ハンス=マルティン・リンデ/カペラ・コロニエンシスのカンタータ、ヴァイオリン協奏曲

今日は先日取りあげたブルーノ・ヴァイルの四季のオケであるカペラ・コロニエンシスのアルバムを紹介。

LindeVcon.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

カペラ・コロニエンシスの演奏を集めたこのアルバム。ハンス=マルティン・リンデ(Hans-Martin Linde)指揮、マリリン・シュミーゲ(Marilyn Schmiege)のメゾソプラノで、ハイドンのカンタータ「ベレニーチェ、何をしようとしているのか?」(Hob.XXIVa:10)、「哀れな民、哀れな祖国」(Hob.XXIVa:7)、イングリッド・ザイフェルト(Ingrid Seifert)のヴァイオリンでハイドンのヴァイオリン協奏曲(Hob.Vlla:4)、そして指揮者がフェルディナント・ライトナー(Ferdinand Leitner)に変わって交響曲92番「オックスフォード」の4曲を収めたアルバム。収録は「ベレニーチェ、何をしようとしているのか?」が1988年1月19日、オックスフォードが1987年12月6日、ドイツ北部のビーレフェルトという街のルドルフ・エトカー・ホール、その他が1987年1月22日ドイツ南部フランス国境近くのフリーゼンハイムのステルネンブルク・ホールでのセッション録音。

今日はハンス=マルティン・リンデが指揮する3曲を取りあげようと思います。

ハンス=マルティン・リンデはリコーダー奏者として記憶していますが、指揮もするのですね。私の若い頃にはブリュッヘンやリンデがリコーダーを演奏したLPがいろいろリリースされていましたので懐かしい名前。
調べたところ、ドイツ、ドルトムント近郊のヴェルネに1930年に生まれた指揮者、リコーダー、フルート奏者、そしてバリトン歌手でもあるとのこと。リコーダー及びフルートの代表的な教則本の著者でもあります。フライブルク音楽院でフルート、作曲、合唱指揮などを学び、故郷のヴェルネでフルート教師と合唱指揮者として働き始め、この頃からリコーダーとフラウト・トラヴェルソの演奏に興味を持つようになりました。1955年以降ケルンの西ドイツ放送と長期間の仕事はじめ、室内楽の録音や、バーゼルのカペラ・バジリエンシスのフルート奏者、のちに指揮者も務めました。バーゼル音楽アカデミーでの教職や、フルート奏者として以上に近年は指揮者の仕事が増えているとの事。このアルバムの指揮ぶりは如何なものでしょう。

カンタータを歌うマリリン・シュミーゲは、1948年生まれのアメリカ人メゾ・ソプラノ歌手で、1978年にウッパータール歌劇場で「コシ・ファン・トゥッテ」のドラベッラ役でデビュー以来ヨーロッパの歌劇場で主に活躍する人。

ヴァイオリンのイングリッド・ザイフェルトはザルツブルク生まれのオーストリア人ヴァイオリニスト。ザルツブルク・モーツァルテウムでヴァイオリンを学び、バロックバイオリンに目覚めてウィーンで勉強を続け、アーノンクールのウィーン・コンツェントゥス・ムジクス演奏を機にオランダに渡りバロック・ヴァイオリンの勉強を続けました。1979年までの数年間ムジカ・アンティクァ・ケルンでも演奏を経験。1978年にロンドン・バロックの共同創設者となり、現在はロンドンバロックのメンバーとして活躍しているようです。

肝心のカペラ・コロニエンシスの情報はこのアルバムのHMV ONLINEのリンク先に詳しく記載されています。

カペラ・コロニエンシスは、1954年、北西ドイツ放送によって創設されたオーケストラ。当時のオーケストラ・メンバーは、主にケルン音楽大学の教授たちで、同時代にドイツ・ハルモニア・ムンディの録音のために設立されたコレギウム・アウレウムのメンバーとほぼ同じとのこと。これは知りませんでした。指揮者は以前触れたとおりフェルディナント・ライトナー、ウィリアム・クリスティー、ジョン・エリオット・ガーディナー、ジョシュア・リフキン、そして1997年からは現監督のブルーノ・ヴァイルになっています。

