【新着】飯森範親/日本センチュリー響の交響曲集第6巻(ハイドン)

このシリーズ、順調なリリースが続いています。

NorichkaIimori6.jpg
TOWER RECORDS / amazon / HMV&BOOKS onlineicon

飯森範親(Norichika Iimori)指揮の日本センチュリー交響楽団の演奏で、ハイドンの交響曲39番、61番、73番「狩り」の3曲を収めたSACD。これで6巻目になります。収録は2018年10月19日、大阪のいずみほホールでのライヴ。レーベルは日本のEXTON。

このシリーズ、これまで5巻のうち4巻を取り上げていました。

2018/06/29 : ハイドン–交響曲 : 【新着】飯森範親/日本センチュリー響の交響曲集第4巻(ハイドン)
2018/03/26 : ハイドン–交響曲 : 【新着】飯森範親/日本センチュリー響の交響曲集第3巻(ハイドン)
2017/07/19 : ハイドン–交響曲 : 【新着】飯森範親/日本センチュリー響の交響曲集第2巻(ハイドン)
2016/11/19 : ハイドン–交響曲 : 【新着】飯森範親/日本センチュリー響の交響曲集第1巻(ハイドン)

この前の第5巻も良かったんですが、その前の4巻の素晴らしさに比べると、ちょっと手慣れた感が感じられたため、記事にはしませんでした。今回の6巻は期待通りの出来。オケをよく鳴らして、このコンビのオーソドックスなハイドンの交響曲の魅力がしっかり感じられます。

Hob.I:39 Symphony No.39 [g] (before 1770)
初期の傑作交響曲の一つ。このシリーズの中では残響が適度で、オケの響きにも実体感があり録音も自然に感じられます。ここにきてマイクセッティングも落ち着いてきました。疾走するこの曲の入りの感じが非常に丁寧に描かれ、シュトルム・ウント・ドラング期特有の仄暗い感じもよく出ています。オケにも生気がみなぎり、1楽章はタイトな攻めを感じる演奏。
それを受けて2楽章のアンダンテは落ち着いたテンポでコミカルなメロディをゆったりと楽しむ楽章。メロディーの描き方も力が抜けて非常にリラックスした展開。時折アクセントや長い休符を効かせることで、コミカルさを強調。語り口の巧さが印象的。
独特の濃い情感の乗ったメヌエットに軽やかなトリオが挟まれる3楽章は淡々と描くことでさらりと流し、嵐の到来を注げるようなフィナーレへの繋がりを確保。そのフィナーレも力まず流れよくしたことで、楽章の対比をかえって強調できたように聴こえます。オーソドックスながら、見通し良くまとめたことで、非常に完成度の高い演奏となりました。

Hob.I:61 Symphony No.61 [D] (1776)
あまり録音の多くない中期の曲。1楽章は適度なダイナミックさを実に上手く表現した演奏。オケがよくコントロールされ、実に気持ちよくホールに響き渡ります。絶妙な力加減と言っていいでしょう。録音の良さも相まってハイドンの仕込んだ機知と音楽の面白さがくっきりと浮かび上がります。一見シンプルなメロディーが軸ですが、様々な楽器で繰り返され、微妙に変奏が発展していく面白さがたまりません。
2楽章は12分近い長いアダージョ。穏やかな曲調ながら長い楽章の構成感はしっかりと保って、次々と展開していくコントロール力は見事。しかも要所で聴かせどころをしっかり設けることで引き締まった音楽にまとめていきます。
メヌエットは1楽章よりも力を抜いて、オケではなくホールの空気を鳴らすように音を響かせます。トリオの部分の折り目正しい感じと木管の響きの美しさは絶品。
コンパクトながらアイデアに富んだフィナーレ。ここでもオケがよく鳴り、キビキビとしたテンポとダイナミクスが痛快。見事。

