タネーエフ四重奏団のOp.2のNo.5(ハイドン)

もう1枚LPです。

TaneyevQ.jpg

タネーエフ四重奏団(Taneyev Quartet)の演奏で、ハイドンの弦楽四重奏曲Op.2のNo.5とモーツァルトの弦楽四重奏曲「不協和音」(KV465)の2曲を収めたLP。アルバムのリリースは1978年と記されております。レーベルは露Мелодия(Melodiya)。

こちらは最近ディスクユニオンで仕入れたもの。当ブログのコアな読者である小鳥遊さんはキリル文字を読みこなしてロシア盤をいろいろ物色されているとのことですが、当方、キリル文字にはめっぽう弱く、メロディア盤でも英語併記のものしか手を出せません。幸いこちらの盤はしっかりと英語がふられており、私にもハイドンの作品とわかり、平常心を保ちながら手に入れた次第(笑)

タネーエフ四重奏団は戦後すぐの1946年、レニングラード音楽院の学生によって設立されたクァルテット。私は初めて聴くクァルテットですが、タネーエフを初めとして、ショスタコーヴィチ、ベートーヴェン、シューベルト、ミャスコフスキーなどの弦楽四重奏曲全集を録音しているということで、メジャーな存在だと思われます。このアルバムの録音当時のメンバーは下記の通り。

第1ヴァイオリン:ヴラディーミル・オフチャレク(Vladimir Ovcharek)
第2ヴァイオリン:グリゴリー・ルツキー(Grigori Lutzki)
ヴィオラ:ヴィサリオン・ソロヴィヨフ(Wissarion Solowjow)
チェロ:ヨシフ・レヴィンゾン(Josif Lewinson)

設立から1967年まではチェロがベニアミン・モロゾフだったということで、創立メンバーから1人代わった第2世代の録音ということになります。

このアルバムに収められたハイドンの弦楽四重奏曲Op.2のNo.5は、もともと管弦楽のためのディヴェルティメント(Hob.II:22)の弦楽パートが弦楽四重奏として登録されたもの。ハイドンの初期の平明な音楽の魅力に溢れた曲です。この時期のクァルテットは5楽章構成。2つのメヌエットの間に緩徐楽章が挟まる形。

Hob.III:11(II:22) String Quartet Op.2 No.5 [D] (c.1760–62)
針を落とすと、期待通り素晴らしく冴え冴えとした音楽が流れ出します。録音は絶品。やはりクァルテットはLPがいいですね。針で溝をこするからか弦をこする音の実体感はCDよりも生々しいですね。1楽章は軽やか、華麗、推進力十分。音楽がシンプルなだけに、第1ヴァイオリンのオフチャレクの艶やかな音色と一体感溢れるクァルテットの演奏が映えます。
続く最初のメヌエットでもオフチャレクのメロディーがしっかりと浮かび上がり、伴奏とのバランスも完璧。トリオでほのかな陰りを感じさせますが、その微妙な表情の変化が実に自然で美しい。
3楽章のラルゴはオフチャレクがあえて糸を引くようにポルタメント気味にメロディーを置いていきます。高音域の伸びが美しいだけでなく、繊細な表現力を見せつけ、この小品を実に深い音楽に仕立てていきます。鮮明な演奏でこの初期の作品が陰影のくっきりとした味わい深い音楽に仕上げます。
後半のメヌエットは、いつもながらハイドンのアイデアの豊富さを印象付けます。前半のメヌエットを踏まえてはいるのですが、全く違う響きで聴き手を驚かせます。今度はグイグイと強引にメロディーを引っ張り、鮮烈な印象の演奏。そしてトリオではピチカートでコミカルな表情を加えてメヌエット楽章の面白さを際立たせます。
終楽章はこのクァルテットの技術力を見せつけ、音階のキレもフレージングのキレも異次元。そして最後にすっと終えるセンスも見事。これは絶品の演奏。

IMG_3497.jpg

ハイドンの初期のクァルテットの見事な演奏に驚いていたところ、1面の残りはモーツァルトの「不協和音」の1楽章ですが、これまた見事にハイテンションな演奏に釘付けになります。

