作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

ロータス・カルテットの五度、Op.20のNo.4(ハイドン)

2
0
今日は日本のクァルテッットによる弦楽四重奏曲。

LotusSQ_76.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

ロータス・カルテット(Lotus String Quartet, Stuttgart)の演奏による、ハイドンの弦楽四重奏曲Op.76のNo.2「五度」、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲Hess34(ピアノソナタ9番の編曲)、ハイドンの弦楽四重奏曲Op.20のNo.4の3曲を収めたアルバム。収録はOp.20が2012年11月28日、その他が12月5日、東京の品川区立五反田文化センターの音楽ホールでのセッション録音。レーベルは日本のLIVE NOTES。

ロータス・カルテット(本来シュツットガルト・ロータス弦楽四重奏団と訳すのでしょうが、下に掲載した音楽事務所の記載にあわせています)は1992年に結成されたクァルテット。翌93年に大阪国際室内楽コンクールで3位入賞しました。95年にドイツに渡り、シュツットガルト音楽大学に入学し、メロス四重奏団に師事。その後、97年にロンドン国際弦楽四重奏コンクールでメニューイン特別賞、パオロ・ボルチアーニ国際弦楽四重奏コンクールで3位になる等の実績を残しています。現在1人だけ外人の男性がメンバーとなっていますが、彼は2005年にシュツットガルト弦楽四重奏団の第1ヴァイオリンだったマティアス・ノインドルフ。活動の舞台はヨーロッパらしく、2006年の来日が久々の来日。2008、2012年と来日しているようですが、2012年は結成20周年ツアーということでNHKのテレビでも放送されたと言う事です。

コジマ・コンサートマネジメント:ロータス・カルテット

ということで、ご存知の方はご存知なんでしょうが、私はまったくはじめて聴くクァルテット。ハイドンが2曲も入ったアルバムを出されては、放っておく訳には参りません。メンバーは次の通り。

第1ヴァイオリン:小林 幸子(Sachiko Kobayashi)
第2ヴァイオリン:マティアス・ノインドルフ(Mathias Neundorf)
ヴィオラ:山崎 智子(Tomoko Yamasaki)
チェロ:齋藤 千尋(Chihiro Saito)

Hob.III:76 / String Quartet Op.76 No.2 "Quintenquartetett" 「五度」 [d] (1797)
冒頭からかなりタイトでハイテンションな響き。オンマイクで鮮明に録られた直接音重視の録音。間近で4人が弾いているような近接定位。1楽章は速めのテンポでグイグイ畳み掛けるような演奏。まさに大上段に構えた正攻法の演奏。第1ヴァイオリンの小林幸子さんのキレのよい弓さばきが印象的。
つづくアンダンテに入ると、リラックスした雰囲気に変わりますが、音楽が濃くなるわけではなく、なんとなく淡々とした演奏。もう少し沈むといいなと思いつつ聴き進むうちに第1ヴァイオリンの奏でる音楽に突然光がさすような輝き。徐々にヴァイオリンのプレゼンスが上がってきます。
メヌエットは日本人らしい、カッチリとした線が通った演奏。若干几帳面すぎるような印象も感じさせますが、ダイナミックさよりはクリアに響かせることを意図しているよう。綺麗に鉋のかかった垂木の連続する様を見るような細やかな肌合いの規則正しさを感じさせます。
そしてフィナーレに入ってもこの透明感を感じさせる印象は一貫しています。表現は一歩踏み込んできますが、クッキリした和風の良さを感じさせる響きは変わらず。良く聴くと録音のバランスの問題か、チェロの音量がかなり控えめ。これがガラス細工のようなカッチリとした響きの印象に大きな影響があるのでしょう。ヴァイオリンの高音主体のクッキリとした響きが耳に残ります。

Hob.III:34 / String Quartet Op.20 No.4 [D] (1772)
録音日は異なりますが、響きの質は変わりません。前曲よりも25年も前の作曲になりますが、曲のスタンスは落ち着きはらって、構成感でも負けていません。曲の構成をより深く表現しているようで、沈む所は沈み、輝くところは輝く、なかなかメリハリの効いた演奏。生々しい弦楽器の音色の迫力が良く伝わる録音。
アダージョに入ると、前曲で比較的淡々としていたのと異なり表現が深くなります。そしてしばらくすると、今まで大人しかったチェロが雄弁に語りはじめ、渋い美音を轟かせるように。ひとつひとつの楽器の存在がクッキリと浮かび上がりながら、アンサンブルのラインもきちんとそろって、なかなかの精度。一人一人のメリハリがきっちりついているからこその存在感でしょう。このアルバムの聴き所。
短い弾むメヌエットを挟んで、フィナーレはハイドンのフィナーレの面白さの詰まった缶詰のような曲。疾風のような速度で、様々な機知が詰め込まれた曲を、ロータス・カルテットはまさに畳み掛けるのを楽しむような展開。テクニックは十分で、変化に富んだ曲の、一つ一つのフレーズを変化させながらグイグイ進めていきます。良い意味で粗さも感じさせて、最後は上手くまとめて終わります。

はじめて聴く、ロータス・カルテットのハイドンは、超hi-fi録音による、極めてリアルな弦楽四重奏の響きに撃たれるようなハイドン。もう少しゆったりとメロディーを楽しみ、曲をどう弾くかを余裕あるスタンスで楽しみたいという気にもさせるような、ストイックな印象も感じました。これは鮮明な録音のせいでもあり、また、このロータス・カルテットの個性でもあるのでしょう。人によって評価が割れるアルバムかもしれません。タイトに攻めるハイドンが好きな方にはなかなかの演奏。逆にハイドンの曲の美しいメロディと構成を楽しみたい方にとっては、ちょっとテンションが高すぎるかもしれません。私の評価は両曲とも[++++]としておきます。この演奏の素晴らしさを認めた上で、もう一段の余裕があればと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

2 Comments

There are no comments yet.

だまてら

No title

ごぶさたしています。
当カルテットは、シューマンのSQ全集(といっても3曲を1枚のCDに収録)が愛聴盤です。
このハイドンの前にはベートーヴェンのラズモフスキー(op.59)3曲が出ています。
シューマン録音ん後に、第二vn.が替わっているかな・・・
メロスSQの直弟子ということで、質実剛健というかハイドンお得意の様式美や構成感を
良く再現しているのでは・・・と拝察します。一方で、甘美な音色のタイプ・・・では無いよう
ですね。

  • 2013/12/19 (Thu) 06:09
  • REPLY

Daisy

Re: No title

だまてらさん、コメントありがとうございます。
まだまだ、知らないクァルテットがたくさんありますね。このロータスも、随分実績があるようですが、私は知りませんでした。ヨーロッパを中心に長く活動をしてるようですが、東京クァルテット同様、張り詰めた緊張感が特徴のようですね。クァルテットごとにそれぞれの世界があり興味は尽きません。継続して発掘に努めます(笑)

  • 2013/12/20 (Fri) 06:58
  • REPLY