ウィリアム・バーガーのオペラアリア集(ハイドン)

声ものが続きます。オペラの賑わいと楽しさが詰まったナイス・プロダクション!

WilliamBerger.jpg
amazon / TOWER RECORDS / HMV&BOOKS online

ウィリアム・バーガー(William Berger)のバリトン、ニコラス・マギーガン(Nicholas McGegan)指揮スコットランド室内管弦楽団(Scottish Chamber Orchestra)の演奏で、ハイドン、モーツァルト、チマローザのオペラから抜き出したアリアなど16曲を収めたSACD。収録は2012年7月23日から27日にかけて、エジンバラのアッシャーホール(Usher Hall)でのセッション録音。レーベルはLINN。

アルバムタイトルは"HOMMAGE À TROIS"。英語にすると”Tribute to three”。アルバムの内容を踏まえると「3人の偉大な作曲家への賛辞」とでも訳すのでしょうか。そう思ってライナーノーツの英文解説をパラパラと眺めてみると、「ハイドンへの賛辞」、「モーツァルトへの賛辞」、「チマローザへの賛辞」という記述があり、まさにタイトル通りであり、収められている曲もこの古典期の偉大な3人の作曲家による素晴らしいオペラのアリアばかりです。

このアルバムのメインのアーティストはバリトンのウィリアム・バーガー。わたしは初めて聴く人です。南アフリカ生まれで、ロンドンの王立音楽アカデミーで学び、多くのコンクールで表彰されて頭角を表し、現在は世界のオペラハウスで活躍している人。録音の方はヘンデル、モンテヴェルディなどの古楽が多いようです。

指揮のニコラス・マギーガンはハイドン好きな方にはおなじみでしょう。指揮ばかりではなく、フォルテピアノやフラウトトラヴェルソまで嗜む多芸な人。

2016/01/26 : ハイドン–室内楽曲 : ガメリート・コンソートのピアノ三重奏曲など(ハイドン)
2015/05/09 : ハイドン–交響曲 : 絶品、ニコラス・マギーガンの交響曲集第2弾(ハイドン)
2011/09/03 : ハイドン–交響曲 : 【新着】ニコラス・マギーガンのロンドン、88番、時計

マギーガンの交響曲集の第1弾の2008年録音のロンドンなどのアルバムはちょっと硬さがありましたが、2014年録音の第2弾は自在さの際立つ素晴らしい出来。そもそも1982年録音のマギーガンがメンバーであったガメリート・コンソートでの演奏も自在さが印象的な録音でした。

そして、今日取り上げるアルバムは、マギーガンの自在なフレージングオペラの一場面がイキイキと描かれる見事な演奏が詰まった素晴らしいアルバムです。いつものようにハイドンの曲のみ取り上げますが、モーツァルトはフィガロの結婚、ドン・ジョヴァンニ、コジ・ファン・トゥッテ、魔笛からのバリトンの傑作アリアが目白押しです。

ハイドンのオペラは歌詞の日本語対訳が手元にない曲も多いですが、ライナーノーツの英語訳の歌詞を見ながら想像力を駆使してアリアを味わいます(笑) アリアのタイトルもGoogle翻訳などを駆使して訳してみましたが、正しいかどうかはわかりませんことご容赦を(笑)

Hob.XXVIII:9 "L'isola disabitata" 「無人島」 (1779)
第1幕、エンリコ(Enrico)のアリア"Chi nel cammin d'onore"「名誉を得ようとする者」
アルバム冒頭に置かれたハイドンの作品。LINNレーベルのSACDということでオーディオ的に録音も秀逸ですが、曲調を考えるともう少し残響を取り込んでオペラハウスでのライヴのような雰囲気が感じられるとさらによかったかもしれません。ハイドンらしいイキイキとした晴朗な伴奏が痛快。オケの豊かな表情は流石マギーガン。ウィリアム・バーガーのバリトンはかなり高い音域まで伸び伸びとして、コミカルな表情もうまくこなしてます。明るい曲調からの転調の場面の面白さを含む挨拶がわりの1曲。