Hob.I:73 Symphony No.73 "La Chasse" 「狩」 [D] (before 1782)
序奏のゆったりとした足取りを優雅に描いた入り。主題に入るとメロディーを流麗に浮かび上がらせ、発展させていきます。このあたりのセンスは申し分なし。ヴァイオリンの澄んだ音色が響きの明るさにつながっています。曲が進むにつれて響きが徐々に厚くなっていく感じやダイナミックになっていく感じはかなり緻密にコントロールしているのでしょう。
ザクザクとしたアンダンテは、録音の良さを痛感するところ。厚みがありながら自然で繊細な響きだからこそ、音楽の繊細さも味わえるもの。ちょっとした響きの変化のデリカシーが聴きどころです。
メヌエットも同様。内声部の動きも含めて響きが鮮明に録られていますので、パートの動きがくっきり浮かび上がります。
そして盛り上がる有名な終楽章。元は歌劇「報いられた誠意」の第3幕の序曲。狩猟の信号ラッパのようなホルンの音形が特徴でこの曲はアダム・フィッシャーとハイドンフィルの来日公演でもアンコールで演奏されました。アダム・フィッシャーが湧き上がるような躍動感にスポットライトを当てたのに対し飯森範親はもう少し落ち着いていて、ライヴにも関わらずホルンも含めて襟を正したようなHi-fi調。アルバムの最後だけにもう少し躍動して欲しかったところ。

コンサートは全曲演奏を目指していますが、アルバムの方はいまだに全集を目指すとはどこにも書いてないまま(笑)第6巻までこぎつけたこのシリーズ。この第6巻は演奏の完成度も高く、録音もこのシリーズでは最も自然。最後の73番がもう少し吹っ切れた盛り上がりを聴かせて欲しかったところが惜しいところでしたが、39番と61番は絶品。特に61番はこの曲の面白さを再認識させてくれる見事な出来でした。ということで、継続して見守っていきたいと思います。評価は73番が[++++]、ほか2曲は[+++++]とします。



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲39番 交響曲61番 交響曲73番 狩り

クルト・マズア/ベルリン放送響の交響曲5番、61番(ハイドン)

覇気みなぎる素晴らしい演奏!

IMG_3939.jpg

クルト・マズア(Kurt Masur)指揮のベルリン放送交響楽団(Berliner Rundfunk-Sinfonie-Orchester)による、ハイドンの交響曲5番、61番を収めたLP。収録情報は記載されていませんが、おそらく1971年のリリース。レーベルは旧東独ETERNA。

クルト・マズアはハイドンを振る印象はあんまりないのですが、いくつか録音があります。

2018/10/15 : ハイドン–オペラ : ステファニア・ヴォイトヴィチの挿入アリア(ハイドン)
2012/12/16 : ハイドン–交響曲 : クルト・マズア/イスラエル・フィルの88番ライヴ

だいぶ前に取り上げた88番のライヴは2008年の録音で、それほど踏み込んだ演奏ではなかったものの、最近取り上げた、ステファニア・ヴォイトヴィチのアリア集の伴奏は1970年代の録音で、とろけるような響きの美しい見事な演奏にハッとさせられたもの。この演奏の記事を書いたときに今日取り上げるアルバムの存在を知り、同じく70年代始めの演奏ということで探していたところほどなく見つかったという次第。マズアの略歴などについては88番の方の記事をご参照ください。

Hob.I:5 Symphony No.5 [A] (before 1762)
広い空間に広がる柔らかいオーケストラの響き。力みなく演奏を単純に楽しんでいるような無邪気ささえ感じさせるリラックス度合い。ハイドンの初期の交響曲は屈託のないメロディーを楽しむ曲。その本質を見抜くようにマズアはオケにほとんどを任せるようにニュートラルなスタンスで臨みます。ヴォイトヴィチ盤での素晴らしい演奏が思い起こされます。録音は若干の古さを感じさせなくはないですが、低音は厚めで迫力は十分。1楽章の拍子がずれる所での手慣れたリズムの処理も見事。
続くアダージョは滋味あふれる音楽。ゆったりと美しいメローディーを置いていきますが、とりわけ素晴らしいのがホルンのまろやかな音色。ホルンが重なることでオケ全体にまろやかさが加わり、これ以上しなやかなハーモニーはありえないほど。マズアは大きな起伏をしっかり出しながらも、小細工は一切なく、音楽を微塵の淀みなく流します。
ハイドンの交響曲の白眉、メヌエット。おおらかなリズムとざっくりとした表情が構えの大きい音楽を生み出します。トリオに入るとオケを抑えて柔らかなコントラストをつけます。
そして短いフィナーレも磐石のテンポで落ち着き払った演奏。完全にマズアの音楽に成りきっています。堂々として屈託のないハイドンの面白さ満点。

