飯森範親/日本センチュリー響の交響曲集第9巻(ハイドン)

絶好調の飯森範親のハイドン交響曲集。第9巻がリリースされました。

IimoriHaydn9.jpg
TOWER RECORDS / amazon / HMV&BOOKS onlineicon

飯森範親(Norichika Iimori)指揮の日本センチュリー交響楽団の演奏で、ハイドンの交響曲92番「オックスフォード」、交響曲76番、交響曲90番の3曲を収めたSACD。収録は2017年5月26日、大阪のいずみほホールでのライヴ。レーベルはEXTON。

これまで取り上げた巻は以下のとおり。巻を追う毎に演奏も磨きがかかってきています。

2019/06/21 : ハイドン–交響曲 : 【新着】飯森範親/日本センチュリー響の交響曲集第8巻(ハイドン)
2019/02/26 : ハイドン–交響曲 : 【新着】飯森範親/日本センチュリー響の交響曲集第6巻(ハイドン)
2018/06/29 : ハイドン–交響曲 : 【新着】飯森範親/日本センチュリー響の交響曲集第4巻(ハイドン)
2018/03/26 : ハイドン–交響曲 : 【新着】飯森範親/日本センチュリー響の交響曲集第3巻(ハイドン)
2017/07/19 : ハイドン–交響曲 : 【新着】飯森範親/日本センチュリー響の交響曲集第2巻(ハイドン)
2016/11/19 : ハイドン–交響曲 : 【新着】飯森範親/日本センチュリー響の交響曲集第1巻(ハイドン)

今回の収録曲は、名曲オックスフォードに、ギュンター・ヴァントが集中的に取り上げていた76番、そしてラトルのお気に入りのパフォーマンスを仕掛ける90番と面白い選曲。解説によれば、今回のリリースで31曲がリリースされたということで、ようやく3分の1に差し掛かったというところ。まだまだ先は長いですね。

さて、結論から言うと、今回のアルバムも素晴らしいですね。演奏の精度、ダイナミックさ、録音の良さも磨きがかかってきているんですが、さらに遊び心のようなものが加わり、まさにこれぞハイドンという見事な演奏。飯森さんの指揮、オケの演奏にも余裕が感じられ、楽しんで演奏していることがよくわかります。やはりハイドンにはこうした要素は不可欠ですね。

Hob.I:92 Symphony No.92 "Oxford" 「オックスフォード」 [G] (1789)
予想どおりキレの良いシンフォニックな演奏。厳かな序奏から主題に入るとキビキビとして引き締まったオケが痛快に吹き上がります。速めのテンポと鮮やかなボウイングが生み出す高揚感と要所でスッと力を抜いて変化をつけるコントラストが秀逸。1楽章は万全。
美しいメロディーのアダージョはオーボエの響きがクッキリ浮かび上がって実に美しい。しなやかな入りと力感漲る中間部の描き分けも見事。木管陣、こんなに上手かったかしらと思うほど情感あふれる演奏に驚きます。
オケの吹き上がりがいいのでメヌエットも聴きごたえ十分。中間部に入るといたずら心が芽生えたのかチョコチョコテンポの遊びにデフォルメを織り交ぜ、微笑ましい。
フィナーレは快活爽快。見事に弾みながら小爆発を繰り返していく音楽。これぞハイドンの快感!

Hob.I:76 Symphony No.76 [E flat] (1782?)
ヴァントの演奏が刷り込みで、この曲独特の愉悦感に満ちた入りが焼き付いていますが、飯森さんの演奏はこの曲でも爽やか。オケの小気味よいリズムのキレでこの曲独特のメロディーの豊かな表情がさらにクッキリと浮かび上がります。そしてメロディーが表情を変えながらどんどん展開していく面白さは格別。
唸ったのが2楽章。ちょっとテンションを落として適度な憂いと翳りをたたえた美しいメロディーが流れます。この抑えた表現から生まれるデリケートな情感は見事。絶品。
メヌエットは優雅。トリオの牧歌的なメロディーにつながり、再びオーソドックスに優雅に締めます。
そしてフィナーレもその優雅さを引き継いでの入り。優雅さを保ちながら徐々にテンションを上げていく面白さはこの曲ど独特。そして終結部の繰り返しでちょっとウィットを効かせる部分の演出も爽やかなもの。演出で聴かせる曲も見事にまとめました。

