カンブルランのデュティユー

twitterでつぶやいたとおり、今日は仕事を出先で切り上げ、サントリーホールへ。
カンブルランと読売日響のコンサートへ出かけました。
本日の夕方は、東京にしては蒸さずに爽やかな気候でした。

いつものように、サントリーホール前のアンデルセンでビールにサンドウィッチをつまんで開場を待ちます。

IMG_0257.jpg

今日は外の席でもそこそこ爽やか。滝のような噴水の音を聞きながら、しばし休息。
開場の18:30にはカラクリオルガンがなり、お客さんが集まってきます。

やおら中に入って開演をまちます。
今日は1階左側の前の方。いい席なんですが、オケが入ると、ヴァイオリンにかくれて金管や打楽器が見えません。前回のオケ横ライトスタンドの方が、視覚的にも音響的にもいいように感じました。

読売日響:第495回定期演奏会

曲目、出演者は上記サイトをご覧ください。

はじめのフォーレは無難な出だし。オケのならし運転的演奏。そこそこぴしっとしてますが、フォーレのやさしい響きをどう演奏するかに感心が集まっているようで、抑制の利いた仕上がり。
つづくメシアンの鳥たちの目覚め。ピアノの児玉桃はメシアンを得意にしているようですが、私ははじめて聴く人。

KAJIMOTO:児玉桃

メシアン独特のメロディと言うか響きというか、鳥のさえずりのような断片的な旋律をピアノとオケの楽器が呼びかけ合いながら混沌とした曲を構成していきます。チェレスタの透き通るような音が心地よい曲ですね。
ピアノは複雑怪奇な音響を極めますが、冷静に音響を構築。なかなかの腕前。
拍手喝采で終わり、4回のカーテンコールで拍手に応えます。

休憩中に赤ワインで喉を潤し、期待の後半に。

後半1曲目はドビュッシー。こちらも児玉桃のピアノ。前半が線の細いオーケストレーションの曲ばかりだったので、分厚い響きとダイナミックレンジに圧倒されます。前後半で曲調が大きく変わる演出ですね。

そして最後はデュティユー。今日はこれを聴きにきました。
5つの変遷というこの曲は15分あまりの曲ですが、作曲は1950年代から60年代の作品。以前FMで聴いて衝撃を受けた曲です。頭の中にある記憶が、眼前の大編成オーケストラの大音響でよみがえります。
所々に楔を打つような響きに縁取られてエロティックな印象さえある弦楽器のうねり。寄せては帰す波のような進行。最後は技巧の限りをつくして大音響のクライマックスへ。
ホールが大音響で吹き飛ばんがごとくのフィニッシュ、そして静寂、そして拍手喝采。

このプログラムではホールが埋まらないだろうと予想してましたが、意外と8割くらいは入っていたでしょう。現代音楽好きの大人な聴衆のカンブルランに対するリスペクトがにじみ出た拍手でしたね。

私は、カンブルラン、オケ、そしてデュティユーにもと想いをこめて拍手。
緻密な指示のカンブルランの指揮に対して、良く応えたオケの熱演が光りました。最近行き始めた読売日響のコンサートですが、毎回満足。やはり生はいいですね。

いただいたチラシによると、カンブルランは11月にハイドンの朝、昼、晩とストラビンスキーの火の鳥という、これまた変わったプログラム。前回の春の祭典も快演だっただけに、これも行ってみようかと画策中。(笑)


終了後は、サントリーホールというかアークヒルズそばのモンゴル料理の店、蒙古の郷に。

食べログ:蒙古の郷

IMG_0262.jpg

IMG_0258.jpg

IMG_0260.jpg

IMG_0259.jpg

今一度、生ビールで喉を潤し、ラムやら、馬刺やら、水餃子やらをつまんで反省会。今週はラム食べたばかりですが、モンゴル風の臭いラムは癖になります。この癖のある味がやめられないんですね。
デュティユーの響きの余韻をさかなに楽しいひと時をすごしました。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 読売日響 現代音楽 サントリーホール

弦楽四重奏曲の誕生

8時をまわって今日はテレビは選挙特番一色。
情勢もなんとなく見えてきたので、チャンネルをまわしていると、教育テレビでN響アワー。武満徹の特集でした。特にデュトワの指揮の「系図-若い人たちのための音楽詩」がすばらしかった。手元にある小澤征爾盤よりもキレがいい感じでしたね。小澤盤と同じ遠野なぎこ(小澤盤は遠野凪子との表記)の語りと御喜美江のアコーディオン。
やはり武満はいいですね。日本人の心に刺さります。

