【新着】ジョヴァンニ・アントニーニの交響曲全集第6巻(ハイドン)

全集に向けた取り組みが順調に進んでいます。

AntoniniVol6.jpg
TOWER RECORDS / amazon / HMV&BOOKS onlineicon

ジョヴァンニ・アントニーニ(Giovani Antonini)指揮のバーゼル室内管弦楽団(Kammerorchester Basel)の演奏で、ハイドンの交響曲3番、26番「ラメンタチオーネ」、79番、30番「アレルヤ」の4曲を収めたCD。このアルバムはアントニーニによるハイドンの交響曲全集の第6巻。収録は2017年3月2日から7日にかけてスイスのバーゼル近郊のリーエンという街にあるランドガストホフ・リーエンでのセッション録音。レーベルはレーベルはouthereグループのALPHA-CLASSICS。

このシリーズはこれまでに全巻取り上げています。

2017/11/22 : ハイドン–交響曲 : 【新着】ジョヴァンニ・アントニーニの交響曲全集第5巻(ハイドン)
2017/04/18 : ハイドン–交響曲 : 【新着】イル・ジャルディーノ・アルモニコの交響曲全集第4巻(ハイドン)
2016/10/09 : ハイドン–交響曲 : 【新着】イル・ジャルディーノ・アルモニコの交響曲全集第3巻(ハイドン)
2015/06/08 : ハイドン–交響曲 : 【新着】イル・ジャルディーノ・アルモニコの交響曲全集第2巻(ハイドン)
2014/11/08 : ハイドン–交響曲 : 【新着】イル・ジャルディーノ・アルモニコの交響曲全集第1巻(ハイドン)

リリースは安定して続いていますが、今回取り上げる第6巻からアルバムの輸入元がマーキュリーからナクソスジャパンに変わっています。輸入元が変わると何が変わるかというと、以前のマーキュリーのパッケージには白沢達生さんの非常に詳しい解説の翻訳が付いていて、それが魅力だったんですね。ナクソスジャパンのパッケージはタイトルととアルバム内容が書かれたカバーがつけられているだけ。このシリーズは装丁、アートワーク、解説が充実しているだけに、今回の変更は資本の論理でしょうが残念なものですね。どうして変更されたのかと調べてみると旧輸入元のマーキュリーのウェブサイトを確認してみると、サイトが繋がらなくなっていますね。充実した訳と解説が気に入っていただけに残念ですね。

さて、このシリーズについてと奏者についてはこれまでの巻の記事をご覧ください。前巻からオケがバーゼル室内管に変わり、今回もバーゼル室内管。アントニーニの圧倒的なコントロールはオケの違いを感じさせないもので、演奏はキレキレで変わらず。

Hob.I:3 Symphony No.3 [G] (before 1762)
いきなり耳をつんざくようなヴァイオリンの響きにびっくり。この初期の曲から鋭利な響きを引き出すセンスに驚きます。先日のアルトシュテットの振るハイドンフィルもそうですが、古典期の曲をアヴァンギャルドなセンスでまとめる見事な手腕。アルバムの1曲目に挨拶がわりに置く選曲も見事です。けたたましい響きながらスリリングさが勝る1楽章のアレグロ。そして続くアンダンテ・モデラートは厳かささえ感じるほどにレガートを効かせて抑えてきます。メヌエットは舞踊より覇気が勝るキレキレなもの。弦のキレ味にホルンのリズム感の良さが印象的。そしてフィナーレは速いパッセージの連続波状攻撃に痺れ気味。この小曲が見事な仕上がり。

Hob.I:26 Symphony No.26 "Lamentatione" 「ラメンタチオーネ」 [d] (before 1770)
アルバムタイトルもラメンタチオーネということで、メインとなる曲。予想通り1楽章はかなり速めのテンポで、仄暗さが勢いで吹き飛びそう。そう、このスリリングさがハイドンに生気を吹き込んでいるんですね。伴奏に回るヴァイオリンの音階が控え目ながらクッキリと浮かび上がる精緻なアンサンブル。そして波が繰り返し寄せてくるように盛り上がります。速いばかりではなく、フレーズの彫り込みの深さでこの1楽章の魅力を浮かび上がらせます。そして聴きどころのアダージョはこちらも予想通り抑えてきました。独特の雰囲気のあるメロディをあえて平板に表現することでアルカイックな印象が強まります。狭い音量さの中でも耳を澄ますとこのメロディー自体の美しさが心にじわりと沁みてきます。そしてメヌエットも前曲の覇気とは異なり八分のキレで優雅さを残し、最後に仄暗さのうっすらとした余韻を残す巧みな設計。