前置きが長くなりましたのでレビューに。

Hob.XXIVa:10 / Scena di Berenice "Berenice, che fai" ベレニーチェのシェーナ「ベレニーチェ、何をしようとしているのか?」 [D-f] (1795)
ハイドンがロンドンでの演奏会のために作曲した曲。4曲構成でオペラの一場面のような曲です。歌詞はメタスタジオのオペラ「アンティノーノ」の台本から取られています。
古楽器のリッラクスしたオケの序奏からはじまります。マリリン・シュミーゲのメゾ・ソプラノは起伏はほどほどながら、ふくよかな低音域の響きを伴った律儀な歌唱。語るような歌い方。録音は1980年代後半としては鮮明な方でしょう。古楽器オケの音色を魅力的に収録しています。少し遠めに定位するオケとメゾ・ソプラノ。古楽器オケの繊細な響きをゆったりと楽しめる好きなタイプの演奏。適度な起伏と適度なアクセントを自然にまとめて、劇に変化をもたらすように適度な引き締め具合。ハイドンの穏やかかな曲をうまくコントロールして等身大の演奏。メゾ・ソプラノのソロの劇的な歌唱も適度に落ち着いて、劇に集中できそうな演奏と言えばいいでしょうか。音楽にのって場面が移り変わるのを落ち着いて楽しめます。声と古楽器オケの音響の快感を味わえる演奏。

Hob.XXIVa:7 / Cantata "Miseri noi, misera Patria" 「哀れな民、哀れな祖国」 [E flat] (c.1790)
録音日は異なるもののほぼ同じ音響。2曲構成で前曲同様オペラの一場面のようなところも同様。カペラ・コロニエンシスの古楽器オケを非常に素直にコントロール。ただしまとめ方が巧いので単調さはなく、適度に劇的。ハイドンの得意とする癒しに満ちたシンプルなメロディーを素直に演奏しただけのような演奏ですが、ハイドンの真髄に迫っていることは確か。曲をたっぷり楽しめます。

Hob.VIIa:4 / Violin Concerto [G] (c.1765/70)
このアルバムを取りあげようと思うに至った名演奏。この曲も何気ない演奏に聴こえますが、協奏曲の理想的な演奏の一つとしてお薦めすべき演奏だと思います。このアルバムの特徴である非常にリラックスした入り。冒頭から推進力十分の充実したカペラ・コロニエンシスの響き。オーケストラの各楽器の音の数は多いと言うか、繊細な響きを伴うというか、非常に色彩感に富んだ演奏。イングリッド・ザイフェルトのソロヴァイオリンは力感は抑えながらもオケに寄り添い、フレージングのオケとの一体感は恐ろしいほど。あえて力感を抑えて、メロディーをオケと完全に一致させ、非常に繊細なデュナーミクのコントロールでほんのすこし浮き出るように演奏しているよう。すべてを悟りきった仙人のような演奏といえばいいでしょうか。よほど鋭敏な聴覚をもっている事と想像されます。これだけオケとの距離感をきっちり守って弾く人は他にいないでしょう。テクニック以上に素晴らしい音楽的才能がなければこのような演奏は出来ないでしょうね。カデンツァも気負いは一切なく澄み切った心情を感じます。リンデのコントロールするオーケストラも同様。音楽のわかる人には非常にインパクトのある演奏でしょう。
アダージョも普通の演奏ながら、冒頭から癒しエネルギーが炸裂。ザイフェルトは淡々と自身の音楽を置いていくように弾き進めます。まさに天上の音楽。カデンツァの気負いのなさは前楽章以上。古楽器ながら現代楽器以上の表現に加えて、音色の繊細さが加わって、非常に濃密な音楽。
終楽章はヴァイオリンの輝きが増して、オケを一歩リードするようになります。オケも堅実に鮮度の高いサポート。イングリッド・ザイフェルトは気負いもせず、たるみもせず、自己主張に走る事もなく、一番凄いのはそれでいて凡庸に陥る事がなくきりりと引き締まり続けること。素晴らしいヴァイオリンソロですね。まるでハイドンの曲を弾く事を楽しむ事だけに集中したような見事な演奏。