小澤盤を紹介しておきましょう。

TakemitsuOzawa.jpg

さて、世界の人の心に刺さるハイドンのアルバムですが、今日は先日twitterで教えてもらったアルバムがHMV ONLINEで到着。

CasalQuartett.jpg
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=3739979

このアルバムのタイトルがまたイケてます。Birth of the String Quartet、すなわち弦楽四重奏の誕生というタイトル。
弾いているのはカザル四重奏団という若手の団体。

カザル四重奏団のウェブサイト

収録曲目は次の通り。すべて弦楽四重奏曲。
スカルラッティニ短調(1715年)、サンマルティーニト長調(1740年頃)、モーツァルトKv80ト長調(1770年)、ボッケリーニOp.2/1ハ短調(1761年)、そしてハイドンはOp.9のNo.4ニ短調(1769年)

聴きすすんでいくにつれて、弦楽四重奏曲の構成が緊密に。ハイドンの天才が弦楽四重奏の歴史のパースペクティブ上に浮き上がってくるという好企画。すばらしい企画意図です。
企画もの好きの私のコレクション欲を満たす逸品。

ハイドンの演奏は古楽器によるもので、若さが前面に出た溌剌とした演奏。ハイドンの初期の短調の曲特有のほの暗い陰のあるメロディーをうまく表現できていると思います。張りつめた弦の響きが心地よく、各楽器の織りなすメロディーの対話が緻密です。

このアルバムのもうひとつの魅力はジャケットの丁寧なつくり。いつものB級デザイン乗りではなく、きちんとデザインされたプロダクツとして、よく出来ています。楽器の写真をあしらった垢抜けたデザインで、このアルバムの好企画を支えています。

さてさて、今晩はワールドカップの決勝戦。起きて観るまで元気はありませんが、タコのパウル君の予想通り、スペインに軍配があがりますかどうか。個人的にはオランダ応援です。つまりパウル君の予想ははずれるとの大胆な読み。

はたしてどうなりますやら。(笑)

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.9 現代音楽 武満徹 古楽器

クレーメルの「十字架上のキリストの七つの言葉」

昨日のプレヴィンにつづき、クラシック以外での多彩な活動つながりでもあり、フィリップスつながりでもある、ギドン・クレーメルの「十字架上のキリストの七つの言葉」を取り上げましょう。今日は厳しいハイドンを。

KremerSeven.jpg

残念ながら、このアルバムも廃盤です。

録音は1981年7月。ヴァイオリンをクレーメルとカトリン・ラブス、ヴィオラをジェラール・コセ、チェロが岩崎洸というメンバーでの録音。

クレーメルといえば、カミソリのような鋭い切れ味のヴァイオリニストとして知られており、数々の名録音がありますが、本盤も名録音のひとつと言えるでしょう。
期待を裏切らない、孤高のヴァイオリンを聴かせます。この曲自体の曲想に潜む厳しさ、凛々しさをここまで毅然と表現できるのは彼だけなんじゃないかと思います。

クレーメルのヴァイオリンは深く心をえぐる気高い響きで毅然としたフレージング。ノリや情緒に流されることなく、淡々と曲を奏でていこうとする姿はプロそのもの。
クレーメルに比べるとまわりの3名はやや存在が薄い気もしないでもないですが、3名の伴奏によるクレーメルの独演会という極端な聴き方が出来ない訳でもありません。それだけクレーメルのフレージングの深さが違います。

この曲の編曲として、管弦楽版とオラトリオ版があるのが知られており、これらの編曲も含めて、この曲を考えていかなくてはなりませんが、私はこの弦楽四重奏曲版がもっとも緊張感が感じられて好きですね。

評価はもちろん[+++++]です。

今日もオマケの1枚を。
クレーメルはクラシック以外のアルバムも沢山出しているんですが、紹介したいのはクレーメルの鬼気迫るソロの魅力を楽しめる次の1枚。

KremerPaganini.jpg

ミルシュタイン、シュニトケ、エルンスト、ロッホベルクなどの現代作曲家がパガニーニの曲に着想を得て作った曲を集めたアルバム。
なんと言うテクニックとなんと言う厳しい響き。クレーメル独特の空間に楔を打つような厳しさに耳をそばだてざるを得ません。クレーメルの圧倒的な存在感を思い知らされた1枚です。

