今日はお花見

今日はお花見に近所にお出かけ。

IMG_1419.jpg

府中は桜がちょうど満開。選挙に出かけてついでに桜見学。例年なら町中は桜まつりで出店などが出ているところですが、今年は震災のせいかお祭りは中止。競馬場も今日はお休みということで、静かな花見です。桜の花はまさに見頃。投票所の小学校の北側のさくら通りから欅並木を通って大国魂神社へ。

IMG_1423.jpg

大国魂神社も競馬がないせいか人通りが少ないですね。今年御鎮座壱千九百年ということで本殿の入り口の門(随神門)の改築工事などが行われていました。門は真新しい材木の樹の香りと、まだ銅そのままの色の屋根がまぶしい状況。もう少しで完成でしょうが、落ち着いた色になるには10年くらいの歳月が必要なんでしょう。

IMG_1425.jpg

本殿には東京の地酒が奉納されてました。府中の野口酒造の国府鶴や青梅の小澤酒造の澤乃井など10種のお酒が陳列。大国魂神社の境内には数本の桜しかありませんので、毎年裏の妙光院というお寺に花見散歩に出かけます。

IMG_1427.jpg

妙光院の境内には立派な竹林があり竹と桜のコントラストが良いんですね。

IMG_1432.jpg

ひとしきり散歩を楽しんだあとは、毎年竹林の裏の喫茶店でコーヒーを飲みます。毎年お花見の時期にしか行かないんですが、毎年行っているので妙に落ち着いた感じ。今日はお客さんで一杯でした。店内はレンガタイルの内装、窓の外は竹林となかなか良い雰囲気なんですね。店内にはジャズがながれていますが、アンプがマッキントッシュのブルーアイズメーターのものに変わってましたね。

食べログ:菩提樹

IMG_1430.jpg

今日はマンデリン、グァテマラとマロンケーキ。いつもここのコーヒーは美味しいんですね。ちょっとのんびり。

IMG_1431.jpg

お店の前の庭に黄色の綺麗な花が。菩提樹を後にして、買い物をして帰宅。

IMG_1437.jpg

今日は白ということで、シャブリの2009年。いつものようにズッキーニ、椎茸などのグリル、あとはブルーチーズやサーモンのパテをパンに塗ってつまみにします。シャブリはまだ若く、樹の芽のような香りのふくよかさと軽い酸味が特徴。

IMG_1439.jpg

今日はニジマスのソテー。お腹を出してローズマリーをつめ、強力粉をはたいてオリーブオイルとバターでソテー。最後にワインでフランベして酸味を少し加えます。イタリアンパセリをまぶしてレモンとオイルをかけていただきます。今日はニジマスが新しかったので淡白な中にもこくのある味で美味しかったです。

IMG_1442.jpg

最後はパスタで、今日はホタルイカとチリメンジャコのリングイネ。いつものようにネギで爽やかさを加えます。

今日は久しぶりの土日休みということで、久々にのんびりしました。いつも通り花見シーズンでしたが、町中はやはり例年より賑わい感がないですね。買い物客は多いんですが、出店や競馬がない分街に活気がありません。余震続きだったり原発事故だったり停電だったり、いろいろあるのでまだまだ平時のようにはいかないのでしょうね。

明日からまた仕事ですので、忙しい日常に戻ります。

テーマ : お散歩・お出かけ
ジャンル : ライフ

tag : 府中

大国魂神社の酉の市

今日は午後からひと泳ぎして、夕方買い物がてら、近所の大国魂神社の酉の市へ。

大国魂神社

IMG_0840.jpg

参道は屋台と提灯の灯りでいつもながらお祭りのいい雰囲気。

IMG_0842.jpg

大鷲祭なんですかね。今日は日中から花火の号砲が何度も鳴ってました。

IMG_0847.jpg

恒例の熊手屋さん。商談がまとまると三本締めで盛り上がります。

IMG_0855.jpg

毎年この時期は境内で菊の展示会。丹誠込めて育てた菊の数々。夜ライトに照らされていい香りを放つ菊もまたいいいものです。

IMG_0853.jpg

境内ではお神楽が。アート・ブレーキーの「チュニジアの夜」よろしく太鼓の音が鳴り響きます。笛が加わると流石に和風に聴こえますね。

毎年の恒例で本殿と横の大鷲神社にお参りして、大鷲神社で小さな熊手を買って帰りました。




お腹が減ったので、帰って食事。

IMG_0858.jpg

プレミアムモルツで喉を潤してから、やおら準備です。嫁さん特製の、モツァレラチーズとトマト、ニンニク、バジルなどを合わせてモツァレラトマト。今日のワインは先日勝沼のワイナリー巡りツアーで立ち寄った山梨ワインで買って送ってもらったもの。「七俵地畑収穫」と記された2008年のシャルドネ。ふくよかなボディ感を感じる白。キリッとしたところはないんですが、日本のワインも捨てたものではありませんね。以前の記事のリンクを張っておきましょう。

