トン・コープマン/アムステルダム・バロック管のロ短調ミサ(すみだトリフォニーホール)

9月8日土曜はチケットを取ってあったコンサートに出かけました。

Koopman20180908.jpg
トン・コープマンプロジェクト2018

いつものようにコンサートでもたったチラシから選んだもの。トン・コープマンが手兵、アムステルダム・バロック管弦楽団と来日して、しかも曲目は好きなバッハのロ短調ミサということで迷わずチケットを取ったもの。

コープマンの素晴らしさを知ったのはモーツァルトのK.136を聴いてから。他の演奏とはレベルの異なるしなやかさと高揚感。この特徴はモーツァルトに合うようで、そのリリースされているモーツァルトの交響曲を色々手に入れて楽しみましたが、最も感銘を受けたのは交響曲23番。当時の古楽器の繊細さと精緻な響きのトレンドとは逆に流麗豊穣かつ湧き上がるような躍動感に満ちた素晴らしい演奏。

もちろんコープマンはハイドンの協奏曲や交響曲を多数録音しているので、レビューでも何度か取り上げています。

2017/09/03 : ハイドン–室内楽曲 : トン・コープマンのクラヴィーア四重奏曲集(ハイドン)
2011/01/14 : ハイドン–協奏曲 : 【新着】コープマン3度目のオルガン協奏曲
2010/09/23 : ハイドン–交響曲 : 新着! コープマンの97、98番

ハイドンの録音はコープマンがハープシコードやオルガンの独奏者を務める室内楽や協奏曲は素晴らしいものばかり。一方交響曲も初期の1枚、パリセットから1枚、ザロモンセットからから1枚リリースされていますが、コープマンらしい流麗な演奏であるものの、それほど印象的な演奏ではありません。それぞれシリーズ化されそうな体裁ながら1枚で終わっているのもそうしたことに起因しているかもしれませんね。

生では、オルガンのソロコンサートを一昨年に聴いています。

2016/06/23 : コンサートレポート : トン・コープマン オルガン・リサイタル(ミューザ川崎)

前置きが長くなりましたが、この日のコンサートはオルガンの独奏曲1曲とロ短調ミサ。

J.S.バッハ:「小フーガ」 ト短調(BWV578)
J.S.バッハ:ミサ曲 ロ短調(BWV232)

指揮・オルガン:トン・コープマン(Ton Koopmam)
ソプラノ:マルタ・ボス(Martha Bosch)
カウンターテナー:マルテン・エンゲルチェズ(Maarten Enngeltjes)
テナー:ティルマン・リヒディ(Tilman Lichdi)
バス:クラウス・メルテンス(Klaus Mertens)
アムステルダム・バロック合唱団(Amsterdam Baroque Choir)
アムステルダム・バロック管弦楽団(Amsterdam Baroque Orchestra)

土曜のコンサートということで、いつも通り開場時間前にホールに着くと、ホールの前の暗い廊下に行列ができています。開演時間前の気分は意外と重要で、サントリーホールやオペラシティの前は明るい広場になっていて待つ間も閉塞感はありませんが、ここは開演前に並ぶのは苦痛ですね。ホールの内部も含めてホールの収容人数にしては空間が狭く、設計者がコンサートを楽しむ人ではなかったのだろうと想像しています。

IMG_3059.jpg

列にしばらく並んでゾロゾロと入場したので、まずは喉を潤しにロビーの上の階にある北斎カフェに直行(笑)

IMG_3060.jpg

ビールにワインにサンドウィッチを頼んで一休み。ビールは冷えた陶製のビアグラスが添えられていて、これはグーです。ワインも軽めながら風味豊かでこちらもグー。そしてサンドウィッチは北斎の浮世絵をあしらったもので、またまたグー。カフェのサービスはいいですね。

IMG_3057 (1)

狭いながらも、カフェスペースは明るい吹き抜けがいい感じです。

IMG_3063.jpg

この日の席は3階席。ホワイエの階段を一番上の階まで昇って席に向かいます。

IMG_3064.jpg

席からの眺めはこんな感じ。かなり個性的なホールの形状が良くわかります。お客さんの入りはほぼ満員と流石の集客力。

開演時刻となり、場内の照明が落ちたと思うと、ステージ上のオルガンの脇からコープマンが登場。観客に会釈してオルガンの前に座ると、1曲めの小フーガが始まります。誰でもが知っている聴き慣れたメロディーが重厚なオルガンの響きでホールを揺るがします。コープマンのオルガンは一昨年ミューザで聴いていますが、構えるところなくグイグイ弾き散らかしていくがごとき勢いが魅力なんでしょう。この日の演奏も指が回りきっていないところなど構いもせず勢いを落とさず轟音を轟かせていきます。わずか数分の演奏で、大曲ロ短調ミサの前にこの曲を演奏しなくてもいいとは思いますが、コープマン自身が演奏することが楽しいのでしょう。演奏が終わって拍手に包まれると、いつものように満面の笑顔で観客の拍手に応えていました。

