【新着】コワン&アンサンブル・バロック・ド・リモージュのリラ協奏曲など(ハイドン)

弦楽四重奏曲をちょっとお休みして、実に楽しい新着アルバム。このアルバム、ハイドン好きな方に是非聴いていただきたいですね。

LiraDiNapoli.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS / iTunes
icon

クリストフ・コワン(Christophe Coin)指揮のアンサンブル・バロック・デ・リモージュ(Ensemble Baroque de Limoges)の演奏で、リラ・オルガニザータのための曲を集めたアルバム。ハイドンのノットゥルノ2曲(Hob.II:25、II:26)、リラ・オルガニザータ協奏曲(Hob.VIIh:3)、モーツァルトの作とされてきた2つのリラ・オルガニザータのための協奏曲、ヴィンツェンツォ・オルジターノのシンフォニア第3番、イグナツ・プレイエルの2つのリラ・オルガニザータのためのノットゥルノなど6曲。収録は2008年10月、フランス中部のリモージュ近郊のラ・ボリ(la Borie)のスタジオ・ラ・ボリでのセッション録音。伝モーツァルトの曲は2009年9月13日、アイゼンシュタットのエステルハージ宮殿のハイドン・ザールでのハイドンフェスティバルのライヴです。レーベルはリモージュのLA BORIE。

アルバムにつけられたタイトルは「ナポリのリラ」。ナポリの王、フェルディナンドIV世が好んだリラ・オルガニザータという楽器のために、王がハイドンを含む同時代の作曲家に依頼して作曲させた曲を集めたアルバムです。リラ・オルガニザータという楽器の解説は、以前の記事をご参照ください。

2012/08/26 : ハイドン–室内楽曲 : ラルキブデッリ、モッツァフィアートによるナポリ王のための8つのノットゥルノ
2012/01/11 : ハイドン–協奏曲 : シュツットガルト・ソロイスツのリラ・オルガニザータ協奏曲、オルガン協奏曲
2011/09/02 : ハイドン–協奏曲 : 【新着】ウォルフガング・シュルツによるリラ・オルガニザータ協奏曲
2011/04/29 : ハイドン–交響曲 : ブリュッヘン/モーツァルテウムのリラ・オルガニザータ協奏曲、84番

珍しい曲にしては意外にいろいろ取りあげていますね。

リラ・オルガニザータの曲は、通例、ハイドン自身の編曲により、フルートとオーボエに置き換えた版で演奏されることが多いのですが、このアルバムでは、リラ・オルガニザータを復元して演奏しているようです。演奏の様子は上のHMV ONLINEのリンクをご覧ください。

実は手元には音楽の友社の「新版ハイドン」の著者としておなじみの大宮真琴さんの著した「ハイドン全集の現場から」という本があり、これはハイドンのリラ・オルガニザータ曲の研究書です。少し紐解いてみましたが、徐々に大森林のような情報と緻密な論考が展開され、とても日頃のレビューのために読めるような平易なものではありません。この本を紐解いたのは、「新版ハイドン」でもリラ・オルガニザータと言う楽器が弦楽器のような姿だと書かれているのが、先のHMV ONLINEの写真では四脚の据え置き型の楽器のように見えることに疑問をもったから。大宮さんの研究書を読んでも四脚のリラ・オルガニザータは出てきません。リラ・オルガニザータは農民や女性が弾くための楽器として、奇行で知られたナポリ王フェルディナンドIV世が好んだということで、元は弦楽器のような姿の楽器を、演奏が容易なように四脚の形に復元したということでしょうか、、、