Hob.I:90 Symphony No.90 [C] (1788)
序奏のちょっとこけおどし的な演出がうまく決まります。主題以降は堂々としたメリハリの効いたオーケストラの見事な演奏。この曲のちょっと大袈裟なところをうまく汲み取って派手目の表現が痛快。ティンパニがグイグイ煽り、オーボエも装飾音をちりばめてこの曲の面白さをデフォルメしてきます。
1楽章の外連味たっぷりな演奏に対して2楽章は落ち着いて入りますが、強奏部分でザックリ豪放な印象を乗せて変化をつけます。
そしてメヌエットでもこの豪放な印象を受け継ぐなど曲に共通する印象で筋を通しているよう。
フィナーレは終わったはずがまだ続くというパフォーマンスをラトルが好んで演奏する曲。私はラトルの演出自体はあんまり好みではありません。飯森さんはここは、音を聴く限り変な演出なしで畳み掛ける迫力とオケのキレで聴かせる正統派の演奏。ハイドンのウィットを純粋に汲み取る酔眼。素晴らしいですね。

最初に触れたとおり、この第9巻、それぞれの曲の面白さを汲み取って余裕すら感じされる秀演揃い。オックスフォードは痛快なまでにキレキレ、76番は独特な曲想の面白さを描き切り、90番は曲に仕込まれた外連味を洗練されたデフォルメに昇華させました。このシリーズ最高の出来と断じます。評価は全曲[+++++]とします。現代楽器におけるそれぞれの曲のベスト盤として良いでしょう。

ハイドンを愛する皆さん、「買わないという選択肢はないやろ〜」(某師匠風 笑)



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : オックスフォード 交響曲76番 交響曲90番 ライヴ録音

ギュンター・ヴァント/NDR交響楽団の76番ライヴ(ハイドン)

ちょっと疲れて帰ったときは、短い曲のアルバムを探してしまうもの(笑) 幸い、良いアルバムがありました。この曲はこの人です。

Wand76_95NDR.jpg

ギュンター・ヴァント(Günter Wand)指揮のハンブルクNDR交響楽団の演奏で、ハイドンの交響曲76番、チャイコフスキーのピアノ協奏曲の2曲を収めたCD-R。ハイドンの収録は1995年5月15日のライヴです。チャイコフスキーのピアノソロはホルヘ・ボレット(Jorge Bolet)。レーベルはCD-Rでは良く見かけるEn Larmes。

このアルバム、先週末にディスクユニオンで見かけて手に入れたもの。ヴァントはなぜか76番を偏愛しており、手元には76番だけでも、このアルバムを入れて5種のアルバムがあります。何れもライヴ収録ということで、これだけの録音があるということは、よほどにコンサートで取りあげていたのだと想像できます。これまでレビューでも3回取りあげています。何れも良い演奏なんですね、これが。

2012/05/03 : ハイドン–交響曲 : ギュンター・ヴァント/ベルリン・ドイツ交響楽団の76番
2011/10/15 : ハイドン–交響曲 : ギュンター・ヴァント/ベルリン交響楽団の交響曲76番ライヴ
2010/12/27 : ハイドン–交響曲 : ギュンター・ヴァントの交響曲76番DVD

手元のヴァントの76番の録音は1973年から1997年まであり、ヴァントが亡くなったのは2002年ということで、今回の演奏は95年と晩年のもの。これまでの演奏は、弾むような活き活きとしたリズムが印象的な演奏でしたが、このアルバムの演奏もその延長のもの。もう、76番はヴァント以外の演奏を受け付けない体になりつつあります。

