嫁さんのお父さん、旅立つ

かねてから自宅療養中だった嫁さんのお父さんが、4月24日に亡くなり、本日29日に無事葬儀を終えることができました。

IMG_5121 (1)

私の母親と同学年で、享年82歳。肺炎で自宅で静かに息を引き取りました。

私の母親は昨年11月に亡くなりましたが、半年も経たずに、まるで母に呼ばれたように間をおかずに亡くなられました。母親の生前、パーキンソン病やリウマチの通院が定期的にあり、私が仕事をしているために、家から2駅離れた病院までの母親の通院の送り迎えを、車で小一時間の距離に住んでいる嫁さんのお父さんが買って出てくれていて、いつも母親の通院を嫁さんと一緒にサポートしてくれていました。車の運転が好きだった嫁さんのお父さんにとっても定期的に公用(笑)で出かけられるのを何よりの楽しみにしていて、母親が入院するまで、長い間世話になっていました。通院後に娘と私の母親と3人でランチを外食するのはとても楽しかったとのこと。

そのお父さん、昨年末、食が細くなり思い立って市の健康診断を受けたところ、レントゲンで肺の異常を指摘され、近くの大病院に即日緊急入院。母親の葬儀などでバタついていた我々もひと段落した矢先に、今まで元気そうにしていたお父さんが意外に重篤な状況だったことに驚きを隠せませんでした。

幸い最初の入院は点滴治療などの甲斐もあって一旦退院することはできましたが、その後、自宅療養中も体力は徐々に低下。3月に入って再び入院し、医師からは今度は退院できるかどうかわからないとの厳しい宣告を受けました。熱が出たり引いたりを繰り返してはいましたが、本人は比較的元気でした。本人の強い希望で退院の上、自宅で訪問医療で治療を続けることを選択。我々も信州旅行から帰ると翌日から退院に備えて、介護ベットなどの搬入のためにピアノを売却してスペースを作ったり、私の母親の時に使った介護用品を総動員して自宅療養の準備を整え、ケアマネさんを中心にチームを組んでもらってお父さんが退院して自宅に戻ったのが4月19日。戻るなり40度近い発熱でヒヤリとしましたが、持ち直して、訪問医、訪問看護師の皆さんの献身的なサポートで、自宅で過ごせるようになりました。

いつもおどけて人を笑わすことが好きなお父さん、自宅に戻って高熱を出した翌日、声が出ないので、五十音のボードを指差しながら言いたいことを伝える状態となっていましたが、私が顔を出すと、ボードで何かを言いはじめました。
「あ」、「つ」、「て」、「う」、、、、
何が言いたいのかわかりかねていると、続きを指でなぞります。
「は」、「な」、、、
わかりました。
「お父さん、会ってうれしいはないちもんめ?」と聞くと、ニヤリと笑顔に。
こんな状況でもダジャレで我々を笑わせようとする気力有と知り、まだ大丈夫だと思っていました。

その後数日間安定した状態に嫁さんも急変は予想しておらず、23日は事前に予定していた友人と筍掘りに行くというイベントを直前に決行と判断して、友人宅に早朝向かう車内に、嫁さんのお母さんから電話が入り、手元に置いてある酸素計(パルスオキシメーター)が80を切ったとの急報。私の父も母も最後は肺炎で亡くなりましたので、酸素の低下の意味は実体験を踏まえて十分理解しています。ということで友人宅の目の前まで来ていたので、友人に事情を説明し筍掘りは中止。引き返す間に訪問医も駆けつけてくれて、急遽酸素吸入器を持って来てもらい、酸素を吸い始めると容体は改善しました。しかし、ベテランの訪問看護師と訪問医はこの状況をみて、先が長くないことを把握して、いろいろアドバイスしてくれました。体温、尿量、脈拍、呼吸などの状況をみて、苦しまないために最善の選択肢をしっかりと説明してくれ、その通りにした結果、翌24日午後、静かに呼吸を終え、旅立ちました。

本が好きで、膨大な蔵書(隠し蔵書含む)を持つお父さん、お母さんに見つからないように本を手にいれる手引きは我々夫婦の役目。最初の入院の退院手続き時に私と2人きりになった時、お父さんからことさら小声で手に入れて欲しい本があるとの密命を受けます。人は大事なことは小声で話すもの。即座にオークションで「岩波書店三木清全集全19巻」を競り落とし、数巻ずつ細心の注意を払って、他の荷物と一緒にこっそりお父さんに届けたのは言うまでもありません。お父さんの此の期に及んでの密命の重さがいかほどのものか、収集癖では負けてはいない私にはよくわかりました。

もちろん全巻揃うとみかん箱一杯分の書籍は隠せるものではなく、程なくお母さんの知るところになりましたが、今日、葬儀後の会食時にお母さんから、2度目に入院するまでの間お父さんが1巻ずつとても楽しそうに読んでいたと知り、ちょっと嬉しくなりました。お母さんにバレてからはお父さんは「私のことを一番わかってくれたのは彼(私)だ」と何度も言っていたそうです。そう、コレクターの気持ちはコレクターにしかわかりません(笑)

