作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

【新着】コワン&アンサンブル・バロック・ド・リモージュのリラ協奏曲など(ハイドン)

2
0
弦楽四重奏曲をちょっとお休みして、実に楽しい新着アルバム。このアルバム、ハイドン好きな方に是非聴いていただきたいですね。

LiraDiNapoli.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS / iTunes
icon

クリストフ・コワン(Christophe Coin)指揮のアンサンブル・バロック・デ・リモージュ(Ensemble Baroque de Limoges)の演奏で、リラ・オルガニザータのための曲を集めたアルバム。ハイドンのノットゥルノ2曲(Hob.II:25、II:26)、リラ・オルガニザータ協奏曲(Hob.VIIh:3)、モーツァルトの作とされてきた2つのリラ・オルガニザータのための協奏曲、ヴィンツェンツォ・オルジターノのシンフォニア第3番、イグナツ・プレイエルの2つのリラ・オルガニザータのためのノットゥルノなど6曲。収録は2008年10月、フランス中部のリモージュ近郊のラ・ボリ(la Borie)のスタジオ・ラ・ボリでのセッション録音。伝モーツァルトの曲は2009年9月13日、アイゼンシュタットのエステルハージ宮殿のハイドン・ザールでのハイドンフェスティバルのライヴです。レーベルはリモージュのLA BORIE。

アルバムにつけられたタイトルは「ナポリのリラ」。ナポリの王、フェルディナンドIV世が好んだリラ・オルガニザータという楽器のために、王がハイドンを含む同時代の作曲家に依頼して作曲させた曲を集めたアルバムです。リラ・オルガニザータという楽器の解説は、以前の記事をご参照ください。

2012/08/26 : ハイドン–室内楽曲 : ラルキブデッリ、モッツァフィアートによるナポリ王のための8つのノットゥルノ
2012/01/11 : ハイドン–協奏曲 : シュツットガルト・ソロイスツのリラ・オルガニザータ協奏曲、オルガン協奏曲
2011/09/02 : ハイドン–協奏曲 : 【新着】ウォルフガング・シュルツによるリラ・オルガニザータ協奏曲
2011/04/29 : ハイドン–交響曲 : ブリュッヘン/モーツァルテウムのリラ・オルガニザータ協奏曲、84番

珍しい曲にしては意外にいろいろ取りあげていますね。

リラ・オルガニザータの曲は、通例、ハイドン自身の編曲により、フルートとオーボエに置き換えた版で演奏されることが多いのですが、このアルバムでは、リラ・オルガニザータを復元して演奏しているようです。演奏の様子は上のHMV ONLINEのリンクをご覧ください。

実は手元には音楽の友社の「新版ハイドン」の著者としておなじみの大宮真琴さんの著した「ハイドン全集の現場から」という本があり、これはハイドンのリラ・オルガニザータ曲の研究書です。少し紐解いてみましたが、徐々に大森林のような情報と緻密な論考が展開され、とても日頃のレビューのために読めるような平易なものではありません。この本を紐解いたのは、「新版ハイドン」でもリラ・オルガニザータと言う楽器が弦楽器のような姿だと書かれているのが、先のHMV ONLINEの写真では四脚の据え置き型の楽器のように見えることに疑問をもったから。大宮さんの研究書を読んでも四脚のリラ・オルガニザータは出てきません。リラ・オルガニザータは農民や女性が弾くための楽器として、奇行で知られたナポリ王フェルディナンドIV世が好んだということで、元は弦楽器のような姿の楽器を、演奏が容易なように四脚の形に復元したということでしょうか、、、

