エアリング・ブロンダル・ベンクトソンのチェロ協奏曲集(ハイドン)

年末になり、連日連夜の忘年会。ちょっと間が空いてしまいました。今日は珍しいデンマークもの(本当はポーランドものでしょう)。

Bengtsson.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

エアリング・ブロンダル・ベンクトソン(Erling Blöndal Bengtsson)のチェロ、イリア・ストゥペル(Ilya Stupel)指揮のアルトゥール・ルービンシュタイン・フィルハーモニー管弦楽団(Artur Rubinstein Philharmonic Orchestra)の演奏で、ハイドンのチェロ協奏曲2番、1番、ボッケリーニのチェロ協奏曲の3曲を収めたアルバム。収録は1993年4月、ポーランド中部のウッチ(Łódź)のフィルハーモニー・ホールでのセッション録音。レーベルはデンマークのdanacord。

このアルバム、またしても湖国JHさんから貸していただいたもの。そこそこのコレクションである当ブログのハイドンコレクションにリストアップされていない名演奏が次々と送り込まれてきます(汗)

早速奏者の情報を調べてみます。

チェロのエアリング・ブロンダル・ベンクトソンは1932年、デンマークのコペンハーゲン生まれのチェリスト。なんと4歳の時に最初のコンサートを開いたとのこと。16歳からフィラデルフィア州のカーティス音楽院でグレゴール・ピアティゴルスキーにチェロを学びました。その後その助手となり、1950年からは彼自身のチェロの講座を開きました。1953年からはコペンハーゲンの王立デンマーク音楽アカデミーに移り、1980年からはケルン音楽大学の教授となりました。1990年からはアメリカに戻り、ミシガン大学音楽演劇舞踊学校で2006年の引退まで教えたとここと。今年2013年の6月に亡くなられたようです。今日取り上げるデンマークのdanacordから多くのアルバムがリリースされ、また2006年にはデビュー70周年を記念した「チェロと私」というDVDがリリースされているそうです。

指揮者のイリア・ストゥペルは1948年、リトアニアの首都ヴィリニュス生まれの指揮者。代々音楽家の家で、3歳からピアノを学びヴィリニュス音楽院に入学、神童と呼ばれたそう。1957年からはポーランドに移り、ポーランド国立放送交響楽団のボーダン・ヴォディチコ(Bohdan Wodiczko)のアシスタントとして働き、指揮者としての腕を磨きました。1968年からはスウェーデンに移り、以降スウェーデンに住んでいるとのこと。リトアニア、ポーランド、スウェーデン、デンマーク、イタリアなど様々な国で経験を積みスウェーデンのマルメ(Malmö)の歌劇場の指揮者となりました。その間、スカンジナヴィア諸国などで活躍し、1990年からはこのアルバムのオケであるポーランドのウッチを本拠地とするアルトゥール・ルービンシュタイン・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督となりました。このオケはストコフスキーやパウル・クレツキ、ハチャトゥリアンなども振っている名門オケとのこと。

これまで聴いたポーランドもののハイドンは、どれも自然で雄大な表情が印象的な良い演奏が多かっただけに、このアルバムも期待が持てそうです。

Hob.VIIb:2 / Cello Concerto No.2 [D] (1783)
珍しく2番が最初に収められていますが、理由がわかりました。いきなりまさに自然で雄大な2番の序奏が鳴り響きます。オケの序奏だけでもかなりの聴き応え。ベンクトソンのチェロは良い意味で枯れた音色で、しなやかにオケにあわせていくもの。グイグイ引っ張る演奏ではなく、控えめにオケに寄り添います。この演奏当時ベンクトソンは61歳ということになりますが、いい感じに枯れて、実に味わい深いチェロを聴かせています。1楽章も後半になってくるとチェロが徐々に主導権を握るようになりますが、ストゥペルのコントロールするオケは相変わらず雄弁。揺るぎない構築感と分厚い響きで盤石の支え。ベンクトソンも安心してオケに乗ります。1楽章のカデンツァは師匠のピアティゴルスキーのもの。かなり長いものですが、チェロは老練な弓さばきで実に趣き深い表情を醸し出します。1楽章の終わりはまさに雄大そのもの。オケの分厚い響きの魅力が溢れます。
アダージョに入るとベンクトソンの真髄が見えてきました。やはり安定感抜群のオケにのって、ゆったりと気負いなく円熟の技を聴かせます。奏者の心理状況が揺らがないのか、しなやかな弓さばきは一貫していて、じっくりとフレーズを重ねていきます。通常かなり情感を乗せてくるところですが、一貫して枯れた表情を保っているところが経験を物語るよう。チェロの高音は良く延びて、深く燻したような独特の音色。フレージングの呼吸も深くえも言われぬ味わいの深さ。
フィナーレに入ると、オケは秋の夕焼けのような哀愁を帯びたこの曲独特の雰囲気をよく捉えて、分厚い音色はそのままに、すこしスッキリとした響きに変わります。ベンクトソンのチェロも弓さばきが少々軽くなって、曲の陰りある華やかさを上手く表現していきます。最後はがっちりと締まります。