ハイドン音盤倉庫:勝沼へワイン&温泉紀行

IMG_0862.jpg

もちろん白を開けたので牡蛎。牡蛎にはミュスカデのようなキリッとした白が定番なんでしょうが、今日の和製シャルドネも牡蛎の旨味のエッセンスと波長は合ってます。濃いめの塩水をくぐらせ、檸檬をたっぷりと絞っていただきます。当ブログの読者の方は、先月私が牡蛎にあたったことはご存知のことと思いますが、この季節に牡蛎を食らわぬ訳にはまいりません。幸い軽症で済んでましたので、精神的ダメージも大きくありません(笑)

IMG_0863.jpg

パスタは、たらことシラスをオイルでからめたフェデリーニ。仕上げに小ネギをたっぷりとかけ爽やかさを加えます。シラスが入ると旨味が増して美味しいんですね。

IMG_0867.jpg

最後はいつもの豚のサルビア焼き。塩胡椒をした豚肉に強力粉をはたいて、サラダ油とバターでじっくりソテー。最後に豚を取り上げた後、セージをたっぷり加えて油に香りを移したあと、豚にまわしかけるという簡単なもの。いつやっても美味しいですね。豚に事前に振る塩加減がきわめて重要なんですね。今日はうまくいってます(笑)

今日はレビューをいくつか予定してましたが、なかなか思うようにいかず。明日から2泊3日の研修ですので、おそらく月曜、火曜の更新は難しいかと思いますのでよろしくお願い致します。

今日はブログのメールフォームにハイドンを愛好する方からメールをいただき、いろいろ教えていただきました。確かにモーツァルトが好きな方は多いと思いますが、ハイドンを偏愛する方はなかなかいらっしゃいません。ハイドン好きな者同志、いろいろ情報交換していきたいと思います。

テーマ : お散歩・お出かけ
ジャンル : ライフ

tag : 府中

2001年宇宙の旅

ラトルのハイドンの記事を書いたので一段落。
今日は、府中のTOHO CINEMASというシネコンに朝からでかけ、キューブリックの不朽の名作「2001年宇宙の旅」を観ました。DVDのキューブリック全集もあり、何度も見た映画なんですが、嫁さんが上映スケジュールから見つけて久しぶりに映画館に。

Wikipedia:2001年宇宙の旅

午前十時の映画祭

午前十時の映画祭と称して、昔の名作映画を1000円で楽しめるという粋な企画です。2001年といえば圧倒的な映像美にくわえて想いもかけない音楽の使い方がキューブリックの天才ぶりを思い知らせる映画。カラヤンの「美しく青きドナウ」、ベームの「ツァラトウストラ」に加えて、リゲティやハチャトウリアンなどを堪能できます。

IMG_0544.jpg

これは昔、六本木WAVEで手に入れたサウンドトラック(輸入盤)。いま流通しているものとはジャケットの出来がちがいます。

わざわざ映画館に出かけたのは、この素晴らしいサウンドトラックを迫力の大画面とともに大迫力で楽しみたかったからに他なりません。

冒頭何も写る前の暗黒のスクリーンにリゲティのレクイエムが延々と流れるところが尋常ならざる迫力。宇宙空間に宇宙船が踊る映像でのドナウ、そして、孤独感を際立たせるハチャトウリアンなど素晴らしい効果。
映画自体の素晴らしさは言わずもがな。最後はまた字幕も流れ終わった暗黒のスクリーンに流れる、カラヤンのドナウをたっぷり楽しんで終演。会場からは自然に拍手が。

日曜の昼間の最高の過ごし方ですね。

今日はそれからひと泳ぎして、ラトルのレビューと相成った訳です。夜は先日の山形旅行の土産の板蕎麦と秋刀魚の塩焼きで一献。

明日からまた仕事ですな。まだ暑いので残暑ばてしないよう、みなさん頑張りましょう(笑)

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

tag : 府中 カラヤン

キレまくってます!