天真爛漫で書を愛し、皆に笑顔を振りまいたたお父さん、自身の最後の時を知り、強い意志で過分な治療を拒み、自ら自然に枯れるように亡くなりました。

父が亡くなり、叔父が亡くなり、母が亡くなり、義理の父も亡くなってしまいました。親戚も歳をとり、世の定めに従って順番が訪れます。だんだん時間が貴重になってくることを痛感しますね。

当ブログを訪問いただく皆さんも、ご自身、ご家族を大切に、健康に気をつけて、心穏やかなる時を過ごしていただけるよう願うばかりです。

そのためには心穏やかになる記事を書かねばなりませんね。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

※写真は嫁さんのお父さんが好きだった我が家の庭のアケビの花(4月2日撮影)





にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

母 逝く

11月18日日曜日の夜、母が旅立ちました。

IMG_3702 (1)

父が亡くなってから6年半。父と同じパーキンソン病を患い、最後も父と同じ誤嚥性肺炎で亡くなりました。82歳でした。

パーキンソン病は徐々に体が動かなくなっていく病気。かかる原因はわかっておらず、父も母も同じくパーキンソン病にかかるのは非常に珍しいことと聞きました。幸い非常にきめ細かく治療投薬してくれる専門医にめぐり合い、薬のチューニングを重ねて日常生活も大きな不自由なく、つい昨年まではなんとか自分の脚で歩くことができたので、自宅で介護しながら食事やお酒も楽しみ、度々旅行に連れ出したりもできていました。

ところが昨年春に膝の痛みが引かないということで調べて見ると膝関節の骨折ということで、3ヶ月間入院治療をしました。骨折の方はなんとか収まり痛みも引いたものの、もはや自分の脚で歩く体力はなくなってしまい、車椅子生活となってしまいました。それ以降、デイサービスやショートステイなどの介護サービスを利用することにして、介護の負担を軽減しながらもなんとか自宅で介護を続けてきました。

夏頃から食事中にむせることが少しずつ増え、7月下旬についに体調を崩し救急搬送。診断は誤嚥性肺炎でした。食事を止め抗生剤の点滴などで治療し、流動食を再開して一旦は退院の目処がついたものの、退院予定日朝に再び高熱を出し、肺炎が再発。以後はその繰り返しで一進一退。再発後は一切の食事が止められたため、最後はガリガリにやせ細ってしまいました。10月末に療養病院に転院後は、ベテラン看護士さんと優しいスタッフに手厚くサポートされ、最後まで多くの人に支えられて過ごすことができました。

たまたまですが、母親の体調が悪くなる前にいつも通り叔母と友人を伴った旅行を計画していたため、11月12日から1週間は仕事を休む予定を入れていました。もちろん、こうした状況のため旅行はキャンセル。叔母や他の親戚も一進一退の母親を毎日のように見舞ってくれ、私たち夫婦も1週間、母親に寄り添うことができました。亡くなったのはその週の日曜の夜。最後は家族親戚が見守る中、静かに亡くなりました。

IMG_3813.jpg

若い頃は銀行で働き、結婚後はずっと主婦でしたが、ママさんバレーや障がい者のための朗読ボランティア、保育園でのパート、着物の着付けなどいろいろなところでいろいろな人との交流があり、葬儀にもその時の知り合いが駆けつけてくれました。私にとってはいつも優しい母親でしたが、親戚や友人から昔のことなどを聞き、苦労してきたことや、随分いろいろな人に支えられてきたことなど、私たちの知らない母親の一面も今更ながら知るに至り、母親の存在の大きさを改めて知ることとなりました。

しばらくは、気持ちも含めていろいろ整理しなくてはなりませんが、なるべく普段通りにやっていきたいと思います。ブログの方もなんとか少しづつ記事をしたためたいと思います。

皆さま、今後ともよろしくお願いいたします。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

明けましておめでとうございます

皆さま、明けましておめでとうございます。

IMG_0725.jpg

今年もなんとか正月にこぎつけました。
読者の方はいつ終わるかとやきもきしたかとは思いますが、11月末から12月初めにかけて中部から関西に出かけた旅行記を書いているうちに12月も終わってしましました。12月は仕事もそれなりに忙しく、忘年会やら送別会で飲んだくれ、休日、平日と4回もコンサートに通い、家に帰っては介護に掃除にとドタバタしており、旅行記を書くのも遅々として進まず、年末にようやく書き上げたところです。

従いまして、12月は1曲もレビューしておりませんので、月末恒例のHaydn Disk of the Monthはお休みとさせていただきます。個人のブログということでお許しいただきたいと思います。ただし、この間もLPを中心に仕入れは継続しており、記事に取り上げるべき名盤も色々増えましたので、1月は通常の進行に戻りたいと思います。ハイドン好きの皆さまの期待に応えられるよう、マイペースとはなりますが、今年も記事を書いていこうと思いますので、よろしくお願いいたします。

上の写真は自宅の庭の櫨の木(ハゼノキ)。旅行から帰った翌日12月2日に撮ったものです。今回の旅行では各地で紅葉を堪能したんですが、赤の色合いでは自宅の櫨の木が一番。まさに燃えるような赤に染まってました。これから数日でこの葉が散ってしまいましたので、緑から赤に変わり、そしてこのように赤い葉が茂っているのは一瞬のこと。写真で見ると綺麗なんですが、悩みは樹高が高くなり、すでに2階の軒を越えようとしています。昨年葉が散った後に枝を随分はらったんですが、はらったところからグングン枝が伸びてこの有様ですので、今年はどうしようかと思案中です。ちなみに12月は梅の剪定やら落ち葉掃きなどでも忙しかったんですね。父親が庭いじりが好きだったんですが、だんだんその気持ちがわかるようになって来ました(笑)