タネーエフ四重奏団を今更初めて聴いたわけですが、その恐ろしいまでの実力をこのアルバムから察した次第。音楽にみなぎる力と緊張感はちょっと類を見ないものです。もちろんハイドンの評価は[+++++]とします。世の中にはまだまだ掘り起こすべき演奏がありますね。引き続き発掘に努めます。



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.2 モーツァルト

フランチスカス四重奏団のOp.2のNo3(ハイドン)

7月最初のレビューは弦楽四重奏の珍しいアルバム。

FranciscusQ2.jpg
TOWER RECORDS / amazon

フランチスカス四重奏団(Franciscus Quartet)による"Special Arrangements"というタイトルのアルバム。アストル・ピアソラ、ベートーヴェン、ショスタコーヴィチ、ドヴォルザーク、ルイス・ヒアネオ、シューベルトの曲に混ざってハイドンの弦楽四重奏曲Op.2のNo.3が収められています。ハイドン以外の曲目はTOWER RECORDSのリンク先をご参照ください。収録は2003年7月3日から4日、オランダのヒルフェルスム(Hilversum)のMCOスタジオでのセッション録音。レーベルはCHALLENGE CLASSICS。

ご記憶の方もいらっしゃるかもしれませんが、フランチスカス四重奏団の演奏は以前、SkunJPさんからの道場破り的投げかけ(笑)で記事にしたことがあります。一部で神格化された演奏との触れ込みで持ち込まれたアルバム。

2016/09/10 : ハイドン–弦楽四重奏曲 : フランチスカス四重奏団の弦楽四重奏曲集(ハイドン)

その経緯についてはリンク先をご覧ください。今日取り上げるのはその時別の録音があるということで存在を知ったアルバムがようやく手に入ったので取り上げた次第。前出のアルバムは1998年の録音であるのに対し今日取り上げるアルバムは2003年とその5年後の録音。メンバーを調べてみると、第2ヴァイオリンとヴィオラは変わっていましたので、改めてメンバーを記載しておきましょう。

第1ヴァイオリン:ダイアナ・モリス(Diana Morris)
第2ヴァイオリン:パメラ・クービク(Pamela Kubik)
ヴィオラ:フランク・ブラッケー(Frank Brakkee)
チェロ:セバスチャン・ファン・エック(Sebastiaan van Eck)

気になるのはこのアルバムのタイトル。"Special Arrangements"とは、直訳すれば「特別な編曲」ということでしょう。解説によれば、もともと弦楽四重奏のために書かれたものではない曲が集められているとのこと。ハイドンの作品はもともと、2本のホルンと弦楽四重奏のために書かれたディヴェルティメント(Hob.II:21)であり、弦楽四重奏曲の中では録音は極端に少ないものです。ということでなかなか凝った企画のアルバムであることがわかります。

ハイドンの前にアストル・ピアソラ、ベートーヴェン、ショスタコーヴィチ、ドヴォルザークの曲が配されますが、これが皆なかなか良い。冒頭のピアソラも色彩感がありタンゴのリズムのような独特の感じがよく出ています。そして特にショスタコーヴィチのユーモラスな展開も見事。まるでクレーメルの企画のような選曲のキレ。ハイドンは8トラック目からです。

Hob.II:21(III:9) String Quartet Op.2 No.3 [E flat] (c.1760-62)
この曲はアレグロ-メヌエット-アダージョ-メヌエット-アレグロの5楽章構成です。周りに違う時代や地域の音楽が置かれることで、ハイドンという古典期の作曲家による美しいメロディーとキリッとした構成がハイドンだけ並べた時よりも引き立ちます。フランチスカス四重奏団はそれを意識させようとしてるのか、演奏はオーソドックスですが音色に明るさを帯びているので、古典の均整のとれた構造美が印象的。ヴァイオリンのダイアナ・モリスの弓使いはノビノビとして輝かしい音色。
続くメヌエットはリズムに溜めがあってまさにディヴェルティメント然とした音楽。素朴なリズムの面白さを散りばめた名曲ですね。演奏は肩肘張らず、前出のハイドンのアルバムが音色を揃えるのに集中していたのと比べると、こちらの方がいい感じ。
そしてアダージョもハイドンならではの美しいメロディーラインが聴きどころ。別に特別なことはしてないのですが、曲に潜む素朴さをうまく汲み取っての演奏が実にいい感じ。
後半のメヌエットはビチカートに誘い出されたヴァイオリンパートが遊びまわるような曲調。そのテーマを変奏で展開していきます。変奏のアイデアの豊富さはこの時代の曲にも見られ、各パートが自在に絡みながら進んでいきます。メロディーの彫り込みが深いのでシンプルな曲ながら飽きさせません。
そしていつもながら充実した筆致のフィナーレ。曲の終わりを華やかに締める短いフィナーレですが、実に楽しげな演奏がまさにディヴェルティメントらしい雰囲気を残します。素晴らしい演奏でした。

