ピエール=ロラン・エマールのゴルトベルク変奏曲(紀尾井ホール)

3月21日春分の日は、前々日に続き紀尾井ホールへ。

AimardKioiHall2.jpg
紀尾井ホール:ピエール=ロラン・エマール ピアノ・リサイタル

現代音楽も嫌いではない私は、ピエール=ロラン・エマール(Pierre-Laurent Aimard) はかなり気になる存在でしたがこれまで実演を聴く機会には恵まれていませんでした。録音も手元にあるのはブーレーズやメシアンなどの作品集にエマールが参加しているものの他にはアーノンクールとのベートーヴェンのピアノ協奏曲集があるくらいで、膨大な録音を誇るエマールの録音のごく一部を知るにしか過ぎません。ということで今回は3公演のチケットを取り、これが2つ目。前々日にカンブルランと読響にエマールも加わった現代音楽のコンサートを聴いてますが、エマールは2曲目のメシアンでピアノパートに加わった程度。このコンサートはバッハを弾くということで特に興味をそそられチケットを取ったもの。プログラムのメインはバッハですが、前半はエマール得意の現代音楽です。

オリヴァー・ナッセン:変奏曲 Op.24
アントン・ウェーベルン:変奏曲 Op.27
ジョージ・ベンジャミン:シャドウラインズ - 6つのカノン風前奏曲
バッハ:ゴルトベルク変奏曲

IMG_5023.jpg

この日は祝日のマチネーということで、いつものアルコールではなくアイスコーヒーで覚醒して、コンサートに臨みます。

ロビーの掲示によるとプログラムは変わりませんが、演奏順序が変わり、1曲目と3曲目が入れ替わり1曲目がオリヴァー・ナッセンの変奏曲とのこと。現代音楽のコンサートはプログラムの解説が頼りということで、開演前に目を通してナッセンの曲の解説を読んでびっくり。オリヴァー・ナッセン、昨年2018年に亡くなっていたんですね。ナッセンは武満の信奉者として知られ、2016年の武満没後20周年記念コンサートでタクトを取っていた記憶が鮮明に残っています。巨体を揺らしながら武満の透明感あふれる響きを繰り出す見事な手腕はまさに武満の真髄を知り尽くした人だから繰り出せる音楽。このコンサートの模様はライヴ収録され、素晴らしい音質でリリースされており、コンサートレポートと、アルバム自体の双方記事にしています。

2017/11/26 : ハイドン以外のレビュー : 【番外】没後20年武満徹オーケストラコンサート
2016/10/16 : コンサートレポート : 没後20年武満徹オーケストラコンサート(東京オペラシティ)

在りし日のナッセンの姿を思い出しつつ1曲目を聴きます。黒のシックな衣装に身を包んだエマールは、拍手に軽く会釈すると、譜めくりの男性が楽譜をピアノに置くやいなやさっと演奏を始めます。コンサートで演奏するというよりは、自分のために演奏しているよう。明晰なタッチから繰り出される漆黒に輝く芯の強いピアノの音色はエマールならでは。ナッセンの曲は常人には判別しがたい12の変奏で構成される曲ですが、エマールはほっぺたを膨らまして深く呼吸しながら、楽譜に封じ込められた音楽と対峙する修行僧のように恐ろしいばかりの集中力で演奏していきます。グールドのように時折音楽を口ずさみながらの演奏。7分少しの時間があっという間。最後の音が消えると曲の終わりだとわかり、観客からの拍手に包まれますが、軽く会釈するだけで、次のウェーベルンの演奏が始まります。

このウェーベルンはエマールにとって特別な曲なのでしょう。先ほどのナッセンの曲では楽譜と首っ引きでしたが、このウェーベルンでは楽譜に目をやることは少なく、まるで自分の体から音楽が湧き出てくるような演奏スタイル。録音など耳からの情報では極めて冷静に聴こえるエマールの演奏ですが、実演では体を大きく動かし、ある種の特別な感情移入が突き抜けている感じ。ミクロコスモスのように凝縮されたウェーベルンの音楽がイキイキと聴こえてくるから不思議です。