さて、本日元旦中に次の記事、昨年のベスト盤を選ぶH. R. A. Awardを書きたいと思いますのでご期待ください。



2017年12月のデータ(2017年12月31日)
登録曲数:1,361曲(前月比±0曲) 登録演奏数:10,572(前月比+55演奏)

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

【番外】ワイン、顕微鏡、フマキラー(笑)

このところ年度末で家に帰っても仕事に追われてます(涙) いろいろCDやレコードを聴きながら、適当に気楽にやっておりますが、ちゃんとした記事を書くほど時間がないので、脱線記事を1本。

EsterhazyWine.jpg
amazon

こちらは、先日sifareさんの情報でNHKの「旅するドイツ語」のハイドン特集の回で、ハイドンが働いていたオーストリアのアイゼンシュタットがワインの産地であることを知り、すかさずネットを探して注文したもの。エステルハージ家の畑のピノ・ノアールから造られたワイン。他にもハイドンのアニヴァーサリーイヤーである2009年に発売された「オマージュ・ハイドン」もあるのですが、ネットでいろいろテイスティングコメントなどを見て、とりあえずこちらを注文した次第。特にエステルハージ宮殿のイラストがなんともいえずいい雰囲気を醸し出しています。まだ飲んでませんので、開栓後あらためてレビューします(笑)

(3月18日追記)
開栓しました! オーストリアのワインは初めてでしたがこれはおすすめです。ピノ・ノアールらしい熟した果実のような香りがあるのに、ミディアム・ボディで華やかな軽さもあり、和食などにも合いますね。エステルハージ家、ワイナリーとしてもいい仕事しています。これはハイドン・オマージュ、注文しなくては!

IMG_8005_201703152343552ad.jpg
amazon

つづいてこちらは顕微鏡。何に使うかといえば、カートリッジの針先の確認や、レコードの溝のチェック。倍率は60倍から120倍とかなりのもので、LEDライト付きなのでかなり鮮明に見えます。これでカートリッジの針先を見ると、摩耗度合いが鮮明に、、、とまではいきませんが、針先の形状ははっきりとわかります。値段は1700円少しと、驚くほどの安さ。これでちょっと安心できます。ちょっと工夫がいるのが逆像なこと。倍率が高いだけに対象物を見るのに少々慣れが必要です。


IMG_7995.jpg
amazon

最後が重度花粉症の私の最近のお気に入り、フマキラーのアレルシャット。顔にスプレーすると、イオンというか静電気で花粉微粒子が顔に近づかないというすぐれもの。顔を洗うとすぐにスプレーします。外出先でもウェットティッシュで顔を拭いてスプレーするとかなり楽です。特に目はこれで目の周りに花粉がつきにくくなるので、だいぶ楽になります。私的には[+++++]を進呈するレベル。オススメです!

つまらん記事でスミマセン!

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

【追悼】スタニスワフ・スクロヴァチェフスキ

大好きだったスクロヴァチェフスキが2月21日、亡くなってしまいました。93歳でした。

当ブログを書き始めてからスクロヴァチェフスキのコンサートには7回も通ったことになります。

2016/01/23 : コンサートレポート : スクロヴァチェフスキ/読響のブルックナー8番(東京オペラシティ)
2014/10/10 : コンサートレポート : スクロヴァチェフスキ/読響のブルックナー&ベートーヴェン!(サントリーホール)
2013/10/13 : コンサートレポート : 90歳のスクロヴァチェフスキ/読響/サントリーホール
2012/09/30 : コンサートレポート : 東京オペラシティでスクロヴァチェフスキ/読響の英雄に打たれる
2011/12/27 : コンサートレポート : スクロヴァチェフスキ/N響の第九(サントリーホール)
2011/10/19 : コンサートレポート : スクロヴァチェフスキ、オペラシティでのブルックナー爆演
2010/03/25 : コンサートレポート : 読響最後のスクロヴァチェフスキ

スクロヴァチェフスキの演奏を最初に知ったのは、確か2000年の年末にN響を振った第九の放送でした。当時私はまったく知らない指揮者でしたが、なにげなく放送を見ていると、テレビの画面からものすごい気迫で音楽が吹き出してくるではありませんか。1楽章がはじまってしばらくでぐいぐい引き込まれ、老指揮者の棒にオケが集中して、エネルギーが噴出。あとにも先にもテレビで放送される音楽にあれほど引き込まれたことはありませんでした。その時の強烈な印象が私のスクロヴァチェフスキとの出会い。その後、ブルックナーやブラームスの交響曲全集などを手に入れ時折楽しんでいました。