Hob.I:76 / Symphony No.76 [E flat] (1782?)
聴き慣れた、引き締まった表情の入り。ヴァントの他の演奏に比べるとすこしおとなしい印象もあるものの、中庸の美学の結晶のようなバランスの良い響きに聴こえたりもします。録音は非常に自然。ライヴとしては会場ノイズなどはほとんど気にならない優秀なもの。均整のとれたギリシャ彫刻のような安定感。ディティール彫り込みの自然さはヴァントならではのもの。非の打ち所のないほれぼれするような完璧なプロポーション。バランスの良さでは今まで聴いた演奏では一番良いかもしれません。
アダージョに入ってもバランスの良さは変わりません。まるでスタジオ録音のような完璧なもの。ノイズの少なさから放送用の録音でしょうか。良く聴くと音楽に巧みに起伏をつけて、ただ自然なだけではなく、抜群の立体感を帯びて聴こえる理由がはっきりとわかります。中間部の盛り上がりも完璧なヴァントのコントロール。おそらく眼光鋭くにらみを利かせているのでしょう。終盤も大胆に盛り上がって、まさにこの曲の演奏見本のような見事さ。
ライヴらしさが欠けているわけではないのですが、あまりのフォルムの完璧さに言葉がありません。メヌエットも均整のとれた美しさ。まったく力みがない演奏。その流れのままフィナーレに入りますが、転調や間をちりばめながら徐々に力感を増していくようすは見事なアクセルワークを堪能できます。こうゆうなんでもない所に驚くような聴かせどころをもってくるあたり、普通じゃありません。実に自然な演奏ですが、耳を峙てると至る所に仕掛けが隠されていて、何度聴いても新鮮な印象が残るのがヴァントの素晴しいところです。

ヴァントの76番はどの演奏も非常に完成度の高い演奏ですが、今日取りあげた演奏はいままで聴いた中では、ライヴ感や躍動感ではなく、均整のとれた自然なフォルムの美しさが聴き所のもの。76番という地味な番付の曲の素朴な魅力を実に上手く表現した演奏といえるでしょう。評価はやはり[+++++]をつけない訳にはまいりません。ヴァントのハイドンの魅力に取り憑かれた人にはオススメです。

ここまで聴いた中では、ヴァントの76番のファーストチョイスはやはりDVDでしょう。映像によってヴァントのコントロールをより直感的に把握する事ができます。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲76番 ライヴ録音

ギュンター・ヴァント/ベルリン・ドイツ交響楽団の76番

ラックの奥にしまってあるアルバムシリーズが続いていたので、最近手に入れたアルバムを取りあげましょう。

Wand76_95.jpg

ギュンター・ヴァント(Güter Wand)指揮のベルリン・ドイツ交響楽団(Deutsches Symphonie-Orchester Berlin)の演奏で、ハイドンの交響曲76番、モーツァルトの「セレナータ・ノットゥルナ」、ムソルグスキーの「展覧会の絵」の3曲を収めたアルバム。ハイドンの演奏は1995年4月30日、5月1日、ベルリン・フィルハーモニーでのライヴ。レーベルはProfil。

ギュンター・ヴァントといえば76番、76番といえばヴァントでしょう。このアルバムはヴァントの76番の4種目になります。レビューではこれまでに2種取りあげており、何れも素晴らしい出来でした。

2011/10/15 : ハイドン–交響曲 : ギュンター・ヴァント/ベルリン交響楽団の交響曲76番ライヴ
2010/12/27 : ハイドン–交響曲 : ギュンター・ヴァントの交響曲76番DVD

前者は1997年10月のベルリン・ドイツ交響楽団とのライヴCD-R、後者は1996年7月NDR交響楽団とのライヴ映像DVDですが、今日取り上げるのはその1年前にベルリン・フィルハーモニーでのベルリン・ドイツ交響楽団とのコンサートを収めたもの。一聴して音質が良く、76番の決定盤の予感もします。

