか演奏できない、極めてデリケートな演奏。このアルバムを聴いた時には、また一つハイドンの新たな魅力を発見したと感激しきり。クラヴィコードに対する先入観を取り去って、虚心坦懐に聴くと新たな世界が見えてきます。私の楽器に対する考えを大きく転換させた一枚です。



今年はこの3枚を表彰することといたします。たった今紅白歌合戦が終わり、ゆく年来る年の除夜の鐘がゴ〜ンと鳴りました。今年もあと数分。皆さま良いお正月を!

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

4 Comments

There are no comments yet.

トトラ

あけましておめでとうございます。
今年もハイドンレビュー楽しみにしてます。

ヴェーグのそのCDは絶賛されてましたよね。
デストリュベも聴いてみたいです。
最近ムラヴィンスキーの88&104を入手しました。聴くのが楽しみです。
今年もよろしくお願いします(^^)

  • 2014/01/03 (Fri) 19:10
  • REPLY

Daisy

Re: タイトルなし

トトラさん、あけましておめでとうございます。

今年も隠れた名盤発掘に勤しみたいと思っております。良いアルバムが現役盤とは限らないのが哀しい所。良い演奏は一人でも多くに方に聴いていただくべきですね。今年はどんな名盤に出会いますやら、、
今年もよろしくお願いします。

  • 2014/01/04 (Sat) 01:57
  • REPLY

Y.Y

はじめまして。明けましておめでとうございます。

コメントは初めてですが、私自身ハイドンが好きなため、日々の楽しみとしてこちらのブログを拝見しております。

H.R.A Award のような企画は大変すばらしいですね!某雑誌よりもこちらの賞のほうが楽しみにしているくらいです。

もっとも、ハイドンは弦楽四重奏の父ですし、弦楽四重奏の分野で目覚ましい成果を残した作曲家ですので、某雑誌に倣うのもよいですが、別個弦楽四重奏部門が独立してあってもよいかとおもいました。

ご検討頂ければと思います。

  • 2014/01/05 (Sun) 19:35
  • REPLY

Daisy

Re: タイトルなし

Y.Yさん、こちらこそはじめまして。
明けましておめでとうございます。

確かにH.R.A.Awardには弦楽四重奏曲部門が必要かもしれませんね。交響曲とならぶハイドンの重要作品分野ですので。来年は弦楽四重奏曲部門と声楽曲部門を設けることにしたいと思います。

なにぶん1年に聴く事ができるアルバムは限られており、かなり主観的な選択なのですが、こうして興味を持っていただける方がいるので選び甲斐があります。今後ともよろしくお願いいたします。

  • 2014/01/05 (Sun) 22:28
  • REPLY