2009年にブログを書き始めてから、それまで何故か遠のいていたコンサートに再び通うようになって、ふとしたことから2010年にスクロヴァチェフスキのコンサートのチケットをとって実演に接しました。曲はブルックナーの8番。指揮台に上がるまでは脚を引きずるようによたよたと登場するのに、いざタクトを振り上げると一変。独特の短い指揮棒を振り下ろすとよたよた歩きだったことが信じられないようなものすごいエネルギーでオケをリードし、気づくと眼前にブルックナーの大伽藍が圧倒的な存在で迫ってきます。音楽は完全にスクロヴァチェフスキに支配され、オケも指揮者のエネルギーに対決するように力演。終演後の嵐のような拍手にお客さんに感謝する姿も感動的でした。老いてなお、ものすごいエネルギーを発散する姿に打たれたものでした。

そして、機会があるごとにコンサートに通ったようすは上にリンクしたとおり。奇遇にも最後に聴いた昨年のコンサートもブルックナーの8番でした。いつも、これが最後かもと思いながら、7回もの感動を味わうことができたのは幸運だったでしょう。ブルックナー以外にもベートーヴェンや自作までふくめて皆全身全霊を込めた演奏で、どのコンサートも終演後の感動は変わらず。

日頃はハイドンばかり聴いていますが、実演では現代音楽もふくめてハイドン以外もいろいろ聴いているなか、もっとも好きな指揮者でした。

コンサートの思い出をかみしめながら、未入手のアルバムを何枚か手に入れて、聴いてみようと思います。

amazon

ご冥福をお祈りします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

【番外】第2回ハイドンオフ開催

昨年8月にふとしたことから当ブログの読者の皆さんにお声掛けして、当ブログ始まって以来の「オフ会」なるものを開催した経緯は以前に書かせていただきました。

2016/08/17 : 徒然 : 【番外】真夏の夜の、、、ハイドンオフ開催!

それから半年。再びよくコメントをいただく方々にお声をおかけして、昨日2月10日に第2回ハイドンオフを開催いたしました。

前回参加していただき、当ブログの本文よりも濃厚なコメントで名盤にさらなるスポットライトを当てていただくSkunJPさんと若いのに恐ろしくマイナーな名演アルバムのコレクションを誇られる小鳥遊さんの2名は誠に残念ながらお仕事の都合で欠席、参加されたのはオーディオマニアとしても有名なだまてらさんと、今回初顔のHaydn2009さん、私と合わせて3名でのオフ会でした。

Haydn2009さんは、少し前にダグラス・ボストックの帝国、ラ・ロクスラーヌの記事でも紹介した通り、下記のサイトを運営している生粋のハイドンマニアです。

ハイドン作品辞典

このサイトではハイドンの全作品に加えて偽作まで含めて整理された情報が掲載されており、ディヴェルティメントやアリアなど、なかなか情報がない曲に至るまでホーボーケン番号で整理されており、私もよく参照させていただいております。また、2009年にはアイゼンシュタットやウィーンにも行かれているそうで、羨ましい限りです。

今回、Haydn2009さんが参加されるにあたり、なんと上記サイトの情報をまとめて自費出版された書籍をいただきました!

IMG_7764.jpg

日本語で読める信頼できるハイドンの作品リストは、おそらく大宮真琴さんの「新版ハイドン」以来なのではと思います。大宮さんの書籍も絶版になって久しく、ネットも含めて非常に貴重な情報ですね。

3人だけのオフ会でしたが、予想どおりというか、それ以外予想できないとおり、ディープな話題満載(笑)。普段の実生活では全く話題にならないハイドン、音楽、オーディオなどの話題で大いに盛り上がりました。もちろん、隣席の冷たい視線を浴びずに済むよう、個室居酒屋を手配。時を忘れてハイドン談義に花が咲きました。そう頻繁にはできませんが、今後もたまには開催していきたいと思いますので、ご参加の要望があれば、ブログのメールフォームかTwitterのアカウントまでお知らせいただければと思います。

適度に酔っ払ってお店を出るときに、勢いで1枚パチリ(笑)

IMG_7757.jpg

他の皆さんも掲載許可を頂きましたので記念に載せておきます! 右からHaydn2009さん、だまてらさん、私の順です。

なお、オフ会の最中に狂言の話になったのをきっかけに、終了後、四谷三丁目の狂言の会場としても使われる隠れ家的いい雰囲気のお店でだまてらさんと2次会。なんとトーレンスのTD124やマッキントッシュなどのヴィンテージシステムでマイルスのカインド・オブ・ブルーを聴きながらもう一杯堪能。マイルスもコルトレーンもビル・エヴァンスもポール・チェンバースも実に深みのあるいい響きで楽しめました。聴き入るとマスターがヴォリュームをすっと上げ、音がぐっと前に。至福のひとときでした。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

【番外】真夏の夜の、、、ハイドンオフ開催!