素人があまり専門的な領域に踏み込んでケガをしてもいけませんので(笑)、純粋に音楽として楽しむ事に致しましょう。

Hob.II:25 / Notturno No.1 [C] (1789/90)
行進曲 - アレグロ - アダージョ - フィナーレという4楽章構成。まさに行進曲のリズムから入ります。フレーズをかなり細切れにして楽器間でつないでいきます。リラ・オルガニザータはまさに手回しオルガンのようなコミカルな音色。ハイドンの協奏曲のソロパートは楽器の音色に対する鋭敏な感覚にうらづけられたメロディーの面白さがあることが知られていますが、まさに、この曲はリラ・オルガニザータの音色を知って書かれたとよくわかる曲。リラ・オルガニザータのおとぎの国のような音色に耳を奪われます。
アレグロに入ると少し落ち着いて聴けるようになります。楽しげな演奏のためかどうか、リズムのキレはさほどではなく、手作りの音楽風の演奏。まさに仲間内で演奏者同士が楽しんでいるような風情です。アダージョに入ると一層その感を強くします。フィナーレの早いパッセージではリラ・オルガニザータの不思議な音色の面白さが際立ちます。楽器の構造からか、音階を奏でるたびに何かパタパタ鳴っているのが微笑ましいですね。このフィナーレはハイドンの複雑な音階が絡み合う成熟した筆致。なかなか充実した曲ですね。

Hob.II:26 / Notturno No.2 [F] (1789/90)
伝モーツァルトの曲を挟んで2曲目のノットゥルノ。今度は3楽章構成。リラ・オルガニザータによる静かな序奏に続いてすぐに軽快なディヴェルティメント風の曲。やはり木管楽器ではなくリラ・オルガニザータ自体の手回しオルガンのような音色だからこそ醸し出される独特の雰囲気が楽しいですね。
2楽章のアダージョは2台のリラ・オルガニザータがまるでリコーダーのアンサンブルのよう。つづくフィナーレはリラ・オルガニザータの軽快なパッセージを主体とした短い曲ですが、終盤のハッとするような転調が効果的。

この後置かれたヴィンツェンツォ・オルジターノのシンフォニアが実に面白い。こればかりは聴いていただかなくてはわからないですね。曲想はさほど複雑でないのですが、センスがいいというか、聴いていて楽しい曲。終楽章はトルコ趣味のような曲。この曲もリラ・オルガニザータの面白さをかなり活かした曲。

Hob.VIIh:3 / Concerti per la lira organizzata [G] (No.5) (1786/7)
このアルバムの目玉、リラ・オルガニザータ協奏曲。やはりノットゥルノとはソロの引き立てかたが違います。リラ・オルガニザータのユニークな音色からかなりのインスピーレーションを得ています。途中宇宙との交信のような不思議なメロディーが現れたり、音程の上がりきらないところを逆に面白く聴かせたりと、聴かせどころがふんだんにちりばめられています。
2楽章は軍隊の2楽章と同じメロディー。本来ならば打楽器炸裂なところですが、逆にリラ・オルガニザータのコミカルな音色で奏でられると、紙芝居で戦争の物語を見ているような気分になります。ナポリ王を喜ばせようと仕込んだネタでしょうか。
フィナーレは穏やかでしっとっりとしたリラ・オルガニザータの音色に吸い込まれるような曲。そこそこの構成感と華やぎがある曲。1楽章からの展開を考えると、ちょっと不思議な締め方ですね。

このあとプレイエルの曲でアルバムが終わりますが、これも楽しげな曲。

このアルバム、ナポリ王フェルディナンドIV世が当時の何人かの作曲家に自分の好きなリラ・オルガニザータのための曲を作曲してもらったものを収めるという企画もの。このアルバムからつたわるのは、農民の楽器、リラ・オルガニザータを愛したナポリ王の趣味に合わせたのか、ハイドン以外の作曲家の作品も、非常に楽しげで、音楽を演奏する悦びを感じられるような曲ばかりであること。演奏のほうもそれを狙ったのか、精緻というより、かなりカジュアルな印象。この企画にしてこの演奏ということでしょう。評価は全曲[++++]としますが、アーティスティックという視点では捕らえきれない面白さがあるアルバムです。ハイドン好きな皆さんは気に入ってくださると思います。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

2 Comments

There are no comments yet.

sifare

パコパコという音

私もこのCD楽しんでます~。空間に残るパコパコという音が何とも愛らしく、曲想も全編ほっこりと(笑)

オルジターノもおっしゃるように聴き入りますね(^^)

Daisy

Re: パコパコという音

sifareさん、こんにちは。いつもありがとうございます。
このアルバム目をつけるとは酔眼ですね。ジャケットも日本の折り紙にヒントを得たのか非常に面白い造り。造り手の創意が伝わってくるいいアルバムですね。

  • 2013/08/07 (Wed) 13:45
  • REPLY