Hob.I:61 Symphony No.61 [D] (1776)
全くもって渋い選曲です。誰が5番と61番でアルバムを作りましょうか。しかもマズアの自然な感興が活きる選曲ということで、もしかしてマズア、ハイドンの交響曲を相当研究していたのかもしれません。そうでないとこの選曲はあり得ないでしょう。この曲でも冒頭から穏やかなマズアの覇気がはち切れてます。ホールに響き渡る力漲る響きに耳を奪われますが、どこにも力みはなく誠に自然な響きに痺れます。ドラティに一杯飲ませて酔わせたような演奏。ドラティのタイトさをリラックスさせていい具合にこなれさせた感じ。かといって緩いわけでもなく、完璧にリラックスさせたという意味でのこと。1楽章はハイドンの交響曲の面白さが全て詰まった見事な完成度。湧き出すエネルギーと推進力。晴朗なメロディーにオーケストラが気持ちよく響く見事な構成。この曲でも録音は見事。ETERNA恐るべしですね。
続くアダージョでは1楽章の興奮を冷ますように短調のほのかな陰りの深さを垣間見せたかと思うと、さっと光が差し込むように雰囲気が変わり、また陰るというようなデリケートな場面転換を繰り返しながらじっくりと深みを表現していきます。
そしてメヌエットは堂々とした演奏。陽光に輝く神殿のごときアルカイックなもの。完璧なバランスとピラミッドのような安定感。これ以上の演奏があろうかという出来に驚きます。そしてフィナーレも落ち着いて柔らかな響きでまとめてきます。オケが気持ちよく響き渡る快感に包まれます。それだけでなく中間の弱音部の丁寧な扱いも見事で、しっかりと起伏がつき、この曲の面白さを再発見した気分。

IMG_3941.jpg

いやいや絶品です。クルト・マズアという人、他の演奏はほとんど聴いていませんが、ヴォイトヴィチ盤や本盤など70年代のハイドンの録音は本当に素晴らしい。なんとなく強面の外見で損をしているようですが、この2枚で聴かれるハイドンは他に真似のできない自然さと慈しみ深さが表現されています。私自身もマズアがこのような演奏する人という認識はありませんでしたが、2枚揃ってしまうと、疑いなく実力でしょう。2015年に亡くなってしまいましたが、これから再評価されるのではないかと思います。LPの再生環境がある人は探して聞く価値のあるアルバムです。



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲5番 交響曲61番

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

オルガン協奏曲XVII1:1協奏交響曲音楽時計曲ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲93番交響曲70番ヒストリカル軍隊交響曲81番交響曲80番ピアノ協奏曲XVIII:11トランペット協奏曲悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6ロンドンヨハン・クリスチャン・バッハモーツァルトオックスフォード交響曲4番豚の去勢にゃ8人がかりピアノソナタXVI:51ピアノ三重奏曲十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヘンデルバッハラモースカルラッティ驚愕ショスタコーヴィチシェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ベートーヴェンドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲古楽器時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.54天地創造ヴォルフレスピーギタリスリヒャルト・シュトラウスリゲティヨハン・シュトラウス交響曲10番ピアノソナタXVI:49交響曲54番迂闊者ネルソンミサトマジーニバリトン三重奏曲ピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71交響曲88番ブルックナーベルリオーズウェーベルンナッセンベンジャミンシェルシグリゼーメシアンヴァレーズOp.20弦楽四重奏曲交響曲9番交響曲67番交響曲65番狩り交響曲61番交響曲39番交響曲73番リームピアノソナタXVI:20アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:48四季交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:45ピアノソナタXVI:44第九太鼓連打ボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74無人島変わらぬまことアルミーダチマローザ哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ騎士オルランド英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1アレルヤ交響曲79番ラメンタチオーネ交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲19番交響曲58番交響曲27番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー告別交響曲97番交響曲90番交響曲18番奇跡ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ニコライミサ小オルガンミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃武満徹ライヴ録音SACD交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:35ライヒャロッシーニドニぜッティ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4バードパレストリーナモンテヴェルディアレグリ美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲35番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナードラルゴ五度ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオドイツ国歌カノンモテットオフェトリウムよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲62番交響曲107番交響曲108番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲カンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
8位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