【新着】ロマン・ラビノヴィチのピアノソナタ全集第1巻(ハイドン)

年末の旅行の記事を書いているうちに1月も20日過ぎになってしまいました。このあたりでちゃんとしたレビューしておかないと当ブログの存在意義が問われかねませんので(笑)、最近入手したアルバムから絶品の演奏を取り上げます。

Rabinovich1.jpg
TOWER RECORDS / amazon

ロマン・ラビノヴィチ(Roman Rabinovich)のピアノによる、ハイドンのピアノソナタ6曲(Hob.XVI:21、44、45、16、39、32)を収めた2枚組のアルバム。収録は2016年10月24日から30日にかけて、ニューヨークのアメリカ文学芸術アカデミーでのセッション録音。レーベルはFirst Hand Records。

このアルバム、ハイドンのピアノソナタ全集の第1巻という触れ込みでリリースされたということでTOWER RECORDSに注文を入れていましたが、在庫切れでなかなか到着せず最近ようやく到着したもの。なお、ほぼ同時期にダニエル・フックスというピアニストもこちらはハイドンのピアノソナタ全集が揃いでリリースされたアルバムも届き、うれしい悲鳴(笑) 一応、両者の収録曲を所有盤リストに登録しながら、いろいろつまみ聴きして品定めをしたところ、演奏はこちらのラビノヴィチが2枚くらい上手。そして録音もピアノの美しい響きをあますところなく伝える録音も見事。ということで、このラビノヴィチ盤を取り上げることにした次第。

ピアニストのロマン・ラビノヴィチは初めて聴く人。1985年ウズベキスタンのタシケント生まれで、両親からピアノを習い、1994年に家族共々でイスラエルに移住。直後の1995年にメータ指揮のイスラエルフィルと10歳で共演しデビュー。その後フィラデルフィアのカーティス音楽院、ニューヨークのジュリアード音楽院で学び、2008年のルービンシュタイン国際ピアノコンクールでは1等なしの2等に選ばれていて、以降世界の著名なホールでコンサートを開くピアニストとして活躍しています。なお、作曲や絵も嗜み、このアルバムのジャケットもラビノヴィチ自身の作です。

このソナタ集、第1巻ということで、選曲は作曲年代順でもなければ、有名曲をちりばめたものでもなく、比較的初期の作品を集めたもの。しかもその演奏は今時の非常に繊細な感性を感じさせながら、1曲1曲の面白さを浮かび上がらせ、その上オルベルツの全集のように、何か一貫した堅固な姿勢を感じさせるという、なかなか素晴らしいもの。少し前に取り上げたポール・ルイスも全集を視野に入れたリリースでしたが、ルイスの透徹した響きの美しさとはまた異なる魅力を放っており、勝るとも劣らぬ素晴らしさ。ということで、CD1枚目の3曲をレビューしておきましょう。

Hob.XVI:21 Piano Sonata No.36 [C] (1773)
アメリカ文学芸術アカデミーはネットで調べると非常に古い建物で広いオーディトリウムがあり、おそらくそこが収録に使われたものと思われます。鮮明ながら広いホールにピアノの残響が非常に美しく漂う名録音。冒頭からピアノの美しい響きに魅了されます。ラビノヴィチの演奏は、先に触れたように、この美しい響きを楽しむように、淡々と演奏していき、まるでオルベルツのような素晴らしい一貫性と堅牢さが魅力。この美しい響きによってハイドンの初期のソナタのシンプルなメロディーが極限まで研ぎ澄まされる感じ。アダージョの語り口もさりげないんですが、深みがあって実に心地良い。耳を澄ますと中音域がしっかりとしているのが堅牢な印象を与えているよう。それでいて詩情が濃く、いきなり夢見心地。この初期のソナタがこれほど美しいとは。フィナーレの軽やかさとキレ味もまろやかな響きに包まれて極上。

Hob.XVI:44 Piano Sonata No.32 [g] (c.1771)
軽妙な前曲の余韻をさらりと流して、短調の物憂げなメロディーを美しく置いていきます。曲の配置のセンスも類い稀なものを持っていそうです。この曲でも一貫した姿勢でさらりと音楽が流れているように感じますが、ディティールは自然に磨き込まれ、アクセントも自然な印象ながらくっきりとつけらています。ハイドンの曲から美しさと、構成の面白さ、そして深みを引き出すバランス感覚をしっかりと身に付けているようです。このバランスというかセンスがハイドンの演奏には最も必要なことはみなさんご存知でしょう。ラビノヴィチ、それほど録音があるわけでもありませんが、いきなりハイドンの全集を目指すというところからも、ハイドンに対する深い理解と嗜好があるのでしょうね。2楽章構成のこの曲、2楽章のアレグレットを聴くと程よい穏やかさを実に自然に表現してきます。