Hob.I:76 / Symphony No.76 [E flat] (1782?)
広々とした空間に鳴り響くリズミカルな導入部。ヴァントの76番は何度も聴いていて慣れてるとはいえ、違うアルバムでもかなり似た演奏。同じ録音かと思うような完成度。DVDでの険しい眼光でオケをコントロールするヴァントの姿が脳裏に蘇ります。リズム感と沸き立つような推進力、陽光の下に輝く神殿のごとき彫刻的なヴォリュームはまさにヴァントならでは。天に昇らんかとおもうような上昇感。非の打ち所なし。
2楽章は、そよ風のような優しいタッチ。前記事で取りあげたマクシミウクが無骨な表情の面白さで聴かせたのに対し、ヴァントのアダージョはビロードのようなタッチで、羽毛のような優しい肌触り。磨き抜かれた流線型の演奏。オーケストラの響きは各奏者がヴァントの棒に完全に掌握されて、完全に一体化した演奏。力強い展開部に入ると低音弦の迫力が増し、オケの力感を見せつけます。めくるめく音階の交錯。一瞬の間をおいて主題が再現され、幸福感に満ちた時間が戻ります。ライヴの緊張感とセッション録音の完成度が両立したような素晴らしい演奏。
メヌエットもこれまで聴いたヴァントの演奏と全く同じ響き。タイミングを見ると明らかに違う演奏。ヴァントのコントロール力を見せつけられた形です。完璧にリラックスした演奏。弦に重なるホルンと木管の響きはとろけそうなほど。
フィナーレに至り、ようやくこれまで聴いた演奏とは少し異なる表情。導入部のヴァイオリンの旋律がこれまでの演奏よりも表情が豊かで変化もついています。テンポを揺らす幅もすこし広がり、また活き活きとした感じが増しています。最後にテンポを上げるところでオケがほんの少し乱れますが、気になるほどではありません。最後は拍手はカットされています。おそらくライヴ音源に音響処理を施したものでしょう。

ヴァント4種めの76番。聴き終わってこれがベスト盤かと言われると、正直、どれもベスト盤といいたいところ。DVDには映像の良さがあり、CDRにはライヴ感の良さがあります。このアルバムも落ち着いた演奏で完成度は高く、オケの音色の豊かさは一番でしょうか。ただ、ライヴの良さは他のアルバムに譲る面もあるというところでしょう。要はみんないい訳です。基本的なヴァントの演奏設計は驚くほどそろっており、そういった意味でヴァントのコントロールは確かなもの。好んで取りあげていた76番だけあって、どれも素晴らしいというのが正直なところでしょう。評価はもちろん[+++++]です。

あと取りあげていないのは、ケルン放送交響楽団との1973年盤のみとなりました。こちらもそのうち取りあげる事になりましょうか。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲76番 ライヴ録音

ギュンター・ヴァント/ベルリン交響楽団の交響曲76番ライヴ

弦楽四重奏曲が続いているので、箸休めで交響曲です。最近オークションで手に入れました。

Wand76CDR.jpg

ギュンター・ヴァント(Gunter Wand)指揮のベルリン交響楽団の演奏でハイドンの交響曲76番、NDR交響楽団とニキタ・マガロフ(Nikita Magalof)のピアノでピアノ協奏曲(Hob.XVIII:11)、その他シューベルトの交響曲「未完成」、ブルックナーの交響曲8番、9番を収めた4枚組のCD-R。ハイドンの演奏は交響曲76番が1997年10月、ピアノ協奏曲が1985年12月、何れもライヴのようです。レーベルはTREASURE OF THE EARTH、地球の至宝というレーベル。今日はこの中から交響曲76番を取りあげます。

ギュンター・ヴァントの交響曲76番は以前に1996年NDR交響楽団とのリューベックでのコンサートの模様を収めたDVDを取りあげています。

2010/12/27 : ハイドン–交響曲 : ギュンター・ヴァントの交響曲76番DVD

このDVDの76番はまさに神憑ったようなヴァントのコントロールによる、ハイドンのマイナーな交響曲の完璧な演奏でした。今回のCD-RはこのDVDの1年後の演奏だけに期待が高まります。ヴァントはこの曲を得意としていたようで、手元にある9種の交響曲76番のうち3種がヴァントのもの。このほかに1973年ケルン放送交響楽団の演奏もあります。