本日8月17日は、何の日でしょう。

1686年 - 作曲家ニコラ・ポルポラの誕生日
1838年 - イタリアの詩人、台本作家ロレンツォ・ダ・ポンテの忌日
1887年 - オーストリア=ハンガリー帝国最後の皇帝、カール1世の誕生日
1959年 - マイルス・デイヴィスの名盤「カインド・オブ・ブルー」がリリースされる

いやいやそうではありません。

2016年 - 当ブログ「ハイドン音盤倉庫」主催の初めてのオフ会が開催される

そうです。先日当ブログにだまてらさんから頂いたコメントに端を発し、東京近郊在住の当ブログのディープな読者に新宿にお集まりいただき、初めてのオフ会が開催された歴史的な1日だったわけでございます(笑)

参加頂いたのは、よくコメントをいただくオーディオマニアとしても有名なだまてらさん、ブログ本文より数段深い洞察力あふれるコメントを多数頂いているSkunjpさん、そして時折膨大なハイドンのコレクションを匂わせるコメントをいただく小鳥遊さんのお三方。なかなかスケジュール調整が進みませんでしたが、お盆あたりなら皆さんの仕事にも少し余裕が出そうだということでこの日になった次第。朝方東京は台風が通過するということで少々心配しましたが、台風一過の快晴、酷暑の1日となり、無事開催となりました。

皆さんコメントからもおわかりの通り、並のハイドン通ではありませんので、どうなることかとドキドキしておりましたが、皆さんおおらかで、美味しいお酒と料理をいただきながらの楽しい時間を過ごすことができました。もちろん、徐々に話題はディープになり(笑)、世界中のどこの酒場でも交わされるはずのない、ハイドンの話題満載。非常にマニアックな話題なのに、ほとんどすべての話題が皆さんに通じているという奇跡的な状況にお互いに驚いている様子。同好の士どうしの集まりであるからこその楽しい時間でした。皆さん、バッハよりも、モーツァルトよりも、ヤナーチェクよりも、ビル・エバンスよりもハイドンを愛する方々ゆえ、愛聴盤の話や、LPの話、オーディオネタ、幸松肇さんの話、バリトントリオのオススメ盤、音楽遍歴など、興味深い話が途切れず続きました。

特に、ハイドンマニア以外の方には全く役に立つ内容のない当ブログの記事について、皆さんから普段いただくコメント以上に役立っているとおっしゃっていただき、ブログを続けていてしみじみ良かったと心から思った次第。誰かの役に立っているということがやり甲斐になっているんですね。

IMG_6549.jpg

顔出し掲載の許可を頂きましたので、この日の記念にお店を出る際に撮影した写真を貼っておきます。 皆さんお疲れさまでした!

あっという間の楽しい時間でしたが、これを機会にまた集まりましょうという流れになりましたので、しばらくしましたらまたお声をかけさせていただきたいと思います。ブログがつなぐご縁によって貴重なコミュニティができました。今回を機に今後もオフ会を開催していこうと思います。東京近郊の方でご参加希望がありましたら、コメント、ブログのメールフォームなどでお知らせください。次回、お声かけさせていただきます。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

【追悼】ニコラウス・アーノンクール

古楽器による演奏を世界に広めた立役者の一人、ニコラウス・アーノンクールが3月5日に亡くなりました。報道によれば6日に家族が公表したとのことです。1929年生まれということで享年86歳でした。このところブリュッヘンにホグウッドと古楽器演奏のパイオニア世代の音楽家が次々と亡くなり、そしてこの度のアーノンクールということで、一つの時代が終わりつつあるような複雑な心境です。

当ブログの読者の方ならご存知のとおり、アーノンクールはハイドンの作品も、交響曲ばかりではなく、オラトリオ、ミサ曲などかなりの数のアルバムを残しており、ハイドンの演奏者としても代表格の一人です。もちろん当ブログでも何度も取り上げています。また、最後の来日となった2010年、サントリーホールで天地創造の実演にも接しています。どんぐり眼でオケに鋭い指示を出す姿が脳裏に鮮明に焼き付いています。そのあたりのところは過去の記事を御覧ください。

2013/09/01 : ハイドン–交響曲 : アーノンクール/ベルリンフィルの熊ライヴ
2013/01/02 : ハイドン–オラトリオ : アーノンクールの十字架上のキリストの最後の七つの言葉オラトリオ版
2010/10/31 : ハイドン–オラトリオ : アーノンクールの天地創造旧盤
2010/10/31 : コンサートレポート : アーノンクールの天地創造(サントリーホール10/30)
2010/10/07 : ハイドン–声楽曲 : アーノンクールのハルモニーミサ
2010/06/13 : ハイドン–オラトリオ : 灰汁のぬけたアーノンクールの天地創造新盤
2010/06/11 : 徒然 : アーノンクールの天地創造へ
2010/04/07 : ハイドン–交響曲 : アーノンクールの初期交響曲集

アーノンクールは、古楽器演奏を広めたといってもそれだけではなく、当時としては驚くほど前衛的なスタイルで過去の演奏の垢をそぎ落として、独自というか超個性的な演奏によって音楽界に大きなインパクトを与えた人というのが適切な評価でしょう。他の誰にも似ていない強い個性の持ち主でした。

ただし、もともとレオンハルトとバッハのカンタータ全曲録音など、地味というか時代考証を経た堅実な取り組みで知られるようになり、徐々にその個性が開花、ウィーン交響楽団、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団や手兵のウィーン・コンツェントゥス・ムジクスなどと多くの個性的な録音を残しましたし、昨今はウィーンフィル、ベルリンフィルなどとロマン派の曲まで演奏するまでになり、その突き抜けた個性によって、バロックや古典のみならず、現代の代表的な指揮者の一人と見做される存在といってもいいでしょう。2010年の来日時には体力の問題から最後の来日と公言していましたし、近年は演奏活動からも引退すると発表したばかりと聞いています。