続いてフィガロの結婚から第3幕アルマヴィーヴァ伯爵とスザンナのデュエット「ひどいやつだ」、その続きのアルマヴィーヴァ伯爵のレチタティーヴヴォ「もうお前の勝ちだと言ったな」の2曲を挟んで、再びハイドン。

Hob.XXVIII:13 "L'anima del filosofo, ossia Orfeo ed Euridice" 「哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ」 (1791)
第1幕、クレオンテ(Creonte)のアリア"Il pensier sta negli oggetti"「我々の考えは我々の愛情の対象に関するもの」
今度はゆったりとした癒しに満ちた序奏に乗って優しげなバリトンによる癒しに満ちた歌唱。モーツァルトほどのメロディーのわかりやすさはないものの、実に慈しみ深い雰囲気に包まれるハイドンの熟達の技。場面の雰囲気を描く描写力の素晴らしさ。バリトンのしっとりとした歌を際立たせる控えめなオーケストレーションが素晴らしいですね。マギーガンもそれを察してゆったりとした場面に徹する見事なコントロール。

Hob.XXVIII:12 "Armida" 「アルミーダ」 (1783)
第2幕、イドレーノ(Idreno)のアリア"Teco lo guida al campo"「彼を陣営に連れて行くがいい」
まさに戦いに連れ出されんばかり人を勇気付ける音楽。ここでも転調をうまく使って心理描写をしているよう。高らかに響き渡る柔らかなバリトンが印象的。行進曲風の触りの部分が戦場を想起させ、すぐに心細さを交錯させ、最後は勇敢さを表すような堂々としたバリトンの歌唱で終わる、またまた見事な構成。いつもながら構成の面白さはハイドンならでは。通好みのポイントです。

Hob.XXVIII:11 "Orlando Paladino" 「騎士オルランド」 (before1782)
第2幕、エウリッラ(Eurilla)とパスクァーレ(Paswuale)のデュエット"Quel tuo visetto amabile"「あなたの愛らしい表情」
このアルバムに何曲か仕込まれたソプラノとのデュエット。ソプラノはキャロリン・サンプソン(Carolyn Sampson)。今度は可憐な曲。天地創造のアダムとエヴァのデュエットを想起させるソプラノとのデュエット。これまでの曲はどの曲もアリアの途中で転調を実に巧みに使って心理描写を行なっていますが、この曲でもバッチリ決まります。途中のコミカルな掛け合いはモーツァルトばり。実に楽しいデュエット。

そのあと聴き慣れたモーツァルトの「ドン・ジョヴァンニ」から第1幕レポレッロのアリア「みんなで楽しくお酒を飲んで」、第2幕ドン・ジョヴァンニのカンツォネッタ「おいで窓辺に可愛い娘」と続きます。情景描写の鮮明度は流石モーツァルトですが、メロディー任せのモーツァルトに、音楽の構成をフルに利用するハイドンと音楽の作りの違いを浮かび上がらせます。

Hob.XXVIII:8 "La vera costanza" 「変わらぬまこと」 (before 1779)
第2幕、ヴィロット(Villotto)のアリア"Gia la morte in mante nero"「黒いマントを纏って息絶えて」
またまた癒しに満ちた音楽に包まれます。柔らかなオーケストラの響きに漂うように優しさに満ちたバリトンが重なります。メロディーの美しさとオーケストレイションの巧みさに圧倒されるアリア。マギーガンの自在なフレージングで変化に満ちた曲の面白さが際立ちます。

第1幕、ヴィロット(Villotto)のアリア"Non sparate... mi disdico..."「撃たないで、、、諦めるから」
タイトルからいだくイメージとはちょっと異なる明るい曲。おそらくコミカルさをベースにした場面なんでしょう。千変万化する伴奏の面白さに釘付けです。リズムの変化と表情の変化の巧みさが際立ちます。ハイドンの曲はここまで。

この後コジ・ファン・トゥッテから「彼の苦しみを見て下さい」、魔笛から「恋を知るほどの殿方には」と「パパゲーノ」の2曲が続きますが、特に「パッ、パッ、パッ」から始まるパパゲーノのアリアは名曲ですね。昔よく聴いたショルティ盤のヘルマン・プライを思いだします。だんだん楽しさが増してきました!

