ブッフベルガー四重奏団のOp.76のNo.1(ハイドン)

なぜか今まで触れてこなかったアルバム。廉価盤レーベルながらハイドンの録音に異常な執念を燃やすレーベル、BRILLIANT CLASSICSの弦楽四重奏。

Buchberger11.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

ブッフベルガー四重奏団(Buchberger Quartet)の演奏で、ハイドンの弦楽四重奏曲Op.76の6曲を収めたアルバムから、今日はNo.1を取りあげます。収録は2008年5月23日、26日、ドイツのフランクフルトの北にあるロースバッハ(Rosbach)にあるプロテスタント教会堂でのセッション録音。レーベルは最初にふれた通り、BRILLIANT CLASSICS。

ブッフベルガー四重奏団がBRILLIANT CLASSICSにハイドンの弦楽四重奏曲全集を録音しているのは、皆様ご存知の通り。BRILLIANT CLASSICSはアダム・フィッシャーによる交響曲全集の救済完成や、バリトントリオ全集、スコットランド歌曲全集、ピアノソナタ全集など、ハイドンの全曲録音を目指しているかのようなカタログの充実度合い。しかもそれぞれの録音は廉価盤レベルにおさまらない、素晴しい録音であることも皆様ご存知のことでしょう。そのBRILLIANT CLASSICSが満を持して録音した弦楽四重奏曲全集ということで、巷の感心も高いものと想像されます。

ブッフベルガー四重奏団は1974年、フランクフルト音楽舞台芸術アカデミーの生徒だったメンバーが集まってハイドンの太陽四重奏曲の演奏から活動をはじめました。意外に古くから活動しています。第1ヴァイオリンでこのクァルテットの名前の元となっているフーベルト・ブッフベルガーは1951年生まれのドイツのヴァイオリニストで、指揮もこなし、教育者でもあります。ブッフベルガー四重奏団は1978年から79年にかけていくつかの国際コンクールで優勝し、その名を知られるようになりました。2005年から4年かけて、フランクフルトのホルツハウゼン小宮殿で、ハイドンの弦楽四重奏曲全曲演奏会を開催したそう。このBRILLIANT CLASSICSの全集もそのコンサートの前後に収録されたものと思われます。メンバーは下記の通り。

第1ヴァイオリン:フーベルト・ブッフベルガー(Hubert Buchberger)
第2ヴァイオリン:ジュリア・グレイヴ(Julia Grave)
ヴィオラ:ヨアヒム・エツェル(Joachim Etzel)
チェロ:ヘルムート・ソーラー(Helmut Sohler)

ブッフベルガー四重奏団の演奏は古楽器風のノンヴィブラートの演奏で、溌剌とした活気のあるものですが、時として勢いで弾ききってしまうような印象があり、ハイドンの弦楽四重奏の深みのようなものを求めると肩すかしを喰らうこともあるとような印象。演奏には一貫性があり、どの曲を聴いてもきちっと仕上げてくるあたりは、なかなかの腕利きぞろいと言っていいでしょう。もしかしたら好き嫌いが別れる演奏かもしれませんね。

手元には発売順に買い集めたバラの11巻のアルバムがありますが、今日はその最終巻で、最後にリリースされたOp.76を取りあげました。

Hob.III:75 / String Quartet Op.76 No.1 [G] (1797)
艶やかつ繊細な音色の強奏から入ります。4人の音色が良くそろって、キリリと引き締まった非常に高い精度の透明感のある響き。第1ヴァイオリンが目立つかと思いきや、そうでもなくアンサンブルは4人の響きが拮抗しています。引き締まった音を響かせることに集中するようでもあり、テンポや奏法の変化で聴かせるコンセプチュアルなアプローチではありません。曲自体の美しさを虚心坦懐に描いていこうとしているよう。録音も鮮明で美音を堪能できます。まさに美音の響宴のよう。
続くアダージョはまさに精妙な響き。古楽器風な透明な軽い響きが特徴であり、フレージングも練らずにサラサラと弾いていくので、演奏によっては深く沈み込むこの曲の印象が軽やかに感じられると言う事でしょう。この精妙さに、後一歩呼吸の深さが加わると、ぐっと印象が変わるような気がしますが、このサラサラ感が彼らの特徴でもあり、評価が分かれるところでしょう。
メヌエットは非常に鮮烈。強音の鋭さとキレの良さは並々ならぬもの。短いメヌエットですがインパクトは十分。
そしてフィナーレは再び美音の響宴。テンポはあまり動かさずに、まさに楽譜通りに淡々とアクセントを刻んでいくよう。この辺もフレーズ毎の表情の変化をもうすこしつけていくことで深みが出るという気がしますが、この美音を響かせ続ける淡々とした進行によってハイドンのクァルッテットの音の塊が襲いかかってくるような迫力が生まれているのも確かです。強音主体の演奏という印象が残ります。

BRILLIANT CLASSICSの威信をかけた弦楽四重奏曲全集を担当するブッフベルガー四重奏団のハイドン。単なる古楽器風な演奏にとどまらず、響きの精妙さと、サラサラと音楽が流れる清透な印象、そして引き締まった響きの迫力を味わえるなかなかの演奏揃いです。この最後に録音したOp.76は、ハイドンの弦楽四重奏曲の中でも傑作揃いですが、このNo.1は緊密な構成感で聴かせる曲。ブッフベルガー四重奏団の特徴が良く出た演奏でもありました。この純粋な響きをどう聴くかが評価の分かれ目ですが、私の評価は、この曲のさらに深遠な魅力を聴かせる他の演奏との比較などから、ちょっと減点で、[++++]ということにいたしました。多くの方が聴かれている演奏かと思いますが、皆様の評価は如何でしょうか。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.76 古楽器風