そのあとのルイス・ヒアネオの不思議な響きの曲がまたハイドンの曲の華やかな余韻をさっと拭い去って雰囲気を一変させます。選曲のセンスのキレはここでも感じられます。そして最後はシューベルトの有名な楽興の時。どの曲も実にいい演奏で、クァルテット好きな方の厳しい耳も十分楽しませる素晴らしい構成です。

フランチスカス四重奏団の企画ものでしたが、前出のアルバムの演奏とはかなり異なる実にくだけた楽しい演奏で、ハイドンの曲の面白さをきちんと踏まえた演奏。しかも非常に珍しい曲目を見事にこなす秀演。ハイドン以外の曲も全て素晴らしい出来なので、アルバムを通じて楽しめる構成です。これはオススメ。ハイドンの評価は[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.2

ウィーン・モーリス・ラヴェル室内管による「ハイドンのセレナード」など

今日は思いっきりマイナー盤。先日オークションで手に入れたアルバム。

MauriceRaveel.jpg

ジャン・フィリップ・ローション(Jean Philippe Rouchon)指揮のウィーン・モーリス・ラヴェル室内管弦楽団の演奏で、ラモーの六声のコンセール第2番・第6番とハイドンの作曲とされてきた弦楽四重奏曲Op.3のNo.5、ホフシュテッター作曲の通称「ハイドンのセレナード」、ハイドンの弦楽四重奏曲Op.2のNo.5の4曲を収めたアルバム。収録は1988年10月、ウィーンのドミニカ会館のトーマス・ホールでのセッション録音。レーベルはウィーンのDIVERTIMENTO。

弦楽合奏による所謂「ハイドンのセレナード」と弦楽四重奏曲Op.2のNo.5というハイドンのごく初期の弦楽四重奏曲を収めたアルバムですが、ウィーン・モーリス・ラヴェル室内管弦楽団という初めて聞くオケの演奏。なんとなくただならない感じがするのは私だけでしょうか。ジャケットにも不可思議な雰囲気が漂っています。キュビズムの影響のある風景画を配した妙に淡い色合いのやはりちょっと気になるデザイン。もちろんこうしたアルバムは迷う事なく入手します。

演奏者の情報がライナーノーツに簡単に触れられていましたので紹介しておきましょう。

オケのウィーン・モーリス・ラヴェル室内管弦楽団はこの演奏に先立つこと3年、1985年にフランス人の演奏者を集めてフランスの音楽を国外に知らしめるために設立されたオーケストラ。活動の場はウィーンのフランス文化省が企画したイベントなどで、スコットランドのアバディーン音楽祭やモロッコなどにも出向いているそうです。
指揮者のジャン・フィリップ・ローションはパリのエコール・ノルマルを卒業した、このオケの創立以来指揮を担当している人とのこと。

演奏者についてはほぼ無名と言っていいでしょう。その演奏者によるラモーとハイドン。要はフランスものとオーストリアものを組み合わせたという企画でしょう。演奏者のオリジンを考えると合点のいく選曲です。さて、肝心の演奏はどうでしょうか。

