バルトルト・クイケン/オーケストラ・リベラ・クラシカ第44回定期演奏会(石橋メモリアルホール)

11月3日から8日まで約1週間、関西方面に旅に出ておりました。この後いつものように旅行記をアップします。そして帰着翌日の9日はチケットを取ってあったコンサートへ。

OLC_20191109.jpg
オーケストラ・リベラ・クラシカ 第44回定期演奏会

皆様ご存知のとおり、オーケストラ・リベラ・クラシカ(OLC)はハイドンを集中的に取り上げているオケですが、私は前回の定期公演で初めて顔を出しました。その件は前回のレポートをお読みください。

2019/06/29 : コンサートレポート : 鈴木秀美/リベラ・クラシカ第43回定期演奏会(三鷹市芸術文化センター)

そして前回に続いて今回もチケットを取りましたが、お目当てはフラウト・トラヴェルソの名手、バルトルド・クイケンに他なりません。バルトルトのハイドンは冴え冴えとした名演ばかり。

2015/08/28 : ハイドン–室内楽曲 : 【新着】クイケン兄弟によるフルート三重奏曲集(ハイドン)
2015/07/19 : ハイドン–室内楽曲 : クイケン三兄弟によるフルート三重奏曲集(ハイドン)
2011/11/23 : ハイドン–室内楽曲 : クイケン・アンサンブルによる「ロンドン・トリオ」

フルートものには格別に造詣が深い当ブログのご意見番Skunjpさんをして「消え際の天才」と称されるバルトルト・クイケンのフルートを生で聴く千載一遇のチャンスということでチケットを取った次第。

この日のプログラムは以下のとおり。

ハイドン:交響曲第4番 ニ長調(Hob.I:4)
モーツァルト:フルート協奏曲 第1番 ト長調(K.313)
(休憩)
ヨハン・クリスティアン・バッハ:フルート協奏曲 ニ長調(W. C 79)
ハイドン:交響曲第104番「ロンドン」 ニ長調(Hob.I:104)

通常は協奏曲を1曲のところ、休憩前後に2曲の協奏曲がおかれるプログラム。そしてハイドンの交響曲は4番と104番「ロンドン」。ロンドンが取り上げられたということで、もうかなりの数の交響曲が演奏されたかと思いきや、配布されたプログラムによると、2002年に始まったこれまでの44回の公演で演奏されたのがハイドンの交響曲の半数くらいとのこと。加えて、このOLCの公演は鈴木秀美さんの体調や経済的理由により1年間お休みとなることが記されていました。104曲という数はそれだけインパクトのある数ということなんでしょう。

会場の石橋メモリアルホールは今回初めての訪問。もともと1974年に室内楽用のホールとしてオープンしたものが、2010年に建て替えられたものとのこと。上野学園の高層ビルの低層階に設けられたもので、設計は現代建築研究所。

IMG_0071.jpeg

ホワイエは現代建築研究所らしく整然として白を基調としたクリーンな印象。ホワイエの要所の壁面にバブル全盛期に流行ったスタッコアンティコ風の仕上げの壁面があり妙に懐かしい気持ちになった次第(笑)

IMG_0072.jpeg

この日の席は2階右側のバルコニー席から見下ろす感じ。

開演は15時。お客さんの入りは9割くらい。

1曲目のハイドンの交響曲4番では鈴木秀美さんは指揮台ではなく、オケの中央でチェロを演奏しながらの指揮。この曲は番号どおりごく初期の交響曲でおそらくモルツィン伯爵家の音楽長時代に作曲されたもの。メヌエットが終楽章にくる3楽章構成の小交響曲。編成はヴィオラ以下を1名に絞った小編成の弦楽器とホルン、オーボエが各2本。ホールの天井面が巨大な平面なせいか、オケの響きがやや鋭利に聴こえる感じ。演奏は快活そのもので、心配されたリズムも重くなく、素直に楽しめる演奏。1楽章はう少しテンポが速ければより爽快になるじゃないかしらと思いながら聴きました。なかなか良かったのがアンダンテ。不思議な音階のリズムに乗って静謐なメロディーが重ねられる初期のハイドンの独創的な音楽。生で聴くと楽器のメロディーの受け渡しの視覚的な情報もあって音楽の構造がよくわかりました。フィナーレのメヌエットはナチュラルホルンが重ねる響きが美しく聴き応え十分。鈴木秀美さんは中央でチェロでいきいきとオケをリードします。1曲目でしたがオケの精度も悪くなく、見事な演奏に拍手喝采。

続いて、お目当てのバルトルト・クイケンのソロによるモーツァルトのフルート協奏曲。この曲を聴くのは実に久しぶり。刷り込みはパイヤールが伴奏したランパル盤。1991年のモーツァルトのアニヴァーサリーイヤー前後によく聴いていました。ランパルの豊穣な音色とパイヤールの華やかな伴奏で実に華麗な演奏。ところがこの曲をクイケンが吹くと、一瞬にして峻厳な深みを感じさせるクイケンの世界に引き込まれます。もちろんフルートとフラウトトラヴェルソの違いはあるものの、ハイドンの名盤で聴かせたフワッとして慎み深いバルトルトの独特の世界が現れます。協奏曲のソロなのにことさら目立とうとするのではなく、淡々としながらも異常に冴え渡る感覚はこの人ならでは。あまりの素晴らしさにこちらの耳も冴え渡ります。各楽章のカデンツァはシンプルそのものでこちらもあっさりしたものですが、音色の深みは底知れず。絶品でした。

そして、休憩後はバルトルトの希望でプログラムに入れられたヨハン・クリスチャン・バッハのフルート協奏曲。モーツァルトやハイドン に大きな影響を与えたとされるクリスチャン・バッハは割と好きで手元にアルバムもかなりの数があります。この曲になって鈴木秀美さんの指揮も随分と穏やかになり、オケが実にしなやかになります。バルトルト・クイケンのフラウトトラヴェルソはモーツァルト以上に冴え渡り、もはや天上の音楽を聴くが如き至福の領域に。まるで清水の流れのように全く淀みのない清透なメロディー。速いパッセージでの音階も全く抵抗を感じない鮮やかさ。そしてフワッと自然に音が消え入る消え際の美しさ。クイケンの演奏は目眩くようなクリスチャン・バッハの作品によりマッチして、幽玄な世界に到達。こちらも絶品の演奏でした。もちろんお客さんもこの日1番の拍手でたたえました。何度かのカーテンコールの後、アンコールに演奏されたのはヨハン・セバスチャン・バッハのラルゴ。クリスチャンの華やかさから一変、まるで尺八でも聴くような求道的な張り詰めた演奏にお客さんものまれる素晴らしい演奏。いやいや、わざわざ聴きにきた甲斐がありました。やはりバルトルト・クイケンは素晴らしかったです。

クイケンの演奏の興奮も冷めやらぬ中、ステージ上の座席を増やして、最後のロンドン。序奏から大迫力で入りますが、何しろリズムが重い。ロンドンは名曲ではありますが、力任せの演奏はちょっとくどくなりがち。アクセントをかなり溜めがちなところがその印象を強くしていると思います。冒頭の4番やクリスチャン・バッハで鮮やかな演奏を聴かせていただけに、惜しいところ。クイケンのクリスチャン・バッハにブラヴォーと掛け声をかけたお隣の男性、2楽章の終わりで席を立ち帰ってしまわれました。

終演後、鈴木秀美さんから、OLCのコンサートを1年お休みすることなどが告げられた後、アンコールはオックスフォードのメヌエット。ザロモンセットの最後のロンドンの後に何を演奏しようかと考え、ハイドンがロンドンへの第1回旅行の最初にオックスフォードで演奏した曲を選んだとの説明に続いて演奏されました。畳み掛けるような前のめりの演奏でリズムもキレて迫力十分。これは素晴らしかった。

この日のコンサート、ハイドンの交響曲をコンサートで全曲演奏することがいかに大変なことかを実感させられるコンサートでした。鈴木秀美さんの体調不良もあるとのことですが、経済的理由もあると付け加えられており、商業的に100曲以上の交響曲を演奏、録音することはやはり大事業。前回のコンサートに初見参し、今後は顔を出そうということで出かけたコンサートでしばらくお休みになってしまうという巡り合わせからそう感じた次第。

さて、生で二度体験したOLCですが、勢いに乗った時の良さも体験したので、未入手のアルバムを集めて色々聴いてみようかと思います。



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲4番 ロンドン オックスフォード モーツァルト ヨハン・クリスチャン・バッハ

ピエール・アンタイ チェンバロ・リサイタル(白寿ホール)

コンサートの秋とばかりに、コンサートに通っています。

Hantai2019.jpg
日本アーティストマネジメント:ピエール・アンタイ チェンバロ・リサイタル

ハイドンがプログラムされているわけではありませんでしたが、ちょっと気になっていたコンサート。どうして気になっていたかというと、、、

2011/02/13 : ハイドン–室内楽曲 : アンタイ/クヴェール/ヴェルツィアーによるピアノ三重奏曲集

そう、以前レビューしたピアノトリオのアルバムが実に素晴らしかったからなんですが、チケットを取った後、よくよく確認してみると、以前のアルバムでフォルテピアノを弾いていたのはジェローム・アンタイ(Jérôme Hantaï)、今回のコンサートはピエール・アンタイ(Pierre Hantaï)。アンタイ違いかと思いきや、この2人、兄弟でした(笑)。しかも、この兄弟には、もう1人有名な奏者がいて、そちらもレビュー済みでした!