コープマンがオルガンの前から退場して、しばらくすると、今度はステージ上にオーケストラが静かに入場。入念なチューニングを終えると今度はコーラスが入場。最後に歌手とコープマンが登壇すると、すぐにコープマンがマイクを持ち、直前に起こった台風と地震の犠牲者に対する追悼を述べ、そして、この翌日に予定されていた札幌のコンサートも中止となり、この日がジャパンツアー最後の公演となることを告げると、なんとなく、非常に貴重な公演だと思える雰囲気に包まれました。
ロ短調ミサが始まると、まずはコーラスの澄んだ響きと、コープマンらしい柔らかでしなやかなオケの響きに惹きつけられます。オケから遠い席だったので渾然一体となった響きをまるでアルバムを楽しむように聴けた感じ。オケの各パートは完全にコープマン風にふくよかで自然なフレージングにコントロールされ、スタティックなところは皆無。しなやかに盛り上がり、時に推進力、時に愉悦感に満ちながらじっくりと進めていくような演奏。歌手も声量、響きの艶やかさが揃った人選で流石と思わせるものでしたが特に素晴らしかったのがソプラノのマルタ・ボスが膨よかで美しい響きが最高。アルト役はカウンターテナーでこちらも味わい深い声。ロ短調ミサはそれこそ何度も演奏しているのでしょう、それぞれの曲の表情が揺るぎない説得力をもち、まるで千枚目の写経を無心でこなすような迷いのない演奏。コープマンの弾力ある動きにオケもそれこそいつものように反応。バロックトランペットやティンパニ、木管群などは素晴らしい安定感で燻らしたような深い響きを形作っていきます。また唯一ホルンが登場し超絶技巧を披露するQuoniamでは、時折音が外れるもののナチュラルホルンを見事に吹きこなしてホルンには厳しい音階を滑らかにこなすなどなかなかの腕前。この曲は何度かコンサートで聴いていますが、普通は第1部の終わりで休憩に入るところ、この日は第2部の終わりと曲の大部分を終えたところで休憩。第1部の終わりではかなりフライング気味に拍手とブラヴォーが飛んで、雰囲気を削いでしまいました。休憩後の第3部第4部は合わせても20分くらいなので、こちらも集中力十分な体制で聴くことができ、終曲のDona nobis pacemでは雄大で安らかな響きに包まれる素晴らしい瞬間を味わいました。最後はコープマンが腕を下ろすまで静寂が保たれ、すぐに万雷の拍手に包まれ、観客の拍手に何度も嬉ししそうにお辞儀をするコープマンの姿が印象的でした。

期待通り、コープマンのロ短調ミサは素晴らしかったですね。コンサートではラ・フォル・ジュルネでのミシェル・コルボとローザンヌ室内管のニュートラルな演奏も良かったですし、手元に10組ほどあるアルバムの中では古楽器ではブリュッヘン、現代楽器ではジュリーニが好きな演奏なんですが、このコープマンのコープマンにしかできないしなやかな喜びの表現も捨てがたい魅力があります。コープマンのERATO盤持ってないので、手に入れなくてはなりませんね。ただERATO盤も20年以上前のものゆえ、そろそろ新録音が出てもおかしくないですね。



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : バッハ すみだトリフォニーホール

鈴木秀美/新日本フィルの天地創造(すみだトリフォニーホール)

昨日はすみだトリフォニーホールのコンサートに行ってきました。普段コンサートは夫婦2人で行くのですが、この日は嫁さんは学生時代の友人らと飲み会ということで、行く予定ではなかったこのコンサートの情報を数日前に思い出し、急遽1人分チケットをとった次第。

HidemiSuzukiCreation.jpg
新日本フィルハーモニー交響楽団 トパーズ #574

この日のプログラムは鈴木秀美の振る新日本フィルの「天地創造」。

鈴木秀美はご存知の通り、オーケストラ・リベラ・クラシカとハイドンの交響曲などをライヴで継続して録音している他、チェリストとしてはクイケンの指揮でのチェロ協奏曲の録音もあり、日本における近年のハイドン演奏の草分け的存在です。私もリベラ・クラシカとの録音は手元に10枚以上持っているんですが、特に初期にリリースされた交響曲の録音がピンと来ず、収集癖では誰にも負けない私も最近はあまり手を出していない状態なんですね。オケの精度は良いものの、リズムが重く、なんとなく教科書的な解説調の演奏で、フレーズやリズムに表情はあるのですが、音楽に表情がない感じがいつもつきまとう印象を拭えないという感じでしょうか。そんなこともあって、これまで記事にも取り上げてきませんでした。ただ、食わず嫌いも良くないと思って、このコンサートのことを思い出し、直前でも空席ありということでチケットをとった次第です。

IMG_8565.jpg

この日のソロと合唱は以下のとおり。

ガブリエル/エヴァ:中江早希(Saki Nakae)
ウリエル:櫻田 亮(Makoto Sakurada)
ラヴァエル/アダム:多田羅 迪夫(Michio Tatara)
コーラス:コーロ・リベロ・クラシコ・アウメンタート(Coro Libero Classico Aumentato)