Hob.I:76 / Symphony No.76 [E flat] (1782?)
Disk1のハイドンの交響曲をかけると、何とピアノ協奏曲ではありませんか。気を取り直してDisk3のピアノ協奏曲をかけると、聴き慣れた76番のメロディーが。曲を取り違えているということですね。CD-Rということでご愛嬌でしょう。
交響曲は冒頭から少し高音が詰まり気味、低音がボンつき気味の録音。鮮度自体が悪い訳ではありませんので慣れれば問題ありません。ヴァントの鋭い眼光が想像できるような推進力抜群で引き締まった筋肉質の演奏。ここでもヴァントの統制が行き渡っています。突き抜ける青空のようなハイドンの晴朗なメロディ魅力炸裂。そして引き締まったコントロールによる起伏。シンプルな曲想をきっちり仕上げて行くお手並みはこのアルバムでも健在。伴奏にまわる弦のキレも最高。繰り返し演奏してこの曲の真髄を極めたヴァントならではの完成度。陽光に輝くパルテノン神殿の完璧なプロポーションを思い起こさせます。古典の極み、音楽の悦び、ハイドンの真髄がつまった素晴らしい演奏。細かいフレージングのメリハリもこのアルバムの演奏が最もキレがあります。1楽章からアドレナリン大噴出。
楽章間の咳払いでライヴと気づくほど演奏中のノイズは気になりません。2楽章のアダージョは完璧なバランス。完璧なフレージング。ヴァントの統制が行き渡って究極の自然さ。大きな視点から曲の起伏を制御。半ばの盛り上がりと細かなフレーズのデュナーミクの巧みな組み合わせ。老練な指揮者がコントロールする異次元の自然さ。ごく普通の自然な演奏とは格の違う芸術性を感じます。
3楽章のメヌエット
も達人の楷書を見るような力感と間の織りなす表現が秀逸。力を抜いた部分と力を込めた部分のコントラスト、リズムの変化、そしてかわらぬ自然さ。この楽章も完璧な表現。
フィナーレは小曲ながら最後の盛り上がりへの期待にわくわくするようなはじまりから、徐々にオケに気合いが乗る様子が手に取るようにわかる演奏。展開部の転調と変奏の部分でも鬼気迫る迫力。最後は曲の魂を音に置き換えるだけのような澄み切った心境の演奏で終了。会場の拍手がホールの感動を伝えます。

ヴァントの未知の76番の演奏ということで入手しましたが、ボンつく録音など気にならない素晴らしい演奏。やはりヴァントが好んで演奏しただけあってその完成度は素晴らしいもの。マイナーなこの曲をヴァントが演奏するとハイドンの音楽の真髄が浮かび上がる名曲に仕上がってしまいます。以前取りあげたDVDもいいですが、この演奏も純粋に音楽を楽しめる素晴らしいものでした。評価はもちろん[+++++]。ハイドンの交響曲の好きな方には絶対のおすすめ盤です。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲76番 ハイドン入門者向け ライヴ録音 CD-R

ギュンター・ヴァントの交響曲76番DVD

昨日につづいてDVDの交響曲の演奏を取り上げましょう。

Wand76.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

ギュンター・ヴァント指揮のNDR交響楽団(北ドイツ放送交響楽団)の演奏で、ハイドンの交響曲76番とブルックナーの交響曲6番を収めたDVD。収録は1996年7月7日、ドイツ北部の街、リューベックのムジーク&コングレス・ハレでのコンサートの模様をライヴ収録。一般的にはこのアルバムはブルックナーの6番を聴くべき、いや観るべきアルバムですが、当ブログでは前座のハイドンがメインテーマです。というのもこのハイドン、当ブログで主役となりうる素晴らしい演奏なんですね。

ヴァントは1912年生まれで、亡くなったのが2002年の2月ということで、この演奏時は84歳のころということですね。とてもその年とは思えないかくしゃくとした風情。タクトのリズム感も素晴らしいものがあります。

近代的な木質系の壁面が特徴的な中規模のホール。満員の観客の拍手に迎えられてヴァント登場。

手首の先と体全体をつかってリズムをとりながら、流麗な1楽章のメロディーを小さなの動きでコントロール。いつものように眼光鋭いヴァント。速めのテンポで艶やかにメロディーラインを描きます。抜群のリズム感と生気。きびきびとしたオケ。ハイドンの音楽の演奏に必要なものがすべてそろっていると言っていいでしょう。ヴァントの隈取りの明確さが曲の明瞭感を浮き彫りにしています。1楽章の主題を繰り返すところでヴァントがタクトを落としますが、譜面台の上に落ちて、何事もなかったように拾い続けます。再現部もハイドンの晴朗なメロディーとかっちりとした構成感、そしてヴァントの推進力溢れるオケのコントロールが相俟って素晴らしい感興。昨日のバーンスタインとは180度異なるヨーロッパの歴史と伝統の延長上に奏でられる素晴らしいハイドン。ヴァントのコントロールは素晴らしいですね。