そして最後に置かれたのはチマローザの「宮廷楽士長」という登場人物が宮廷楽士長1人の短いオペラから、シンフォニア、"Se mi danno il permesso"「もし、あなたが許してくれたら」 、”Ci sposeremo fra suoni e canti”「私たちは音と歌にかこまれて結婚します」。これが実にコミカルで面白い音楽。ちょっと調べたところ下記のサイトに解説がありました。

高砲おやじの気ままなブログ:チマローザ 「宮廷楽士長」

ハイドンは1890年代にエステルハーザでチマローザのオペラを13曲演奏した記録があるそうで、チマローザの音楽がハイドンの作曲にも影響を与えたものと思います。この砕けた音楽の面白さをマギーガンとバーガーが見事に表現。この曲をアルバムの終わりに持ってきた意図も伝わりました。

ウィリアム・バーガーとニコラス・マギーガンによるハイドン、モーツァルト、チマローザの3人の作曲家の作品を集めたアルバムでしたが、この楽しさは聴いていただかないと伝わらないでしょう。音楽の楽しさが詰まった好企画です。オペラが好きな人は必聴のアルバムでしょう。ハイドンのアリアは全曲[+++++]とします。



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 無人島 アルミーダ 哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ 騎士オルランド 変わらぬまこと モーツァルト チマローザ

レスリー・ジョーンズ/リトル・オーケストラ・オブ・ロンドンのラ・ロクスラーヌ、78番(ハイドン)

珍しいLPが手に入りました。

LeslieJones.jpg

レスリー・ジョーンズ(Leslie Jones)指揮のリトル・オーケストラ・オブ・ロンドン(The Little Orchestra of London)の演奏で、ハイドンの「哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ」 序曲、交響曲63番「ラ・ロクスラーヌ」、交響曲78番の3曲を収めたLP。収録年の記載はありませんが、おそらく1960年代後半から1970年代かと思われます。レーベルはnonesuch。

このLP、ディスクユニオンの店頭で見かけたものですが、手に入れたのは指揮者名を知っているからでも、オケを知っているからでもなく、珍しいnonsuchレーベルのハイドンということで。nonesuchは我々世代には長岡鉄男さんが優秀録音としてかなりのアルバムを取りあげていたので、nonesuch=優秀録音というイメージが出来上がっています。また、クロノス・クァルテットのアルバムをリリースしていることでも知られているでしょう。手に入れてしばらく寝かせておいたのですが、そろそろ取りあげようと、演奏者の情報などを調べ始めたところ、指揮者のレスリー・ジョーンズに関する情報が出てきません。いろいろ調べていて、ようやく突き止めたのが、マックス・ゴーバーマンのアルバムで紹介した、Haydn Houseです。ここにレスリー・ジョーンズのアルバムが大量にありました。

Haydn House:Leslie jones Symphony Series

レスリー・ジョーンズ指揮のリトル・オーケストラ・オブ・ロンドンの演奏でザロモンセットなどを含むハイドンの交響曲やオペラの序曲が、都合CD12枚分に渡ってリリースされています。ここはLPからの所謂板起こしをしているレーベルですので、原盤はLP、いろいろ検索してみると、過去はnonesuchレーベルからLPがリリースされていたようです。今回手に入れたLPはなんと未開封の新品。コンディションは最高。最上のnonesuchレーベルのキレとまではいきませんが、スクラッチノイズはほとんどなく、素晴しく良いアルバム。

レスリー・ジョーンズの略歴などもネットを探してみたものの、同名の他の有名人の情報が多く、なかなか見つかりません。ということで、ライナーノーツを含めて彼らの情報はほとんどありません。ご存知の方がいらっしゃったら是非教えていただきたいと思います。