2011/11/23 : ハイドン–室内楽曲 : クイケン・アンサンブルによる「ロンドン・トリオ」

ロンドン・トリオでフラウト・トラヴェルソをバルトルト・クイケンとともに吹いていたマルク・アンタイ(Marc Hantaï)もこの兄弟とのこと。それぞれ生年月日をみるとマルク、ジェローム、ピエールの順でした。日頃奏者の背景はきちんと調べている方ではありますが、この辺りは把握外でした(笑)

そのピエール・アンタイ、1964年パリに生まれて、グスタフ・レオンハルトに触発されてチェンバロを学び始め、兄弟で活動しながら頭角を現し、同じく兄弟で活躍するクイケン兄弟やミンコフスキなどと共演を重ねているそうです。近年はル・コンセール・フランセを立ち上げ指揮にも活動領域を広げています。なおネットを検索してみると、何度か来日もしているようで、ラ・フォル・ジュルネなどにも来ていますね。



この日の会場は白寿ホール。小田急沿線の代々木八幡駅が最寄駅なのでうちからは非常に便利。ここははじめてです。株式会社白寿生科学研究所ということころが運営しているホールで、代々木公園脇のビルの7階にあります。

IMG_9252.jpeg

開場時間に到着しロビーのある7階に上がると代々木公園越しに新宿の高層ビルや初台のオペラシティが一望できる眺望。屋上にも出られて開放感があっていいですね。まずはいつも通りワインで血流を適度に活性化します(笑)

プログラムは以下の通り。またロビーに掲示されていた情報によると、当日使用したチェンバロは「Jan Kalsbeek 2000年製作 ミートケモデル」とあります。専門外でどのような楽器かわからないのでこのまま検索してみると、情報がありました。梅岡楽器サービスのコンサートレンタル用2段鍵盤チェンバロのジャーマンタイプで、オランダのベテラン作家Jan Kalsbeek氏によるM・MIETKEモデルということでした。歯切れの良い音色でバッハなどの演奏に適したモデルとのこと。こちらに画像があります。

梅岡楽器サービス:レンタル用2段チェンバロ

配布されたプログラムと掲示によると演奏される曲は以下の通り。事前に公表されていたものとちょこちょこ変更点があります。

ラモー:クラブサン小曲集より
 アルマンド、クーラント(1728)、内気(1741)、三つの手、サラバンド(1728)、つむじ風、ロンドー型式のジーグ(1724))
J.S.バッハ:アリア(イタリア風のアリアと変奏 BWV989より)
ヘンデル:序曲「忠実な羊飼い」より P.アンタイ編曲
ヘンデル:組曲「ボ―トンハウスの筆写譜」より
 プレリュード、アルマンド、クーラント、サラバンド、メヌエットと変奏、ジーグ
D.スカルラッティ:ソナタK.3、ソナタK.208、ソナタK.175
 (休憩)
J.S.バッハ:パルティータ 第6番 ホ短調 BWV830
D.スカルラッティ:ソナタK.871


私にとってははじめて聴く曲がかなりあります。バッハとスカルラッティは馴染みはなくはありませんが、ラモーとヘンデルはオーケストラもの以外はほとんど未聴。ということで実に新鮮な体験となります。

ホールは300席と室内楽向け。ホールの内装も綺麗でなかなかいいホールです。珍しくフカフカの座席で疲れるかと思いきやなかなかいい座り心地でした。設計はどこかと調べてみると、音響設計も含めて竹中工務店。この日の席は前から8列目のやや右。アンタイの表情が良く見え、響きも非常にいい席でした。

開演前のステージの真ん中に置かれたチェンバロはなかなかの存在感。バルダッキーノ様の脚部が伝統を感じさせます。

開演時間となり、ホール内客席の照明が落ちると、まずはスタッフが出てきてチェンバロの蓋を開けます。開演直前まで蓋を閉じているのは照明が当たって調律に影響することを避けるためでしょうか。すぐにピエール・アンタイが登壇、軽く客席に会釈してすぐに演奏に入ります。

最初のラモーは素晴らしい色彩感。ダイナミクスにかなり制限のあるチェンバロで表現の幅を広げるのは主にテンポとアゴーギク。かなり自在にテンポを動かしながらキレの良いタッチでグイグイ弾き進めます。フランス人らしく独特の華やかさがラモーの魅力とシンクロしている感じ。曲間を短めにとって、対比を浮かび上がらせるあたり、曲の組み合わせにもこだわりがあるようですね。一覧のラモーの曲の演奏を終えたところで、拍手。
続いてバッハ。同じ楽器の同じ音色ながら、一瞬でバッハの世界に変わります。楽器の説明にバッハの演奏に適すると書いてあったのも納得。まさに厳粛な雰囲気に変わります。バッハは1曲のみで、すぐにヘンデルへ。ヘンデルになると音数が増えます。これでもかというように音が畳みかけてくる感じ。アンタイの見事なテクニックを存分に披露。キリリと引き締まった曲想、堂々とした祝祭感、そして畳み掛けるような音階。チェンバロでの演奏でこれだけの迫力を表現するのは曲、演奏ともに見事ですね。配布されたプログラムではここで休憩が入る予定でしたが、ロビーの掲示でこの後のスカルラッティの後に休憩が変更されました。
スカルラッティには膨大な数のソナタがあり、どこかハイドンのソナタにも共通する感覚があるのでたまに聴きますが、アンタイのチェンバロでの演奏はハイドンの延長上のような印象よりも抽象的な、あるいは現代的な印象が伴うものでした。調律も影響したかもしれませんね。時折不協和音のような響きが印象的に混じりながら、予想外の展開が連続するという感じ。前半のラモーとヘンデルがビシッと決まっていたのに対して、なんとなく座りの悪い印象も少々残りました。

休憩中は、ロビー以外にも屋上のスカイテラスに出ることができます。これは良いですね。生憎この日は雲が重く垂れ込める天気でしたが、外の空気をすってのんびりできるのは貴重です。

休憩後も、スタッフがチェンバロの蓋を開けるところから入ります。休憩中も蓋を閉めていたんですね。バッハのパルティータ6番。やはりバッハは有無をも言わせぬものでした。チェンバロの響きは非常に美しいものの、優雅な印象はなく、険しく攻めるようなバッハ。速めのテンポで曲が進むうちにバッハの深遠な世界に引き込まれるよう。ここでも自在にテンポを動かしながら自ら感じるままにバッハの音符に戯れるアンタイ。奏者自身は無我の境地なのでしょう。こちらはチェンバロの響きの渦に巻き込まれていくような不思議な感覚になります。やはりバッハは偉大ですね。
そして、最後にスカルラッティを1曲。最後のスカルラッティはアルカイックな雰囲気を楽しむことができました。ピエール・アンタイは、このチェンバロリサイタルを聴きに来たコアなお客さんのあたたかい拍手にはにかみながら会釈で応え、何度かのカーテンコールの後、「バッハ」とだけつぶやき、アンコールにバッハを演奏。曲名の発表があったのかもしれませんが、バッハに明るいわけではないため、曲名は分からず。パルティータの時の深遠な世界にすぐに戻る見事な演奏。バッハを2曲演奏してコンサートを終えました。



アンタイ違いからチケットをとったコンサートでしたが、非常に良い響きのホールで、名手の手による演奏を堪能。結果的にチェンバロという楽器の魅力を生で実感でき、大変良い経験になりました。

外に出ると幸い雨は降り出しておらず、散歩にちょうど良い気候だったため、白寿ホールから下北沢まで散歩がてらのんびり歩いて帰途につきました。



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ラモー バッハ スカルラッティ ヘンデル

ユーリ・テミルカーノフ/読響の「驚愕」(サントリーホール)

10月に入りコンサートが続いています。9日は今年最も楽しみにしていたコンサートを聴いてきました。

Temirkanov94.jpg
読売日本交響楽団:第592回定期演奏会

ユーリ・テミルカーノフの振る読響の「驚愕」とショスタコーヴィチの「バビ・ヤール」です。一般的にはテミルカーノフがショスタコーヴィチを振る「バビ・ヤール」が目玉なんでしょうが、私はもちろんテミルカーノフの「驚愕」目当てです。以前テミルカーノフがレニングラードフィル室内管を振った「朝」と「昼」のLPを取り上げていますが、これが実に素晴らしい演奏なんです。

2016/09/04 : ハイドン–交響曲 : ユーリ・テミルカーノフ/レニングラードフィル室内管弦楽団の「朝」、「昼」(ハイドン)

自分で書いた記事ながら、読むと感動的な演奏の記憶が蘇ります(涙)。1972年と今から50年近く前の録音ですが、彫りの深い確かな造形力に裏付けられ、実に優美でゆったりしているのに推進力十分な演奏。特に「昼」は私の溺愛する演奏です。このLPでテミルカーノフのハイドンの素晴らしさを知って以降、テミルカーノフはかなり気になる存在となりました。テミルカーノフが何度か来日して、ロシアのオケや読響を振っていることは知っていましたが、プログラムにハイドンが組まれたことはなかったように記憶しています。今回のコンサートにハイドンのそれも「驚愕」がプログラムされているのを知り、迷わずチケットを取った次第。約50年前の録音とはいえ、あの造形力の素晴らしさは類稀な音楽性に裏付けられたもの。テミルカーノフが振れば極上のハイドンが味わえるはずとの確信がありました。結果から言えば、その予想は見事的中。この日は忘れられないコンサートになりました。

IMG_9059.jpeg

いつものように開場時間にはホールに到着。この日の席はいつものRA席ではなくP席。オルガン下のオケの後ろ右前、4台ものハープが並べられたすぐ後ろ。指揮者の動きがつぶさに見える席です。すぐ目の前ではハープが4台が時間をかけて調律していましたが、ハープは「バビ・ヤール」に使うものでハイドンでは入りません。もちろんハイドンは1曲め。お客さんの入りは8割程度だったでしょうか。

定刻になり、オケが揃って調律が終わるとテミルカーノフがゆったりとした足取りで登壇。この日は日下沙矢子がコンサートミストレス。ショスタコーヴィチ用の座席の前側に奏者が座りますが、なんとなく低音弦の人数が多いように感じました。数えてみるとコントラバスが6名、チェロが8名とハイドンにしては多かったのかもしれませんね。テミルカーノフが木管にさっと指示を出して序奏が始まるとイメージ通り、艶やかな音色がホールに響き渡ります。テミルカーノフの指揮は、いちいち拍子を取らず、手を左右に広げて大きな流れを直裁に指示する無駄のないもの。「昼」の録音で聴かせた素晴らしい立体感は予想通り。楽譜通りというわけではなく、テミルカーノフ流に洗練されたデフォルメを効かせながら重厚なのにしなやかな演奏。洗練された優美さは、まるでアクロポリスのエレクティオン神殿のよう。低音弦の人数は分厚い低音が響くわけです。このハイドンの交響曲の最高傑作たる「驚愕」の聴きどころは1楽章の構成の緊密さですが、そのハイドンの音楽の魅力が完璧に表現される秀演に鳥肌が立ちます。読響がまるでウィーンフィルになったようなふくよかな響きでリズムはキレキレ、そしてテミルカーノフ流のアクセントが見事に決まり、ハイドンの交響曲の均整の取れたフォルムが浮かび上がります。普段いろいろな演奏を聴いていますが、この1楽章には痺れました。間違いなく現代楽器による現代最高のハイドンの演奏に身を乗り出してかぶりつきます。
1楽章をビシッと締めると観客の咳き込みが落ち着くのを待たずに2楽章のアンダンテに入ります。楽章間の間も音楽のつながりが大事なのでしょう。この「驚愕」のアンダンテはいろいろな指揮者がいろいろな演出でハイドンのユーモアを表現してきますが、テミルカーノフはメロディーの1フレーズ目をかなり大きめの音で、2フレーズ目を極端に音量を落とし、ジャーンを際立たせます。オーソドックスながら、対比をあえて鮮明にすることでこれもまた新鮮。その後の展開の優美さはテミルカーノフの真骨頂。あの「昼」のアダージョで聴かせたのと同様、音楽の見事なフォルムが浮かび上がります。至福を通り越して夢の中にいるよう。
続くメヌエットでは入りの溜めをキャラクターにして独特の楔感を演出。そしてフィナーレは1楽章同様目眩くようなスタイリッシュさでピラミッドバランスのオケが躍動。日下さんのリードも誠に見事でオケも完璧な演奏でテミルカーノフのコントロールに応えました。観客の拍手は1曲目ということで熱狂までには至りませんでしたが、私はあまりに見事なテミルカーノフの「驚愕」に放心状態(笑) このような素晴らしいハイドンを聴くことができた喜びに満たされていました。

休憩後は、あの、暗澹たる「バビ・ヤール」。ハイドンの喜びに満たされてコンサートを終え、前半で帰ろうかとも思いましたが、テミルカーノフのショスタコーヴィチが如何なるものかも体験しておくべきと思いとどまり、後半も聴くことにしました。演奏については他に多くの方が書いているでしょうから、門外漢の私が書くのも野暮でしょう。

明るく幸福感に満ちたハイドンを見事にまとめたテミルカーノフ、後半のショスタコーヴィチは、時代が変わって音楽芸術が表現する目的や領域も変わり、ユダヤ人虐殺のソ連の芸術弾圧が契機となった実に暗澹たる音楽の闇の深さと、複雑怪奇な曲の大編成のオケ、コーラス、歌手をまとめる類稀なコントロール能力を印象付けました。このプログラム、この表現の極端な対比こそが企画意図だったのだろうと終演後に気付きました。

齢80歳のテミルカーノフのハイドンの「驚愕」、今まで聴いた中で最も心に残る演奏でした。最高でしたよ。

年齢を考えると、あと何回聴けるか分かりませんが、再度のハイドンの演奏を聞きたいものです。読響の中の人、よろしくお願いします!



