作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

【新着】マティアス・グリュネルトの天地創造ミサ(ハイドン)

0
0
HMV ONLINEに注文していたアルバムがようやく届きました。最近リリースされたアルバム。

Grunert.jpg
HMV ONLINEicon / TOWER RECORDS

マティアス・グリュネルト(Matthias Grünert)指揮のドレスデン聖母教会室内合唱団(Kammerchor der Frauenkirche Dresden)、ロイシシェス室内管弦楽団(Reussisches Kammerorchester)の演奏で、ハイドンの天地創造ミサ、ヨハン・クリスティアン・バッハのシンフォニアOp.21-1の2曲を収めたアルバム。収録は光学機器で有名なカール・ツァイス社の創業地として知られるドイツのイェーナのすぐ東隣のタールビュルゲル(Thalbürgel)にある修道院でのライヴ。レーベルはライプツィヒのRONDEAU PRODUCTION。

ソロは以下のとおり。

ソプラノ:ウテ・ゼリビック(Ute Selbig)
アルト:ラヘル・ハール(Rahel Haar)
テノール:エリック・シュトクローサ(Eric Stokloßa)
バス:アンドレアス・シャイブナー(Andreas Scheibner)

指揮者もオケもコーラスもまったくはじめて聴く組み合わせ。

指揮者のマティアス・グリュネルトは1973年、ドイツのニュルンベルク生まれの指揮者、オルガン奏者。バイエルン教会音楽大学、リューベック音楽大学などで教会音楽、オルガン、声楽などを学び、オルガン奏者としてキャリアをスタートさせました。その後リューベック、ボーザウなどドイツ北部の街の教会などでアシスタントやオルガニストとして働き、2000年からはイェーナ近くのグライツの聖マリア教会のカントールを務め、2003年にはバッハの全オルガン作品を演奏、翌2004年にはグライツ・バッハ・フェスティバルを創設するなどバッハを得意としているようです。2005年にこのアルバムの合唱団の所属するドレスデン聖母教会の首席カントールとなり、音楽監督として教会の音楽行事を管理することになりました。ドレスデン聖母教会には120名の大合唱団と30名の室内合唱団をつくり、この室内合唱団とは日本にも来ているそうです。

ハイドンのミサ曲のうち最後の6曲は、1796年から1年ごとに1曲のペースで作曲され、毎年マリア・ヘルメネギルト・エステルハージ公爵夫人の命名祝日にアイゼンシュタットのベルク教会で演奏されたものです。今日取り上げる天地創造ミサは最後の一つ前の1801年の作品で、グローリアにオラトリオ「天地創造」のアダムとエヴァのデュエットの一部が使われていることからこの名がついたもの。当ブログでは、これまでミサ曲はネルソンミサにレビューが集中しているため、すこし他のミサも取りあげるべきという事で天地創造ミサを取りあげた次第。

Hob.XXII:13 / Missa "Schöpfungsmesse" 「天地創造ミサ」 [B flat] (1801)
キリエ
ライヴということですが、セッション録音と遜色ない鮮明な録音。教会での録音らしく音が塊で飛んでくるような図太い響き。演奏はキレのよい誠実な演奏のオケに非常に豊な響きのコーラスが被さり、まるで教会の中で聴いているような理想的なまとまり。グリュネルトのコントロールは淡々とした音楽の自然な流れを重視したもの。オケはしっかりエッジを立ててクッキリとした響きをつくっているのでだれた感じはまったくしません。テンポは一貫していてあまり揺らす事はありません。キリエでは精度の高い響きが挨拶がわり。

グローリア
続くグローリアに入ると、少し表現がしなやかになり、ドラマチックなところも出てきます。ゆったり静かに語る部分の美しさが垣間見えてきます。ソロは名前を知らない人ばかりですが、声の美しさとしっかりとコントロールされた歌いぶりから、それぞれかなりの力量とみました。コーラスは少人数ですので透明感もあり、精度もバッチリ。オケの響きが非常にクッキリしているので、響きが引き締まります。途中の天地創造からの引用の部分のちょっとコミカルな演出も悪くありません。

クレド
冒頭の速いテンポから、中間部の沈む部分、そして朗々とした終盤と変化します。それぞれの部分自体の表現の幅が大きいわけではありませんが、キレの良い響きがベースにあるので単調に感じることはありません。もう少し劇的な演奏を期待たいところでもありますが、これがグリュネルトのスタイルなんでしょう。教会音楽を最初に学んだだけあって敬虔さというか、誠実さがにじみ出てくるような生真面目さを聴くべきでしょう。淡々とした演奏のなかから沸き上がる高揚感もあると言う事です。

サンクトゥス
オケとコーラスのバランスが普通の演奏よりコーラスが若干強いように感じます。短いサンクトゥスですが、だんだん奏者の集中力が上がって演奏に起伏がついてきました。

ベネディクトゥス
ここにきて滔々たる大河の流れのような表情になり、音楽に呑まれるようになります。自然な演奏からじわりと伝わる感興。どっぷりと雄大な音楽の流れに身を任せます。

アニュス・デイ
癒しに満ちた最後のアニュス・デイ。微妙な表情を描き分けるグリュネルトも素晴しいのですが、そもそもハイドンが各曲に仕込んだデリケートな音楽にいまさらながら惹き付けられます。クリュネルトは最後までプレーンに音楽をこなして、曲自体からにじみ出る音楽の素晴しさを聴けと言っているよう。これはこれで酔眼でしょう。ライヴと言う事ですが拍手はありません。

最初のキリエを聴き始めた時にはきっちりしてはいるものの、若干単調さを危惧する演奏だと感じたんですが、聴き進むうちに徐々に表現が深まり、自然に音楽に引き込まれる名演奏だとわかりました。先日取りあげたヒギンボトムの演奏とは若干スタイルが異なりますが、音楽の表現の角度は近い物があります。まだまだ若い指揮者と若い団体の演奏ゆえ、今後の録音が期待されますね。評価は[+++++]とします。

次に収められたクリスチャン・バッハのシンフォニアですが、余裕たっぷりの姿勢でゆったりと演奏され、実に趣きある演奏です。こちらもオススメとしましょう。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.