ハンス=マルティン・リンデ指揮のカペラ・コロニエンシスによる1980年代後半の演奏。リンデの指揮は非常に自然で鮮度もある玄人好みの音楽を紡ぎ出しています。カンタータ2曲の伴奏も見事ながら、やはりこのアルバムの聴き所はヴァイオリン協奏曲。古楽器オケの繊細な音色と適度なダイナミックさ、規律、自然さが同居した演奏。カンタータ2曲のメゾ・ソプラノのシュミーゲはもう一歩踏み込んだ表現の余地がありそう。カンタータは[++++]、そしてザイフェルトの秀逸なヴァイオリン独奏とリンデの冷静なサポートが抜群の出来のヴァイオリン協奏曲は[+++++]とします。

東京は明日はこの冬一番の寒さのようですので、今日は暖かくして寝ます。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : カンタータ 声楽曲 古楽器 ヴァイオリン協奏曲

Haydn Disk of the Month - October 2010

Haydn Disc of the Month - October 2010

レビュー記事 ハイドン音盤倉庫:アンドレアス・シュペリングのカンタータ集(10/9)

今月は厳正なる選考の結果、harmonia mundi FRANCEレーベルの、アンドレアス・シュペリングのカンタータ集を選びました。

SperingCantatas.jpg
エステルハーザ宮の写真をあしらったオリジナル盤のジャケット。

SperingCantatas2.jpg
現行盤のジャケット。

(選考経緯)
この賞は今月レビューしたアルバムの中から最も私の心に残ったアルバムを独断で選ぶもの。選考基準はいちおう下記の記事にまとめてあります。

ハイドン音盤倉庫:創設! Haydn Disk of the Month

今月はいいアルバムが多く選考は難航しました。候補となったアルバムのレビュー記事は上記の他に下記のとおり。

ハイドン音盤倉庫:ヘルマン・バウマンのホルン協奏曲集(10/16)
ハイドン音盤倉庫:グリラー四重奏団の鳥(Op.33 No.3)(10/16)
ハイドン音盤倉庫:怪演! ミハイル・プレトニョフのピアノ協奏曲集(10/17)
ハイドン音盤倉庫:マンフレート・フスのオペラ序曲集(10/18)
ハイドン音盤倉庫:ブリュッヘンの十字架上のキリストの最後の七つの言葉(10/20)
ハイドン音盤倉庫:ムーティ/ベルリン・フィルの十字架上のキリストの最後の七つの言葉(10/21)
ハイドン音盤倉庫:デヴィッド・ブラムの交響曲集(10/24)
ハイドン音盤倉庫:ロストロポーヴィチのチェロ協奏曲旧録音(10/25)
ハイドン音盤倉庫:オットー・クレンペラーの時計(10/26)
ハイドン音盤倉庫:フリッツ・ライナーの交響曲集(10/30)
ハイドン音盤倉庫:アーノンクールの天地創造旧盤(10/31)

今月は、心に残る名演奏の候補アルバムがなんと12点。この12点から選考基準に添って、厳正に選びました。この中で、世の中で評価があまり確立しておらず、この選考によって世の中にその良さを知らしめるべきであるという点で、最終的に残すべきだと思ったのが、シュペリングのカンタータ集、プレトニョフのピアノ協奏曲集、フスのオペラ序曲集、ブラムの交響曲集の4点。

シュペリングのカンタータ集はハイドンの超マイナー曲の録音。エステルハージ家の副楽長としてのオフィシャルな仕事で作曲した曲を当時の興奮そのままにつたえる素晴しい仕事。曲自体は祝賀曲ゆえ深みのあるものではありませんが、この曲を素晴しい演奏で聴かせるという偉業とみなしました。

フスの序曲集は現在BISレーベルに移り、ハイドンのオペラの序曲がどれも素晴しい興奮をつたえるいい曲であると知らしめた決定盤。

プレトニョフのピアノ協奏曲はハイドンのピアノ協奏曲を素材にグールドの再来を思わせる超個性的な名演。この素晴しさを広く知っていただきたいもの。

そしてエステルハージ管弦楽団と名付けた自ら創設したオケで1960年代に素晴しい演奏を行った貴重な記録。生気漲る素晴しい演奏ですが、私はまったく存在と価値を知らなかったもの。

これらの中から、先月シュライアーの天地創造という大物を選考したことをふまえ、今月はハイドンのマイナー曲の素晴しい復興を手がけたシュペリング盤を選定したという次第です。

このほか、月末に取り上げた、ライナーの88番の度肝を抜く名演、アーノンクールの天地創造の旧盤の覇気溢れる演奏、クレンペラーのEMI盤ではない時計の素晴しい構築感なども皆さんにお伝えすべき素晴らしさですが、賞の主旨からすると、ファンの方には既に良く知られた名演ということで、選外としました。