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 驚愕 ショスタコーヴィチ

ジョナサン・ノット/東響の「グレの歌」(ミューザ川崎)

10月6日の日曜日はコンサートに行ってきました。

GurreMuza.jpg
ミューザ川崎シンフォニーホール開館15周年記念公演「グレの歌」

ジョナサン・ノット率いる東京交響楽団の秋の声楽曲シリーズ。昨年まで3年間はモーツァルトのダ・ポンテ三部作が取り上げられていて、2016年のコジ・ファン・トゥッテ、17年のドン・ジョヴァンニ、昨年のフィガロの結婚と存分に楽しんだことは記事に書いた通り。そして今年はガラッと趣向を変えて、シェーンベルクの「グレの歌」になったんですね。あんまり馴染みのない曲目でしたが、歌手にコジのドン・アルフォンソで老獪な歌唱を披露したサー・トーマス・アレンと何度かの実演でその素晴らしさを堪能している藤村美穂子さんの名前があったのでチケットを取った次第。残念ながら藤村さんはご都合により代わってしまいましたが、期待のコンサートであることには変わりありません。

配役などは以下のとおり。

ヴァルデマール:トルステン・ケール(Torsten Kerl)
トーヴェ:ドロテア・レシュマン(Dorothea Röschmann)
山鳩:オッカ・フォン・デア・ダムラウ(Okka von der Damerau)
農夫:アルベルト・ドーメン(Albert Dohmen)
道化師クラウス:ノルベルト・エルンスト(Norbert Ernst)
語り手:サー・トーマス・アレン(Sir Thomas Allen)
合唱:東響コーラス
合唱指揮:冨永恭平(Kyohei Tominaga)
指揮:ジョナサン・ノット(Jonathan Nott)
管弦楽:東京交響楽団

IMG_8971_201910081306116b6.jpg

この日のコンサートはミューザ川崎の開館15周年記念コンサートということで、グレの歌はミューザからの提案で実現したプログラムとのことと実演当日に知りました。シェーンベルクは実演でも「浄められた夜」は何度か聴いたことがあるものの「グレの歌」はあまり馴染みがなく、予備知識も乏しい状態。ということで、ホールに入ってみてステージいっぱいに並べられたオケの席を見てびっくり。比較的広いミューザのステージの隅々まで奏者の席が並びます。現代物だとパーカッションが色々並ぶことは多いのですが、そもそもオケの各パートの人数が半端ないですね。開演後にちょっと数えてみたところ、目についたところだけですが、コントラバス10人、チェロ14人、ホルンは11人いました。ヴァイオリンに至っては数える気にならないほど。オケだけ見るとマーラーの千人よりも多いような気がします。これほどの大編成の曲とステージを見て知った次第。加えて歌手も一流どころが揃い、15周年記念を祝うのに相応しいプログラムです。

プログラムによると「グレの歌」はシェーンベルクの比較的初期の作品で、デンマークの詩人ヤコブセンの同名の詩の独訳をテキストとしたもの。中世デンマークのヴァルデマール王が侍従の娘トーヴェを愛してしまい、トーヴェは嫉妬に狂う王妃に殺されてしまいますが、ヴァルデマール王はその死をもたらした運命に神を罵ったことで、王も命を落とし亡霊となってグレの地をさまよい、最後の審判を受けるのですが、なぜか最後はハッピーエンド的に終わるという、劇的と言うか、ちょっとわかりにくい筋。そのテキストにつけられたシェーンベルクの音楽は無調に至る前の後期ロマン派の音楽とのことですが、音楽も実に難解。ハイドンばかりでなく現代音楽も嫌いではない私ですが、分裂気味に展開しまくる音楽に聴く方も分裂気味。一言で言うと音多すぎです(笑)。そんな曲なんですが、この日のコンサートは、いつもながら隅々まで行きわたるノットのコントロールに完璧に応えるオーケストラ、圧倒的な声量と存在感の歌手陣、ノットの挑発にまたもチャレンジする東響コーラスの渾身の演奏によって、時に爽やか、時にロマンティック、時に壮麗壮大で要所は爆風のような迫力に圧倒される見事な演奏にノックアウトされました。

席は3階右上からオケを俯瞰して見下ろす席。この席、音響も非常にいいのは今年のサマーミューザでのアラン・ギルバートのローマの松で実証済みのお気に入りの席です。開演前のステージでは何人かの奏者が練習中ですが、目についたのは指揮台の前の巨大な楽譜。これだけの人数の大オーケストラの大曲ということが楽譜の大きさからも伺い知れます。

第1部は約1時間の長いもの。王に続いてトーヴェが愛を歌ったあと、山鳩がトーヴェの死と王の嘆きを歌う山鳩の歌で締めくくります。
オケの前の指揮者脇狭い隙間に歌手用の椅子が置かれ、最初はヴァルデマール王役のトルステン・ケールとトーヴェ役のドロテア・レシュマンの2人のみ登壇。コーラスは前半は入りません。曲はうっすら昔聴いた記憶がある程度。入りはキラめくような色彩感溢れるオケが印象的だと思っていると、やはり超巨大編成オケのパワーは凄まじいものがあり、すぐに迫力に圧倒されるようになります。超大編成オケが炸裂しても響きが飽和しないミューザの素晴らしい音響を堪能。オケの後ろと客席後ろの2箇所に据えられた電光掲示板に表示される歌詞を追うのに視線の移動が大きいきらいはありましたが、なんとか筋を追いかけながらの鑑賞でした。王役のトルステン・ケールは大音響のオケに負けないよく通る声で見事な歌唱、トーヴェ役のドロテア・レシュマンも艶やかなよく通り声。そして、当初藤村実穂子がキャスティングされていた山鳩役のオッカ・フォン・デア・ダムラウが予想外に素晴らしい存在感。第1部の途中で登壇し、オケの間奏の後の山鳩の歌は聴きごたえ十分でした。

休憩後はオルガン前中央に男性、両脇に女性が陣取るコーラスが入場します。不気味な重低音が響いて王が神を罵る歌を歌う短い第2部。続いて第3部は亡霊になってしまった王と従者が腹いせに狩で大騒ぎして、農夫、道化クラウスがそれを憂う場面。王の従者の男性コーラスがここにきて出番。終結部は「夏風の荒々しい狩」と名付けられ、語りのトーマス・アレンが自然を賛美。そしてなぜか女性コーラスの艶やかなハーモニーに乗って夏の太陽が昇ってハッピーエンドとなります。筋書きの説得力(=私の理解力)がイマイチなものの、終盤のオケとコーラス分厚いうねりは見事。あまりの迫力に拍手のフライングはご愛嬌でしたが、コンサートの終わりの拍手でこれほど熱狂的なのは初めてと言っていいくらいのブラヴォーの嵐が吹き荒れました。東響はいつも通り、ノットのタクトに完璧に対応、歌手も見事な歌唱、そして、出番は少なかったものの東響コーラスも分厚いハーモニーで演奏を盛り上げました。これだけの大編成ながら緩んだ部分は皆無。ブラヴォーの嵐も納得ですね。ノットも歌手もオケ、コーラスが退場した後も二度ほどステージに呼び戻され、最後はステージ周りにいたお客さんの中に降りていってハイタッチや握手攻めにあってました。トーマス・アレンも嬉しかったのか、自分のスマホで客席を写してましたね。観客は現代音楽ファンばかりでなく、川崎のオケファンも多いと思われますが、「グレの歌」でここまで盛り上がるとはと驚きました。ノットもミューザもいいお客さんがついていますね。

私も、「グレの歌」とシェーンベルクの真価に触れられた、貴重なコンサートとなりました。来年の秋は何が組まれるのか、今から楽しみです!



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : シェーンベルク

ハーゲン四重奏団のOp.76(トッパンホール)

10月1日、2日、3日はハーゲン四重奏団の来日コンサートに行ってきました。

HagenQ_2019.jpg
トッパンホール:ハーゲン・クァルテット/ハイドン&バルトーク ツィクルス

珍しく1つの団体のコンサートに3日連続で出かけたのには理由があります。それはプログラムを見ていただければ一目瞭然。

<2019年10月1日>
ハイドン:弦楽四重奏曲Op.76のNo.1
バルトーク:弦楽四重奏曲2番(Sz67)
ハイドン:弦楽四重奏曲Op.76のNo.2「五度」

<2019年10月2日>
ハイドン:弦楽四重奏曲Op.76のNo.3「皇帝」
バルトーク:弦楽四重奏曲第3番(Sz85)
ハイドン:弦楽四重奏曲Op.76のNo.4「日の出」

<2019年10月3日>
ハイドン:弦楽四重奏曲Op.76のNo.5「ラルゴ」
バルトーク:弦楽四重奏曲第6番(Sz114)
ハイドン:弦楽四重奏曲Op.76のNo.6

そう、ハイドンの弦楽四重奏曲の頂点たるOp.76「エルデーディ四重奏曲」全曲を3日に分けて演奏するプログラムなんですね。しかもハイドンの間にバルトークが挟まれるという実に興味深いプログラムなんです。今年2019年は当時はオーストリア・ハンガリー帝国だったオーストリアおよびハンガリーとの国交樹立150周年ということで、オーストリアはザルツブルク生まれのハーゲン兄弟を核とするハーゲン四重奏団が、両国の代表的な作曲家、ハイドンとバルトークの名曲を並べて来日公演を行うということで、実に祝賀ムード満点なプログラム。ただし、単に祝賀的なだけでははなく、著名ながら1993年のOp.20の録音以来ハイドンの録音がないハーゲン四重奏団が、Op.76の全曲を完全にハイドンが主役の曲順で取り上げるということも、このコンサートを3日連続で聴こうと思った理由です。意外にも当ブログではハーゲン四重奏団の演奏を取り上げたことはありませんが、指導役として多くの若手四重奏団育て、また、チェロのクレメンス・ハーゲンは多くのチェリストを育てていることはこれまでの記事で紹介した通り。現在は4人ともモーツァルテウムや、バーゼル音楽院で教職に就いているとのこと。いつものように一応簡単にさらっておきましょう。