ここは得意の、情報なしで虚心坦懐にレスリー・ジョーンズの演奏を聴いてみたいと思います。

Hob.XXVIII:13 / "L'anima del filosofo, ossia Orfeo ed Euridice" 「哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ」 (1791)
録音は少々粗さはあるものの鮮明。ビシッとオケが定位するあたりは流石nonesuch。古いタイプの演奏であることは間違いありませんが、序奏に続いて活気溢れるオケがグイグイドライブをかけていくところは痛快。異常に鮮明にハープシコードの響きが録られています。ドラティやゴーバーマンに通じる、筋骨隆々、快刀乱麻の演奏。小規模オケだと思いますが低音弦の迫力、引き締まった音像、沸き上がるエネルギー、どれをとっても素晴しい演奏。4分の曲ですが、LPの冒頭を飾るに相応しい高揚感。これは来ますね。

Hob.I:63 / Symphony No.63 "La Roxelane" 「ラ・ロクスラーヌ」 [C] (before 1781)
つづいて交響曲63番、というより1楽章は歌劇「月の世界」序曲としてのほうが有名でしょう。前曲と異なる録音セッションなのか、テープのコンディションなのか、ピッチがほんのちょっと下がり、最初の入りに違和感がありますが、すぐに慣れてしまいます。音響の鮮明さは変わらず、タイトかつ鮮明な響き。このおとぎ話のような喜劇の幕開けに相応しい、躍動感溢れる演奏。グイグイオケを煽って祝祭感抜群の盛り上がり。
一転して短調のアレグレット。独特なメロディーをあえて淡々と進めることでさっぱりとしながらも陰りのある情感をうまく引き出しています。途中音程が微妙にふらつくところがありますので、やはりテープのコンディションに原因があるのでしょう。
続くメヌエットも前楽章の雰囲気とテンポをそのまま引き継ぎます。このあたりになると、すこしひねりと言うか演出が欲しいところ。ハイドンのメヌエットを道演奏するかは指揮者の手腕の見せ所。ジョーンズは非常に素直に音楽を創っていきますが、フレーズごとにもう少し表情の変化やアクセント等をつけたくなります。
フィナーレも同様。タイトでエネルギーに満ちた演奏なんですが、2楽章以降、楽章感の対比と言うか、メリハリというか、変化の幅が小さく、少し単調な印象を与えてしまっているのが惜しいところ。

Hob.I:78 / Symphony No.78 [c] (1782?)
レコードを裏返して、78番。パリセットでハイドンの創意が炸裂する寸前の時期の素朴な良さをもった交響曲。イギリスでの演奏を目的として作曲されたそうですが、この時はハイドンのイギリス訪問は実現していません。地味な曲ながら1楽章は次々と変化するメロディーの展開の面白さが印象的な曲。こうゆう曲ではレスリー・ジョーンズの素直な解釈が少し良い方向に働きます。メロディーの面白さに集中できるじつに素直な演奏。つづくアダージョそしてメヌエットに入っても同様、じっくりと音楽に浸る事が出来ます。大きな構成よりも、旋律を上手く鳴らしながら、音楽をさらりと流していくのが信条でしょう。フィナーレは聴くと様々な機知が凝らされた曲ですが、やはり演奏の変化の幅が物足りなさを残してしまうのが正直なところ。

レスリー・ジョーンズ指揮のリトル・オーケストラ・オブ・ロンドンの演奏。ハイドンの交響曲をかなりの数録音しているだけあって、古典的均衡のとれた正統派の演奏です。演奏の質、響きの美しさ、ディティールの正確さなどは文句のつけようがないのですが、大きな構成感というか表現の幅にもう一歩踏み込みがあればというのが率直なところです。この知る人ぞ知るレスリー・ジョーンズをHaydn Houseが目をつけるのは流石と言うところでしょう。評価は「哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ」 序曲は[+++++]、他2曲は[++++]とします。

追伸)
湖国JHさん、全く偶然にも月曜からこのアルバムを聴き始めて、記事書きかけてました。偶然とは恐ろしいものです、、、 赤い糸でしょうか(笑)

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ラ・ロクスラーヌ 交響曲78番 哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ ヒストリカル 長岡鉄男

アダム・フィッシャー/ハイドン・フィルの97番、102番

今日はハイドンといえばこの人、アダム・フィッシャーのアルバム。

AdamFischer97.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

アダム・フィッシャー(Adam Fischer)指揮のオーストリア・ハンガリー・ハイドン・フィルハーモニー(Österreisch-Ungarische Haydn-Philharmonie)の演奏でハイドンの交響曲97番、序曲「哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ」、交響曲102番の3曲を収めたアルバム。収録は2006年9月14日から17日、アイゼンシュタットのハイドンザールでのセッション録音。レーベルはmDG。