String Quartet Op.3 No.5 [F] (Doubtful 疑作 Composed by Roman Hoffstetter)
有名なホフシュテッター作曲の「ハイドンのセレナード」。分厚い低音弦の心地よい響きから入ります。弦楽四重奏曲とは異なり、弦に厚みがあり、響きも重厚。意外と言っては失礼ですが、堅実かつ華やかさもあわせもったなかなかの演奏。初期の弦楽四重奏曲を弦楽合奏が演奏したものとしてはエミール・クライン盤の素晴らしい演奏を取りあげましたが、この演奏、それに勝るとも劣らない演奏。どちらかというとクライン盤の方が少々のどかで明るい印象。こちらはそれに比べると、オケの響きがキリッとしてドイツ的というかオーストリア的な感じ。ただストイックな印象は皆無で、比べてみたらというわずかな差。要はなかなかいい演奏だということです。
有名なセレナードは実にオーソドックス。良く聴くとやはり名曲ですね。ゆったり響くピチカートにのって、柔らかな弦の旋律が流れます。さりげない演奏ですが実にバランスがよく、完成度は非常に高いです。なにも欠けたものはありません。
続くメヌエットも同様。必要十分と言っては申し訳ありませんが、まさにそうした印象。さらっと演奏しているようですが、デュナーミクもクッキリついて実に豊かな陰影がついています。ゆったりとしていながら推進力もあり、なにより音楽が活き活きとしています。
フィナーレはハイドンの作といってもおかしくないような曲想の面白い展開が聴き所ですが、やはりハイドン作とは音楽の深みで差があるような気がします。いずれにせよ、これはなかなかのアルバムですね。

Hob.II:22(III:11) / String Quartet Op.2 No.5 [D] (c.1760-62)
続くOp.2のNo.5。こちらはハイドン自身の作品です。5楽章構成でプレスト・メヌエット・ラルゴ・メヌエット・フィナーレという構成。6声のディヴェルティメントHob.II.22の編曲ということです。おそらくハイドンが20代の頃の作品で、後年の成熟した筆致はないものの、すでにメロディーの美しさはかなりのもの。この演奏を聴いているとそのような若書きの曲を実に上手くまとめて演奏しています。最初のプレストから、テンポはプレストながら雰囲気はゆったりとした音楽。適度に生気とクッキリ感もあり、実に無理のない演奏です。弦楽器が美しく聴こえるポイントを実に上手くコントロールして、絶妙の安定感。このリラックスしきった雰囲気はなんでしょう。これぞハイドンという実に暖かい音楽。
第一のメヌエットは暖かさを引き継いで、美しいメロディが途中で陰りをみせる陰陽の繊細な変化とゆったりしながらもくっきりとした旋律の浮かび上がらせ方の上手さがポイントでしょう。
そしてラルゴのメロディーはヴァイオリンが透き通るような美しさ。高音域の美しさはソロヴァイオリンのクッキリした感じとは異なり、シルキーなほどの滑らかな響き。この曲を弦楽四重奏ではなく弦楽合奏で演奏した意図が分かった気がします。この美しさは弦楽合奏ならではですね。指揮者のジャン・フィリップ・ローション、かなりの腕前とみました。
第二のメヌエットは第一のメヌエットと曲想は良く似ているものの変化をつけて、構成の面白さを際立たせます。
フィナーレも比較的ゆったりした音楽。しっかり溜めをつくりながら堅実な締め方。アーティスティックなまでに盛り上げる演奏もあるなか、曲自体はディヴェルティメントであり、まさに演奏して楽しむための弾き方。身の丈にあった演奏ということでしょう。

まったく知らなかった指揮者とオケによるハイドンの初期の弦楽四重奏曲と有名な「ハイドンのセレナード」の演奏ですが、予想外にすばらしい演奏でした。演奏者が自身を癒すような演奏と言ったら良いでしょうか。途中でも触れましたが、以前取りあげたエミール・クラインの演奏と非常に近い印象です。弦楽四重奏曲はタイトなせめぎ合いやソロ弦楽器の研ぎすまされた響きの魅力が聴き所ですが、このアルバムで取りあげられている曲自体がもつ美しいメロディーを実に磨き込まれたシルキーな響きをあぶり出し、曲の持つ魅力を別の角度からあぶり出した酔眼と言っていいでしょう。やはりただならぬ雰囲気をジャケットから感じたのは勘が冴えていたということでしょう。もちろん評価は両曲とも[+++++]とします。ハイドンの音楽の美しさを素直に楽しめるよいアルバムです。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.2 ハイドンのセレナード

ヤコブ・リンドベルイのリュートによる室内楽

今日は珍しいアルバムを。

Lindberg.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

ヤコブ・リンドベルイ(Jacob Lindberg)のリュート、ドロットニングホルム・バロック・アンサンブルのメンバーによる演奏で、ハイドンの弦楽四重奏曲のOp.1 No.1(Hob.III:1)、Op.1 No.6(Hob.III:6)、Op.2 No.1(Hob.III:8)、そしてハイドンの真作かどうか疑わしい三重奏曲(Hob.IV:F2)の4曲を収めたアルバム。収録は1987年1月29日~31日、スウェーデンのストックホルムの近郊の街、ストックスンドのペトロ教会でのセッション録音。レーベルは響きの美しい録音で知られるスウェーデンのBIS。