ハーゲン四重奏団はモーツァルテウム管弦楽団の首席ヴィオラ奏者オスカー・ハーゲンを父に持つ4人の兄弟で1981年に設立されたクァルテット。現在のメンバーは以下のとおり。

第1ヴァイオリン:ルーカス・ハーゲン(Lukas Hagen)
第2ヴァイオリン:ライナー・シュミット(Rainer Schmidt)
ヴィオラ:ヴェロニカ・ハーゲン(Veronika Hagen)
チェロ:クレメンス・ハーゲン(Clemens Hagen)

第2ヴァイオリンはハーゲン兄弟から現在のライナー・シュミットに替わりましたが、シュミットになったのは1987年と、現在のメンバーとなって30年以上になります。2011年まではDeutsche Grammophonの看板クァルテットとして多くの作曲家のアルバムをリリースしていましたので、日本での知名度も高いですね。近年もドイツのMyrios Classicsから色々アルバムがリリースされているようですが、ハイドン以外を追いかける余力に乏しく全くノーケア。ハイドンの録音はDGの1988年の「ひばり」「騎士」などのアルバム、1992年から93年にかけての太陽四重奏曲集の2点のみ。これらのアルバムも随分前に聴いたのもので、典雅な演奏こそハイドンと思っていた私には、小細工の多いちょっと個性的な演奏聴こえて若干違和感を持ったという印象が残っています。

ということで、録音を含めても実に久しぶりに聴くハーゲン四重奏団。しかも室内楽にはぴったりのトッパンホールということで、30年近くの熟成を経たハーゲンのハイドンは如何なものか自分の耳で確かめるというのが今回のシリーズのテーマです。

IMG_8929.jpg

このシリーズ、3日連続のチケットを嫁さんの分も合わせて手配したんですが、1日と3日の嫁さんの都合がつかなくなり、1日はブログでよくコメントをいただくだまてらさんと、3日は同じくハイドンマニアの小鳥遊さんとご一緒させていただきました。お二人、異論、ご指摘などあればズバズバ突っ込んでください(笑)

席は3日とも同じ席で、前方7列目の中央やや右あたりでした。

<10月1日>
コンサートに行く時には、私は一切予習しません。事前にプログラムに入っている曲を聴くと、どうしてもその演奏と比べて聴いてしまう傾向が生まれるからです。というわけではるか昔に聴いたハーゲン・クァルテットの印象だけがイメージに残る中、最初のOp.76のNo.1が始まります。思った以上に第1ヴァイオリンのルーカスの個性が強かったですね。ウィーン風とはちょっと異なる糸を引くような滑らかなフレージングが印象的ですが、メロディーにかなりダイナミックにコントラストを付けていきます。冴え渡る伸びやかな高音を響かせたかと思うと、荒々しく刺激的なアクセントを付け、テンポはかなり動かして独特のハーゲン訛りとでもいうような個性的なフレージング。ただしアンサンブルは流石に30年以上このメンバーで続けているだけにスキがなく緊密。ルーカスのヴァイオリンとクレメンスのチェロのはっきりとコントラストの間を第二ヴァイオリンのライナー・シュミットが取り持ち、ヴィオラのヴェロニカが冷静に音を重ねていく感じ。
このNo.1はどちらかというと端正で流れの良い演奏が似合う曲との先入観を打ち砕くようにテンポも音量も自在に動かし、時折非常に音量を落としてハッとさせられるような瞬間を作っていきます。そのように演奏することで各パート間のやりとりがクッキリと浮かび上がり、全体の音楽の流れよりもハイドンが各パート間に仕込んだ曲の面白さが浮かび上がるような演奏。録音と異なり視覚情報の印象も大きいので、最初はくどいと思いましたが、しばらくでくどく感じることもなくなりました。この演奏スタイルは今回のシリーズを通して貫かれ、ハーゲン四重奏団の大きな特徴になっていました。2楽章に入るとそのコントラストは若干下がり、しなやかな肌合いに包まれ、クァルテットの精妙なアンサンブルと、弦の響きの美しさにホッとします。逆にメヌエットから終楽章にかけてはハーゲン流のコントラストが曲の面白さをしっかりと浮かび上がらせました。まずは1曲めということで、少々ボウイングに硬さがみられましたが、昔の演奏の記憶からハーゲンの印象がアップデートされた感じ。

2曲めのバルトークは、ハーゲンの演奏スタイルにより合っている感じ。バルトーク独特の不安げなストイックな曲調が際立ち、しかも緊密なアンサンブルが緊張感をさらに高めていき、水も漏らさぬタイトなアンサンブルを味わえました。

そして休憩後の「五度」は生のコンサートならではの迫力を堪能。ハイドンの曲がメインに据えられるコンサートは滅多にありませんが、休憩後に置かれたこの曲は、この日のメインプログラムに相応しい品格と迫力を兼ね備えた演奏でした。1曲めでは前座感が残ったハイドンですが、この曲は出だしから素晴らしい推進力で迫ってきます。適度にハーゲン的なコントラストを付けていき、若干いじりすぎたような印象がつきまとうところもなくはありませんでしたが、曲全体の推進力の勢いが勝りましたね。やはりこの曲は名曲ですね。緩徐楽章はNo.1同様しなやかさを保ちながらも独特のアクセントと音量を極端に落とす場面を作って個性を印象づけ、メヌエットでは斬りこむようなアクセントを超緊密なアンサンブルで刺激を振りまきます。そして終楽章はハイドンの書いた交錯するメロディーの面白さを視覚的な要素も含めて堪能。ルーカスが投げる変化球に全員がピタリと合わせてくる緊密さは逆にスリリングさが際立ち実に面白い。端正なばかりがハイドンではないと言わんばかり。この妙技にお客さんも拍手喝采。初日からブラヴォーが飛び交いました。アンコールは、翌日のプログラムの予習とばかりに、「皇帝」のメヌエット。メヌエットをアンコールに持ってくるとは流石にハイドン通です(笑)

1日めは、録音でしか触れてこなかったハーゲンクァルテットの真髄にようやく触れた印象が残りました。もちろん、コンサート後はだまてらさんと飯田橋近くの居酒屋で反省会。プチ情報交換で盛り上がりました(笑)

<10月2日>

2日めは「皇帝」と「日の出」です。この日は早くから売り切れていましたが、やはり人気曲だからでしょうか。前日のコンサートで雰囲気をつかめていましたので、この日は1曲めから落ち着いて聴くことができました。かなり濃い目の表現をするハーゲンが、聴き慣れた「皇帝」をどう攻めてくるのかとは思いましたが、やはり1楽章はしなやかな流れではなく、ハーゲン訛りでクッキリとコントラストがついた演奏でした。ただし、前日の1曲めほどの違和感はなく、むしろ訛りを楽しんで聴ける感じ。びっくりしたのがドイツ国歌で有名な2楽章。終始音量を極端に落として精妙極まる演奏。流石にタダでは済ませませんね。メヌエットからフィナーレにかけては、前日同様、メヌエットの諧謔さと、フィナーレの交錯を浮かび上がらせる至芸。ただの「皇帝」ではありませんでしたね。

2曲めのバルトークの3番は4つの部分が繋げて演奏される曲。「皇帝」の余韻を断ち切るような鬼気迫る緊張感。そして聴いているうちに弓が青光りしているような妖艶な瞬間や、突如振りまかれるピチカートなど、ハイドンの時代とは全く異なる音楽のつくりに興味津々。私にとっては普段滅多なことでは聴かない音楽を極上の空間、極上の演奏で純粋に楽しめる時間でした。

休憩後は「日の出」。この演奏はこのシリーズで取り上げたハイドンの6曲の中で最も素晴らしい演奏でした。まさにバルトークが前座と感じる演奏。もちろんハーゲン訛りは少なからずあるものの、演奏には堂々とした風格が漂い、各パートの緊密なアンサンブルと、素晴らしい推進力。1楽章は展開の面白さをじっくり味わえ、続くアダージョでは精緻なハーモニーにうっとり。そしてメヌエットはハーゲンクァルテットにしか演奏し得ないクッキリとしたコントラスト、フィナーレは入りは訛っていたものの徐々に盛り上がるクライマックスに至って、後光が射すような神々しさ。最後にクレッシェンドしていく部分の妙技は流石なところ。ホールのお客さんもハーゲンクァルテットの至芸にのまれましたね。この日の拍手とブラヴォーが一番でした。アンコールは予想通り翌日のNo.6からフィナーレでした。

<10月3日>

そして最終日。この日は「ラルゴ」とNo.6。1日め、2日めと休憩後のハイドンの見事な演奏が印象に残るコンサートでしたが、この日は後半にNo.6と比較的軽めの曲だったので、曲順を心配しましたが、その予想は的中。結果的には前半の「ラルゴ」の見事な演奏の方が印象に残りました。

コンサートも同じ奏者の3日めともなると、純粋に演奏に集中して聴くことができます。1曲めのラルゴに至ってハーゲン訛りが心地よく聴こえてくるではありませんか。しかもルーカスとクレメンスの間をとりもつライナー・シュミットとヴェロニカをよく見ると、実に巧みというか、ルーカスとクレメンスとの呼吸の合わせ方が絶妙。流石に30年以上アンサンブルを重ねているだけありますね。ラルゴはそんなことを考えながら聴いていました。この日のバルトークの6番はヴィオラのソロから入るんですが、ヴェロニカのヴィオラの深い響きが素晴らしい。そしてバルトークでもライナー・シュミットとヴェロニカの妙技に釘付け。このクァルテットが成り立っているのは、特にライナー・シュミットの功績が大きいとは同席した小鳥遊さんの見解ですが、まさにその通り。そして、最後のNo.6は、特に1楽章がデュエットが組み合わせてを変えながら展開するというハイドンのアイデアの面白さに気づきました。これは実演ならではで、録音ではなかなか気づきませんね。前日のアンコールでフィナーレを聴いた通り、最後は軽妙な終わり方だったため、1日め、2日めほどのインパクトが残りません。この日のアンコールは、私は初日の五度から来るのかと思いきや、なんとシューベルトの「ロザムンデ」のメヌエットでした。ハイドンの理性的な音楽とは異なり、濃密な情感にホールが満たされ、時代がさらに進むことで音楽も変りゆくのだとの余韻を残す見事な選曲でした。これまで頻繁に来日しているハーゲンですが、次回のコンサートはシューベルトなのかもしれませんね。