Hob.XVI:45 Piano Sonata No.29 [E flat] (1766)
そして、晴朗快活な曲。ソナタのならびの面白さだけでも十分刺激的。曲が変わる瞬間の面白さは、楽章間とはまた違う緊張感があって好きです。ここでも適度な推進力とキレ、コントラスト。ハイドンの音楽の中のとりわけタッチの面白さがこの曲のポイントと見抜いているのでしょう、シンプルな音楽が演奏によって真の豊かさを持つことができるのだ言われているような演奏。次々と繰り出される起伏に富んだメロディーが脳の聴覚中枢を通してアドレナリンを発散。音色の持つ様々な印象を駆使しての演奏。これをマルチヴァレントいうのでしょう。1楽章から絶品です。続くアンダンテは淡々と仕込まれたメロディーがラビノヴィチのタッチで柔らかな陰影を帯びてゆったりと推移していく景色を眺めるがごとき風情。終楽章は恐ろしいほど速いパッセージがあるんですが、不思議と自然に音楽が流れます。しかもアクロバティックな印象は微塵もありません。むしろ完全に曲を掌握して、楽々と弾いているような余裕すら感じさせます。本質的なテクニックの持ち主ということでしょう。

いやいや、ロマン・ラビノヴィチ、すごい人です。まるでハイドンのソナタを弾くためにピアノを弾いているようにすら聴こえます。ハイドンのソナタの魅力である、ハッとするような構成の面白さ、機知に富んだメロディー、晴朗さも美しさも陰りも織り込まれたそれぞれの曲の魅力をあますところなく伝え、ハイドンのソナタの演奏に完全にフォーカスして完璧な説得力を持っています。このレベルでリリースが続けば、モダンピアノによるソナタ全集の決定盤となるでしょう。もちろん評価は3曲とも[+++++]といたします。ピアノ好きな皆さん、必聴です。



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノソナタXVI:21 ピアノソナタXVI:44 ピアノソナタXVI:45

ジャン=エフラム・バヴゼのピアノソナタ集Vol.3

先日第1巻を取りあげたバヴゼのピアノソナタ集。第3巻が手に入りました。

Babouzet3.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

ジャン=エフラム・バヴゼ(Jean-Efflam Bavouzet)のピアノによる、ハイドンのピアノソナタ第3集。XVI:45、XVI:20、XVI:27、XVI:14の4曲を収めたアルバム。収録は2011年5月16日から18日、第1巻と同様ロンドンの北東約100Kmの街サフォークにあるポットン・ホールでのセッション録音。

バヴゼの紹介は前記事をご覧ください。

2012/05/22 : ハイドン–ピアノソナタ : ジャン=エフラム・バヴゼのピアノソナタ集Vol.1

このアルバムは好きなXVI:20が含まれているので聴きたかったもの。YAMAHAピアノの実体感ある響きで聴くXVI:20のアンダンテがどう響くでしょうか。

Hob.XVI:45 / Piano Sonata No.29 [E flat] (1766)
前記事のアルバムを聴いた時にはYAMAHAピアノの独特の音色と実体感と、フランス人ピアニストらしい色気のようなものとドイツ系の質実さもを感じましたが、基本的に前回聴いた第1巻と同様な傾向の演奏ながら、このアルバムでは速めのテンポでの推進力を基本とした非常にオーソドックスで無骨ささえ感じる部分が印象に残ります。おそらく厚みのあるピアノの響きと、一貫したテンポの演奏によるものでしょう。録音は最新のものらしく鮮明で眼前近くにピアノがかなりのリアリティで定位するもの。じわりとくる演奏。こうゆう演奏が飽きのこない演奏なんだと思います。
2楽章のアンダンテも同様、地道な推進力が印象的。あえてデュナーミクをあまりつけずに淡々と進めることで、ハイドンの音楽をじっくりと表現しているよう。叙事詩のような演奏と言えばいいでしょうか。淡々とメロディーを弾き進めていく事で、じわりと音楽がつたわるような演奏。バヴゼに最初抱いていた印象とは少し異なりますが、おそらく第1巻を今聴くと同じ印象を感じるのではないかと思います。要は演奏の違いというより先入観の違いのような気もしてます。
フィナーレもあっさりした演奏。ただピアニズムというか現代ピアノの響きの魅力は十分に感じられ、ダイナミクスを過度に強調しないことで古典的な均整を保っている感じ。男性ピアニストらしい、左手の力強さに支えられた迫力が聴き所でしょう。フィナーレは徐々に左手の堂々とした低音の力感がもりあがり、曲の面白さが増していくのが手に取るようにわかります。最後が頂点。

