カラヤン/ベルリンフィルの「ジュピター」1956年ライヴ

今日12月5日はモーツァルトの命日。モーツァルトは1791年12月5日に亡くなりました。ハイドンとモーツァルトが互いに尊敬しあっていたのは有名なのでご存知のことでしょう。折角の記念日なので、久しぶりにモーツァルトのお気に入り盤を取りあげます。

KarajanMozart41.jpg
HMV ONLINEicon / amazon(何れもaudite盤)

ヘルベルト・フォン・カラヤン(Herbert von Karajan)指揮のベルリンフィルの演奏で、モーツァルトの交響曲41番「ジュピター」K.551、35番「ハフナー」K.385、ピアノ協奏曲20番K.466の3曲を収めたアルバム。収録はジュピターとピアノ協奏曲が1956年1月21日、ベルリンのツェーレンドルフ、パウロ派教区信徒会館でのライヴ、ハフナーは1955年2月27日、アメリカ、ワシントンでのライヴ。レーベルは伊JOKER。

このアルバム、手に入れたのはずいぶん前。たしか今は亡き六本木WAVEで入手したものです。それもモーツァルト没後200年の1991年頃だったと記憶しています。手に入れた当初は、カラヤンのモーツァルトということで、さして期待していませんでしたが、冒頭に置かれたジュピターを聴き始めたところ、もの凄いエネルギーに満ちた演奏でビックリ。しかも、そのエネルギーが徐々に高まり、終楽章は圧倒的な迫力。後年はスタイリッシュかつスタティックな演奏が多かったカラヤンですが、50年代は違いました。

1956年と言えばモーツァルト生誕200年の年。モーツァルトの誕生日は1月27日ですから、まさに誕生日の少し前、生誕200周年のアニヴァーサリーに沸いていた頃でしょう。まさにモーツァルトの生誕を祝うコンサートということで、カラヤン自身も尋常なテンションではなかったことと想像しています。

以来、このアルバムは愛聴盤として、ラックの取り出しやすいところに置いてたまに楽しんでいましたが、流石にハイドンのブログをはじめてからは手にとっていませんでしたので、久しぶりに聴く事になります。今日はこのジュピターです。

モーツァルト 交響曲41番「ジュピター」
音質はモノラル、時代なりですが、そこそこ聴きやすいもの。入りはカラヤンらしく整ったフォルムで整然とした印象。徐々にベルリンフィル弦楽器が力を帯びてきます。カラヤンらしい迫力を帯びても余裕がある表情。曲全体を見渡した造形。きりりと引き締まったリズムにのって、オケが輝きます。音量を上げて聴くと陽光に輝く大理石の神殿のごとき威容。どこをとっても完璧なプロポーション。このころのカラヤンはレガートを多用せず、むしろフレージングはさっぱりして、音楽の骨格をクッキリ表現しているよう。1楽章は実に気高い演奏。
2楽章に入ると、きっちり流麗なテンポに乗って、ダイナミックレンジを大きく取って弦楽器陣がフレーズではなく音楽の振幅を聴かせるような迫力ある演奏。カラヤン時代のベルリンフィルの特徴である分厚い弦楽器の響き。唸るように歌いますが、気高さを保って情に流されないところは流石。ライヴのためかオケは適度に荒れていますが、それが妙に迫力につながっています。後年は室内楽的な透明感を帯びるような演奏も多かったですが、この覇気は貴重。
メヌエットに入ると、さらに迫力が増しますが、オケにはまだ余裕があるのが流石。カラヤンの曲全体を見渡した骨格設計は完璧。カラヤンの覇気が吹き出してきそう。大迫力なのに優雅。
フィナーレに入ると、明らかにオケにスイッチが入ります。ここでようやく本気モード。録音に少々混濁感がともないますが、それも迫力のうち。フーガのフレーズが次々と唸るように襲ってきて、素晴しい推進力。適度に荒れた表情のベルリンフィルが髪を振り乱してカラヤンのコントロールにあわせて爆音を轟かせます。最後はホール中に轟く音塊に圧倒されます。このときカラヤン48歳。最も覇気が溢れていたときのカラヤンとベルリンフィルの底力を思い知らされます。最後は拍手入り。

モーツァルトの生誕200年を祝うコンサートに登場したカラヤンとベルリンフィル。この前年の1955年にベルリンフィルの終身首席指揮者兼芸術総監督に就任し、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いだった頃でしょう。古い録音を通してさえ、その時の空気のようなものが伝わってくる演奏でした。このアルバム、紹介したJOKER盤はおそらく海賊盤で入手は難しいでしょうが、同じソースだと思われるaudite盤は流通しています。こちらは未聴なので録音の程度がどうかはわかりませんが、そこそこ楽しめる物だと想像しています。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : モーツァルト ヒストリカル ライヴ録音 ベルリンフィル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

交響曲4番モーツァルトヨハン・クリスチャン・バッハオックスフォードロンドン豚の去勢にゃ8人がかりピアノソナタXVI:51ピアノ三重奏曲十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヘンデルラモースカルラッティバッハ驚愕ショスタコーヴィチシェーンベルク交響曲75番悲しみチェロ協奏曲古楽器ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.54天地創造ヴォルフレスピーギヨハン・シュトラウスリヒャルト・シュトラウスタリスリゲティ交響曲10番軍隊ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサバリトン三重奏曲ベートーヴェンピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46日の出皇帝弦楽四重奏曲Op.71交響曲88番ブルックナーベルリオーズウェーベルンベンジャミンナッセングリゼーメシアンヴァレーズシェルシOp.20弦楽四重奏曲交響曲67番交響曲65番交響曲9番弦楽四重奏曲Op.76狩り交響曲39番交響曲73番交響曲61番リームピアノソナタXVI:6アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48四季交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:45ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:21第九太鼓連打ヒストリカルボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴピアノ協奏曲XVIII:11弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ変わらぬまこと無人島アルミーダ騎士オルランドチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲27番交響曲58番交響曲19番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲協奏交響曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー告別交響曲97番交響曲90番交響曲18番奇跡ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃武満徹SACDライヴ録音交響曲81番交響曲80番マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲11番交響曲12番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:1ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ロッシーニライヒャドニぜッティ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4アレグリパレストリーナバードモンテヴェルディ美人奏者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲46番交響曲51番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナードラルゴ五度ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオドイツ国歌カノンモテットオフェトリウムよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲62番交響曲107番交響曲108番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲カンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
4位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