ハーゲン四重奏団の3夜連続コンサート、行って良かったですね。ハーゲンの良さはセッション録音では伝わらないですね。むしろ一発録りのライヴの方がいいように思います。これまでリリースされているハイドンの2枚も、ハーゲンの良さが伝わりません。レストランで冷凍食品を出されているような感じといえばいいでしょうか。実演で聴くハーゲンは訛りと感じる部分はあれど、その面白さと、逆にアンサンブルのスリリングさを際立たせる効果もあり、それが他のクァルテットとははっきりと異なるハーゲン四重奏団の個性でもあります。やはり実演を聴くことの大切さを再認識した次第。ハーゲン四重奏団にはハイドンの新譜をライヴで期待したいところです。



さて、最終日も同席の小鳥遊さんと、飯田橋駅近くの居酒屋で反省会に出かけました。

IMG_8933_20191004175749226.jpg

ハイドンばかりでなくキリル文字諸国の激ニッチな作品を偏愛する小鳥遊さんとのコレクター同士ならではのたわいもない話で夜は更けていきました、、、(笑)

<業務連絡>
ちなみに、だまてらさん、小鳥遊さんと都合を確認したので、改めてオフ会の日程調整に入りま〜す(笑)



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.76

タカーチ四重奏団の「鳥」(ヤマハホール)

9月26日はコンサートに出かけてきました。

TakacsQuartetYamaha.jpg
ヤマハホール:珠玉のリサイタル&室内楽 タカーチ弦楽四重奏団

銀座ヤマハホールにタカーチ四重奏団がやってくるとのことで、チケットを取ってあったもの。しかもプログラムにはハイドンが入るということで見逃す手はないですね。

さて、そのタカーチ四重奏団ですが、当ブログでもこれまでにアルバムを2回ほど取り上げています。ただ、評価は分かれています。

2016/02/28 : ハイドン–弦楽四重奏曲 : タカーチ四重奏団のOp.77、Op.103(ハイドン)
2012/01/18 : ハイドン–弦楽四重奏曲 : タカーチ四重奏団のOp.71(ハイドン)

素晴らしかったのはDECCAによる1989年録音のOp.77、Op.103の方。この頃は第1ヴァイオリンが創設メンバーであるガボール・タカーチ=ナジで、DECCAの看板クァルテットとして円熟を極めたアンサンブルに痺れました。一方hyperionからリリースされたOp.71の方は2010年の録音で、第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、ヴィオラとチェロ以外3人のメンバーが入れ替わり、しかも拠点はアメリカのコロラド州ボルダーに移すなど新体制となってからの演奏。往時の円熟味は薄れ、特にNo.1とNo.2はちょっと硬さが残る演奏でした。
その録音からも9年経過しており、どのような演奏が聴けるのか興味津々といったところです。

今回の来日時のメンバーは以下の通り。

第1ヴァイオリン:エドワード・ドゥシンベル(Edward Dusinberre)
第2ヴァイオリン:ハルミ・ローズ(Harumi Rhodes)
ヴィオラ:ジェラルディン・ウォルサー(Geraldine Walther)
チェロ:アンドラーシュ・フェエール(András Fejír)

hyperionのアルバムの時から第2ヴァイオリンが替わっています。創設時から変わらないのはチェロのアンドラーシュ・フェエールのみですね。この日のプログラムは以下の通り。

ハイドン:弦楽四重奏曲Op.33 No.3 「鳥」
ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲12番「アメリカ」
(休憩)
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲9番「ラズモフスキー第3番」

もちろん、私はハイドン目当てですが、おそらくメインプログラムはベートーヴェンでしょう。

会場のヤマハホールは実は私ははじめて。銀座7丁目のヤマハビルの上にあります。かつてこのヤマハビルにもレコードショップがあり、学生の頃は銀座にきた時は山野楽器とハンター、ヤマハなどが巡回先でしたが、そんなはるか昔にヤマハビルに来て以来、実に久しぶりにヤマハビルにきました。もちろんビルも建て替えられ昔のアントニン・レーモンド設計のヤマハビルの面影はなく、キラキラビルになっていました。新ヤマハビルが建ったのは2010年と結構前のこと。新築時に話題になった並びのGINZA SIXには何度か来ているのに、関心を持ってないと全く立ち寄らないんですね。

いつも通り、開場時間にはヤマハビルにつき、ヤマハの店員さんに案内されるまま、奥の大型エレベーターで7階のヤマハホールまで上がります。調べたところ席数は333席とかなり小さめ。クァルテットや器楽のコンサートにはいい大きさですね。この日の席は2階席最前列中央。大きなホールではVIPなご来賓が座るような席ですが、2階の階高が高くかなり上から見下ろす感じの席でした。しかもロビーのある7階に対して1階席が8階、2階席が9階で、移動は階段。階高があるオフィスビルゆえ7階で大型エレベーターを降りてから4階分非常階段チックな階段を昇ることになり、結構大変。高齢のお客さんにはかなりしんどい造りですね。

ということで、いつもならロビーで一杯煽って、聴覚神経を鋭敏にするんですが、4階分降りてまで行く気になれず、席で開演を待つことにしました。

録音されたハープの音色がホール内に鳴り響いて、そろそろ定刻。

拍手に迎えられて登壇した4人が座ると、お目当のハイドンです。
出だしの響きは思ったほど残響を伴わず、割とダイレクトな響きの印象。ホールの宣伝には美しい響きとあったものの、音楽ホールとしては比較的デッドですね。1曲目ということでやや硬さが感じられる入り。リズムの線やハーモニーがわずかにズレるようなところもありましたが、曲が進むにつれ、第1ヴァイオリンのエドワード・ドゥシンベルの描くメロディーが徐々に伸びやかさを感じさせるようになってきました。ドゥシンベルがリードしているように思いきや、流れを作っているのは第2ヴァイオリンのハルミ・ローズの大きな体の動き。この曲の華やかな音楽にピシッとフォーカスが合ってきたところで、1楽章が終わります。
2楽章に入るとだいぶリラックスしたのか、4人の息もピタリと合ってきて、抑えたスケルツォの入りに緊張感が漂います。そして鳥がさえずるようなところで、ハッとさせられ、ホール内に光がさしたような鮮明な響きに変わります。やはり表現力の幅広さは一流どころ。以降の濃密な表情づけは往時のタカーチを思わせるものがありました。アダージョではテンポはあまり落とさず、4人それぞれの表現力が競い合いながら一体化した音楽が流れます。唯1人創設時からのメンバーであるアンドラーシュ・フェエールは控え目ながら、克明に表情をつけて、アンサンブルに深みをもたらしていました。なんとなくここまで聴いてクァルテットの伝統が途絶えていないような気がしたから不思議なものです。
フィナーレはドゥシンベルの見事な弓裁きでグイグイ音楽が進みます。やはりテクニシャン揃いで、全員の息が合って畳み掛けるようにスリリングな終楽章でした。ハイドンのウィットを感じさせるような軽快感もありながら表現力の限りを尽くしたクライマックスに観客も微笑みながらジワリと湧き上がる拍手で応えていました。

前半は硬さがあったものの、やはりさすがはタカーチ、見事にまとめてきました。

ただ、続くドヴォルザークはさらに見事な演奏。この日の聴きどころはドヴォルザークでしたね。アメリカという曲ながら、随所にスラヴを思い起こさせる陰りのある響きが織り交ぜられ、構成美で聴かせるハイドン以上にタカーチの表現がフィットして、素晴らしい演奏でいした。ハイドンでは控えめだったヴィオラとチェロの聴かせどころも多く、それぞれのメンバーの表現力をたっぷり味わえる名演奏でした。もちろん満員のお客さんも拍手喝采。

そして休憩後はメインディッシュのベートーヴェンのラズモフスキー3番。簡潔かつ晴朗なハイドンを愛する私にはベートーヴェンはちょっとヘビーでクドイと感じてしまうのですが、タカーチ四重奏団が得意とするベートーヴェン、やはり迫力と病的なまでに展開しようとし続ける音楽のエッセンスをしっかりと踏まえて、響きの変化を一貫してまとめながらクライマックスに持っていく構成力は並ではありませんね。もちろん、最後はブラヴォーが降り注ぎました。

何度かのカーテンコールの後、第2ヴァイオリンのハルミ・ローズがメモを見ながらたどたどしいながら丁寧に日本語で来客への感謝と、アンコールにメンデルスゾーンの弦楽四重奏曲からスケルツォを演奏すると伝えると、ホールが笑顔に包まれました。このメンデルスゾーンも得意としているのでしょう、重厚なベートーヴェンの後の清涼剤のように爽やかな演奏で癒されましたね。

hyperionの録音でちょっとマイナスイメージを持っていたタカーチ四重奏団でしたが、このコンサートで彼らが素晴らしい実力の持ち主だとわかり、行って良かったと思えるコンサートでした。



イマイチだったのがヤマハホール。帰りも階段をえっちらおっちら4階分降りて大型エレベーターを待つために狭い通路で行列。銀座の一等地にあるため空間が限られるとはいえ、ホールの動線設計が音楽を楽しむ人を迎えるという視点が弱い。閉口したのがホール内の横の壁。ビルの外観の意匠と呼応してか正方形のブロックを45度傾けて配置しているんですが、2階席から急角度でステージを見下ろしながら聴いていると、横の壁の目地の影響でクラクラして、平衡感覚が麻痺するような感じが残ります。そう、この感じ、同じ日建設計の設計によるすみだトリフォニーホールでも感じたもの。このホールも両脇の無意味にインパクトが強い斜めの線が出しゃばるデザインで同じ感覚になります。ビルの外観もけっして上品とは言えず、昔のヤマハビューティーを誇った洗練されたセンスはどこに行ってしまったのでしょう。
響きも宣伝文句ほど良いとは思えず、開演前のハープのチャイムもイマイチなセンスでなぜかスタッフも皆事務的。2階席目の前の手すりは埃が溜まっていました。
少々厳しくなりましたが、ヤマハはスタインウェイとタメを張る世界的楽器メーカー。音楽を楽しむということをトータルに提供すべきヤマハというブランドへの期待の高さゆえの苦言ですので悪しからず。どこかにラ・ショー・ド・フォンのムジカ・テアトルのような世界一ピアノが美しく響き、おもてなしに満ちてゆったり音楽が楽しめるホールを造って起死回生を望みたいところです。(行ったことはないので、ゆったり音楽が楽しめるかどうかは不明です!)