そして3曲目は現代イギリスの作曲家ジョージ・ベンジャミンの作品。エマールによって2003年に初演された曲。6曲からなるカノンの手法で作曲された曲。この曲は超絶的な技巧が必要でしょう。いくつものメロディーが同時に進行するような複層的な表情を持つ曲。抽象的なメロディーが知らぬ間にあちこちに流れており、耳がそれに気づくように始終探査していなければならないような緊張感を持つ曲。エマール独特の鋭い高音域の強音が轟いたかと思うと微弱音で別のメロディーが全く異なるテンポで流れているといった具合。前半3曲はどの曲も短い曲ながら、エマールの技巧と前衛的な気風が際立つ選曲で、エマールの圧倒的な存在感を実感した次第。紀尾井ホールの観客もエマールの超絶的な集中力に圧倒されたことでしょう。

休憩後はお目当のゴルトベルク変奏曲。刷り込みはグールドの旧新両盤ですので、長くても50分くらいかと高を括っていたら、結局1時間20分くらいの演奏でした。冒頭のアリアから明らかにエマールの音とわかる鋭いタッチによる研ぎ澄まされた響きと、明らかに独墺系のピアニストの演奏とは異なる色彩感。エマールの集中力はここでも凄まじいもので、楽譜の中のバッハの音楽と対峙する修行僧のごとき凄みがあります。どこか現代音楽へのアプローチに似て、バッハの書いたメロディーの一音一音をただのメロディーとしてではなく、意味ある音の塊として微視的に変化をつけていくようなところがあり、対位法や変奏を浮かび上がらせるアプローチとは異なり、バッハとしては少々の違和感を感じたのも正直なところ。ただし、気迫に満ちたエマールの迫力にグイグイ引き込まれ、長大な演奏にも関わらず集中して聴き続けられました。終盤から最後のアリアに帰ってくるところの安堵感は登った山の高さを実感するような気分。アリアの最後の一音の余韻が途切れたところで紀尾井ホールの観客の盛大な拍手に包まれました。

エマールも最後は観客の熱気のこもった拍手に何度も深く礼をして応じて、満足げな表情でステージを去りました。アンコールはありませんでしたが、精魂込めた演奏だけにアンコールに応じる余力はなかったでしょう。実演を通してわかったのは、先鋭冷静な録音のイメージとは異なり、かなり体を動かし、またかなり唸りながら演奏すること。あのエマールのキレの良い響きを繰り出すのは冷静なタッチではなく絞り出すような作業からだったということ。そしてクリアというか深い輝きを持つキレの良い高音は大きな手による強靭なタッチから生み出されていること。そしてそれらは類稀な集中力から生まれていること。エマールという人の音楽に少し近づけた気がします。

さて、週末はエマール3発目のコンサートです。



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ナッセン ウェーベルン ベンジャミン バッハ

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

オルガン協奏曲XVII1:1協奏交響曲音楽時計曲ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲93番交響曲70番ヒストリカル軍隊交響曲81番交響曲80番ピアノ協奏曲XVIII:11トランペット協奏曲悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6ロンドンヨハン・クリスチャン・バッハモーツァルトオックスフォード交響曲4番豚の去勢にゃ8人がかりピアノソナタXVI:51ピアノ三重奏曲十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヘンデルバッハラモースカルラッティ驚愕ショスタコーヴィチシェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ベートーヴェンドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲古楽器時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.54天地創造ヴォルフレスピーギタリスリヒャルト・シュトラウスリゲティヨハン・シュトラウス交響曲10番ピアノソナタXVI:49交響曲54番迂闊者ネルソンミサトマジーニバリトン三重奏曲ピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71交響曲88番ブルックナーベルリオーズウェーベルンナッセンベンジャミンシェルシグリゼーメシアンヴァレーズOp.20弦楽四重奏曲交響曲9番交響曲67番交響曲65番狩り交響曲61番交響曲39番交響曲73番リームピアノソナタXVI:20アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:48四季交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:45ピアノソナタXVI:44第九太鼓連打ボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74無人島変わらぬまことアルミーダチマローザ哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ騎士オルランド英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1アレルヤ交響曲79番ラメンタチオーネ交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲19番交響曲58番交響曲27番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー告別交響曲97番交響曲90番交響曲18番奇跡ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ニコライミサ小オルガンミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃武満徹ライヴ録音SACD交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:35ライヒャロッシーニドニぜッティ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4バードパレストリーナモンテヴェルディアレグリ美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲35番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナードラルゴ五度ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオドイツ国歌カノンモテットオフェトリウムよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲62番交響曲107番交響曲108番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲カンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
8位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