Hob.XVI:20 / Piano Sonata No.33 [c] (1771)
好きなXVI:20。無骨なと感じたのはこの曲を最初に聴いたから。研ぎすまされた響きというよりはゴリッとした低音の迫力を感じる演奏。リズムが少し乱れたり朴訥だったりというのもそういった印象を強くしています。磨き込まない自然体のハイドン。
この曲で最も美しい2楽章。訥々と進むあたりは素朴な曲の魅力を上手く表しています。この曲では流石に音量を落として素朴な静けさを表しています。前記事でも書きましたが、少々音量を落として聴いた方が印象がいい不思議な録音。とぼとぼ歩くようなリズムとテンポは絶妙。この楽章の表現は流石聴かせどころを心得ており、波がひいては返す感じが幽玄とした印象をつくり、夕闇に瞬き始める星のようなこの曲の魅力を伝えています。
フィナーレは今度は上手く力がぬけて、力感ではなくリラックスで聴かせる演奏。バヴゼの演奏は力感よりも抜いた時のほうがしっくりする感じです。意外と楽譜を見ながら初見で弾いているような雰囲気もあり、さりげなさというか、一貫した素朴さがやはり印象にのこります。

Hob.XVI:27 / Piano Sonata No.42 [G] (1776 or before)
あと2曲は簡単に。だんだんさりげなさが魅力だと感じるように。ハイドンのソナタの演奏の一つのあり方かもしれません。この曲は音階の面白さが聴き所ですが、パヴゼはあくまでさらりと弾き進めるようなスタイルで、こだわりなくどんどん行きます。逆にそれが徹底されていておもしろ味が上がっています。初期のシンプルな曲想がバヴゼの演奏スタイルに合っている感じ。2楽章、3楽章も同様の印象。特に3楽章のあっさり感は見事。初期の曲とのほうが相性はいい感じ。この曲はドンピシャ。

Hob.XVI:14 / Piano Sonata No.16 [D] (early 1760)
最後はごく初期の曲。前曲同様相性の良さを感じさせます。複雑な曲ではないだけに、多少単調な要素はありますが、不思議と何の違和感もなく、逆に割り切りの良さが感じられむしろいい印象になります。この曲もドンピシャということでしょう。

ジャン=エフラム・パヴゼのピアノによるハイドンのピアノソナタ集の第3巻は結果的に初期のシンプルな曲の良さにスポットライトを当てる形になりました。第1巻とは印象がだいぶ変わります。評価はHob.XVI:45とHob.XVI:20は[++++]、残り2曲は[+++++]としました。ピアノ演奏の奥行きがわかるいいアルバムだと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノソナタXVI:45 ピアノソナタXVI:20 ピアノソナタXVI:27 ピアノソナタXVI:14

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ピアノ協奏曲XVIII:4軍隊ヒストリカル交響曲93番交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番交響曲81番トランペット協奏曲ヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6悲しみロンドンオックスフォードモーツァルト交響曲4番ヨハン・クリスチャン・バッハピアノソナタXVI:51豚の去勢にゃ8人がかりピアノ三重奏曲十字架上のキリストの最後の七つの言葉スカルラッティヘンデルラモーバッハ驚愕ショスタコーヴィチシェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザークベートーヴェン交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲古楽器時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.54弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20天地創造ヴォルフレスピーギヨハン・シュトラウスリヒャルト・シュトラウスタリスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサバリトン三重奏曲トマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46日の出皇帝弦楽四重奏曲Op.71交響曲88番ブルックナーベルリオーズナッセンベンジャミンウェーベルンメシアンシェルシグリゼーヴァレーズOp.20弦楽四重奏曲交響曲67番交響曲65番交響曲9番交響曲39番狩り交響曲73番交響曲61番リームピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48アンダンテと変奏曲XVII:6四季交響曲全集ラヴェルリムスキー・コルサコフピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打交響曲99番ボッケリーニシューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74騎士オルランド無人島哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ変わらぬまことアルミーダチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:3交響曲3番ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番チェロ協奏曲1番交響曲27番交響曲19番交響曲58番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎協奏交響曲オーボエ協奏曲LPヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー告別交響曲90番交響曲97番交響曲18番奇跡ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ミサブレヴィスニコライミサ小オルガンミサ交響曲95番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃武満徹ライヴ録音SACDマリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲11番交響曲12番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ロッシーニドニぜッティライヒャ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31アレグリバードモンテヴェルディパレストリーナ美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲35番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌カノンオフェトリウムよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲62番交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