ちなみにうちのFMチューナーは惚れ惚れするような洗練されたデザインのT-2。レコードプレーヤーのサブ機はGTほどゴツくない家庭用ベストバランスのYP-D9。両機とも約40年経過した今でも現役バリバリです。昔のヤハマは垢抜けてましたね。T-2を手に入れる時には父とオーディオ店に一緒に行って相談して機種を決めて、重い箱を2人で電車で運び、当時は超贅沢だったタクシーで帰宅。そして箱を開けて取り出した時のワクワク感。ときめきましたね。あの日に帰りたい〜(笑)

脱線が長くなってのでこの辺で(笑)



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ベートーヴェン ドヴォルザーク

アラン・ギルバート/都響のレスピーギプログラム(ミューザ川崎)

相変わらずばたついていて通常記事が書けていません(涙) が、チケットを取ってあったコンサートが攻めてきます(笑)

SummerMuza2019.jpg
フェスタ サマーミューザ KAWASAKI 2019:東京都交響楽団名匠のガイドで聴くイタリアン・プログラム

ミューザ川崎の夏の風物詩となっているフェスタサマーミューザKAWASAKI。今年で15年目とのこと。つい先週もノット/東響のリゲティなどを聴いたばかりですが、そのコンサートはサマーミューザ直前のコンサート。

この日のお目当ては実演で聴いたことのないレスピーギ。ハイドンばかり取り上げているブログですが、若い頃(30年くらい前、、、)はレスピーギも結構聴いていたんですね。刷り込みはもちろんトスカニーニのローマ三部作。1990年ごろトスカニーニの録音がRCAから大量にCD化されて店頭に並び、今は亡き六本木WAVEで手に入れ、キレッキレのトスカニーニ節を堪能したのを覚えています。そしてカラヤン/ベルリンフィルのLPも手に入れ、金属片が飛び散らんばかりのDGGの鮮明録音で真空パックにしたようなベルリンフィルのローマの祭りとローマの松にビックリしたものです。そのローマの祭と松が実演で聴けるということと、加えて有名な「リュートのための古風な舞曲とアリア」の3番までプログラミングされているとのことでチケットを取った次第。フェスタサマーミューザは川崎市のフランチャイズオケである東響の他、読響、N響、都響、新日本フィル、日本フィル、東京フィル、東京シティフィル、神奈川フィル、仙台フィルにゲルギエフの振るPMFフィルまで登場するというなかなかゴージャスな音楽祭。日本のオケの中でも都響はニューヨークフィルの音楽監督だったアラン・ギルバートが振るということで、力の入り方が他のオケとは異なります。

この日のプログラムは以下の通り。

「名匠のガイドで聴くイタリアン・プログラム」
ヴォルフ:イタリア風セレナーデ(管弦楽版)
レスピーギ:リュートのための古風な舞曲とアリア 第3組曲
(休憩)
レスピーギ:交響詩「ローマの噴水」
レスピーギ:交響詩「ローマの松」

ちなみに、配布されたプログラムには、今回のコンサートの選曲にあたりアラン・ギルバートにミューザの写真を見せたところ、即座にレスピーギをやろうということになったとの件が書かれていました。ご存知の通りミューザ川崎は首都圏のホールの中でも音の良さはピカイチ。サントリーやオペラシティともだいぶ差がつきます。このホールを見てレスピーギを選んだセンスは見事です。

もちろん、アラン・ギルバートも録音も含めて初めて聴きます。昨年から都響の首席客演指揮者になっていたんですね。そしてこの9月からは膨大な建設費で話題になったハンブルクのエルプフィルハーモニーを本拠地とするNDRエルプフィルの首席指揮者に就任するとのこと。お手並み拝見というところでしたが、アラン・ギルバート、これが素晴らしいお手並みでした!



IMG_6885 (1)

この日の席は3階席のRA。オケの右上から俯瞰する席です。ミューザは色々な席で聴いていますが、3階席でも音は鮮明。そしてこの日のプログラムのローマの松は金管のバンダが入るとわかっていましたので、オケ側に席をとりました。以前デュトワがN響でマーラーの千人を振った時にはバンダ隊のすぐ後ろでクライマックスでオケの音がバンダにかき消されて音響的にはイマイチだったので、オケとバンダの適度な距離感がある方が良かろうとの選択です。これも当たりでした!

IMG_6886 (1)

いつものように、ビールとサンドウィッチで適度にお腹を満たして、コンサートに臨みます。今日はビールの注ぎ方がイマイチ(笑)

お客さんの入りは8割くらいだったでしょうか。アラン・ギルバートの日本での知名度がちょっと影響したかもしれませんね。ステージ上は大編成のオケの席が設えられていました。

1曲めはヴォルフのイタリア風セレナードということで、唯一レスピーギ以外の曲ですが、この曲でいきなりギルバートの才能に釘付けになりました。8分少々の曲ですが、軽やかさと豊かな音楽に満ち溢れた素晴らしい演奏に驚きました。オケの掌握度も完璧。大柄な体を揺らしながらタクトから音楽が湧き出てくるような見事なコントロール。都響も弦楽器を中心にギルバートの指示に完璧に応える見事な演奏。コンサートの出だしの曲はオケが落ち着かないこともままありますが、最初から完璧な入り。こうしたセレナードをこれだけ豊かに仕上げる手腕は誠に見事。

そして、2曲めはレスピーギのリュートのための古風な舞曲とアリアの第3組曲。我々の世代はこの曲の第3曲のシチリアーナがNHKのクラシック番組のテーマ曲になっていたのでおなじみの曲ですね。プログラムを読んで驚いたのは、この曲が作曲されたのがローマ三部作を書き上げたあとなんですね。素材は16、17世紀のリュート曲ということで、凝ったオーケストレイションの絢爛豪華なローマ三部作を作曲しつつもこのような美しい旋律に対する憧れを持っていたのでしょう。弦楽合奏だけになったオケで奏でられるこの曲もアラン・ギルバートによって極上の響きを帯びます。なんと高雅で気品ある響きでしょう。しなやかに膨らまされたメロディーが次々と押し寄せてくる快感。憂いを帯びた「イタリアーナ」、しなやかな陰陽の対比が美しい「宮廷のアリア」と続き、おなじみの「シチリアーナ」に至って感極まります。懐かしさと美しさに満たされます。美しいメロディーが次々に癒しや力強さ、郷愁を帯びながら展開していきます。そして最後の「パッサカリア」で分厚い弦楽合奏の迫力をたっぷり聴かせて終わります。この曲が現代音楽が芽吹く1931年に書かれたことに驚きます。まさに古典回帰。もちろんあまりの素晴らしさに客席からは割れんばかりの拍手が降り注ぎました。

休憩を挟んで後半は「ローマの噴水」に「ローマの松」です。前半もかなりの人数だったのですが、休憩中にさらにオケの席が増やされステージいっぱいに席が並びます。前半楽譜を見ながら指揮をしていたアラン・ギルバートですが、休憩中に指揮者の譜面台は片付けられ、後半は暗譜のようです。そして右に視線をやると、パイプオルガンの席に灯りがともっています。ローマの噴水はオルガン任意となっていましたが、オルガンが加わるようです。

出だしの「夜明けのジュリアの谷の噴水」は弱音のコントロールと色彩感が見事。続く「朝のトリトンの噴水」ではグロッケンシュピールやチェレスタ、トライアングルなどが加わり前半の曲とは色彩感とオーケストレイションが全く異なります。圧巻はこの曲のクライマックスの「昼のトレヴィの泉」。パイプオルガンも足鍵盤が大活躍でオケの大音響にパイプオルガンの重低音が加わりもはや風圧。前半にデリケートなコントロール力を見せつけたアラン・ギルバートですが、もちろんオケのコントロール力は迫力面でも見事。このホールにはレスピーギとの読みを効かせただけに、全てのパートがくっきりと浮かび上がりながら炸裂する様は圧倒的でした。オーディオセットで聴くのとはダイナミックスの次元が異なります。そして興奮を冷ますような最後の「たそがれのメディチ荘の噴水」の透明感あふれる響きが染み渡ります。都響は木管も弦も鳴り物陣も見事な演奏。特にフルートのふくよかな響きが印象的でした。

そして最後の「ローマの松」。噴水の後、何度かのカーテンコールの後、指揮台に戻ると拍手を断ち切るようにいきなりタクトを振り上げ、あの喧騒に満ちた「ボルゲーゼ荘の松」に入ります。この勢いはまるでカルロス・クライバー! しかも録音でのローマの松よりも精度高くミラーボールに目がくらむようなキラキラ感。オケからあのような音色がどうして出るのか不思議なくらい、バランスも音量も完璧。テンポもキレキレで鮮烈な入りに圧倒されます。そして暗騒音のような「カタコンブの松」への鮮やかな場面転換もセンス抜群。オケを俯瞰しながら聴くとドラやシンバルが弱音部実に巧みに使われれているのがよく見えます。そして曲中に下手のドアが開き、楽屋からトランペットのメロディーが響き渡ります。ここでもクラリネットやフルートの表情豊かさが印象的。そして「ジャニコロの松」ではピアノやハープの音色にハッとさせられたと思うと深みのある弦の響きの魅力をしっかりと印象付けます。終盤録音による鳥の鳴き声が流れますが、意外にも違和感はありませんね。そしてクライマックスの「アッピア街道の松」はアラン・ギルバートの面目躍如、フルオーケストラとオルガン、そして左右の3階席に別れたバンダ隊の吹きならす金管による迫力はこれまで聴いたどのコンサートよりもド、ド、ド迫力。オケの全てのパートへ指示を出し、そして左右のバンダ隊に視線を送ると高らかな号砲が吹き鳴らされるのは音響的な快感意外の何者でもありませんね。最後の1音が消えかかるのに怒号のような拍手に包まれたのはもちろんです。マーラーの陰鬱さやブルックナーの神々しさとは無縁のイタリア的音響の快感。この曲はやはり実演で聴いてこそでしょう。

アラン・ギルバートも都響の完璧な演奏に満足したのでしょう。笑顔で奏者を讃えながらカーテンコールに応じていました。やはり、ニューヨークフィルを長年統率してきた実力派かなりのもの。オーケストラコントロール力はもちろんですが、前半のセレナーデや舞曲を夢のように楽しく聴かせるところこそアラン・ギルバートの真骨頂でしょう。この人がハイドンを振ったらさぞかし素晴らしかろうと想像しながらホールを後にしました。



ミューザのコンサート後はいつも楽しみにしている1階の牛タン屋さんへ。昔仕事で一時仙台に住んでましたので、牛タンは懐かしの味なんですね。ここは美味いです。

IMG_6889.jpg
食べログ:杉作

IMG_6887.jpg

さあ、もう月末ですね、、、(苦笑)



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ヴォルフ レスピーギ

ジョナサン・ノット/東響のシュトラウス、リゲティ、タリス、シュトラウス(ミューザ川崎)

またもやご無沙汰になっちゃいました。色々バタバタしておりましたが、コンサートには通っております。

20190721672.jpg
東京交響楽団:川崎定期演奏会 第70回

7月21日はミューザ川崎にお気に入りのジョナサン・ノット/東響のコンサートに久々に出かけました。今回はハイドン目当てではなく、リゲティ目当てです(笑)

2018/12/11 : コンサートレポート : ジョナサン・ノット/東響の「フィガロの結婚」(ミューザ川崎)
2018/04/15 : コンサートレポート : ジョナサン・ノット/東響のマーラー10番、ブルックナー9番(サントリーホール)
2017/12/10 : コンサートレポート : ジョナサン・ノット/東響の「ドン・ジョヴァンニ」(ミューザ川崎)
2017/10/15 : コンサートレポート : ジョナサン・ノット/東響の86番、チェロ協奏曲1番(東京オペラシティ)
2017/07/23 : コンサートレポート : ジョナサン・ノット/東響の「浄められた夜」、「春の祭典」(ミューザ川崎)
2017/07/17 : コンサートレポート : ジョナサン・ノット/東響のマーラー「復活」(ミューザ川崎)
2016/12/12 : コンサートレポート : ジョナサン・ノット/東響の「コジ・ファン・トゥッテ」(東京芸術劇場)