Hob.I:79 Symphony No.79 [F] (before 1784)
だいぶ時代は下って、朗らかな明るさを持った曲ですが、ただ朗らかに演奏するわけもなく、明るく屈託のないメロディにキレ味鋭い装飾を施してきます。パリセット直前の目立たぬ存在だったこの曲の面白さを再発見した気分。ワクワクするような見事な推進力をちりばめ、千変万化する表情を繰り出す手腕に魔法にかかったよう。転調しながら次々展開していく曲想を追いながらいつも通りハイドンのアイデアにも感心しきり。かなり大胆な音量コントロールが実に効果的。色彩感と躍動感が溢れる秀演。続くアダージョ・カンタービレはつぶやくようにトボトボとしたメロディーの面白さを強調するためかメロディを抑えて木管やホルンの柔らかい音色でアクセントを浮かび上がらせ、ヴァイオリンの繊細さを引き立てるコントラスト。後半のウン・ポコ・アレグロで弦のソリッドな音色が出てくることを想定した演出でしょう。3楽章のメヌエットはこれまでの曲で最も舞曲らしいもの。そしてフィナーレは実に軽やかな入り、と思った瞬間展開部に入ると牙を剥き、弦の表情の使い分けの多彩さを印象付けます。ハイドン自身もこれだけの表現の幅は想像できなかったでしょう。見事です。

Hob.I:30 Symphony No.30 "Alleluja" 「アレルヤ」 [C] (1765)
最後の曲。どの曲も新鮮に響きますが、このリズミカルなアレルヤの入り、古楽器の演奏は数あれど、このニュアンス豊かな表現は新時代のもの。楽器の音色で聞かせた初期の古楽器演奏とは異なり、古楽器の音色の幅を駆使して、色彩感も推進力もキレも伴い実に豊かなイメージを描いていきます。弦楽器の表現力は前曲同様。特に木管とホルンの巧みなコントロールは神業レベル。おまけに構成感も完璧で引き締まった1楽章。アンダンテは抑えた弦とクッキリと浮かび上がる木管などによるコントラストが再来。木管の響きの美しさ、とりわけフルートが見事な演奏。そしてフィナーレは比較的おおらかな響きで入りますが、徐々にキレを垣間見せ、語り口の巧さを見せつけます。最後はオーソドックスにまとめてきました。

ジョヴァンニ・アントニーニ指揮のバーゼル室内管によるハイドンの交響曲全集の第6巻。この巻も非常にレベルの高い仕上がり。アントニーニのキレ味鋭いコントロールと、多彩な表現力で時代をまたぐ4曲を巧みに料理して、どの曲も抜群に面白い出来。素晴らしい才能の持ち主ですね。このシリーズは冒頭にも書いたように、アートワークも装丁も素晴らしく所有欲を満たすもの。次の巻のリリースが待ち遠しいですね。もちろん評価は全曲[+++++]とします。



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲3番 ラメンタチオーネ 交響曲79番 アレルヤ 古楽器

パトリック・ガロワ/シンフォニア・フィンランディアの初期交響曲集

今日は聴き散らかしたCDを片付けているときに気になったアルバムをチョイス。

Gallois1_5.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

パトリック・ガロワ(Patrick Gallois)指揮のシンフォニア・フィンランディアの演奏でハイドンの交響曲1番から5番までを収めたアルバム。収録は2004年5月26日から28日、フィンランド中部のユヴァスキュラ近郊の街、スオラハティにあるスオラハティホールでのセッション録音。レーベルは廉価盤の雄NAXOS。

パトリック・ガロワは昔はイケメンフルート奏者として知られていた人。1956年フランスのリール北部のランセルという街生まれ。ランセルはフランス北部というよりベルギー国境間際の街。パリ音楽院でフルートをピエール・ランパルに学び、リール・フィルハーモニー管弦楽団の首席奏者を経て、1977年にフランス国立管弦楽団の首席フルート奏者となり一躍スター・フルーティストとなりました。1984年にフランス国立管弦楽団を退団してからはソリストして有名オケ、指揮者と共演しアルバムも多くリリースしています。2003年からはこのアルバムのオケであるシンフォニア・フィンランディアの音楽監督になり、ヨーロッパや日本にもツアーで訪れているようです。