素人があまり専門的な領域に踏み込んでケガをしてもいけませんので(笑)、純粋に音楽として楽しむ事に致しましょう。

Hob.II:25 / Notturno No.1 [C] (1789/90)
行進曲 - アレグロ - アダージョ - フィナーレという4楽章構成。まさに行進曲のリズムから入ります。フレーズをかなり細切れにして楽器間でつないでいきます。リラ・オルガニザータはまさに手回しオルガンのようなコミカルな音色。ハイドンの協奏曲のソロパートは楽器の音色に対する鋭敏な感覚にうらづけられたメロディーの面白さがあることが知られていますが、まさに、この曲はリラ・オルガニザータの音色を知って書かれたとよくわかる曲。リラ・オルガニザータのおとぎの国のような音色に耳を奪われます。
アレグロに入ると少し落ち着いて聴けるようになります。楽しげな演奏のためかどうか、リズムのキレはさほどではなく、手作りの音楽風の演奏。まさに仲間内で演奏者同士が楽しんでいるような風情です。アダージョに入ると一層その感を強くします。フィナーレの早いパッセージではリラ・オルガニザータの不思議な音色の面白さが際立ちます。楽器の構造からか、音階を奏でるたびに何かパタパタ鳴っているのが微笑ましいですね。このフィナーレはハイドンの複雑な音階が絡み合う成熟した筆致。なかなか充実した曲ですね。

Hob.II:26 / Notturno No.2 [F] (1789/90)
伝モーツァルトの曲を挟んで2曲目のノットゥルノ。今度は3楽章構成。リラ・オルガニザータによる静かな序奏に続いてすぐに軽快なディヴェルティメント風の曲。やはり木管楽器ではなくリラ・オルガニザータ自体の手回しオルガンのような音色だからこそ醸し出される独特の雰囲気が楽しいですね。
2楽章のアダージョは2台のリラ・オルガニザータがまるでリコーダーのアンサンブルのよう。つづくフィナーレはリラ・オルガニザータの軽快なパッセージを主体とした短い曲ですが、終盤のハッとするような転調が効果的。

この後置かれたヴィンツェンツォ・オルジターノのシンフォニアが実に面白い。こればかりは聴いていただかなくてはわからないですね。曲想はさほど複雑でないのですが、センスがいいというか、聴いていて楽しい曲。終楽章はトルコ趣味のような曲。この曲もリラ・オルガニザータの面白さをかなり活かした曲。

Hob.VIIh:3 / Concerti per la lira organizzata [G] (No.5) (1786/7)
このアルバムの目玉、リラ・オルガニザータ協奏曲。やはりノットゥルノとはソロの引き立てかたが違います。リラ・オルガニザータのユニークな音色からかなりのインスピーレーションを得ています。途中宇宙との交信のような不思議なメロディーが現れたり、音程の上がりきらないところを逆に面白く聴かせたりと、聴かせどころがふんだんにちりばめられています。
2楽章は軍隊の2楽章と同じメロディー。本来ならば打楽器炸裂なところですが、逆にリラ・オルガニザータのコミカルな音色で奏でられると、紙芝居で戦争の物語を見ているような気分になります。ナポリ王を喜ばせようと仕込んだネタでしょうか。
フィナーレは穏やかでしっとっりとしたリラ・オルガニザータの音色に吸い込まれるような曲。そこそこの構成感と華やぎがある曲。1楽章からの展開を考えると、ちょっと不思議な締め方ですね。

このあとプレイエルの曲でアルバムが終わりますが、これも楽しげな曲。

このアルバム、ナポリ王フェルディナンドIV世が当時の何人かの作曲家に自分の好きなリラ・オルガニザータのための曲を作曲してもらったものを収めるという企画もの。このアルバムからつたわるのは、農民の楽器、リラ・オルガニザータを愛したナポリ王の趣味に合わせたのか、ハイドン以外の作曲家の作品も、非常に楽しげで、音楽を演奏する悦びを感じられるような曲ばかりであること。演奏のほうもそれを狙ったのか、精緻というより、かなりカジュアルな印象。この企画にしてこの演奏ということでしょう。評価は全曲[++++]としますが、アーティスティックという視点では捕らえきれない面白さがあるアルバムです。ハイドン好きな皆さんは気に入ってくださると思います。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ノットゥルノ リラ・オルガニザータ協奏曲 古楽器

ラルキブデッリ、モッツァフィアートによるナポリ王のための8つのノットゥルノ

今日は夜想曲を。

Mozzafiato.jpg
amazon

マルテン・ルート(Marten Root)のフルート、ミカエル・ニーゼマン(Michael Niesemann)のオーボエ、モッツァフィアート(Mozzafiato)とラルキブデッリ(L'Archibudelli)の演奏で、ハイドンのリラ・オルガニザータのためのノットゥルノ集。通称「ナポリ王のための8つのノットゥルノ」。収録は1996年10月27日から30日、オランダ、ハールレムのルター教会でのセッション録音。レーベルはSONY CLASSICAL。