このアルバムのライナーノーツにはハイドンザールのステージに立つアダム・フィッシャーとハイドンフィルのメンバーの素晴しい写真が収められているので、こちらも紹介しておきましょう。

AdamFischer97_2.jpg

アダム・フィッシャーと言えばこのウェブサイト。

アダム・フィッシャー&ハイドンフィルハーモニーファンクラブ

こちらはご存知の方も多いでしょう。

もちろん、当ブログでもアダム・フィッシャーのハイドンは何度が取りあげています。ドラティに次いでハイドンの交響曲全集を完成させた人として、ハイドンファンの皆様はおなじみの人でしょう。

2012/12/26 : ハイドン–交響曲 : アダム・フィッシャー/オーストリア・ハンガリー・ハイドン管弦楽団の哲学者、24番
2011/01/23 : ハイドン–交響曲 : アダム・フィッシャーのマーキュリー、悲しみ、告別
2010/01/24 : ハイドン–交響曲 : アダム・フィッシャー全集その後

アダム・フィッシャーといえば、当初Nimbus Recordsで全集の録音をはじめ、途中でNimbusの活動休止に伴い断念したかと思いきや、廉価盤勃興の祖、BRILLIANT CLASSICSからいきなりNimbus未発表の録音もまとめて全集として発売されビックリしたのが懐かしいですね。その全集後、今度はmDGレーベルからザロモンセットと序曲等をあしらったアルバムがSACDとしてリリースされ、ザロモンセットを再録音かと思いきや、今日取り上げる3枚目がリリースされた以降、次が出ていない状態かと思います。

上の哲学者と24番の記事で触れた通り、アダム・フィッシャーのハイドンの交響曲では、全集の完成にかなりの年数を要しており、録音年の古い曲では躍動感漲る素晴しい演奏が多いのに対し、後年になるほど、冷静さが目立つようになっていく傾向があります。今日取り上げるアルバムは2006年とかなり最近の録音で、しかもハイドンザールで収録したSACDということで、あらためてフィッシャーの最近のハイドン演奏を知る上では重要なものでしょう。

Hob.I:97 / Symphony No.97 [C] (1792)
SACDだけに録音は万全。ハイドンザールに響きわたる小編成オケの響きが鮮明にとらえられています。アダム・フィッシャーのコントロールは速めのテンポでキビキビした非常に精度の高いもの。前記事で聴いたマリス・ヤンソンスの演奏とは異なり、ハイドン演奏の伝統の延長にある演奏。アタックの力感をカッチリと出して、97番の楽興を畳み掛けるように実に上手く表現していきます。1楽章は見事な構築感。
続くアダージョはサラサラと軽めの表現と中間部の爆発の対比の構図を鮮明に表す事を狙ったのでしょう。ハイドンが仕組んだ機知を汲み取って、ホールにいるハイドンに伝えているよう。ハイドンの音楽を知り尽くしたフィッシャーならではの自在な表現。2楽章の終わり方一つとっても、かなりのこだわりがあるようです。
メヌエットも実に痛快。ティンパニの響かせ方が最高。メロディに潜んでいる遊び心がそこここに芽吹いてくるようすがよくわかります。鮮明な録音で各楽器の重なりも鮮明に分解され、フレーズひとつひとつが鮮明に浮かび上がります。録音の威力ですね。
フィナーレも機敏な演奏。リズムがキレて、フレーズのクッキリ度がさら上がります。ハイドンの書いた楽譜に仕込まれたリズムとメロディ、ウィット、演奏者や聴衆を驚かせようとした機知が鮮明に浮かび上がります。これぞハイドン。素晴しすぎます。97番のベスト。

Hob.XXVIII:13 / "L'anima del filosofo, ossia Orfeo ed Euridice" 「オルフェオとエウリディーチェ,または哲学者の魂」序曲 (1791)
劇的な序奏からはじまる曲。オペラの幕が上がる前の興奮をそのまま伝える演奏。まるでライヴを聴いているような素晴しい迫力と躍動感。これまた素晴しい。

