シレーネ・サクソフォン四重奏団によるOp.20のNo.1(ハイドン)

4月最初のアルバムは変り種。変り種と言っても内容が素晴らしくなくては取り上げません。

SyreneSaxQ.jpg
TOWER RECORDS / amazon

シレーネ・サクソフォン四重奏団(Syrène Saxophone Quartet)による、ハイドンの弦楽四重奏曲Op.20のNo.1、レオ・サママ(Leo Samama)の「シレーネ(Syrènes)」、ジョージ・ガーシュウィン(George Gershwin)の「パリのアメリカ人」の3曲を収めたアルバム。収録は2016年5月23日、24日、オランダはフェルメールで有名なデルフト(Delft)のHofkerkというプロテスタント教会でのセッション録音。レーベルは個性的な録音が多い蘭ET'CETERA。

これまで、ハイドンの原曲を楽器を変えて演奏しているもので印象に残っているのは、何と言ってもアコーディオンでピアノ協奏曲を弾いたヴィヴィアヌ・シャッソのアルバム。

2017/04/09 : ハイドン–協奏曲 : 【新着】ヴィヴィアヌ・シャッソのアコーディオンによるピアノ協奏曲集(ハイドン)

ハイドンの音楽は弾かれる楽器の音色や特性を非常によく考えて書かれているので、ただの編曲では、元の楽器を超えるような演奏には滅多に出会えない中、アコーディオンという楽器の多彩な音色の魅力でピアノ協奏曲に仕込まれた音楽をピアノ以上に引き出した名盤です。

今回取り上げたアルバムは、ソプラノ、アルト、テノール、バリトンの4つの音域のサクソフォンで弦楽四重奏曲を演奏したもの。しかもジャケットを見ると美女4人組によるポップな仕立てによるアルバムで、さして期待せずに入手したものですが、これがなかなか本格的な演奏で、思わず、「これ、有りです!」と唸ってしまったもの(笑)

奏者はオランダの若手女流サクソフォン奏者による「シレーネ・サクソフォン四重奏団」というクァルテット。メンバーは下記の通り。

ソプラノ・サックス:フェムケ・イルストラ(ソプラノ)
アルト・サックス:フェムケ・スティケティー(アルト)
テノール・サックス:アネリース・フリースヴァイク(テナー)
バリトン・サックス:アウクリーン・クラインペニング(バリトン)

Hob.III:31 String Quartet Op.20 No.1 [E flat] (1772)
このアルバムの1曲目がハイドン。聴き始めてびっくりしたのはあまりに柔らかく自然なハーモニー。もちろんサックスといえばコルトレーンのあの魂に響くような浸透力のある音を想像していただけに、このハーモニーの柔らかさは意外でした。そして特にパートごとに音色が異なることで各パートの動きがよくわかること。そして何よりこのクァルテットの潜在力を思い知ったのは選曲です。ハイドンの数あるクァルテットの中でも、このOp.20のNo.1はシンプルなのに各パートのメロディーの展開の面白さと、シュトルム・ウント・ドラング期特有の陰りもある味わい深い曲で、サクソフォンのハーモニーが曲調に絶妙に合うんですね。演奏は若手らしからず、非常に落ち着いてハーモニーの美しさを淡々と描いていき、フレッシュさよりも円熟さえ感じさせる見事なもの。1楽章でサクソフォンの音色の美しさとハイドンの曲への相性の良さを聴かせると、続く2楽章のアレグレットでは、管楽器特有のタンギングによるリズムの軽やかな躍動が弦楽器よりもこの曲には効果的だと知らしめます。パート間のバランスもメロディーを浮かび上がらせるところと、伴奏にまわって音量を落とすところをクッキリと使い分けるしたたかさ。
そして3楽章では、まるでクラリネットのアンサンブルのような響きの柔らかさが印象的。まるでサクソフォンのために書かれたような見事な演奏に痺れます。そしてフィナーレはソプラノサクソフォンの華やかな高音の響きが隈取る、急転する音楽のしなやかで美しい響きを存分に味わえる曲。タンギングによるアクセントがキリリと決まる快感と美しいハーモニーの高次の融合。この響きの美しさはハイドンも想像できなかったでしょう。ハイドンは1曲だけですが、素晴らしい演奏にやられました。

続くレオ・サママの曲は現代音楽。現代音楽の精妙さが十分に感じられるもの。そして最後はおなじみガーシュウィンで、音楽と楽器の楽器の相性は申し分なしで、これは楽しめます。本来のサクソフォンの軽妙洒脱な音楽の流れは、クラシックの範疇に収まらないもので、アルバムの企画意図も良くできています。

シレーネ・サクソフォン四重奏団による、サクソフォンによるハイドンの弦楽四重奏曲の演奏は、ハイドンの曲から新たな視点からの魅力を浮かび上がらせる見事なもの。ヴィヴィアヌ・シャッソのアコーディオンもそうでしたが、ただ楽器を変えて演奏したのではなく、曲の持つ魅力が、新たな楽器での演奏で浮かび上がることを確信した奏者による偉業と言っていいでしょう。シャッソの演奏のインパクトに劣るものではないでしょう。評価は[+++++]とします。これは弦楽四重奏の好きな方には是非聴いていただきたいですね。



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲 Op.20

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

交響曲54番迂闊者ネルソンミサバリトン三重奏曲弦楽四重奏曲Op.54ベートーヴェンピアノソナタXVI:52ピアノソナタXVI:49交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46日の出皇帝弦楽四重奏曲Op.71交響曲88番ブルックナーベルリオーズベンジャミンウェーベルンバッハナッセングリゼーシェルシメシアンヴァレーズOp.20弦楽四重奏曲モーツァルト交響曲65番交響曲67番交響曲9番弦楽四重奏曲Op.76交響曲39番交響曲73番狩り交響曲61番リームピアノソナタXVI:48アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:6四季交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェル弦楽四重奏曲Op.64ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45ピアノソナタXVI:21ピアノ三重奏曲第九ヒストリカル太鼓連打オックスフォード時計ボッケリーニ交響曲99番シューベルトロンドン天地創造交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーチェロ協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:11ライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディ軍隊オペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74変わらぬまこと騎士オルランド哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェアルミーダ無人島チマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:3弦楽四重奏曲Op.20古楽器アレルヤラメンタチオーネ交響曲3番交響曲79番驚愕チェロ協奏曲1番交響曲27番交響曲19番交響曲58番ショスタコーヴィチ紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎協奏交響曲LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲90番告別交響曲97番交響曲18番奇跡ひばりフルート三重奏曲悲しみ交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ニコライミサ小オルガンミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲93番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃武満徹SACDライヴ録音交響曲81番交響曲80番交響曲21番マリア・テレジア豚の去勢にゃ8人がかりクラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲10番交響曲12番交響曲11番交響曲4番交響曲15番交響曲1番交響曲37番ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ドニぜッティロッシーニライヒャ弦楽三重奏曲シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4パレストリーナモンテヴェルディアレグリタリスバード美人奏者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ガスマンヴェルナーピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲35番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットオフェトリウムドイツ国歌カノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲62番交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
81位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
8位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