土曜日に立ち寄ったサントリー武蔵野工場。注文したプレミアムモルツ1カートンが日曜に到着。
6月上旬の製造刻印。

今日はワールドカップ観戦しようと今帰ってシュポッ!

IMG_0167.jpg

この悦びをつたえようとアングルに迷っているうちに、泡がしぼんじゃいました。

やはり普段のものとフレッシュさが違います。
ビールは鮮度が大事と思い知る瞬間。のどごしとアロマホップの鼻に抜ける感じのクオリティが違います。
この、ほんの少しの違いが大事なポイントなんですね。
ハイドンの演奏も同様、同じ楽譜から奏でられるメロディのわずかな違いが心へ届く深さに大きく影響します。(すごいこじつけ!)

そら豆をつまみながらビールをちびちび、オランダ、デンマーク戦を観戦。
考えてみるとオランダとデンマークは隣国近隣国(間にドイツが入ってました!)。韓国対北朝鮮くらいの勢いでしょうか。

そうこうしているうちに、デンマークのオウンゴールでオランダ1点リード。

はやく食事をすませて、日本戦に望むことにしましょう。
気が向いたらレビューもします!

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

tag : 府中

あじさいの季節となりました

今日は近所の府中郷土の森博物館まで散歩に。
この季節は毎年「あじさいまつり」と称して広大な庭園のあじさいが楽しめるようになります。

府中市郷土の森博物館

IMG_0136.jpg

IMG_0137.jpg

IMG_0138.jpg

まだ、咲きはじめという感じでした。
今日の東京は直射日光がまぶしく、歩くと汗ばむ陽気。

園内には府中市内の古い建物が移築保存されおり、中に入ってみることが出来ます。

IMG_0142.jpg

IMG_0143.jpg

IMG_0141.jpg

これらの建物や木陰にはいると、それだけでだいぶ涼しく感じます。
茅葺きの屋根、漆喰の壁、風が通る開放的なつくり。すべてが日本の気候のために考え尽くされた構造。
現在のマンション暮らしは、エアコンなしでは成り立ちませんが、エアコンのない時代も人は生きていなくてはなりませんでしたので、これらの歴史的なものから学ばねばならないことは少なくありませんね。

一汗かいたので、レストランでビール。もちろん府中なのでサントリープレミアムモルツです。

そして、いつもの通り、サントリービール工場に立寄り。今日は工場に入るのが4時すぎてしまいましたので、工場見学と試飲はできませんでしたので、売店のみです(笑)
工場直送ビールを1ケース注文。酒屋とはちがって正価なのでちょっと高いんですが、製造直後なのでやはり旨さがちがいます。そして、いつものように「ビールうどん」なるビール工場土産も手に入れ帰途に。これ意外とうまいんです。

サントリー武蔵のビール工場

帰りはビール工場のバスに乗せてもらって帰ります。
近くで肉やらホタテやら野菜やらを買い出して、帰宅しました。

これから、ゆっくり飯でも食って、また1つ2つレビューしますので。

テーマ : お散歩・お出かけ
ジャンル : ライフ

tag : 府中

散歩の収穫、ホグウッド未発売盤

今日は東京は散歩日和というより、肌寒い一日でした。散歩はあきらめスポーツクラブで泳いだあと、近所に買い物に。
府中の街は、いつもの賑わいというより、ダービーの波乱の結果と寒空でどことなく沈みがちだったかしら。

さて、散歩ついでによく立ち寄るポポロへ。よくある街の中古レコード/CD屋さんです。
在庫があまり動かないので、大発見はあんまりないんですが、今日は珍しい盤を発見。

HogwoodBBC.jpg

ホグウッドのハイドン交響曲全集が途中で頓挫し、残った録音をBBC musicマガジンの付録としてリリースされたものと思われます。

曲は交響曲76番と77番。録音は1996年の3月。
オワゾリールからリリースされた最後のボックスが第10巻で交響曲62番から75番の7曲で録音は95年の3月から9月ということで、この第10巻のための録音後の録音であることがわかります。

演奏はホグウッドの特徴である典雅な古楽器を生かしたきびきびとしたもの。
ご存知の通り、私自身はホグウッドの交響曲はあまり高く評価しておりませんが、この演奏もその延長のもの。交響曲には今一歩の生気が欲しいと思います。
ただし、あまり出回っていない盤ということで、コレクション価値はそこそこのもの。

お店に顔を出すと、出会いがあるものですね。
邂逅というかserendipityというか、、、

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 府中 交響曲76番 交響曲77番

国立までのんびりと散歩

今日は天気がよかったの府中から国立までのんびりと散歩を楽しみました。
歩いた距離は道なりだと6キロくらいですが、いろいろ寄道しながらだったので都合10キロくらいでしょうか。