さてさて、11月はどのような名演奏と出会えることか。現在のペースでレビューが出来るよう、仕事が忙しくならないことを祈るばかりですね。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : カンタータ 古楽器 おすすめ盤

アンドレアス・シュペリングのカンタータ集

今日は、アーノンクールのハルモニーミサ盤に含まれていたカンタータのところで触れたシュペリングのアルバムを取り上げておきましょう。

SperingCantatas.jpg

上が私の手元にあるアルバム。

SperingCantatas2.jpg
HMV ONLINEicon

こちらはパッケージをあらためた現行盤。harmonia mundiのパッケージ改訂にはいろいろ背景があるんでしょうが、リリース当初のパッケージの美しさは捨て難いもの。個人的には上のデザインの方が購買意欲が湧きます。

アルバムは「エステルハージ家のためのカンタータ集」と題され、3曲のカンタータと交響曲12番の4曲を収めたもの。何れも1763年から64年にかけて作曲されたもの。ハイドンは1732年3月31日生まれですので30代に入ったばかり。このころハイドンはエステルハージ家の副楽長の立場としてエステルハージ家のために数々の作品を書いています。

収録曲目は収録順に次のとおり。

・祝賀カンタータ「目覚めよ、我を信ずる者たち」XXIVa:2(1763年12月10日ニコラウス・エステルハージ侯爵の命名祝日のために作曲)
・祝賀カンタータ「主君の幸運の帰還を祝い」XXIVa:3(1764年12月6日ニコラウス・エステルハージ侯爵の旅行帰還祝賀のために作曲)
・祝賀カンタータ「今やいかなる疑いが」XXIVa:4(1764年12月6日ニコラウス・エステルハージ侯爵の命名祝日のために作曲)
・交響曲第12番(1763年作)

演奏はアンドレアス・シュペリング(Andreas Spering)指揮のカペラ・コロニエンス(WDR)、合唱はケルン声楽アンサンブル、ソロはソプラノがスンハエ・イム(Sunhae Im)、ヨハンナ・ストイコヴィチ(Johanna Stojikovic)、テノールがマックス・チョレク(Max Ciolec)。交響曲のみ指揮がニコラス・クレーマー(Nicholas Kraemer)の指揮。

シュペリングは私のお気に入りの指揮者。古楽器オケによるハイドンの演奏がいろいろリリースされていますが、どれも名演。古楽器の音色を生かしたさっぱりとした表現が特徴。楽譜を忠実に演奏するだけのように見えますが、爽やかなアクセントによって爽快感を特徴とした演奏が多いですね。古楽器の演奏の一つの理想型だと思ってます。シュペリングの演奏だとハイドン曲自体を当時の響きで純粋の楽しめるような気がします。

カンタータとは本来、単声または多声のための器楽伴奏付の声楽作品のこと。このアルバムに収録された3曲のカンタータは、1762年に兄パウル・アントン・エステルハージ侯爵が亡くなり、弟のニコラウス候が侯爵を継いだばかりの時期に、その侯爵を讃えるために作曲した一連の声楽作品ということでしょう。

これらはハイドンがエステルハージ家の副楽長としてのオフィシャルな仕事で作曲したもの。今で言えば宮内庁楽部が天皇家の公式行事のための祝賀曲を作曲したというようなものでしょう。当時の祝賀行事の華やかさが想像できますね。ハイドン自身も自分の曲が250年近くを経て、CDとなって音楽ファンに聴かれることを想像だにしなかったことでしょう。

1曲目の「目覚めよ、我を信ずる者たち」XXIVa:2は6部構成、18分ほどの曲。歌詞の英訳を見ると侯爵を讃える歌そのもの。ソプラノのレシタチーヴォから始まります。イムは清楚で艶のある良く通る声。続いてソプラノとテノールのデュエット。チョレクのテノールも若々しい声でイムと非常に良く合ってます。ソプラノの短いレシタティーヴォをはさみ今度はソプラノ2人のデュエット。2人目のソプラノはストイコビッチ。名前からするとユーゴ方面の人でしょうか。2人の声質も合っていい歌唱です。最後は合唱。オペラの大団円のような曲。コーラスも透明感のあるいい響きですね。1曲目から非常にいい出来です。