Hob.VIIb:1 / Cello Concerto No.1 [C] (1765-7)
変わって晴朗な1番。やはりストゥペルのコントロールするオケが見事。2番もそうだったんですが、録音のバランスはチェロが前に定位、音量バランスは控えめ。オケに包まれる感じです。1番に入って気づいたのはベンクトソンのチェロのフレージングにかなりメリハリがあること。オケの音量に負けないようにか、かなりくっきりとした表情をつけて、ハイドンの美しいメロディーを描いていきます。この曲では低音の深い響きの美しさも聴かれるようになります。メロディーラインの華やかな軽さ、チェロののびのびとした美音、キレの良いテンポと、明らかに前曲と聴かせどころを変えてきています。この曲のカデンツァはベンクトソン自身のもの。チェロの高音の美しさを活かした詩情あふれるカデンツァですね。
2番で深い渕のようなものを聴かせたのですが、この1番のアダージョは逆にまさに天上の美しさ。力の抜けた素晴しいチェロの弓さばきで、ハイドン独特の美しいメロディーラインを描いていきます。オケも力を抜いて絶妙なサポート。まさに、オケとチェロが天上で掛け合っているよう。別世界の美しさ。
フィナーレは意外とどっしりした入り。オケは相変わらず分厚い響きで万全のサポート。ベンクトソンは我が道を行く感じで、しなやかにチェロを操り、オケの秩序にそって、ゆったりとリズムを合わせていきます。楷書体のしっかりとしたフィナーレに行書のチェロが変化を付けている感じ。ここまでくるとチェロも雄弁さを増し、味わい深さだけではない懐の深さを感じさせます。いやいや素晴しい演奏でした。

私はチェロのベンクトソンも指揮のストゥベルもはじめ聴く人でしたが、予想を大きく超える、素晴しい演奏でした。特にオケはポーランドのオケの伝統である、自然で雄大さを感じさせる素晴しい演奏でした。今の世の中でこれほど雄大にハイドンを演奏できるオケはないのではないでしょうか。ただ自然で雄大なだけではなく、極めてデリケートなフレージングによって、音楽は生気を帯び、えも言われぬ味わいを帯びています。ベンクトソンのチェロはテクニックや気負いを感じさせる瞬間は皆無。安心して音楽に身を任せられるものでした。評価は両曲ともに[+++++]とします。

日本では知る人はわずかだと思いますが、このチェロ協奏曲集は見事のひとこと。知る人ぞ知る名演奏だと思います。幸い入手は容易そうですので、是非聴いてみてください。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : チェロ協奏曲

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ヴィヴィアーニバリトン三重奏曲四季ライヴ録音ロンドンピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:37ベートーヴェンピアノソナタXVI:19ピアノソナタXVI:23先生と生徒古楽器音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲オルガン協奏曲XVII1:1ピアノ協奏曲XVIII:4軍隊交響曲70番ヒストリカル交響曲93番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番トランペット協奏曲ヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6悲しみモーツァルト交響曲4番ヨハン・クリスチャン・バッハオックスフォード豚の去勢にゃ8人がかりピアノ三重奏曲ピアノソナタXVI:51十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモースカルラッティヘンデルバッハショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフヨハン・シュトラウスリゲティタリスリヒャルト・シュトラウス交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71交響曲88番ブルックナーベルリオーズウェーベルンナッセンベンジャミングリゼーメシアンヴァレーズシェルシOp.20弦楽四重奏曲交響曲65番交響曲9番交響曲67番交響曲39番交響曲73番交響曲61番狩りリームピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:6アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:20交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打交響曲99番ボッケリーニシューベルト交響曲5番チャイコフスキーストラヴィンスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74アルミーダチマローザ無人島変わらぬまこと哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ騎士オルランド英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:3ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲19番交響曲58番交響曲27番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲90番交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者ニコライミサ小オルガンミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲11番交響曲12番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ライヒャロッシーニドニぜッティ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26バードアレグリパレストリーナモンテヴェルディ美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナードラルゴ五度ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌オフェトリウムカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:11ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