今日紹介した十字架上の七つの言葉も、おそらくもっとも峻厳なハイドン演奏のひとつだと思います。
演奏家の視点によって、ハイドンの曲にも厳しい側面があることが浮き彫りになってしまう訳です。演奏という行為の範囲の広さを痛感させられる1枚でした。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 十字架上のキリストの最後の七つの言葉 おすすめ盤 現代音楽

ハイドン以外に集めちゃうもの

ハイドンが好きとはいえ、何時もハイドンばかり聴いている訳ではありません。
クラシックばかじゃなくジャズとかいろんなジャンルを聴きますが、その中でも好きなものをいくつか紹介しておきます。

まずは、現代音楽。こうゆうの結構好きで、この辺も集めちゃってます(笑)

Boulez.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

ブーレーズですね。
脳内構造をすべて音にしてしまったような鮮烈な響きと展開に度肝を抜かれました。これは現代音楽を聴く快感に浸れます。ブーレーズが振ったマーラーや最近のストラビンスキーにはあまり興味は持ちませんでしたがこれは別格。自身の書いた音を自身が音響に変換すると説得力が違います。以前、日本の現代音楽の入門曲である有名な「管弦楽のためのラプソディ」を作曲者である外山雄三自身が振った映像を見ましたが、気合いと迫力で一気に聴かせる爆演で驚きました。こちらも作曲者ならでは。

それからこちら。

Takemitsu.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

武満です。
こちらは日本の響きの神髄とでもいいましょうか、日本刀の名刀を拝むような緊張感があり、このCDはお気に入り。1曲目の「精霊の庭」、6曲目「夢の時」、7曲目「鳥は星形の庭に降りる」が秀逸です。武満はこれ以外にも愛聴盤多数につき、これからも少しずつ紹介していきます。

他には、演奏者追っかけで、ハスキルやギターのセゴビア、なぜかクロノスカルテット、ついでにパット・メセニー、ギターつながりでジミー・ローゼンバーグ、クィーン、オーティス・レディング、そして忌野清志郎(追悼!)などなど、何の脈絡もなくいろいろ集めつづけちゃってます(笑)

気に入ると集めちゃうのが性なんでしょうが、分類整理の必要があるほど集め甲斐があるのはもちろんハイドンだけです。きっと上には上がいるんでしょうね(笑)

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 現代音楽

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.54天地創造ヴォルフレスピーギタリスリゲティヨハン・シュトラウスリヒャルト・シュトラウスモーツァルト交響曲10番軍隊ピアノソナタXVI:49交響曲54番迂闊者ネルソンミサバリトン三重奏曲ピアノソナタXVI:52ベートーヴェン交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46日の出皇帝弦楽四重奏曲Op.71ブルックナー交響曲88番ベルリオーズベンジャミンバッハウェーベルンナッセンヴァレーズメシアンシェルシグリゼー弦楽四重奏曲Op.20交響曲65番交響曲67番交響曲9番弦楽四重奏曲Op.76狩り交響曲73番交響曲39番交響曲61番リームピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:6アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:48四季交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:45ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:21ピアノ三重奏曲第九オックスフォードヒストリカル太鼓連打交響曲99番時計ボッケリーニシューベルトロンドン交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーチェロ協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:11ライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74変わらぬまこと無人島哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ騎士オルランドアルミーダチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1交響曲3番交響曲79番ラメンタチオーネ古楽器アレルヤチェロ協奏曲1番驚愕交響曲58番交響曲19番交響曲27番紀尾井ホールショスタコーヴィチドビュッシーミューザ川崎オーボエ協奏曲LP協奏交響曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲90番告別交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲悲しみ交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ニコライミサ小オルガンミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲93番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃武満徹SACDライヴ録音交響曲80番交響曲81番交響曲21番マリア・テレジア豚の去勢にゃ8人がかりクラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲4番交響曲1番交響曲37番ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:4ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ドニぜッティロッシーニライヒャ弦楽三重奏曲シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31パレストリーナアレグリモンテヴェルディバード美人奏者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲51番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオドイツ国歌カノンモテットオフェトリウム弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲62番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
88位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
9位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