シンフォニア・フィンランディアは正式名称はユヴァスキュラ・シンフォニア・フィンランディアというようです。ホームページがありますので紹介しておきましょう。

Sinfonia Finlandia Jyväskylä(英文)

Hob.I:1 / Symphony No.1 [D] (before 1759)
この曲の刷り込みはもちろん火の玉の塊のようなエネルギーに満ちたドラティ盤ですが、この演奏はそれに負けない生気をもったはじまり。非常に良く磨かれたオケの各楽器の演奏。ガロワのコントロールはアクセントの部分をかなりレガートを聴かせて、流麗さを強調したもの。デュナーミクのコントロールが緻密で、オーケストラの各楽器の織りなす音色の彩を楽しめます。オケのテクニックは素晴らしいものがあります。特に木管楽器の美しい音色が抜群。
2楽章のアンダンテは雄弁に鳴り響くハープシコードの通奏低音が雅な雰囲気を醸し出しています。オケは懐の深いフレージング。弦楽器も良くそろって清潔感のあるアンサンブル。さっぱりしているのに表現は薄くなく、じわりと心に響く音楽。ヴァイオリンパートの美しい音色は素晴らしいものがあります。非常に豊かな音楽。録音も新しいものらしく広い空間と適度な距離感を感じさせてオケが定位し、鮮明さ兼ね備えた素晴らしいもの。ハープシコードの音色も絶品。
フィナーレは鮮烈さを落ち着いて表現するような実に味わい深いもの。慌てたところは一切なく、楽譜どおりに音を置いていく感じ。テンポも落ち着いていて、プレストをじっくり表現するよう。ガロワ、指揮者としてもかなりの腕前と見ました。1曲目から素晴らしい出来。

Hob.I:2 / Symphony No.2 [C] (before 1764)
レガートはそのままに、この曲ではかなり主題をデフォルメして溜めた展開。冒頭からからかなり個性的なフレージング。かなりテンポを落としてメロディーラインをなぞっていきます。ここでもオーケストラの精度は抜群。ガロワの確信犯的アプローチですね。ただ、慣れると妙に心地よいものがあり、冒険は失敗ではありません。
2楽章のアンダンテはデリカシーあふれる演奏に戻り、これも対比と納得。やはり微妙な強弱をしっかり演出しながら特にヴァイオリンのパートが絶妙。なぜか最後の一音は消え入る隙もないほどの短さ。演奏の意図か編集ミスかわかりません。
フィナーレは全曲とは異なりテンポも含めて鮮度と生気を十分に反映したもの。中央奥から聴こえるホルンの響きが素晴らしい効果を挙げています。同じプレストでも前曲とは生気が違います。素晴らしい推進力。

Hob.I:3 / Symphony No.3 [G] (before 1762)
おそらく前2曲とは作曲年代が異なり少し後のものと推測されています。やはり生気あふれるいい入り。この曲は4楽章構成。ガロワの腕力を如実に表すのはフレーズの切れ目での休符の扱いと表情の変化のキレ。こうゆうところをきちんと処理するだけで演奏の浸透度はかなり異なります。この曲では推進力だけではなく曲の中での表情の切り替えが見事なので、曲がびしっと引き締まって聴こえる訳です。
2楽章は短調の素晴らしいメロディーラインを堪能できます。とろけるようなオケの響きから聴こえるシュトルム・ウント・ドラング期の傑作交響曲にもひけをとらない素晴らしく美しいメロディー。ハープシコードがここでも雄弁すぎるくらいの活躍。テンポ感と情感のバランスが絶妙。
3楽章はメヌエット。後年の交響曲ほどの充実は望めませんが、音を切り気味に舞曲を進め、中間部はヴァイオリンとホルン、木管楽器、通奏低音の掛け合いの妙を楽しめます。
フィナーレはジュピター交響曲のフーガに似ています。基底になる旋律をいろいろな楽器に受け継ぎながら曲を進め、ここでも自然さは十分なもの。この曲では表現意欲は抑えられ、曲自体の感興の表現に徹するもの。

Hob.I:4 / Symphony No.4 [D] (before 1762)
最初の一撃のあと一拍置く感じが独特。ただ2番で見せた表現意欲は抑えられ、極めてオーソドックスな演奏。もはや手慣れたコントロールで曲をこなしていくようなそぶりが感じられなくはありませんが、凡庸な演奏ではありません。
2楽章はアンダンテ。これまでどおり、曲を生気あふれるコントロールでこなしていくと言う姿勢に変わりはありません。デリケートな音の重なり見事。
フィナーレは出だしからしっかりとした響きではじまります。もはや言葉で説明する必要がないほどの充実ぶりです。鮮度、フレージング、響きの美しさどれをとっても素晴らしいものです。

