ヴァレンティナ・カメニコヴァのピアノ協奏曲集(ハイドン)

LPが続きますが、今度はマイナー盤。

Kmenikova.jpg

ヴァレンティナ・カメニコヴァ(Valentina Kameníková)のピアノ、リボール・フラヴァチェク(Libor Hlaváček)指揮のヴィルトゥオージ・プラジェンセス(Virtuosi Pragenses)の演奏で、ハイドンのオルガン協奏曲(Hob.XVIII:1)とピアノ協奏曲3曲(Hob.XVIII:4、XVIII:11、XVIII:3)の4曲を収めたLP。 収録は1974年2月、5月、9月にプラハの”DOMOVINA"スタジオでのセッション録音。レーベルはSUPRAPHON。

最近ディスクユニオンで仕入れたLP。ピアニストも指揮者もオケも未知のアルバム。こういったアルバムに針を落とす瞬間はドキドキします(笑) いつものようにVPIのクリーナーで綺麗に洗浄して針を落としてみると、実にしなやかな音楽が流れ出てくるではありませんか。特にカメニコヴァのピアノがしっとりと染み入るような優しい演奏。「当たり!」ですね。

ということでいつものように奏者についてさらっておきましょう。

KamenikovaFig.jpg

ピアノのヴァレンティナ・カメニコヴァは1930年、ソ連の黒海沿岸の街オデッサ(現ウクライナ)の音楽一家に生まれ、戦時中はユダヤ系だったことからシベリアに避難してピアノを学びます。戦後、オデッサ音楽院、モスクワ音楽院に進み、1954年に結婚後、1957年にチェコスロバキアに家族とともに移住。1959年から61年までプラハ芸術アカデミーの大学院で学んだ後、1963年からはプラハ音楽院、プラハ芸術アカデミーで教職に就き、録音も多数残したとのこと。特にロシア音楽の正当な解釈により注目すべき存在だったということです。1989年、57歳の若さで亡くなっています。今日取り上げるアルバムの録音が1974年ということでカメニコヴァ43歳での録音になります。

指揮者のリボール・フラヴァチェクの方はほとんど情報がなく、通常指揮者を置かないプラハ室内管などのアルバムにクレジットされたものがあるくらいで、リーダーとして活躍した人だろうと想像しています。

さて、このアルバム、先に触れたように実にしっとりとしたピアノが妙に染み入る見事な演奏なんですね。レビューに入りましょう。

Hob.XVIII:1 Concerto per il clavicembalo(l'organo) [C] (1756)
この曲は通例オルガンで演奏される曲。録音は年代なりでしょうか。オケは響きが少々濁り気味ながらオーソドックスにテンポよく序奏を奏でます。ピアノソロは協奏曲の録音としては控えめな音量で慎ましやかに入りますが、聴き進めていくうちに音量の問題ではなく、しっとりとピアノがオケに寄り添うような優しい演奏であることに気づきます。これが実に心地よい。グイグイ引っ張る演奏が多い中、このオケと寄り添って、時に少しリードし、時にリードされという微妙な掛け合いの面白さが浮かび上がります。これぞ燻し銀の演奏という感じ。逆にオケはメロディーラインをくっきりと描いていくので、ピアノの表情の微妙な変化がわかりやすいですね。カメニコヴァが落ち着き払ってソロのデリケートな表情の表現に集中しているのがわかります。
続くラルゴではオケもしっとりとした表情になり、ピアノはさらに染み渡るように慈しみ深い表情になります。1楽章よりもオケの表情が豊かになり、音楽に深みが増します。オルガンの演奏と違ってピアノによるこのラルゴはメロディーが綺羅星のごとくまばゆく輝く絶美の音楽であることがわかります。しかも驚くのがカデンツァの穏やかさ。技巧的要素は皆無。ただただ美しい音楽が流れます。
フィナーレはオケの表情が再びクッキリと引き締まり、ピアノもリズミカルに応じます。この自然なリズム感、ちょっと雰囲気は異なりますがハスキルを思わせる自然なタッチ。指のフリクションというかモーメントが全くなく実に軽やかに音階を刻みます。まさに魔法のタッチと言っていいでしょう。そう、ハスキルをイメージさせる自然さがカメニコヴァの独特の音楽の印象を作っているんですね。

Hob.XVIII:4 Concerto per il clavicembalo(l'fortepiano) [G] (c.1770)
入りのリズムの面白さが特徴の曲。カメニコヴァの演奏のツボが何となくわかってきたので、安心して聴くことができます。ただ、この曲、ピアノの調律がちょっと甘い感じでせっかくのカメニコヴァの自然なタッチにどっぷりと浸かることができません。起伏に富んだメロディーが進んでいくうちに幾分か慣れてきます。オケの方もカメニコヴァの自然さとタメを張るくらい淀みない流れの良さを感じさせるのがわかります。そしてこの曲でもカデンツァは詩的で可憐なもの。
2楽章のアンダンテ・カンタービレに入ると前曲同様、穏やかさに磨きがかかり、呼吸が深くなって磨き抜かれた美しさが際立ちます。この柔らかな音楽の魅力はカメニコヴァの真骨頂でしょう。ハスキルのサラサラとした疾走感とは逆にしっとりと落ち着いた深みが魅力ですね。そしてあっという間ながら美しさを極めたカデンツァも見事。
フィナーレはカメニコヴァとフラヴァチェクの自然な掛け合いが双方いい勝負。オケの方もカメニコヴァに負けず劣らず自然な呼吸の魅力を発散して洗練の極みに達します。ただ自然な演奏とはレベルが違いますね。