久しぶりに国立のディスクユニオンに立寄り、物色。
以前はオーディオコーナーもあったように記憶していますが、今はCDなどのみになっていますね。何年かぶりの訪問です。

手に入れたものは次のとおり。

天地創造 ハワードグリフィス指揮のチューリッヒ室内管弦楽団
ソプラノがグルヴェーロヴァなのが目を引いて購入しましたが、レーベルはスイスのNIGHTINGALE CLASSICSというレーベルです。製造はオーストリア。
ちょっと調べてみると、、、NIGHTINGALE CLASSICSのホームページがあります!

NIGHTINGALE CLASSICS

ホームページの出来などからいって個人経営レーベルのような雰囲気ですが、グルヴェーロヴァの録音が沢山ありますので、関係者なんでしょうか。

件のCDの情報もありましたので張っておきます。

Nightingale.jpg
http://www.nightingaleclassics.com/n_schoe.htm

ちょっと聴く限り、かなりいけてます。小編成のオケに合唱は少年合唱で非常に透明感の高い演奏。拾い物としてはかなりの満足度。これだからジャケット買いはやめられません。

同じく天地創造をもう一組。

天地創造 カラヤン指揮ウィーンフィル 1977年8月15日ライヴ。
ソリストはマティス、シュライアー、ホセ・ファン・ダムという豪華なもの。こちらはsardana recordsという海賊盤。
こちらも、ちょい聴きですが、えらい集中したなかなかの演奏という印象。来週の週末にでもゆっくり聴いてみましょう。注文中のカラヤンベルリンフィルとの新盤との比較も楽しみですね。

その他、クレンペラーの1956年トリノイタリア放送響との時計ライヴ(MEMORIES REVERENCE)、ズヴィーデン指揮オランダ放送室内管の31番ホルン信号、72番、73番狩などを入手。最後のズヴィーデン指揮オランダ放送室内管は手に入れ損なっていたのでちょうど良かったですが、これは名演ですね。今時これほど伝統的な奏法にはめったにお目にかかれないような現代楽器の正統的演奏ですが、非常にオケのコントロールが行き届いていて緻密ですね。もう1枚の方も手に入れなくてはいけませんね。


散歩の途中、結構な陽気だったので国立駅の近くの路上で綺麗なお姉さんの客引きにまんまと引っかかってカフェに。

国立カフェクオーレ

ギネスでのどを潤しリフレッシュ。お店は今年オープンしたようですが、綺麗なつくりで、オーナーの方も気さくに話にきてくれました。いいお店だったので皆さんに紹介しておきます。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 天地創造 府中 ウィーンフィル

太鼓連打、連打、グランカッサ炸裂!

今日は、地元府中で古くからつたわる大国魂神社「くらやみ祭り」を見物。

Kurayami.jpg

くらやみ祭りについては各種サイトをご覧ください。

くらやみ祭り公式サイト
Wikipedia:くらやみ祭り

要は、府中市内を多数の御神輿と大きな太鼓が練り歩くお祭りなんです。
ポイントはこの太鼓の大迫力の音なんです。
自宅の前にも太鼓がおかれる休憩所があり、毎年5月3日から6日明け方まで、太鼓が鳴り響きます。

Wikipediaに掲載されている太鼓は

御先拂御太皷 歌口径:2m00cm 昭和60年製作(材質:ブビンガー)
御本社一之宮御太皷 歌口径:1m29cm 昭和27年製作(材質:欅)
二之宮御太皷 歌口径:1m85cm 昭和52年製作(材質:ブビンガー)
三之宮御太皷 歌口径:1m81cm 平成2年製作(材質:ブビンガー)
五六之宮御太皷 歌口径:1m87cm 平成6年製作(材質:ブビンガー)
御霊宮御先拂御太皷 歌口径:1m56cm 昭和9年製作(材質:ミネバリ)

などなどですが、直径2メートル前後の太鼓を野球のバットのようなバチで両側から強打しながら街を練り歩くわけで、近くで聴くと、頬がビリつかんばかりの大迫力なんです。
そして町中を多数の太鼓が練り歩くと、町中に重低音が鳴り響きつづけるわけです。
もちろん自宅でも窓ガラスや食器棚のガラスがビリつく大迫力。

先日のカンブルランの春の祭典のグランカッサもすごかったですが、こちらも負けていない訳ですね。

このお祭り、地元の人にはなじみの祭りですが、地元以外には、あまり知られていません。
単にお祭りということよりは、音楽好きの人をターゲットに、「太鼓連打」祭りとして、太鼓の大迫力を楽しんでもらうお祭りにして、1基はホール内で鳴らせば、格別の重低音が楽しめるって嗜好というのはどうでしょうか。
音楽好きのひとがもう少し集まるんじゃないでしょうかね。

明日は朝4時から神様がお帰りになる最後の太鼓連打。連休明けの眠い脳にいい目覚ましになりそうです。
早く寝なくちゃ。(連日ハイドンに関係なくてすいません!)