2曲目の「主君の幸運の帰還を祝い」XXIVa:3はニコラウス候が旅行から帰還したのを祝して作曲されたもの。私も旅行帰りにカンタータを演奏してほしいものです(笑) 2部構成の10分弱の短い曲。最初はレシタティーヴォ。冒頭から華やかなオーケストレーション。低音弦の特徴的なメロディーをモチーフに曲が展開。オペラの一場面のような絶妙の間をとりソプラノが美しい歌と語り。続いて合唱曲でソロを交えたコーラスが美しいメロディーを歌いハープシコードが装飾をふんだんに加えて華やかさを増します。

3曲目の「今やいかなる疑いが」XXIVa:4は1曲目の翌年のコラウス侯の命名祝日のための曲。4部構成でソプラノと合唱による曲。前年の曲より一層誉れ高い仕上がり。前記事のアーノンクールの小節を利かせた演奏とはことなり、古楽器の雅な音色による祝賀カンタータとして素晴しい仕上がり。前年の曲よりも一層華やかさを増し、ソプラノに求められる音域も広がり、技巧的になります。ソプラノの晴れ舞台の曲としても十分通用する曲調。私の部下がこの曲を書いたら7階級特進の人事を発令しますね(笑)
聴き所はもちろんソプラノ素晴しい艶のある美声。トラック10のアリアはほれぼれする出来。イムの美声を堪能できます。

4曲目は交響曲12番。指揮がクレーマーに変わり、オケの音色がまろやかに。非常にオーソドックスな演奏。この演奏とくらべるとシュペリングのコントロールの方が音に華があるように聴こえます。「朝」、「昼」、「晩」の少し後に書かれた曲。ハイドン初期のほの暗い感じよく出たいい曲です。非常に落ち着いたテンポでゆったり入りますが、デリケートなニュアンスに富んでいていい演奏。技術力は非常にありながら、それをひけらかさない通好みの演奏と聴きました。1楽章は淡々とこなし、2楽章の深い陰影をソフトッタッチで聴かせるなかなかの演出。そして3楽章の明る響きを落ち着いた中でも彩りある響きで聴かせます。アルバム的にはオマケの演奏ですが、実にいい演奏。気に入りました。

このアルバムはハイドンのマイナーなカンタータの魅力を素晴しい演奏で伝える逸品と評価します。もちろんカンタータは3曲とも[+++++]、そして交響曲12番も[+++++]です。

ハイドンが好きな方には是非お薦めしたい名盤ですね。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : カンタータ 交響曲12番 おすすめ盤 ハイドン入門者向け

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

十字架上のキリストの最後の七つの言葉ショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク悲しみオックスフォード交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲古楽器時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフリゲティヨハン・シュトラウスリヒャルト・シュトラウスタリスモーツァルト軍隊交響曲10番ピアノソナタXVI:49交響曲54番迂闊者ネルソンミサバリトン三重奏曲ベートーヴェンピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71ブルックナー交響曲88番ベルリオーズナッセンバッハウェーベルンベンジャミンヴァレーズメシアングリゼーシェルシOp.20弦楽四重奏曲交響曲9番交響曲65番交響曲67番弦楽四重奏曲Op.76交響曲73番交響曲39番狩り交響曲61番リームアンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:48四季交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45ピアノソナタXVI:21ピアノ三重奏曲第九ヒストリカル太鼓連打交響曲99番ボッケリーニロンドンシューベルト交響曲5番チャイコフスキーストラヴィンスキーライヴピアノ協奏曲XVIII:11弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74変わらぬまこと哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェアルミーダ騎士オルランド無人島チマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:3交響曲3番交響曲79番アレルヤラメンタチオーネチェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲27番交響曲19番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎協奏交響曲オーボエ協奏曲LPヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー告別交響曲90番交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ニコライミサ小オルガンミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲93番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃武満徹SACDライヴ録音交響曲80番交響曲81番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかりBlu-ray東京オペラシティ交響曲11番交響曲12番交響曲4番交響曲15番交響曲1番交響曲37番ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ドニぜッティロッシーニライヒャ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26バードアレグリパレストリーナモンテヴェルディ美人奏者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムドイツ国歌モテットカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲62番交響曲107番交響曲108番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