Hob.I:102 / Symphony No.102 [B flat] (1794)
そして名曲102番。おだやかな曲想を踏まえてか、アダム・フィッシャーは97番ほどのキレを見せず、むしろニュートラルな表情を意識しているよう。アクセントとは逆に音を印象的に抑えるところを上手くつかって変化をつけていきます。ただ、徐々に盛り上がっていくのがこの曲の面白さ。そこを十分にふまえて徐々にアクセルを踏んでいくのがよくわかります。1楽章のフィニッシュに至ってオケがフルスロットルに。
2楽章のアダージョはハイドンの交響曲のアダージョの中でも穏やかな美しさが印象的な曲。古い演奏の中にもメロディーの美しさが印象的なものが多い名曲です。フィッシャーはメロディーの美しさを適度に表しながらも、終盤の爆発との対比を鮮明に演出して、メロディーの表現は抑え気味にします。これもハイドンを熟知したフィッシャーならではの表現。
メヌエットではハイドンフィルの意外に迫力のある音色が実に効果的。少し溜めて迫力を演出。中間部ののどかな響きをあえて室内楽的な手作り感あふれる雰囲気にまとめるあたり、ハイドンのディヴェルティメントを聴いているよう。
期待のフィナーレは、コミカルな導入からにクライマックスまでの躍動感溢れる盛り上げ方が聴き所。フレーズごとの表情付けの多彩な変化はアダム・フィッシャーならでは。流石に交響曲全集の録音を成し遂げている人ならではの経験が活きています。ハイドンの交響曲の面白さが詰まった曲であることがこの演奏でよくわかります。最後のテンポとトーンを落とすところは見事の一言。

アダム・フィッシャーのハイドンの交響曲の最新録音。ハイドンを知り尽くしたアダム・フィッシャーによって、ハイドンの交響曲の最高の演奏がハイドンザールでの素晴しい響きとともに鮮明な録音で収められた素晴しいプロダクション。久しぶりに取り出して聴いてみて、その素晴らしさにあらためて打たれました。3曲とも素晴しいのですが、特に97番はこの曲のベストと断定します。97番の面白さを最も上手く表現した演奏でしょう。評価は全曲[+++++]とします。ハイドンの交響曲の面白さを堪能です。

この続き、是非リリースしてほしいものです。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲97番 交響曲102番 哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ SACD

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

十字架上のキリストの最後の七つの言葉ショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク悲しみオックスフォード交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲古楽器時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフリゲティヨハン・シュトラウスリヒャルト・シュトラウスタリスモーツァルト軍隊交響曲10番ピアノソナタXVI:49交響曲54番迂闊者ネルソンミサバリトン三重奏曲ベートーヴェンピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71ブルックナー交響曲88番ベルリオーズナッセンバッハウェーベルンベンジャミンヴァレーズメシアングリゼーシェルシOp.20弦楽四重奏曲交響曲9番交響曲65番交響曲67番弦楽四重奏曲Op.76交響曲73番交響曲39番狩り交響曲61番リームアンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:48四季交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45ピアノソナタXVI:21ピアノ三重奏曲第九ヒストリカル太鼓連打交響曲99番ボッケリーニロンドンシューベルト交響曲5番チャイコフスキーストラヴィンスキーライヴピアノ協奏曲XVIII:11弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74変わらぬまこと哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェアルミーダ騎士オルランド無人島チマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:3交響曲3番交響曲79番アレルヤラメンタチオーネチェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲27番交響曲19番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎協奏交響曲オーボエ協奏曲LPヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー告別交響曲90番交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ニコライミサ小オルガンミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲93番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃武満徹SACDライヴ録音交響曲80番交響曲81番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかりBlu-ray東京オペラシティ交響曲11番交響曲12番交響曲4番交響曲15番交響曲1番交響曲37番ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ドニぜッティロッシーニライヒャ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26バードアレグリパレストリーナモンテヴェルディ美人奏者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムドイツ国歌モテットカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲62番交響曲107番交響曲108番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
9位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