追悼にあたって、私がアーノンクールの演奏に開眼した思い出のアルバムを何枚か紹介しておきましょう。私がアーノンクールの演奏に衝撃を受けたのは、バッハでもハイドンでもベートーヴェンでもなく、モーツァルトでした。

ブログの最初期に私がハイドンにのめり込んだ経緯を書いていますが、ハイドンに興味を持ったのは1991年のモーツァルトの没後200年のアニバーサリーで、あまりにもモーツァルトを聴いて、ちょっと飽きてしまった反動からでした。天真爛漫なモーツァルトの音楽のなかでも、当時アーノンクールがリリースしたモーツァルトの交響曲25番の演奏が話題になり、レギュラー盤ではなくコンセルトヘボウ100周年記念アルバムにその25番が含まれていたのを最初に入手したのがアーノンクールとの出会いでした。

HarnoncourtCorea.jpg

このアルバム、現在は検索してもでてきませんね。収録曲は下記のとおり。

モーツァルト:
交響曲25番(Kv 183(173 d B))
「ルーチョ・シッラ」序曲(Kv135)
2台のピアノための協奏曲(フリードリヒ・グルダ、チック・コリア!)(Kv 365(316a))
「劇場支配人」序曲(Kv 486)
交響曲32番(Kv 318)
アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団

このアルバムの衝撃は忘れませんね。ワルターやベームでモーツァルトに親しんだ耳と脳をかち割るような先鋭的な響きに腰を抜かしたものでした。そしてグルダにチック・コリアというクラシックでは前例のないソロによるモーツァルトの2台のピアノのための協奏曲。こちらもハスキルとアンダ盤が刷り込みだったので、アーノンクールの操るキレキレのオケに乗って、グルダのガラス細工のような透明な音階とチック・コリアとの火花散る共演にゾクゾクしたものです。豪華絢爛、外連味あふれる歌舞伎の舞台のような華やかさ。そもそもモーツァルトの音楽にはちょっと俗っぽい演出が似合うものという真髄をついた演奏と納得したものでした。アーノンクールは激しいアクセントを連発しながらも華やかさとアーティスティックさを振りまきますが、今思うとこれがデフォルメの効いた見栄を切る歌舞伎の演出とかぶりますね。不思議な高揚感に浮かされた名演奏でした。この記事を書くために実に久しぶりにこのアルバムを取り出して聞いてみると、このアルバムを手に入れた頃の新鮮な驚きが蘇ってきました。また最後の32番がこれもいい。


HarnoncourtGulda.jpg
TOWEER RECORDS / amazon

上のアルバムがあまりに面白かったので手に入れたアルバム。今度はグルダと組んでのピアノ協奏曲23番と26番「戴冠式」。グルダはアバドとウィーンフィルとの演奏が有名で、私も好きな演奏ですが、このアーノンクール盤ではアーノンクールのキレの良いアクセントに刺激されて、グルダもキレキレ。アバド盤の透き通るようなピアノの輝きとは異なり、オケに呼応して色めき立つのを抑えながら演奏するようすが実に面白い演奏です。このころのアーノンクールには後年のちょっとアーティスティックにシフトした演奏とは異なる楽しさがあるような気がします。協奏曲とは対決であると知った演奏です。


HarnoncourtKremer.jpg
TOWER RECORDS / amazon

そして、次に手に入れたのはこちら。グルダの次はクレーメルです。このアルバム、ウィーンフィルを振ったモーツァルトのヴァイオリン協奏曲5曲を収めたアルバム。全曲素晴らしいのですが、ことに冒頭に置かれたクレーメルとキム・カシュカシュアンをソロに迎えた協奏交響曲が実に面白い。やはり名門ウィーンフィルからウィーンフィルらしからぬ前衛的な響きを引き出し、クレーメル、カシュカシアンともバチバチ火花を飛ばしながらの対決が続きます。非常に聴きごたえのある演奏です。



いずれも懐かしい3組のアルバムを取り出して聴き直してみると、まるでタイムスリップしたような心境になります。このころのアーノンクールには覇気と前衛がみなぎっていました。そしてそのエネルギーをぶつけた先がモーツァルトだったということで、ハイドンを演奏するアーノンクールとは顔つきが違う感じで、奏者自身が楽しんで演奏しているような自然さが、灰汁の強さを中和して音楽に本質的な生命感をもたらしているのだと思います。

古楽器演奏のパイオニア、そして外連派筆頭のアーノンクールの死は、まさに時代の転換点のような気がします。ご冥福をお祈りします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : モーツァルト

明けましておめでとうございます

皆様明けましておめでとうございます。

昨年中は激ニッチな当ブログに多くのアクセス、拍手、コメント、メールなどをいただきありがとうございました。
当方、ごく一般的なサラリーマンゆえ、日頃は仕事に翻弄され、眠い目をこすりながら夜な夜な記事を書いておりますゆえ、最近は更新ピッチも上がらないまま、激マイペースでやっておりますが、それでも多くの方に来訪いただき感謝に絶えません。

