ヒギンボトム/ニュー・センチュリー・バロックのネルソンミサ(ハイドン)

前記事で取りあげた天地創造が非常に良かったので、ヒギンボトムの別のアルバムを即発注して届いたもの。

HigginbottomNelson.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

エドワード・ヒギンボトム(Edward Higginbotom)指揮のオックスフォード・ニュー・カレッジ合唱団(Choir of New Collage Oxford)、ニュー・センチュリー・バロック(New Century Baroque)の演奏で、ハイドンの「ネルソン・ミサ」。収録は2011年7月13日から15日、イギリス、オックスフォードのサマータウンにある聖ミカエルと全天使教会(Church of St Michael and All Angels)でのセッション録音。レーベルはオックスフォード・ニュー・カレッジ合唱団の自主制作レーベルと思われるnovum。

ヒギンボトムについては前記事で取りあげたとおり、もともと合唱指揮の人ですが、最近はオケも良く振るようで、天地創造のオックスフォード・フィロムジカやこのニュー・センチュリー・バロックもそのオケの一つのよう。

ちなみに、ニュー・センチュリー・バロックについて調べると、ウェブサイトがありました。

newcenturybaroque

この楽団、2010年に設立された比較的新しい古楽器オケ。おそらく臨時で編成されたEUバロック管弦楽団の主要なメンバーが常設オケとなるべく集まって編成されたオケとのこと。メンバーはヨーロッパ各国から集まった若手で、活動もイギリス、イタリア、ベルギー、フランスとヨーロッパの主要国が中心です。ウェブサイトのギャラリーには、このアルバムの録音時の写真も何枚か掲載されています。

このアルバムのソロは以下のとおり。

トレブル:ジョンティ・ウォード(Jonty Ward)
アルト:ヒュー・カッティング(Hugh Cutting)
テノール:ニック・プリッチャード(Nick Prichard)
バス:トム・エドワーズ(Tom Edwards)

全員ライナーノーツに掲載されているオックスフォード・ニュー・カレッジ合唱団のメンバー表に名前が掲載されているので、合唱団のメンバーでしょう。天地創造同様、少年の清透な声の魅力が感じられるでしょうか。

Hob.XXII:11 / Missa in angustiis "Nelson Mass" 「不安な時代のミサ(ネルソンミサ)」 [d] (1798)
キリエ
少人数の古楽器オケの鮮明な響き。天地創造のオックスフォード・フィロムジカよりもキレのよい響き。古楽器独特の鮮明さと、最新の録音による鮮明さもあるでしょう。天地創造のしなやかなコントロールから想像した響きとは異なり、クッキリした響きが畳み掛けてきます。教会での録音らしく残響は多め。ソロとオケの後ろにコーラスが定位する前後の立体感が上手く録られています。ヒギンボトムらしいのはテンポを揺らさず、安定感抜群の一貫した演奏と、歌手の歌の隅々まで響きがそろっているところ。
グローリア
やはり少年による合唱と女性ソロパートの清透な響きの魅力がじわりと効いてきました。古楽器による非常に鮮度の高い伴奏に乗って清らかなソロが次々と美しいメロディーを奏でていきますが、この独特の清透感は他の演奏からはきかれないもの。冒頭は天地創造とは異なる鮮度の高い演奏の印象が強かったんですが、中盤からヒギンボトムらしい、しなやかな歌の魅力が溢れてくるようになります。清らかで美しい歌のメロディーにどっぷりと浸ることができます。オケとコーラスが一体となってハイドンの美しいメロディーを繰り出してきます。
クレド
実にゆったりと響き渡るオケの響き。教会らしい長めの残響が心地良いですね。ほんのすこし溜めをつくることで清らかな神々しさを演出。大胆な変化は使わず、リズムやフレージングの変化はかなりデリケートですが、このデリケートな変化が実に味わい深い音楽を造っていきます。ヒギンボトムの音楽づくりのポイントが見えてきたよう。クレドの印象的な響きの変化は虹の色変化をみるような美しさ。小編成オケから繰り出される響きですが、次々と響きを変化させて、本当の虹のような豊かな色彩感を表現していきます。ソプラのパートの少年のソロも完璧なコントロール。
サンクトゥス
しなやかに歌われる堂々とした旋律が、神々しさで迫力を聴かせる、ヒギンボトム独特の魅力。
ベネディクトゥス
前曲同様、小編成のオケから、音量ではなく、表現で醸し出される迫力。完全にヒギンボトムの術中にハマってます。ソロとコーラスとオケのメロディーの受け渡しの滑らかさ。呼応する音楽。大きな波に揺られているようなおおらかな気持ちになります。ミサ曲に求められる敬虔さに満ちた音楽。題名となったトランペットの響きもことさら音量を上げる訳ではないのに、しっかり印象に残る響きをつくっています。
アニュス・デイ
終曲はしなやかな前半につづいて、こだまが繰り返しかえってくるような印象的な曲を、自然のこだまのように教会の残響の中に心地よく響かせます。この辺は少年合唱ならではの清らかさ。曲のメリハリによって構成感を出すのとは異なり、しなやかに曲を進めることで、一貫した流れの美しさを造っていく演奏でした。

ヒギンボトムのネルソンミサ。オケが古楽器オケになったことで天地創造とはまた違った響きですが、歌もオケも非常に自然でしなやかな音楽を造っていくところはヒギンボトムの面目躍如。名曲の多いネルソンミサに新たに一石を投じることになりました。このしなやかにまとめられたミサ曲の素晴しさは想像以上。天地創造も良かったんですが、録音が新しい分、そしてオケの精度もあがり、こちらの方が上かもしれません。評価は[+++++]としないわけにはいきませんね。こちらも素晴しいアルバム。この組み合わせで、できればハイドンの主要なミサ6曲を録音してほしいものです。もちろん四季もです!

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ネルソンミサ 古楽器

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

交響曲76番オックスフォード交響曲90番ライヴ録音ヴィヴィアーニバリトン三重奏曲四季ロンドンピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:21ベートーヴェンピアノソナタXVI:19古楽器ピアノソナタXVI:23先生と生徒音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲オルガン協奏曲XVII1:1協奏交響曲ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲93番軍隊ヒストリカル交響曲70番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番トランペット協奏曲悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6モーツァルトヨハン・クリスチャン・バッハ交響曲4番ピアノ三重奏曲ピアノソナタXVI:51豚の去勢にゃ8人がかり十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモーバッハヘンデルスカルラッティショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフタリスリヒャルト・シュトラウスヨハン・シュトラウスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71ブルックナー交響曲88番ベルリオーズウェーベルンベンジャミンナッセンメシアンシェルシグリゼーヴァレーズ弦楽四重奏曲Op.20交響曲67番交響曲9番交響曲65番交響曲73番交響曲39番交響曲61番狩りリームアンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打ボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74無人島騎士オルランドアルミーダ変わらぬまこと哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲27番交響曲19番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ドニぜッティライヒャロッシーニ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26アレグリモンテヴェルディパレストリーナバード美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌オフェトリウムカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