ご覧のように、2016年に素晴らしい「コジ・ファン・トゥッテ」を聴いてからノットのコンサートにはかなり行っています。モーツァルトのダ・ポンテ三部作は皆絶品でしたが、肝心のハイドンはちょっと弄りすぎで今ひとつだったんですが、元アンサンブル・アンテルコンタンポランの音楽監督だっただけに現代物は皆素晴らしい出来だったということで、ノットがリゲティのしかも「2001年宇宙の旅」で使われたレクイエムを振るということでチケットを取った次第。

IMG_6727.jpg

この日のプログラムは以下の通り。

J.シュトラウスⅡ:芸術家の生涯 op.316
リゲティ:レクイエム
(休憩)
タリス:スペム・イン・アリウム(40声のモテット)
R.シュトラウス:死と変容 op.24

ソプラノ:サラ・ウェゲナー(Sarah Wegener)
メゾソプラノ:ターニャ・アリアーネ・バウムガルトナー(Tanja Ariane Baumgartner)
合唱:東響コーラス(合唱指揮:冨平恭平)

このプログラム、一見滅茶苦茶な組み合わせに見えます。が、配布されたプログラムの最後に掲載されたこのプログラムを組んだ意図をノットにインタビューする記事を読むと、実によく考えられたプログラムであることがわかりました。今回の軸はノットが高く評価するアマチュア合唱団の東響コーラスがどこまでできるかというのがテーマ。ということで現代もののリゲティに40声部からなるタリスを組み合わせ、20世紀と16世紀の合唱によるピュアな宗教的表現の対比を描こうとするもの。そしてヨハン、リヒャルトの両シュトラウスの曲はワルツに潜む生と死と、19世紀の退廃の時代のドラッグのような時代感覚の対比を描こうとするもの。その二つの対比軸をコンセプトにするものとのこと。開演前にこの記事を読んでプログラムの企画意図に唸りました。

IMG_6728.jpg

高まる期待をいつも通りワインで落ちつかせて、コンサートに臨みます。

この日の席はいつもの2階席のRA。オケを右真横から俯瞰する席。指揮者の指示がよくわかるお気に入りの席です。

この日はステージいっぱいにオケ席が配置され、オルガン下の客席は合唱団の席となります。お客さんの入りは8割程度だったでしょうか。一般受けしにくいプログラムゆえ仕方のないところでしょうが、前日のサントリーホールの同プログラムとともにこのコンサートを聴かなかった人は一生の不覚です。この日は東響コーラスにやられましたね。アマチュア合唱団とは思えないポリフォニーの美しさ、精妙さ、そして人の声だけが持つエネルギーの力は圧倒的でした。

1曲めはヨハン・シュトラウスの「芸術家の生涯」。我々の世代はクレメンス・クラウス/ウィーンフィルの黄昏たいぶし銀の演奏で親しんだ名曲です。出だしの金管の音がちょっとひっくりかえったのはご愛嬌。ノットの指揮は予想以上にテンポを落としてじっくりワルツを描くもの。ウィーンの粋な雰囲気というよりデラックスなワルツという感じ。ノットの表情づけの濃さがちょっと気になるのは、刷り込みが高雅すぎるからかもしれませんね。

続いて、お目当のリゲティ。前曲の明るい雰囲気から一変。暗黒峻厳な雰囲気になります。冒頭から微弱な音量のコーラスがただならぬ雰囲気を描きます。間近でコーラスの精妙かつ透明なミクロポリフォニーに包まれる恍惚としたひと時。これは録音では決して味わうことができない響きです。入りのイントロトゥスで緊張感をピキピキに味わったところで、2001年に使われたキリエに入ります。脳内には2001年の映像が交錯しますが、この音楽、実に繊細な構成になっているのに気づきます。コーラスをはじめとしてオケの各楽器が非常に細かく制御され、数多の楽器の織りなす綾が様々な色に光り輝きながら大きな流れとコントラストを作っていきます。その千変万化する音色のそれぞれに耳をそばだてながら異様な雰囲気に包まれる不思議な感覚。コーラスを見ると実に細かく各パートが制御されていることに気づきます。どうしたらこのような音楽が生み出せるのか、常人の創作能力では計り知れぬ領域に達しています。
続く審判の日ではソプラノとメゾソプラノが大活躍。鋭い響きが交錯する中、艶やかなソプラノやメゾソプラノの叫びが加わり、パーカッションの乱舞、そして束の間の静寂が繰り返されます。
最後のラクリモサは不気味な低音にかすかな高音が重なりながら発展。宇宙の果てにいるような感覚。音楽が静寂に包まれ曲が終わるとブラヴォーの嵐。ノットも東響コーラスの健闘に満足いったようで、コーラスメンバーを称えますが、それがマナーなのかコーラスメンバーは緊張を保ちながら直立不動で拍手を受け続けます。いやいや素晴らしかった。生で聴くリゲティは圧倒的でした。

休憩を挟んで、後半はタリスのスペム・イン・アリウム。コーラスのみの曲ですが、オケも入場します。客席が落ち着くとノットとコーラスにスポットライトがあたり、オケは暗転。このタリスは素晴らしかった。実に40声部に及ぶ構成もさることながら、オルガン下の座席いっぱいでも足りず折りたたみ椅子を配置して入った120名規模のコーラスが完璧に制御されて40声部を歌うエネルギーは圧巻。まるでホールが16世紀に引き戻されたような純粋な祈りの空間になります。これがアマチュア合唱団との驚きとともに練習を繰り返してこの領域に至った努力に打たれます。なんと純粋な響き! なんと圧倒的なエネルギー! 10分少々の曲ですが素晴らしい歌唱に本当に圧倒されました。この快演に聴き入っていたオケも含めて場内から嵐のような拍手が降り注ぎました。

そして最後はリヒャルト・シュトラウスの「死と浄化」。先ほど合唱のみの曲でもステージ上にオケがいたのと同様、タリスの曲が終わってもコーラスは下がらず、席に残ります。互いの渾身の演奏をしっかり聴こうということでしょう。これはいいですね。
この曲は滅多に聴く曲ではありませんが、刷り込みはべームとケンペ。特にシュトラウスの愛弟子のベーム/シュターツカペレ・ドレスデンのザルツブルク音楽祭ライヴはこの曲の豊かな表情を楽しめる名盤。ノットは丁寧にじっくりとメリハリをつけて音楽を作っていき、フレージングも盛り上げ方も非常に巧み。これはリヒャルト・シュトラウスに合いますね。この複雑な構成の大曲を場面ごとに見事に描き分けていきます。ベームが大局から音楽を作っていくとするとノットはディティールを丁寧に磨いてシュトラウス独特の退廃した雰囲気と官能的な響きの交錯を描いていく感じ。オケもノットの棒に従ってきっちり描いていきます。ただ、この曲のティンパニのリズムの打ち方は難しいですね。苦労している様子が間近でよくわかります。それでもしっかりとノットの指示に合わせて渾身の打撃!
英雄的なメロディーから目まぐるしく変わる曲想を繰り返しながら終結に向かい、最後はしっかりと盛り上げて終わります。東響渾身の演奏に今度は先ほどまで表情の硬かった東響コーラスが笑顔の拍手で称えます。もちろん観客も拍手喝采。ノット監督、この日が最後のコンサートとなるチェロ主席の西谷さんを労い、最後は2人でカーテンコールを受け、一般参賀。

この日のコンサート、プログラムの企画意図通り、両シュトラウスの対比と中世と現代のコーラスによる宗教的表現の対比を鮮やかに浮き彫りにする見事な構成を体験できました。そしてリゲティの生の迫力、何より東響コーラスの渾身の歌唱が心に残る素晴らしい演奏会でした。



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ヨハン・シュトラウス リゲティ タリス リヒャルト・シュトラウス

鈴木優人/神奈川フィルの「天地創造」(横浜みなとみらい)

ちょっと間があきました。7月13日土曜日はお目当のコンサートに行ってきました。

Kanagawa350.jpg
神奈川フィルハーモニー管弦楽団:みなとみらいシリーズ第350回

バッハ・コレギウム・ジャパンで活躍している鈴木優人が神奈川フィルで天地創造を振るということでチケットを取ってあったもの。

天地創造の実演はアーノンクール/ウィーン・コンツェントゥス・ムジクスラ・フォル・ジュルネでのダニエル・ロイス/ワルシャワ・シンフォニア鈴木秀美/新日本フィル高関健/東京シティフィルに続いて5回目です。これまで聴いた中では、意外と言っては失礼ですが、高関健の振る東京シティフィルの演奏が、天地創造の美しいアリアの素晴らしさを素直に楽しめるという点で心に残る演奏でした。

神奈川フィルのコンサートはオッコ・カムのシベリウスプログラムに続いて2度目です。

鈴木優人はバッハ・コレギウム・ジャパンのコンサートの奏者としては何度か聴いていますが指揮者としてのコンサートは初めてです。昨年9月よりご本家バッハ・コレギウム・ジャパンでも首席指揮者に就任しているということで、今や楽壇で大活躍の人。ということで、天地創造の貴重な実演の機会というだけではなく、これはおさえておかなくてはならぬとのことでチケットを取った次第。

歌手などは以下の通り。

ガブリエル、エヴァ:澤江衣里(ソプラノ)
ウリエル:櫻田亮(テノール)
ラファエル、アダム:ドミニク・ヴェルナー(バリトン)
合唱:バッハ・コレギウム・ジャパン

歌手はバッハ・コレギウム・ジャパンではおなじみの人が揃い、合唱もバッハ・コレギウム・ジャパンが担当。コンサート前の鈴木優人さんのプレトークでは、バッハ・コレギウム・ジャパンの合唱団が日本のオケと共演するのはこの日が初めてのことということでした。

この日の席は2階のオケの右背後のRA。歌手の声は後ろから聞くことになりますが、オケを俯瞰して、何より指揮者の指示が克明にわかるお気に入りの位置。この日は車で来ましたので、比較的早めにホールに着いてプレトークも最初から聞くことができました。