IMG_4634.jpg

正月休みは、久しぶりにのんびり。いろいろ家事をこなして、残りの時間はLPを随分聴いています。普段は便利さからCDが多いですが、LPにはLPでしか味わえない響きもあり、アームを調整したり、カートリッジを交換したり、LPをクリーニングしたりしながら手に入れてからあまりちゃんと聴いていないLPなどをとっかえひっかえ楽しんでます。

今年もやりたいことはいろいろあるのですが、なかなか仕事が忙しく時間がとれそうもありませんので、無理せず、いいアルバムを紹介していきたいと思います。ハイドンのアルバムは随分集めたつもりですが、まだまだ未聴の素晴らしい演奏は数多あるということで、基本に忠実に一枚一枚のレビューをしっかりこなしていきたいと思います。

(おまけ)
最近手に入れた先が曲がったラジオペンチ。先が非常に細いのと、つまむ面にギザギザがないのでつまむものを傷つけにくい仕様。何に使うって? もちろんカートリッジのリード線の差し込みや外す時に使います。今までピンセットでやってましたが、力が入りにくかったり、滑ったりしてましたが、これは便利。適度な大きさでリード線をしっかりつかめて力も入り傷もつきません。アナログはこういった作業も楽しいんですね(笑)



今年もハイドン愛好家の皆さんのお役に立つべく精進していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

叔父、静かに逝く

一昨日1月23日、私の母親の弟、つまり私の叔父が息を引き取りました。76歳でした。

叔父は近くに住んでいて、うちには時折り遊びにきていたのですが、最近では叔父を含む母親兄弟3人と私たち夫婦が揃って関西、四国、中国を6泊7日で車で旅行したことを当ブログにも書いております。

R0013822.jpg

2014/05/26 : 旅行・温泉巡り : 【番外】関西・四国・中国大紀行(その1)

実はこの旅行の少し前から、叔父は喉になにかがつかえているような感触があるといって、かかりつけの医者やら胃カメラやらを受けていたのですが、特段の異常はみつからず、一安心ということで旅行に出かけていたのでした。旅先でも調子の悪い時はあまり食事が喉を通らないようでしたので、皆心配して、旅から帰ってからもう一度詳しい検査を受けるようにとすすめていました。

旅から帰ってほどなくして、幾つかの病院で検査を受け、やはり喉の奥になにかあるということがわかり、わかった病名が頸部食道がん。しかもけっこう進行していることがわかりました。あわてて私も食道がんのことを随分しらべてみましたが、あまり良い情報はなく、けっこう難しい状況だということがわかり、叔父の家族や母親の兄弟やわれわれが揃って毎週病院に見舞いに行きながら治療方針などを一緒に考えてきました。幸い主治医はその道の第一人者ということで、その時点での最善の選択は手術ということになり、声帯も含む頸部のがんを摘出し、小腸で置き換えるというかなり大きな手術を受けることになります。

手術を受けたのが昨年7月23日のことでした。早朝から手術室に入り、終わったのが深夜。見守っていた家族や私たちもヘトヘトでしたが、深夜1時過ぎに主治医から受けた説明は厳しいものでした。「見える部分のがんはすべて取り切った」とは言ってくださったものの、がんはかなりの大きさであり、おそらく見えない部分にも取りきれながんが残されていたのではないかと思わざるを得ない状況でした。手術をしなければ1、2ヶ月の余命だったと知らされ、身近な人に降りかかった運命の大きさに言葉がでない状況でした。

ただ、76歳と高齢だったにもかかわらず、大手術後の叔父の回復は早く、リハビリを重ねて、喉の違和感は残るものの体調はかなり回復してきました。声を失ったため、叔父はノートやホワイトボードを使って意思表示となりましたが、われわれが驚くほど多くの字を毎日書き記して自身の言いたいこともしっかり言える状態でした。手術から1ヶ月を経過して今後の再発を少しでも防ぐため放射線治療などを選択するかどうかの判断をする必要があり、本人はすこしでもリスクを減らそうと治療には積極的でしたが、手術後の検査でリンパ節から多数の転移が見つかり、治療を断念せざるを得ないということになってしまいました。事実上の治療不能宣告です。体調が回復傾向だっただけに叔父の落胆も大きく、周りの私たちも再び運命の重さになすすべもない状況でした。

手術から3ヶ月経過し、これまでの治療目的の大学病院から離れる事となります。ホスピスなどを探したところ、どこもかなり逼迫しているようでしたが、幸い叔父の自宅からそう遠くないところに緩和ケア専門の病院が見つかり転院となりました。やはり緩和ケアを専門としているだけあって、医師も看護師も患者本人の意思を非常に大切に思って対応してくれる素晴らしいところでした。病院では酒は厳禁ですが、緩和ケア病院ではむしろ本人が好きだったのならまったくかまいませんとのこと。もちろん手術後は一切お酒を飲んでいなかった叔父も、差し入れで持ち込んだ赤ワインや濁り酒がとても旨いと毎日おちょこ一杯楽しんでいました。そうした環境に恵まれてか、体調が衰える気配はあまりなく、当初年を越すのは難しいとの見立てでしたが、皆でシャンパンでクリスマスを祝い、元旦も皆がそろってお祝いしました。