IMG_8564.jpg

土曜のコンサートなので開演は14:00。前々日にとったチケットということで、席は1階の後ろの方ですが、眺めも音も問題ありませんでした。この日の入りは6割くらいだったでしょうか。前日夜にも同じプログラムでのコンサートでしたので、まあまあの集客だったということでしょうか。

定刻になり、コーラスが整然と入場。そしてオケとコンサートマスターが揃ってチューニングを終えると、歌手と鈴木秀美が登壇。タクトなしで腕を振り上げ、第一部が始まります。いつもオケの近くで奏者や指揮者の表情が見える席が多いので、この日の席は遠くでバランスの良いオケの響きが鳴り響く感じで音は悪くありませんが、逆に奏者の表情まではわからないもどかしさがありますね。現代オケでの演奏ですが、やはりノンヴィブラート気味で古楽器らしい雰囲気を感じさせる演奏。オケは弦も金管も安定していてなかなかいい感じ。ただ、冒頭に書いた鈴木秀美風なリズムの重さというかちょっと説明調の雰囲気が残っており、まあ、入りは少し硬さがあるのかなといった感じで始まりました。なかなかの入りと思っていたのですが、混沌の描写でのラファエルの第一声で雰囲気が一変。ラファエルの多田羅さん、音程とリズムがかなりふらつきます。以前アーノンクールとコンツェントゥス・ムジクスの最後の来日公演となる天地創造でのフローリアン・ベッシュのホールを揺るがすような図太い第一声が印象に残っていますが、天地創造ではラファエルの存在は曲の主軸となるもの。この日の多田羅さんは終始この調子で、歌うたびに失速気味。逆にその直後のコーラスは精妙な透明感あふれる素晴らしい響きで持ち直します。そしてウリエルの櫻田さん、ガブリエルの中江さんともに非常にいい出来だっただけに、多田羅さんがかなり足を引っ張った形になりました。やはり、天地創造はラファエルが非常に重要な存在と再認識した次第。演奏の方は第一部のクライマックスにかけて、やはり生ならではの迫力で盛り上がり、演奏の方は期待以上。第二部もウリエル、ガブリエルのアリアは楽しめましたが、ラファエルは全く調子が上がりません。調子の問題ではないかもしれませんね。

休憩を挟んで、第三部はアダムとエヴァのデュエットが聴かせどころですが、変わらず。オケの方は冒頭の硬さがほぐれて朗々とクライマックスに向けて盛り上がりました。最後は拍手に包まれましがが、いつもは拍手が途絶えるまでコンサートの余韻を楽しんで退席するところ、なんとなくすぐに席を立って会場を後にしました。

この日に初めて天地創造を聴く人にとっては、迫力あるオーケストラによってハイドンの名曲を楽しめるコンサートだったと思いますが、私はちょっと楽しめませんでした。これは演奏の問題ではなく、配役の問題でしょう。

逆にテノールの櫻田さんは、バッハ・コレギウム・ジャパンとの共演で何度か聴いていましたが、よく通る透明感あふれる歌唱がなかなか良かったですし、ソプラノの中江さんも、おそらく生で聴くのは初めてでしたが、安定した歌唱でガブリエルとエヴァを好演、何よりコーラスの精度と透明感は印象に残りました。配役に穴があってはいけないといういい事例でしたね。

鈴木秀美とリベラ・クラシカのアルバム、もう少し集めて見ようかと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : すみだトリフォニーホール 天地創造

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

オルガン協奏曲XVII1:1協奏交響曲音楽時計曲ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲93番交響曲70番ヒストリカル軍隊交響曲81番交響曲80番ピアノ協奏曲XVIII:11トランペット協奏曲悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6ロンドンヨハン・クリスチャン・バッハモーツァルトオックスフォード交響曲4番豚の去勢にゃ8人がかりピアノソナタXVI:51ピアノ三重奏曲十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヘンデルバッハラモースカルラッティ驚愕ショスタコーヴィチシェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ベートーヴェンドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲古楽器時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.54天地創造ヴォルフレスピーギタリスリヒャルト・シュトラウスリゲティヨハン・シュトラウス交響曲10番ピアノソナタXVI:49交響曲54番迂闊者ネルソンミサトマジーニバリトン三重奏曲ピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71交響曲88番ブルックナーベルリオーズウェーベルンナッセンベンジャミンシェルシグリゼーメシアンヴァレーズOp.20弦楽四重奏曲交響曲9番交響曲67番交響曲65番狩り交響曲61番交響曲39番交響曲73番リームピアノソナタXVI:20アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:48四季交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:45ピアノソナタXVI:44第九太鼓連打ボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74無人島変わらぬまことアルミーダチマローザ哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ騎士オルランド英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1アレルヤ交響曲79番ラメンタチオーネ交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲19番交響曲58番交響曲27番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー告別交響曲97番交響曲90番交響曲18番奇跡ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ニコライミサ小オルガンミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃武満徹ライヴ録音SACD交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:35ライヒャロッシーニドニぜッティ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4バードパレストリーナモンテヴェルディアレグリ美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲35番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナードラルゴ五度ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオドイツ国歌カノンモテットオフェトリウムよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲62番交響曲107番交響曲108番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲カンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
8位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