Hob.I:5 / Symphony No.5 [A] (before 1762)
1楽章がアダージョ。何と優しい響きの入り。ホルンと弦楽器、通奏低音の見事なアンサンブル。特にホルンの存在感は素晴らしいものがあります。のどかな旋律をじっくり味わえる見事な演奏。この自然さは至福の一時。じっくりじっくり曲を味わい尽くすような素晴らしい演奏。
2楽章はアレグロ。ここに来て攻める攻める。美しいオーケストラの響きはそのまま、ちょっとズレた拍子の面白さを十分に表現してハイドンの曲の意図通り素晴らしい感興を再現しています。この楽章のテンションは流石。
3楽章のメヌエットは徐々に後年の充実したメヌエットの片鱗を感じさせるようになります。ホルンからはじまり木管に受け継がれる中間部のメロディーはオケの奏者の素晴らしいテクニックを堪能できる部分。リズムのキレも曲のキレも素晴らしいですね。楽章の終わりがそうとはわからない程自然なのも特徴。ふつうもう少しメリハリをつけるところでしょうが、気づくか気づかないかのうちに楽章を閉じます。
フィナーレは1分少しの短いもの。吹き上がるオケ、レガートを多用しながら響きの織りなす彩で聴かせる素晴らしいコントロール。ハイドンのフィナーレの見事な音楽が眼前に素晴らしい立体感で表現され、このアルバムを閉じます。

パトリック・ガロワ指揮のシンフォニア・フィンランディアによるハイドンの初期交響曲集。オーケストラコントロールは素晴らしいもの。微妙なデュナーミクのコントロールは鳥肌レベル。そしてすこしレガートを効かせてアタックよりもメロディーラインの美しさを強調して素晴らしい効果を挙げています。フィンランドのローカルオケでしょうが演奏の技術と響きの美しさは国際級、というよりベストに近いもの。ガロワの表現も適度に個性的で、そして適度にオーソドックス。私の求めるハイドンの理想的な演奏です。評価は、ちょっと冒険しすぎた2番が[++++]、その他の4曲は[+++++]とします。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲1番 交響曲2番 交響曲3番 交響曲4番 交響曲5番 ハイドン入門者向け

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

交響曲54番迂闊者ネルソンミサバリトン三重奏曲弦楽四重奏曲Op.54ベートーヴェンピアノソナタXVI:52ピアノソナタXVI:49交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46日の出皇帝弦楽四重奏曲Op.71交響曲88番ブルックナーベルリオーズベンジャミンウェーベルンバッハナッセングリゼーシェルシメシアンヴァレーズOp.20弦楽四重奏曲モーツァルト交響曲65番交響曲67番交響曲9番弦楽四重奏曲Op.76交響曲39番交響曲73番狩り交響曲61番リームピアノソナタXVI:48アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:6四季交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェル弦楽四重奏曲Op.64ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45ピアノソナタXVI:21ピアノ三重奏曲第九ヒストリカル太鼓連打オックスフォード時計ボッケリーニ交響曲99番シューベルトロンドン天地創造交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーチェロ協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:11ライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディ軍隊オペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74変わらぬまこと騎士オルランド哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェアルミーダ無人島チマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:3弦楽四重奏曲Op.20古楽器アレルヤラメンタチオーネ交響曲3番交響曲79番驚愕チェロ協奏曲1番交響曲27番交響曲19番交響曲58番ショスタコーヴィチ紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎協奏交響曲LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲90番告別交響曲97番交響曲18番奇跡ひばりフルート三重奏曲悲しみ交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ニコライミサ小オルガンミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲93番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃武満徹SACDライヴ録音交響曲81番交響曲80番交響曲21番マリア・テレジア豚の去勢にゃ8人がかりクラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲10番交響曲12番交響曲11番交響曲4番交響曲15番交響曲1番交響曲37番ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ドニぜッティロッシーニライヒャ弦楽三重奏曲シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4パレストリーナモンテヴェルディアレグリタリスバード美人奏者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ガスマンヴェルナーピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲35番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットオフェトリウムドイツ国歌カノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲62番交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
81位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
8位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