ヤコブ・リンドベルイは1952年、ストックホルム近郊の街ユルスホルム(Djursholm)の生まれ。最初はビートルズの音楽に惹かれギターを弾くようになり、すぐにクラシック音楽に興味を持つようになったとのこと。14歳でリュートに興味をもち、ストックホルム大学で音楽を学んだ後、イギリスに渡り英国王立音楽大学でギターとリュートを修めた。以来リュート奏者として欧米や日本でもコンサートを重ね、ルネッサンスからバロックにかけてのリュート音楽の第一人者という立場でしょう。リンドベルイのサイトがありますのでリンクを張っておきましょう。

ヤコブ・リンドベリのウェブサイト(英文)

私もギターやリュートは好きで、ギターはアンドレス・セゴビアの演奏を偏愛してます。セゴビアの演奏するバッハの無伴奏チェロ組曲3番の演奏はチェロの演奏よりもセゴビアのギターの演奏の方が好きなくらいです。リュートはリンドベルイやポール・オデットのアルバムをいろいろ手に入れて、リュート独特の響き渡る美しい音色をたまに楽しんでます。

このアルバムは好きなリュートの演奏によるハイドンの曲を演奏したアルバムということで手に入れたもの。先に紹介したように、収録曲目はハイドンの初期の弦楽四重奏曲などを集めたもので、第一ヴァイオリンをリュートで弾いたものとなっています。

アルバムのライナーノーツには、リュートの歴史とともにこのアルバムの位置づけが書かれています。ルネサンス期からバロック期に最高潮だったリュートの人気はハイドンの時代の始め頃まで続き、バロック期の13コースのリュートはヨーロッパの貴族社会においても好まれ続けたとのこと。それゆえハイドンのごく初期のリュートと弦楽器のための曲として残された2種の弦楽四重奏曲に由来する楽譜が残されていることも不自然なことではないわけですね。

これらのリュートのための曲のもととなった弦楽四重奏曲はハイドンがウィーンの合唱団を退団してから1761年にエステルハージ家に副楽長として採用される間のごく初期の曲。技術的な熟成は後年に譲るとして、若いハイドンの素直で明るい曲調を楽しむ曲でしょう。

なお、リュートの構造などについて私は詳しくありませんが、Wikipediaをみたところかなり詳しい情報が掲載されていますので、一度ご覧ください。

Wikipedia:リュート

演奏はリュートの雅な音色とヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの端正なアンサンブルによる美しい響きをただただ楽しむべき演奏。BISらしい空間へ響く余韻の美しい録音。どの曲も非常に自然な演奏。中庸なテンポ、楽譜に身を任せるような非常に自然な作為のない穏当な演奏。

カッサシオン(Hob.III:1 弦楽四重奏曲Op.1 No.1)1760年以前作曲
弦楽四重奏曲としてもあまり聴く機会の多くないOp.1のNo.1。聞き覚えのあるフレーズですが、以前取り上げた別の曲のフルート版の編曲のときの違和感とはちが、素直に美しいリュートの音色を楽しむことができます。元の曲の記憶が薄い分良いのかもしれませんね。曲自体も技巧を凝らしたものというよりは、ハイドンの初期の美しいメロディの習作のようなこの曲を、あくまで自然に奏でるだけで十分美しい演奏になってます。3楽章の素直な曲。

カッサシオン(Hob.III:6 弦楽四重奏曲Op.1 No.6)1760年以前作曲
前曲からはだいぶ筆が込んで来て、聴き応えもだいぶ上がります。それでもクァルテットの緊密なアンサンブルを追求するような曲ではなく、あくまで楽天的に聴くような曲でしょう。2楽章のメヌエットはダウランドのリュート曲のような響きも感じさせ、リュートの響きの美しさを楽しめます。3楽章はハイドンのシンプルな曲想の芽生えのような素晴らしい曲。伴奏にまわったリュートの響きに乗ってヴァイオリンの奏でるメロディーの美しいこと。極上のひと時。ハイドンの才能がこれほど初期から迸っていたかと感慨深いものがあります。4楽章も力を抜いた典雅なフィナーレ。技巧を凝らすだけではなく、ただ演奏するだけで心に届く純粋さを感じる素晴らしい演奏。これも音楽の本質でしょう。