アイヴァー・ボルトン/モーツァルテウム管弦楽団の四季ライヴ

今日も仕事が遅かったので、週末に聴きかけたアルバムを取り上げます。

BoltonSeasons.jpg
HMV ONLINEicon

アイヴァー・ボルトン(Ivor Bolton)指揮のザルツブルクモーツァルテウム管弦楽団の演奏で、ハイドンのオラトリオ「四季」の演奏。録音は2004年9月30日と10月1日、ザルツブルクのモーツァルテウムの大ホールでのライヴ録音。ソロはソプラノがミーア・ペールソン、テノールがジョン・マーク・エインズリー、バスがデイヴィッド・ウィルソン=ジョンソン、合唱がザルツブルク・バッハ合唱団。

このアルバムは前から気になっていたもののずっと未入手にしていたものですが、最近売り場で目にして手に入れた次第。

HMV ONLINEの情報では、モダン楽器のオーケストラにティンパニとトランペットのみ古楽器という構成。ホルンは臨機応変にナチュラルホルンと現代楽器を吹き替えているようです。現代楽器と古楽器の折衷スタイルと言う方向でしょう。

アイヴァー・ボルトンはイギリス人で、モーツァルテウム管弦楽団の首席指揮者を務めていますが、おそらく日本ではほとんど知られていないんじゃないでしょうか。このアルバムも売り場でちょくちょく見かけながら、いつも手に入れることなく来ましたが、CDをかけたとたん、部屋の空気が一変。素晴しく引き締まった、推進力のある響き。これは同じ組み合わせの天地創造も手に入れなくてはなりません。

アイヴァー・ボルトンの公式ウェブサイト(英文)

演奏は基本的に速めのテンポによるヴィブラートを押さえ気味にしたキレの良い現代楽器オケによるキビキビ感溢れた演奏。テンポの変化を適度につけて、フレーズの表情付けが巧みな演奏。溜はあるんですが、推進力をとぎらせないため、音楽が生き生きとしています。金管陣の迫力溢れる強音が全体の響きを引き締め非常にいい響きに。春のクライマックスのトラック9は引き締まったオケの大迫力が圧巻。惜しむらくはティンパニのキレとテンポ感がちょっと弱いこと。
ソロ陣はソプラノのミーア・ペールソンがコケティッシュながら伸びの美しい高音で魅了。どこかで聴いたと思ったらBISレーベルのマンフレート・フスによるオペラアリア集で歌ってました。あとはバスのデイヴィッド・ウィルソン=ジョンソンがレポレッロのようなオペラ風の歌い方で曲の表情を豊かにするのに貢献。テノールのジョン・マーク・エインズリーは少し軽めの声ながらなかなかの歌を聴かせます。粒ぞろいのソロでしょう。コーラスも実体感のあるいい響き。

昨日1枚目、今日は2枚目を中心に聴きましたが、2枚目の秋のはじまりもさりげなくも心地よいテンポ感のある良い入り。トラック9のホルンの号砲も炸裂、トラック11の秋のクライマックスの合唱も見事。

全般に金管のキレとタイトな展開がとても良い演奏。もしかしたら先日聴いて非常に良かったノリントン盤よりもいいのではないかとも思います。評価は[+++++]としました。
現代楽器による古楽器風の演奏の四季ではノリントン盤とならんでおすすめ盤ですね。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 四季 ライヴ録音 古楽器風

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

十字架上のキリストの最後の七つの言葉ショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク悲しみオックスフォード交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲古楽器時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフリゲティヨハン・シュトラウスリヒャルト・シュトラウスタリスモーツァルト軍隊交響曲10番ピアノソナタXVI:49交響曲54番迂闊者ネルソンミサバリトン三重奏曲ベートーヴェンピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71ブルックナー交響曲88番ベルリオーズナッセンバッハウェーベルンベンジャミンヴァレーズメシアングリゼーシェルシOp.20弦楽四重奏曲交響曲9番交響曲65番交響曲67番弦楽四重奏曲Op.76交響曲73番交響曲39番狩り交響曲61番リームアンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:48四季交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45ピアノソナタXVI:21ピアノ三重奏曲第九ヒストリカル太鼓連打交響曲99番ボッケリーニロンドンシューベルト交響曲5番チャイコフスキーストラヴィンスキーライヴピアノ協奏曲XVIII:11弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74変わらぬまこと哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェアルミーダ騎士オルランド無人島チマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:3交響曲3番交響曲79番アレルヤラメンタチオーネチェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲27番交響曲19番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎協奏交響曲オーボエ協奏曲LPヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー告別交響曲90番交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ニコライミサ小オルガンミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲93番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃武満徹SACDライヴ録音交響曲80番交響曲81番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかりBlu-ray東京オペラシティ交響曲11番交響曲12番交響曲4番交響曲15番交響曲1番交響曲37番ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ドニぜッティロッシーニライヒャ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26バードアレグリパレストリーナモンテヴェルディ美人奏者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムドイツ国歌モテットカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲62番交響曲107番交響曲108番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
9位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