この曲は、もともとリラ・オルガニザータという楽器のために書かれた曲。この曲ははじめて取りあげますが、リラ・オルガニザータは協奏曲の方を3度取りあげています。楽器の解説等はウォルフガング・シュルツの記事をご参照ください。

2012/01/11 : ハイドン–協奏曲 : シュツットガルト・ソロイスツのリラ・オルガニザータ協奏曲、オルガン協奏曲
2011/09/02 : ハイドン–協奏曲 : 【新着】ウォルフガング・シュルツによるリラ・オルガニザータ協奏曲
2011/04/29 : ハイドン–交響曲 : ブリュッヘン/モーツァルテウムのリラ・オルガニザータ協奏曲、84番

前の記事え触れたように、ナポリの王フェルディナンド四世はリラ・オルガニザータという楽器をノルベルト・ハドラヴァという人に教わり、国王がハラドヴァと一緒に演奏できるように様々な作曲家に2台のリラ・オルガニザータのため協奏曲の作曲を委嘱しました。ハイドンのリラ・オルガニザータのための協奏曲5曲は、国王がハイドンに委嘱して作曲されたもの。この曲を作曲した後、国王からナポリの宮廷を訪問するよう招請されましたが、訪問は実現せず、その代わりに、今日取り上げる曲のうちの最初の6曲の作曲をされたもの。さらに3曲を作曲し、そのうち1曲は消失したとされており、その8曲が今日のアルバムの収録曲ということになります。

もともとリラ・オルガニザータのために作曲されたもの。ハイドンがロンドンを訪問した際に演奏しようとしましたが、ロンドンにはリラ・オルガニザータという珍しい楽器をを演奏できる奏者がおらず、ハイドン自身がリラ・オルガニザータの独奏パートをフルートとオーボエに書き換えて、ロンドン版が出来、以後このロンドン版によって演奏され続けています。

曲の概要を紹介しながら簡単にレビューしていきましょう。

Hob.II:25 / Notturno No.1 [C] (1789/90)
音楽の楽しさに溢れた曲の入り。ノットゥルノというよりディヴェルティメントです。6曲目までの編成はフルート、オーボエ、クラリネット2本、ホルン2本、ヴィオラ2本、チェロ、コントラバスという非常に変わったもの。行進曲-アレグロ-アダージョ-プレストの4楽章構成。ナポリ国王の演奏を意識してか明るく歯切れ良くウキウキするような曲想。もともとのリラ・オルガニザータが手回しオルガンのようなオモチャっぽい響きを聴かせるためか、曲もそれに合わせたもののようです。曲の造りはかなり手がこんでいて、各楽器間のスリリングなやり取りが緊密。非常に聴き応えがあります。

Hob.II:26 / Notturno No.2 [F] (1789/90)
つづいて3楽章構成の曲。アダージョの序奏をもつアレグロ・スピリトーソ-アレグロ・コン・ブリオ。1楽章は厳かな序奏ではじまり、主題以降は祝祭感が漂うもの。奏者は腕利きらしく、それぞれのパートを活き活きと奏でます。この曲はアダージョの美しさが印象的。フルートとオーボエが交互に奏でるメロディーが非常に美しい。フィナーレは成熟したハイドンの筆致が感じられる素晴らしい陶酔感。

Hob.II:32 / Notturno No.3 [C] (1790)
コミカルな曲想が印象的な3楽章の曲。アレグロ・モデラート-アンダンテ-モルト・ヴィヴァーチェ。いつも感心するのは、このような曲集に一つとして同じ曲想がなく、どれもそれぞれ独特の個性をもっていること。国王もこれは気に入るでしょう。

Hob.II:31 / Notturno No.4 [C] (*1790)
このアルバムの最初の6曲の中でも最も充実した曲。こちらも3楽章。アレグロ-アダージョ-フィナーレという構成。木管の音色の特色の真髄をついた素晴らしい曲。1楽章から痺れます。やまびこのようにメロディが重なる美しい曲。ナポリ国王からの注文による曲ですが、手抜きなし。フィナーレの充実ぶりも素晴らしいものがあります。