IMG_2886.jpg

Hob.XVIII:11 Concerto per il clavicembalo(l'fortepiano) [D] (1784)
LPの2枚目。ご存知の通り、最も有名な協奏曲ですが、この曲に至って、あまりの流れの良さにこのコンビの実力がよくわかった次第。全く淀みのない音楽の流れの良さはただならぬもの。自然な起伏をつけながらピアノのタッチもオケのソロも実に気持ちよく流れます。ピアノのメロディーをよく聴くと先ほどはハスキルを感じさせましたが、この流れの良さは今度はアンスネスのよう。透徹したタッチが素晴らしいですね。
緩徐楽章の素晴らしさはこれまで通り。大きな流れの起伏とディティールの響きの美しさ、そして淀みのない清透さ。カメニコヴァのタッチは魔法のように滑らかさを極め、この曲のカデンツァでようやく素晴らしい技巧を聴かせますが、それとて自然な響きに包まれテクニックの誇示のような印象は皆無。
フィナーレは言うことなし。ただただ音楽の流れに身を任せて至福のひと時を味わいます。自然な音楽の流れの中の表情のデリケートな変化の妙。絶品です。

Hob.XVIII:3 Concerto per il clavicembalo(l'organo) [F] (1765)
最後に軽めの曲を持ってきました。まるで有名レストランで次々と料理を味わうような変化を楽しみます。もうメロメロ(笑) 穏やかながら千変万化する表情の多彩さ。どの瞬間も美しく研ぎ澄まされた最高のハイドン。メロディーの美しさを極めたモーツァルトのコンチェルトとは異なり、ウィットも含めて構成や表情の多彩さを味わえるハイドンのコンチェルトの究極の演奏。特にふとした瞬間に訪れる軽さの表現は秀逸。オケも柔らかな響きで応じていますが、1曲目で感じた響きの濁りはどこかに消え去り響きの純度が突き詰められています。美しすぎる瞬間の連続に昇天。
2楽章のラルゴ・カンタービレ。ここにきてオケもピアノも完全にゾーンに入ってます。奏者自身が完全に無になって音楽と一体化。ハイドンの魂が乗り移っているよう。静かに満天の星を眺める心境。幸福感に包まれます。
最後の楽章はホルンの柔らかい響きが加わりながら鮮明にキリリと引き締まり、前楽章が音量をかなり抑えていたことがわかります。最後は流れるようなカメニコヴァのタッチの見事さ、オケの鮮度、転調の面白さ、そして表情の絶妙な変化とこのアルバムの特徴がフルに発揮されて終わります。

絶品です。たまたま手に入れたアルバムですが、ハイドンのクラヴィーアのための協奏曲の最高の演奏の一つでしょう。キレキレの演奏でもなく、超個性的な演奏でもなく、オーソドックスな演奏の最高の姿。ハイドンの書いた音楽の美しさ、構成の面白さをとことん味わえる燻し銀の演奏。ピアノのヴァレンティナ・カメニコヴァを知る人は少ないかもしれませんが、このアルバムによって、その素晴らしい音楽が心に刻まれました。LPの再生環境がある方はぜひ手に入れて聴いてみてください。評価はもちろん全曲[+++++]とします。



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノ協奏曲XVIII:1 ピアノ協奏曲XVIII:4 ピアノ協奏曲XVIII:11 ピアノ協奏曲XVIII:3

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

十字架上のキリストの最後の七つの言葉ショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク悲しみオックスフォード交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲古楽器時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフリゲティヨハン・シュトラウスリヒャルト・シュトラウスタリスモーツァルト軍隊交響曲10番ピアノソナタXVI:49交響曲54番迂闊者ネルソンミサバリトン三重奏曲ベートーヴェンピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71ブルックナー交響曲88番ベルリオーズナッセンバッハウェーベルンベンジャミンヴァレーズメシアングリゼーシェルシOp.20弦楽四重奏曲交響曲9番交響曲65番交響曲67番弦楽四重奏曲Op.76交響曲73番交響曲39番狩り交響曲61番リームアンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:48四季交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45ピアノソナタXVI:21ピアノ三重奏曲第九ヒストリカル太鼓連打交響曲99番ボッケリーニロンドンシューベルト交響曲5番チャイコフスキーストラヴィンスキーライヴピアノ協奏曲XVIII:11弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74変わらぬまこと哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェアルミーダ騎士オルランド無人島チマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:3交響曲3番交響曲79番アレルヤラメンタチオーネチェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲27番交響曲19番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎協奏交響曲オーボエ協奏曲LPヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー告別交響曲90番交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ニコライミサ小オルガンミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲93番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃武満徹SACDライヴ録音交響曲80番交響曲81番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかりBlu-ray東京オペラシティ交響曲11番交響曲12番交響曲4番交響曲15番交響曲1番交響曲37番ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ドニぜッティロッシーニライヒャ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26バードアレグリパレストリーナモンテヴェルディ美人奏者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムドイツ国歌モテットカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲62番交響曲107番交響曲108番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