IMG_0226.jpg

叔父本人も年末は年末までは、まだいけると思っていたと思いますが、病魔は確実に忍び寄り、徐々に体はは細くなり、体力が落ちていきました。のどのあたりの違和感も徐々に強くなったようで、痛み止めを目的とした投薬も徐々に増えていきました。家族やわれわれにもそろそろかとの緊張感が漂い始めていきました。それまで毎週末に見舞いに行っていたんですが、今週に入り、週末を待てないかもしれないとの予感があり、21日水曜日は会社を休んで叔父のもとへ。その時はまだホワイトボードを使って会話ができたのですが、翌日には意識がおぼろげとなり、1月23日、娘と孫に囲まれ、ついに帰らぬ人となってしまいました。ちょうど手術から6ヶ月目になります。



おそらく手術をしていなければ、ここまでの時間的猶予はなかったでしょう。手術によって、家族との貴重な時間が得られたのかもしれません。叔父とはいえ、元気であればたまに会って飲むくらい。がんという病気だったからこそ、皆が集まり、皆が叔父を囲んでいろいろ考え、貴重な時間をすごすことができたのだと思います。

私は小さい頃は叔父にはいろいろ教わりました。車好きだった叔父は、私の子供の頃の憧れの名車、スカイライン2000GT、通称ハコスカを手に入れ、最初のドライブに私を連れ出し、東京から浜名湖までドライブに連れて行ってくれました。湘南の海での叔父の仕事仲間とのダイビングとバーベーキューも思い出深いですね。叔父の仲間が潜ると、サザエやアワビ、そしてツキンボでクロダイまで仕留めてきてしまいます。当時は私はいくら潜っても収穫ゼロ(笑)。なんとなく大人に差をつけられて意気消沈していました。その場でバーベキューですが、ツキたての魚は焼くより煮るほうがうまいんだよとの掛け声で煮たクロダイの旨さは今でも鮮明に覚えています。なんとなく美味い魚にありつけて、逆に大人になった気分でした。

私の父は鉄道系でしたので、真面目一本やり。叔父に連れて行ってもらう遊びは、私の家庭とは全く違うもので、子供ながらに非常に刺激をうけました。そういえば最初にパチンコに連れて行ってもらったのも叔父でした。当時は手打ちで、チンジャラけたたましい音をたてて鉄球がころがること自体が面白く、何度か連れていってもらいました。今更ながら子供の頃にいろいろ遊んでもらった思い出がよみがえります。



昨年5月の旅行は記事にも書きましたが、母親3兄弟の後にも先にも最後の旅行となってしまいました。今となっては本当に貴重な旅行でした。そして、叔父の入院以降は、毎週毎週、叔父の病状に一喜一憂。病気や薬についていろいろ調べてくれと言われて叔父に伝え、叔父はいろいろ考えて判断していました。意外と言っては失礼ですが、叔父自身、かなり深く考え病気に立ち向かっていました。叔父なりに人生哲学があったのでしょう、叔父の病気と対峙する姿勢からいろいろ教えられた気もします。

こちらも叔父と一緒にこの半年いろいろ考えながら過ごしてきましたが、本日通夜を終え、明日は告別式。叔父が荼毘に付されます。いよいよお別れですね(涙)

IMG_0666.jpg

ちょっと間をあけてすみませんでした。しばらくでまたレビューに戻ります。音楽で心を癒すために。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

交響曲54番迂闊者ネルソンミサバリトン三重奏曲弦楽四重奏曲Op.54ベートーヴェンピアノソナタXVI:52ピアノソナタXVI:49交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46日の出皇帝弦楽四重奏曲Op.71交響曲88番ブルックナーベルリオーズベンジャミンウェーベルンバッハナッセングリゼーシェルシメシアンヴァレーズOp.20弦楽四重奏曲モーツァルト交響曲65番交響曲67番交響曲9番弦楽四重奏曲Op.76交響曲39番交響曲73番狩り交響曲61番リームピアノソナタXVI:48アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:6四季交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェル弦楽四重奏曲Op.64ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45ピアノソナタXVI:21ピアノ三重奏曲第九ヒストリカル太鼓連打オックスフォード時計ボッケリーニ交響曲99番シューベルトロンドン天地創造交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーチェロ協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:11ライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディ軍隊オペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74変わらぬまこと騎士オルランド哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェアルミーダ無人島チマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:3弦楽四重奏曲Op.20古楽器アレルヤラメンタチオーネ交響曲3番交響曲79番驚愕チェロ協奏曲1番交響曲27番交響曲19番交響曲58番ショスタコーヴィチ紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎協奏交響曲LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲90番告別交響曲97番交響曲18番奇跡ひばりフルート三重奏曲悲しみ交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ニコライミサ小オルガンミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲93番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃武満徹SACDライヴ録音交響曲81番交響曲80番交響曲21番マリア・テレジア豚の去勢にゃ8人がかりクラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲10番交響曲12番交響曲11番交響曲4番交響曲15番交響曲1番交響曲37番ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ドニぜッティロッシーニライヒャ弦楽三重奏曲シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4パレストリーナモンテヴェルディアレグリタリスバード美人奏者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ガスマンヴェルナーピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲35番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットオフェトリウムドイツ国歌カノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲62番交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
81位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
8位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