作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

シェレンベルガー/パユのスケルツァンド集(ハイドン)

0
0
今日はアイドル路線なんですが、曲は珍しいもの。

Pahud.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

ハンスイェルク・シェレンベルガー(Hansjörg Schellenberger)指揮のハイドン=アンサンブル・ベルリン(Haydn-Ensemble Berlin)の演奏で、ミヒャエル・ハイドンのフルート協奏曲、ハイドンのスケルツァンド(Hob.II:33、34、35、36、37、38)、かつてハイドン作とされたレオポルド・ホフマン作曲のフルート協奏曲の3曲を収めたアルバム。フルート独奏はエマニュエル・パユ(Emmanuel Pahud)。収録は1997年6月、ベルリンの東南部オーバーシェーネヴァイデ(Oberschöneweide)のキリスト教会でのセッション録音。レーベルはEMI CLASSICS。

このアルバムをなぜ取りあげたかというと、まずはスケルツァンドの最新のアルバム、デニス・マッカルディンの2枚組のアルバムを聴いて、このスケルツァンドという曲自体の面白さに気づき、手元にあるアルバムをいろいろ聴いて確認したところ、意外にこのアルバムが良い演奏だと気づいたことから。アルバム自体はベルリンフィルのイケメンフルーティスト、エマニュエル・パユの顔写真をあしらった、いかにもアイドル売り路線のアルバム故、これまで踏み込んで聴いていなかったのが正直なところ。

エマニュエル・パユは1970年、スイスのジュネーヴ生まれのフルート奏者。バーゼルで名フルーティスト、ペーター=ルーカス・グラーフにフルートを師事、その後パリ音楽院で学び、1990年首席卒業。1989年から92年までバーゼル放送交響楽団の首席フルート奏者、そして1992年以降はご存知、ベルリンフィルに入団、93年からは首席奏者を務めています。仕事量の多さから2000年に一度退団したそうですが、2002年に復帰とのこと。

このアルバムで指揮を担当しているハンスイェルク・シェレンベルガーも1980年以来、ベルリンフィルの首席オーボエ奏者。2001年に退団し、現在は教育者として活躍しているとのこと。

オケのハイドン=アンサンブル・ベルリンはシェレンベルガーの発案でベルリンリンフィルの15人の奏者によって1991年に設立された室内オケということです。

このスケルツァンドは1765年に発刊された、ブライトコップ目録に記載され、1750年代に作曲された小交響曲集の一部と考えられているそう。オーボエ2、ホルン2にヴィオラをのぞく弦楽三声部と言う編成で4楽章構成の曲6曲のセット。すべての曲で2楽章がメヌエット、そのトリオのソロがオーボエに代わってフルートが用いられており、パユの腕の見せ所となっています。

いつも通りヨゼフ・ハイドンの曲のみ取りあげます。

Hob.II:33 / Scherzando No.1 [F] (c.1760)
流石ベルリンフィルの腕利き奏者の集まり。弦、ホルン、オーボエが寸分違わぬ精度でキビキビとした音楽を奏でていきます。愉悦感溢れる演奏。メヌエットに入ると、パユのフルートは一際華やか。数フレーズのみなのに、花が咲いたような明るさを感じさせるのは流石。続くアダージョの濃い音楽に、フィナーレは再び恐ろしい精度でリズムも快活。ここまできっちりあわせられると快感すら覚えます。

Hob.II:34 / Scherzando No.2 [C] (c.1760)
モーツァルトの初期交響曲に近い軽さと推進力のある曲。ハイドンの交響曲よりもずっとモーツァルトに近い感じ。途中でほの暗さも感じさせるのところもモーツァルト風。メヌエットはハイドン風とハッキリわかるもの。トリオは陰のある不思議な響きですが、ここでもパユが入ると空気が変わります。ゆったりした音楽なのに一人だけ浮かびあがります。パユの人気の秘密がわかったよう。アダージョは演奏の一貫性を保ったまま、実に自然にギアチェンジして、しっかり沈みます。この小曲なのに楽章感の対比は見事。フィナーレは30秒の小曲ですが、箱庭のような楽しさがある曲です。

Hob.II:35 / Scherzando No.3 [D] (c.1760)
だんだん、ハイドンの手中にハマってきました。ここまでホルンが、見事に裏方に廻って響きをまろやかにする役に徹している。3曲目に入って、前2曲とはまったく異なるメロディーの構成に驚きいるばかり。特にフルートが登場するメヌエットの面白さが際立ちます。まさに曲ごとの変化の楽しさに釘付け。各曲のアダージョの豊かな曲想にも引き込まれます。最後に鮮度抜群のオケの響きで曲が締まります。

Hob.II:36 / Scherzando No.4 [G] (c.1760)
後半3曲は簡単に。今度は色彩感の際立つ曲。メヌエットのフルートも蝶が飛ぶような間と華やぎがあるもの。アダージョはピチカートが印象的。

Hob.II:37 / Scherzando No.5 [E] (c.1760)
再びモーツァルト風の流麗な曲。この曲が1950年代の作曲だとするとモーツァルトはまだ生まれたばかりの頃。ハイドンのこの曲などをモーツァルトが聴いていたのでしょうか。快活な1、2楽章に対して、深く沈むアダージョの対比は、後年の成熟を予感させるもの。良く聴くとこの曲、名曲ですね。演奏も変わらず完璧。

Hob.II:38 / Scherzando No.6 [A] (c.1760)
最後の曲もモーツァルトの曲といっても誰も気づかないでしょう。明るい曲調と華やかな音階に彩られた推進力溢れる曲。パユのフルートの軽やかな響きも素晴しいのですが、この曲の聴き所は、儚い響きのアダージョ。明るい響きなのに儚さを感じる実に繊細な曲。まさにハイドンの真骨頂。このころからこれだけ素晴しいメロディが聴かれることにいまさらながら驚きます。

このスケルツァンド、パユの華やかなフルートソロも素晴しかったんですが、シェレンベルガー率いるハイドン=アンサンブル・ベルリンの演奏が出色の演奏。これ以上精度の高いアンサンブルはあり得ないほどの見事なアンサンブル。ベルリンフィルの安定感ある音色で奏でられる、ハイドンの千変万化する小交響曲集。これほど楽しい曲だとあらためて気づきました。評価は全曲[+++++]としました。

冒頭のミヒャエル・ハイドンのフルート協奏曲はパユの超絶テクニックが楽しめます。たんなるアイドル路線のアルバムではなく、音楽を楽しめる良いアルバムでした。おすすめです。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.