2楽章のアダージョは非常にデリケートなフレージング。テンポ、リズムともに完全にヴァントが支配し、軽やかさとデリケートさが素晴らしい演奏。オケの隅々にまで緊張感が張りつめています。本当に最小限の動きと眼力で完全にオケを統率。これが指揮の神髄というものでしょう。奏でられる音楽はどう演奏するという次元からはなれて、生き生きと鳴り響きます。後半の激しい展開部の力感も見事。重くなることも溜めることもなく音楽は流れるばかり。2楽章の演奏は神がかっているといえるでしょう。ヴァントが神々しく見えます。

3楽章のメヌエットは、優しい表情づけのメロディから入り落ち着いた展開。噛み締めるようにオケをにらみながらタクトを振るヴァントの表情が印象的。

フィナーレは微風のような入りから、しばらくでオケがフルスロットルに。展開部では抑えた表情と変奏を繰り返しながらクライマックスに向けてオケを追い込んでいきます。最後は非常にあっさりと投げ出すようなフィニッシュ。絶妙のフィニッシュですね。会場の暖かい拍手が興奮を物語ります。

私にとっては、この曲のベストの演奏は、本アルバム。もちろん評価は[+++++]です。ハイドンの交響曲の魅力がすべて含まれていると言っても良い名盤と言えるでしょう。最近[+++++]が多いんですが、評価が甘いのではなく、良い演奏をブログでは取り上げているということなので誤解なきようお願いいたします。

追伸)ブルックナーの6番も絶品です(笑)

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲76番 おすすめ盤 DVD ハイドン入門者向け

散歩の収穫、ホグウッド未発売盤

今日は東京は散歩日和というより、肌寒い一日でした。散歩はあきらめスポーツクラブで泳いだあと、近所に買い物に。
府中の街は、いつもの賑わいというより、ダービーの波乱の結果と寒空でどことなく沈みがちだったかしら。

さて、散歩ついでによく立ち寄るポポロへ。よくある街の中古レコード/CD屋さんです。
在庫があまり動かないので、大発見はあんまりないんですが、今日は珍しい盤を発見。

HogwoodBBC.jpg

ホグウッドのハイドン交響曲全集が途中で頓挫し、残った録音をBBC musicマガジンの付録としてリリースされたものと思われます。

曲は交響曲76番と77番。録音は1996年の3月。
オワゾリールからリリースされた最後のボックスが第10巻で交響曲62番から75番の7曲で録音は95年の3月から9月ということで、この第10巻のための録音後の録音であることがわかります。

演奏はホグウッドの特徴である典雅な古楽器を生かしたきびきびとしたもの。
ご存知の通り、私自身はホグウッドの交響曲はあまり高く評価しておりませんが、この演奏もその延長のもの。交響曲には今一歩の生気が欲しいと思います。
ただし、あまり出回っていない盤ということで、コレクション価値はそこそこのもの。

お店に顔を出すと、出会いがあるものですね。
邂逅というかserendipityというか、、、

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 府中 交響曲76番 交響曲77番

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

交響曲76番オックスフォード交響曲90番ライヴ録音ヴィヴィアーニバリトン三重奏曲四季ロンドンピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:21ベートーヴェンピアノソナタXVI:19古楽器ピアノソナタXVI:23先生と生徒音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲オルガン協奏曲XVII1:1協奏交響曲ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲93番軍隊ヒストリカル交響曲70番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番トランペット協奏曲悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6モーツァルトヨハン・クリスチャン・バッハ交響曲4番ピアノ三重奏曲ピアノソナタXVI:51豚の去勢にゃ8人がかり十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモーバッハヘンデルスカルラッティショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフタリスリヒャルト・シュトラウスヨハン・シュトラウスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71ブルックナー交響曲88番ベルリオーズウェーベルンベンジャミンナッセンメシアンシェルシグリゼーヴァレーズ弦楽四重奏曲Op.20交響曲67番交響曲9番交響曲65番交響曲73番交響曲39番交響曲61番狩りリームアンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打ボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74無人島騎士オルランドアルミーダ変わらぬまこと哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲27番交響曲19番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ドニぜッティライヒャロッシーニ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26アレグリモンテヴェルディパレストリーナバード美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌オフェトリウムカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