テーマ : お祭り&行事
ジャンル : 地域情報

tag : 府中

ゲゲゲの深大寺

昨日は連休の人ごみを避け地元を散歩、というコンセプトのはずが、、、
結構な人ごみでした。

NHKの朝の連ドラ「ゲゲゲの女房」などの影響でしょう、調布、深大寺は相当な人ごみでした。

まずは深大寺まで調布からバスで。
降りるとすぐに鬼太郎茶屋なる妖怪屋敷が!

Kitaro.jpg
http://www.youkai.co.jp/chaya.html

Kitaro2.jpg

観光客でごった返してました。写真の鬼太郎の顔の中に顔を出して撮影したことは言うまでもありません(笑)
いやはやテレビの力はすごいですね。

深大寺や神代植物公園などを散策し、お腹が減ったところで深大寺山門前の「そばごちそう門前」へ。

Monzen.jpg

お昼時でそば屋さんはどこも人が並んでいましたが、タイミングが良かったのか5分程度で席につけ、生ビールやら冷酒を飲みながら、焼き味噌、天ぷら、そばなどをいただきました。写真はとろろそば(ピンぼけですいません)
満員なのにテンポよく注文したものが運ばれ、あっという間にいい気分に(笑)
粗碾そば(あらびきそば)がそばの風味がよく美味でした。あとは焼き味噌が日本酒のお供に絶妙ですね。

食事後は近くの野川を散歩しながら近藤勇生家などを通って西武多摩川線多磨駅まで。今日は8キロくらいの散歩でした。

いい具合に汗をかいたので、まだ17時前にも関わらず国分寺の居酒屋「あかちょうちん」に。もちろんこの日の一番乗り。なぜか飲み物半額とのことで、ぐびぐび飲んじゃいました。
昔国分寺に住んでいたこともあり、以前に一度だけいったことがありましたが、おそらく15年ぶりくらいの訪問。ビールや日本酒とともにいろいろいただきましたが、鰤のカマ焼きが絶品でした。安くて美味しいいい店ですね。

ということで、5月4日は散歩と酒で終わりました。

コメントいただいたライムンドさん、こういった訳で返信おくれました、スミマセン!

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

tag : 府中

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

十字架上のキリストの最後の七つの言葉ショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク悲しみオックスフォード交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲古楽器時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフリゲティヨハン・シュトラウスリヒャルト・シュトラウスタリスモーツァルト軍隊交響曲10番ピアノソナタXVI:49交響曲54番迂闊者ネルソンミサバリトン三重奏曲ベートーヴェンピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71ブルックナー交響曲88番ベルリオーズナッセンバッハウェーベルンベンジャミンヴァレーズメシアングリゼーシェルシOp.20弦楽四重奏曲交響曲9番交響曲65番交響曲67番弦楽四重奏曲Op.76交響曲73番交響曲39番狩り交響曲61番リームアンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:48四季交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45ピアノソナタXVI:21ピアノ三重奏曲第九ヒストリカル太鼓連打交響曲99番ボッケリーニロンドンシューベルト交響曲5番チャイコフスキーストラヴィンスキーライヴピアノ協奏曲XVIII:11弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74変わらぬまこと哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェアルミーダ騎士オルランド無人島チマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:3交響曲3番交響曲79番アレルヤラメンタチオーネチェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲27番交響曲19番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎協奏交響曲オーボエ協奏曲LPヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー告別交響曲90番交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ニコライミサ小オルガンミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲93番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃武満徹SACDライヴ録音交響曲80番交響曲81番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかりBlu-ray東京オペラシティ交響曲11番交響曲12番交響曲4番交響曲15番交響曲1番交響曲37番ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ドニぜッティロッシーニライヒャ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26バードアレグリパレストリーナモンテヴェルディ美人奏者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムドイツ国歌モテットカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲62番交響曲107番交響曲108番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