作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

エマーソン弦楽四重奏団のOp.20のNo.5、冗談(ハイドン)

0
0
今日は珍しくメジャー盤を取りあげます。

EmersonSQ.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / iTunesicon

エマーソン弦楽四重奏団(Emerson String Quartet)の演奏で、ハイドンの弦楽四重奏曲7曲(Op.20のNo.5、Op.33のNo.2「冗談」、Op.54のNo.1、Op.64のNo.5「ひばり」、Op.74のNo.3「騎士」、Op.76のNo.2「五度」、Op.77のNo.1)を収めたアルバム。収録は2000年12月、2001年1月、2001年5月、ニューヨークのクィーンズ・カレッジのレフラック・コンサートホールでのセッション録音。レーベルは名門DG。

このアルバム、”THE HAYDN PROJECT”との輝かしいタイトルがつけられています。奏者のエマーソン弦楽四重奏団はDGの看板アーティストとして、モーツァルト、ベートーヴェン、ブラームス、ショスタコーヴィチ、バルトーク、ヴェーベルンなど主立った作曲家の弦楽四重奏曲全集を録音しています。名門レーベルの重責を担うクァルテットといって間違いないでしょう。

このアルバム、手に入れたのはかなり前でしたが、あまりちゃんと聴いていませんでしたし、所有盤リストに登録し損ねていたので、ちょっと忘れられた存在となっていました。最近CDラックを整理していて、おっとこれあまり聴いていなかったと気づいてようやく注目した次第です。

エマーソン弦楽四重奏団について、さらっておきましょう。エマーソン弦楽四重奏団は1976年に設立された、ニューヨークを拠点に活動するクァルテット。ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校に所属するクァルテットです。すでにアルバムは30種以上リリースされ、グラミー賞も受賞しています。エマーソンと言う名前はアメリカの哲学者、詩人であるラルフ・ワルド・エマーソンに由来しているとのことです。この演奏当時のメンバーは以下のとおり。

ヴァイオリン:ユージン・ドラッカー(Eugene Drucker)
ヴァイオリン:フィリップ・セッツァー(Philip Setzer)
ヴィオラ:ローレンス・ダットン(Lawrence Dutton)
チェロ:デイヴィッド・フィンケル(David Finckel)

第1ヴァイオリンと第2ヴァイオリンは曲によって交代するという体制だそうです。2人のヴァイオリンの力量が拮抗しているということでしょうか。

今日はこのアルバムから、最初の2曲を取りあげます。

Hob.III:35 / String Quartet Op.20 No.5 [f] (1772)
聴き慣れたメロディーラインですが、弦の音に深みがあって、良い楽器を使っていそうな響き。少々残響が多めのホールでの収録。エマーソンの演奏は太く安定感がありながらビロードのようなきめ細かい肌合いの弦の音色に特徴があります。テンポやフレージングはオーソドックスな範疇ですが、良く磨き込まれている感じがつたわります。アメリカのクァルテットらしく、癖もなく、きっちり機能的な印象もあり、ほの暗いはずのこの曲の陰りよりも、じつは健康的な印象が残るのが不思議なところ。音楽の根底に美しく磨き上げながらも、あっけらかんとした明るさのようなものがある印象。続くメヌエットでも美しくメロディーラインを描いていきますが、陰影の深さはそこそこあるものの、美しい響きをつくることに集中しているような印象があります。高い技術に裏付けられた均質な演奏がそう感じさせるのでしょうか。響きを美しくすることと音楽の深さでは前者に力点があるよう。
エマーソンの意図が功を奏しているのが続くメヌエット。やはり響きの美しさは一級、しかもフレージングの自在さは一段上がって、この曲の面白さを良く踏まえた演奏。滑らかな演奏を聴いているうちにえも言われぬ境地に。
フィナーレのフーガは精度の高いアンサンブルと独特の燻製をかけたような音色の魅力がうまく出た演奏。後半の迫力はこのクァルテットのポテンシャルを示すよう。

Hob.III:38 / String Quartet Op.33 No.2 "The Joke" 「冗談」 [E flat] (1781)
前曲の印象からこの曲はエマーソンに合うと思っていましたが、ドンピシャ。やはりこの晴朗な明るさと快活さの表現は得意としているようです。リズミカルに進むこの曲の1楽章は、この曲に求められる快活さをじつに上手く表現しています。ロシア四重奏曲の澄み渡るような晴朗さはエマーソンにぴったり。グイグイ攻めていきます。楽器が良く鳴っている感じ。
スケルツォに入ると、鮮明さとドライヴ感がさらに上がり、一定のリズムに乗ってヴァイオリンが伸び伸びとメロディーを乗せていきます。キレの良さも相変わらず。
前曲同様ラルゴの磨き込まれた美しい響きが別格の美しさ。とくにヴァイオリンの凛とした引き締まった響きが旋律をクッキリ浮かび上がらせて、鮮明な音楽をつくっていきます。
冗談という曲名のもととなったコミカルなフィナーレは、正攻法の演奏でちょっと真面目過ぎるきらいもあります。ヴィオラとチェロのやわわらかな音色が表情を穏やかにしていますが、コミカルな印象は後退。この楽章を聴くと真面目なクァルテットだという印象を強くします。

エマーソン弦楽四重奏団のハイドンは、高い技術に裏付けられた、美しい響きが特徴の演奏でした。演奏の質は非常に高く、弦楽四重奏の面白さを十分感じさせる一方、響きを磨く事に集中しているようで、音楽自体の面白さ、表現の面白さは、すこし控え目。音楽の深さと言う面では、先達のハイドンの名演奏とは少し距離があるようにも感じます。Deutsche Grammophonの看板アーティストとして弦楽四重奏の有名曲をきっちり録音するという意味では安定した力をもっているのでしょう。ハイドンの弦楽四重奏曲を教科書的演奏で楽しむ演奏というところでしょう。評価は両曲とも[++++]としておきます。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.