IMG_6488.jpg

天気はあいにくの曇天。このホールのホワイエは天気がいいと実にいい眺めなんですが、こればかりは致し方ありません。お客さんの入りは8割強ぐらいでしたでしょうか。



さて、定刻になり、オケが入場し、チューニングを終えてからコーラスが入場。そして歌手と鈴木優人さんが登場して第1部が始まります。

入りの混沌の場面は予想に反して、遅めのテンポでかなり丹念な描写。鈴木優人の指揮はテンポとデュナーミクを克明に指示するかなり細かいもの。弦は予想通りノン・ヴィブラート気味で透明感ある響き。神奈川フィルのメンバーはリズムもデュナーミクも指揮に忠実に危なげない演奏で序盤の難しい部分をこなします。ラファエルの第1声は声量こそほどほどながら、こちらも安定した歌唱で、天地創造の肝となる役にふさわしい安定感。ウリエルの櫻田さんは何度か実演を聴いていますが、いつもながら見事な歌唱。そしてガブリエルの澤江さんはふくよかな響きを伴う美しい声で第1部のガブリエルのアリアを熱唱。非常に美しい声ですね。第4日から第1部の終結部にかけての盛り上げ方も見事で、迫力十分のクライマックス。そのまま第2部に入ると思いきや、拍手で一旦歌手と指揮者が下手に下がってオケはチューニング。第二部は美しいアリアの宝庫なんですが、前半は第1部同様迫力の演出が見事でしたが、特に美しいアリアが多い後半は歌の良さを引き出すには少々オケが強めに感じました。鈴木優人の指示も非常に細かく、もう少し力を抜くと歌手はともかく奏者の自然な音楽を引き出せるように感じた次第。歌手の安定感は変わらず素晴らしいものがありました。

休憩を挟んで第3部。オケがリラックスしたのか、演奏も自然さが増して、アダムとエヴァの2つの美しいデュエットも惚れ惚れするような歌唱。1輪の赤い花を使った演出や、終曲で歌手がコーラス席に下がるところなど視覚的な面白さもあって最後は荘重なクライマックス。終曲に加わる4人目のソロが男性だったのがちょっとびっくりでしたが、カウンターテナーなんでしょうか。

鈴木優人さん、チェンバロを弾きながらにも関わらず緻密で手堅い指揮は流石で、この大曲を見事にまとめ上げました。オーケストラのコントロール能力は非常に高く、迫力の演出も見事。そしてコーラスのハーモニーの素晴らしさはバッハ・コレギウム・ジャパンならでは。そして歌手も皆素晴らしい出来で、お客さんからは嵐のような拍手が送られました。神奈川フィルも最後まで緊張感を保つ力演。

神奈川フィルのコンサートは終演後にオケのメンバーがロビーに出てお客さんを見送るんですね。お客さんの表情を見れば、この日の演奏がお客さんの心に届いたかわかりますね。そしてそのような姿勢もお客さんがまた聴きに来ようと思うことにしっかり繋がると思います。また聴きに来なければなりませんね。

いいコンサートでした!

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 天地創造

鈴木秀美/リベラ・クラシカ第43回定期演奏会(三鷹市芸術文化センター)

東京でハイドンを集中して取り上げている皆様ご存知の鈴木秀美率いるオーケストラ・リベラ・クラシカですが、実に43回目の定期公演にして初めてコンサートに足を運びました。

IMG_6197.jpg
三鷹市芸術文化センター 風のホール:オーケストラ・リベラ・クラシカ 第43回定期公演

このコンビ、定期公演の録音をかなりの枚数リリースしており、私も手元に10数枚のアルバムがありますが、特に初期のものはピンとこないものが多く、最近はあまり追いかけておりませんでした。

2017/06/04 : コンサートレポート : 鈴木秀美/新日本フィルの天地創造(すみだトリフォニーホール)

また、以前聴いた鈴木秀美の振る新日本フィルの天地創造も歌手の配役がイマイチであまり楽しめなかったということで、どうもあまり相性がよろしくない状況だったというのがこれまでの流れ。

ただし、大阪での飯森範親さんと日本センチュリー響の活躍に対して、東京でも鈴木秀美さんとリベラ・クラシカに頑張っていただくべきということで、コンサートに出かけてみようと一念発起し、チケットを取った次第。会場も三鷹ということで自宅から車ですぐのところ。プログラムは以下の通り。

モーツァルト:歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」(K.588)より
・序曲
・第1幕フィオルディリージのアリア「岩のように」 "Come scoglio"
・第2幕フィオルディリージのレチタティーヴォ「ああ、行ってしまう・・・」 "Ei parte... senti..""
・第2幕フィオルディリージのロンド「お願いです、愛しい人」 "Per pietà ben mio"
ソプラノ:中江早希
 (休憩)
ハイドン:交響曲10番
ハイドン:交響曲第100番「軍隊」

IMG_6193.jpg

この日は生憎の小雨模様。三鷹駅からは歩くとちょっとした距離があるので集客にも若干の影響はあったでしょうか。私たちは車で30分ちょっきりでついて駐車場に車を停めたのが14時ちょうどくらい。ちょうどコンサートマスターの若松さんが歩いて駐車場に入るタイミングと一緒でした。

このホールは90年代に一度来て以来、かなり久しぶり。ホール周りを少しぶらついている間に開場時間となります。ホールは変わらず綺麗。収容人数は625名とのことで紀尾井ホールより少し小ぶり。お客さんの入りは半分くらい。土曜なのでもう少し入って欲しいところでしょう。席は1階の後ろの方でしたが、視界、音響共に問題なし。

定刻を少し過ぎて、オケが入場し、入念にチューニングをして鈴木秀美さん登場。1曲めのコジ・ファン・トゥッテの序曲はおなじみの曲。古楽器の直裁な音色がホールに響き渡ります。古楽器ということでかなり速めのテンポを予想していましたが、さにあらず。比較的落ち着いたテンポで、1曲めということでアンサンブルは少々荒い感じが残りますが、迫力はなかなか。この曲独特のめくるめく感じはほどほど。まずは挨拶がわりでしょう。

続いてソプラノの中江早希さん登場。「岩のように」はフィオルディリージが貞節を強い信念で守るという歌詞のアリア。中江さんは非常にふくよか、艶やかなを思わせるソプラノで見事な歌唱。伴奏はもう少しオペラティックでも良かったかもしれません。素晴らしい歌唱にお客さんは拍手喝采。鈴木さん、中江さんが一旦下手袖に下がっている間に続くレチタティーヴォの演奏が始まり、鈴木さんと中江さんが腕組みして登場するという演出付き。圧巻は中江さんの朗々としたロンドの歌唱。この曲は疑った恋人のフェルランドに許しを請う歌。終盤かなりの高音が出てくるのですが、声量、艶やかさ共に素晴らしく、惚れ惚れするような歌唱でした。やはり歌ものは歌手の力量がものをいいますね。もちろんお客さんも拍手喝采。

休憩を挟んで後半はお目当のハイドンです。休憩中にステージ上の座席配置はかなり縮小。そして指揮台まで撤去されます。後半最初の曲は最初期の作曲の交響曲10番。休憩明けにメンバーが登壇すると、いきなり演奏が始まります。鈴木さん、チェリストとしてオケの中にいました。この初期の曲ではありですね。演奏はこれまでの録音でも感じられたように、1楽章はあと少し弾む感じが欲しく、2楽章はアーティキュレーションも少し固めな印象。オケの演奏は手堅く安定感はあるのですが、もう一歩踏み込んで欲しいと思って聴いていると、3楽章で状況一変! これまでのオケとは別のオケのような見事なエネルギー感。オケのノリが激変。あまりの活気に驚きます。そう、この一体感を求めていたんです。3楽章は神がかったような見事な出来にこちらも覚醒。

そして、最後はこの日の目玉、軍隊です。メンバーが一旦退場してステージの座席配置を再び広げ、指揮台も復活。この軍隊も見事でした。先の曲でオケもリラックスしたのか、冒頭から集中力が違います。古楽器であることを活かした直裁な響きが迫力に繋がって、オケの響きの厚みはブリュッヘンを彷彿とさせる感じ。リズムのキレは程々ながら迫力でカバーしてこの曲ではそれが足を引っ張りません。素晴らしかったのが2楽章のアレグレット。例の軍隊風打楽器の登場場面では、上手客席後ろ扉から赤い鼓笛隊風衣装を纏った打楽器奏者3名が行進しながらガツン、ガツンと太鼓やトライアングルを鳴らして入ってくるではありませんか。完全に不意を突かれて驚きました。この打楽器奏者がキレててなかなかいいリズム。以前ヤンソンスとBRSOで軍隊をやった時も同様の演出がありましたが、その時は視界から認識できてのことでさほどの驚きはありませんでしたが、今回は完全に背後からガツンとくる演出にやられました(笑) なんとなく初演時のロンドンの観客も驚き、そして盛り上がっただろうなどと想像しながら軍隊の行進の喧騒を楽しみました。メヌエットを経て、終楽章でもこの3人の打楽器奏者が大活躍。やはりこの大迫力は魅力です。大音響で締めくくったコンサートにお客さんも拍手喝采。

何度かのカーテンコール後、アンコールは驚愕のメヌエット。アンコールにメヌエットを持ってくるとは、ハイドン通ならではの選曲。しかも演奏はアンコールらしくノリノリ。なんだかノリで打楽器奏者も大活躍するサービス付き。これは実演ならではのものですね。

前振りに書いた通り、少々不安もあったこのコンビのコンサートでしたが、結果的には大変楽しめました。やはり実演を聴かないとダメですね。今後はなるべく顔を出したいと思った次第。次は11月に上野の石橋メモリアルホールで「ロンドン」です。なんとモーツァルトのフルート協奏曲の独奏はバルトルト・クイケン! 

これは行かねば、、、



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲10番 軍隊 モーツァルト

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

オルガン協奏曲XVII1:1協奏交響曲音楽時計曲ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲93番交響曲70番ヒストリカル軍隊交響曲81番交響曲80番ピアノ協奏曲XVIII:11トランペット協奏曲悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6ロンドンヨハン・クリスチャン・バッハモーツァルトオックスフォード交響曲4番豚の去勢にゃ8人がかりピアノソナタXVI:51ピアノ三重奏曲十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヘンデルバッハラモースカルラッティ驚愕ショスタコーヴィチシェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ベートーヴェンドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲古楽器時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.54天地創造ヴォルフレスピーギタリスリヒャルト・シュトラウスリゲティヨハン・シュトラウス交響曲10番ピアノソナタXVI:49交響曲54番迂闊者ネルソンミサトマジーニバリトン三重奏曲ピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71交響曲88番ブルックナーベルリオーズウェーベルンナッセンベンジャミンシェルシグリゼーメシアンヴァレーズOp.20弦楽四重奏曲交響曲9番交響曲67番交響曲65番狩り交響曲61番交響曲39番交響曲73番リームピアノソナタXVI:20アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:48四季交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:45ピアノソナタXVI:44第九太鼓連打ボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74無人島変わらぬまことアルミーダチマローザ哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ騎士オルランド英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1アレルヤ交響曲79番ラメンタチオーネ交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲19番交響曲58番交響曲27番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー告別交響曲97番交響曲90番交響曲18番奇跡ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ニコライミサ小オルガンミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃武満徹ライヴ録音SACD交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:35ライヒャロッシーニドニぜッティ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4バードパレストリーナモンテヴェルディアレグリ美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲35番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナードラルゴ五度ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオドイツ国歌カノンモテットオフェトリウムよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲62番交響曲107番交響曲108番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲カンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
8位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