Hob.II.29 / Notturno No.5 [C] (1790)
アレグロ-アンダンテ-フィナーレの3楽章構成。1楽章は少し影のある曲想。アンダンテでぐっとテンションを落として静けさをを表現。そしてフィナーレはフーガ。どこかで聞き覚えのあるメロディーをキーとしたものですが、思い出せません。

Hob.II.30 / Notturno No.6 (fragment) [G] (1790)
6曲セットの最後は断片ということで、2楽章構成。プレスト-アンダンテでフィナーレが消失しているとのこと。ここまでのなかでも、木管が目立つ曲。ちょっとモーツァルトのグラン・パルティータを思い起こさせます。

Hob.II:28 / Notturno No.7 [F] (1790)
この曲と次の曲は楽器構成が変わります。フルート、オーボエのソロは変わらずですが、クラリネット2本がなくなり代わりにヴァイオリン2本。ヴァイオリンはヴェラ・ベスとルーシー・ファン・ダールという名手。ヴァイオリンが加わることでアンサンブルの華やかさが一段と強調されますね。前の6曲が木管アンサンブルに近い響きだったのと明確に響きが変わります。アレグロ・モデラート-アダージョ-フィナーレという3楽章構成。曲調も落ち着いた方向に成熟しているよう。また曲も少し長くなってます。前6曲が祝祭感に溢れた音楽だったのに対して、この曲は本来の夜想曲に近いニュアンスをもっています。夜演奏して楽しむのに相応しい静寂感を持っています。アダージョは不思議な恍惚感があります。

Hob.II:27 / Notturno No.8 [G] (*1790)
ラルゴの序奏からアレグロ-アダージョ-フィナーレの3楽章。やはり最後の曲だけあって曲の充実ぶりが際立ちます。ハイドンは交響曲や弦楽四重奏曲などが有名ですが、こうした小品も良く聴くと素晴らしい充実ぶり。特に2台のヴァイオリンが交互にメロディーを掛け合うとところが秀逸。ヴァイオリンがさざめくような感じも繊細でいいですね。曲のスケールも大きく大きくなり、ナポリ王のほくそ笑む姿が目に浮かぶようです。

モッツァフィアートとラルキブデッリという古楽器の名手たちによるハイドンのノットゥルノ集。演奏は流石に名手ぞろいなので言うことなし。キレのいいリズムと鮮度の高い響きがハイドンの隠れた名曲の素晴らしさを見事に表現しています。こうした小曲集も良く聴くとハイドン特有の美しいメロディーと構成感があり、うなされるものがあります。評価は全曲[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ノットゥルノ 古楽器

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

交響曲4番モーツァルトヨハン・クリスチャン・バッハオックスフォードロンドン豚の去勢にゃ8人がかりピアノソナタXVI:51ピアノ三重奏曲十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヘンデルラモースカルラッティバッハ驚愕ショスタコーヴィチシェーンベルク交響曲75番悲しみチェロ協奏曲古楽器ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.54天地創造ヴォルフレスピーギヨハン・シュトラウスリヒャルト・シュトラウスタリスリゲティ交響曲10番軍隊ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサバリトン三重奏曲ベートーヴェンピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46日の出皇帝弦楽四重奏曲Op.71交響曲88番ブルックナーベルリオーズウェーベルンベンジャミンナッセングリゼーメシアンヴァレーズシェルシOp.20弦楽四重奏曲交響曲67番交響曲65番交響曲9番弦楽四重奏曲Op.76狩り交響曲39番交響曲73番交響曲61番リームピアノソナタXVI:6アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48四季交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:45ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:21第九太鼓連打ヒストリカルボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴピアノ協奏曲XVIII:11弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ変わらぬまこと無人島アルミーダ騎士オルランドチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲27番交響曲58番交響曲19番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲協奏交響曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー告別交響曲97番交響曲90番交響曲18番奇跡ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃武満徹SACDライヴ録音交響曲81番交響曲80番マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲11番交響曲12番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:1ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ロッシーニライヒャドニぜッティ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4アレグリパレストリーナバードモンテヴェルディ美人奏者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲46番交響曲51番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナードラルゴ五度ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオドイツ国歌カノンモテットオフェトリウムよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲62番交響曲107番交響曲108番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲カンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
4位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