カッサシオン(Hob.III:8 弦楽四重奏曲Op.2 No.2)1760年~62年作曲
5楽章構成のOp.2のNo.2。曲を聴いているとハイドンの筆がまたすこし進んで、音楽の幅と深さが増してように聴こえます。1楽章はこの先に何か起こりそうな期待感のような不思議な感覚を感じます。2楽章のメヌエットは不思議なリズムとメロディーによる変化のあるメヌエット。3楽章は期待のアダージョ。全曲同様至福の一時。何と豊かな心境になることでしょう。このシンプルな曲のリュートによる研ぎすまされた響き。純粋無垢な魅力に溢れています。技巧とは無縁の静穏な魅力に圧倒されます。4楽章は再びメヌエット。リュートによるメロディーがクッキリと浮かび上がる演奏。フィナーレも見事に力が抜けてます。弦だけのときよりリュートに合わせるために他の弦楽器奏者が音量を抑えていることがうまい具合に力が抜けた演奏になっている理由のかもしれませんね。

カッサシオン(Hob.IV:F2)ハイドン真作の可能性低い
最初からリュートを前提に書かれている唯一の曲とのことですが、ハイドンの真作の可能性は低いとのこと。私に判定する力はありませんが、明らかに曲調が変わります。この曲はアルバム上はオマケといった存在でしょう。

さて、曲自体は未成熟な曲ながら、そのリュートによる演奏は技巧を超えて素晴らしい自然さ。まるで宝石箱のような美しさに溢れた演奏でした。私がリュートが好きなところが影響しているかもしれませんが、室内楽が好きな人には是非一度聴いていただきたい演奏だと思います。評価は1曲目が[++++]、2曲目、3曲目が[+++++]、最後の曲は対象外とします。

何となく書いているうちに、今度はセゴビアのギターについても一度書かなくてはならないかなと思ってきました。こちらはまた折りをみて。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.1 弦楽四重奏曲Op.2 おすすめ盤 リュート

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ホルン協奏曲古楽器時計悲しみ弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.54天地創造ヴォルフレスピーギリゲティタリスヨハン・シュトラウスリヒャルト・シュトラウス軍隊交響曲10番モーツァルトピアノソナタXVI:49交響曲54番迂闊者ネルソンミサバリトン三重奏曲ベートーヴェンピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71ブルックナー交響曲88番ベルリオーズナッセンバッハベンジャミンウェーベルングリゼーヴァレーズメシアンシェルシOp.20弦楽四重奏曲交響曲65番交響曲9番交響曲67番弦楽四重奏曲Op.76交響曲61番狩り交響曲73番交響曲39番リームピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:20アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6四季交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:45ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:21ピアノ三重奏曲第九ヒストリカル太鼓連打オックスフォードボッケリーニ交響曲99番ロンドンシューベルト交響曲5番チャイコフスキーストラヴィンスキーチェロ協奏曲ライヴピアノ協奏曲XVIII:11弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34サントリーホールブーレーズ弦楽四重奏曲Op.74哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ騎士オルランド無人島アルミーダチマローザ変わらぬまこと英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1交響曲79番交響曲3番ラメンタチオーネアレルヤチェロ協奏曲1番驚愕交響曲27番交響曲58番交響曲19番紀尾井ホールショスタコーヴィチドビュッシーミューザ川崎協奏交響曲LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲90番告別交響曲97番交響曲18番奇跡ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ニコライミサ小オルガンミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲93番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃ライヴ録音SACD武満徹交響曲81番交響曲80番交響曲21番マリア・テレジア豚の去勢にゃ8人がかりクラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲4番交響曲15番交響曲1番交響曲37番ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:35ロッシーニライヒャドニぜッティ弦楽三重奏曲シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31パレストリーナアレグリモンテヴェルディバード美人奏者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムカノンドイツ国歌モテットよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲89番交響曲50番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bis音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲107番交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
82位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
8位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