モーゲンス・ヴェルディケ/ウィーン国立歌劇場管弦楽団の99番、「軍隊」

ヤニグロのハイドンが素晴らしかったのでVANGUARD CLASSICSのアルバムをもう1枚。このアルバムもかなり久しぶりに取り出しました。

Woldike99.jpg
amazon

モーゲンス・ヴェルディケ(Mogens Wöldike)指揮のウィーン国立歌劇場管弦楽団の演奏で、ハイドンの交響曲99番、100番「軍隊」、101番「時計」、102番、103番「太鼓連打」、104番「ロンドン」の6曲を収めたアルバム。収録は1956年6月、ウィーン楽友協会小ホール(ブラームス・ザール)でのセッション録音。

今日はこのなかからCDの1枚めの99番、100番「軍隊」を取りあげましょう。

モーゲンス・ヴェルディケは1897年デンマーク、コペンハーゲン生まれの指揮者。1988年に同じくコペンハーゲンで亡くなっています。コペンハーゲンの大学でカール・ニールセンらに音楽を学び、1920年代から60年代までデンマークでオルガン奏者、指揮者、合唱指揮者、音楽学者として活躍していたそうです。1931年にコペンハーゲン中心部にあるクリスチャンスボー城のオルガニストとなり、また1959年から72年までコペンハーゲン協会のオルガニストでもありました。合唱指揮の方ではコペンハーゲン声楽学校の少年合唱団の指揮者、デンマーク国立放送の合唱指揮者などを務めました。そしてスウェーデン放送の指揮者を務めた後、ヨーロッパの主要なオーケストラを客演、地元スカンジナビアやヨーロッパ、アメリカで名声を確立したということです。

ジャケットに写る凛々しい指揮姿はまさに名指揮者そのもの。この時代にウィーン国立歌劇場管弦楽団でハイドンの交響曲を録音をするという事自体がヴェルディケの名声を物語っていますね。

Hob.I:99 / Symphony No.99 [E flat] (1793)
ジャケットの指揮姿から想像されるそのものの音響。凛々しく引き締まった響き。ゆったりしたテンポながらそこそこのキビキビ感もあり、中庸の美学を感じられる演奏。弦楽器にレガートがかかっているので滑らかな響きが心地良い演奏。録音は1956年ということを考えると素晴らしいものがあります。ジャズで良く聴かれる左右の分離が良い録音。オケが中央に定位はするのですが、左右が綺麗に分離して聴こえます。音場は広く響きも豊か。一瞬テープのつなぎ目らしきものがわかるところがありますが気になるほどではありません。一貫したテンポで安定感の高い演奏。演奏自体は少々古風な印象もつきまといますが、それを上回る覇気とエネルギー感。
2楽章のアダージョは99番の聴き所。テンポは一貫してゆったり気味。表情の変化は最小限ですが、ただ演奏するだけでも慈しみ深い曲ゆえ、ゆったり一貫して演奏するだけでも香り立つような情感が浮かび上がります。ゆったりと盛り上がる中間部。なだらかな山脈を遠望するような趣。木管楽器の陰影に富んだ響きがオケの音色に深みを与えます。そして後半更なる高みに。弦楽器がゆったりと織りなす綾がじわりと心に響きます。このアダージョは絶品。至福の一時。
メヌエットは一貫したテンポで軽さを見せながら入りますが、しだいに揺るぎない岩のような強靭さを感じさせるすばらしいもの。99番はこうした穏やかながら筋の通った解釈が生きる曲ですね。
フィナーレもむしろ遅目のテンポでじっくり攻め入ります。最初はかなり抑え気味。徐々にスロットルを開けていきオーケストラに力が漲っていく推移をじっくり楽しむ事ができます。くすんだ迫力あるウィーン国立歌劇場管弦楽団の音色によって立体的に曲の構造が浮かび上がり、老練なのによく見ると筋肉が浮かび上がる壮年のスポーツ選手の鍛え抜かれた体のような味わい深い立体感。無理する事なく曲の構造を詳らかにして終了。

Hob.I:100 / Symphony No.100 "Military" 「軍隊」 [G] (1793/4)
99番の素晴らしい演奏につづいて軍隊。前曲の調子そのままで軍隊を弾かれたら痺れるだろうとの期待をもちながら序奏を聴きます。堂々とした大伽藍の神殿のような序奏。つづいてパルテノン神殿の完璧なプロポーションのごとき立体感とこれ以上ない晴朗さで主題に移ります。まさに軍隊の理想像を描くような圧倒的な説得力。ゆったりしているのに息を飲むようなスペクタクルな展開。全盛期のカラヤンでもここまでの余裕ある覇気は表現できないのではと思わせる完璧さ。テンポは動かさず音楽の芯は微動だにしない揺るぎなさで展開部に。ムジークフェラインの小ホールに響き渡るオケの響き。動と静の完璧なバランス。抑えた金管の号砲。1楽章の最後になんとテンポをあげててキリリと引き締めます。見事。
軍隊のハイライトの2楽章。テンポは一貫しながらも弦楽器主体のオケが色彩感豊かにフレーズを進めます。徐々にエネルギーが満ち、小爆発がはじまります。打楽器陣が非常にテンポ良く穏やかにオケに彩りを加えていきます。なんと豊かな音楽。弦のピチカートがホールに響き、打楽器陣も力が入ります。ハイドンの創意が音になってホールに散乱。荒れ狂うティンパニと打楽器。余韻をフルートが鎮め、トライアングルが名残惜しそうに響きます。エネルギーではなく知性と創意でホールを吹き飛ばすような素晴らしい爆発。すばらしい2楽章。
メヌエットは2楽章の知性の破壊力を日常に引き戻してくれるようなオーソドックスさに引き戻してくれます。ヴェルディケのバトンはハイドンの曲の期待通りの響きで、曲の真髄を把握しきったように、一聴して自然ではありますが、良く聴くと非常に巧みなコントロール。眼光鋭い写真のヴェルディケの意図がCDを通して蘇っています。徐々にノリがよくなってメヌエットを結びます。
フィナーレはところどころテンポを早く打ち、活き活きとした感じを巧みに表現しています。自然な範囲でかなり意図的にアクセント付けにいっています。フィナーレにしては全般に抑え気味の表現ながら、要所要所をクッキリと演出して曲の面白さを思い知らさせるような演奏。最後は打楽器陣が軽く腕前をデモンストレーションするような余裕ある結び。ヤニグロとは逆にテンポを上げる結びが粋ですね。

聴き終わって深呼吸をしなくてはならないような充実ぶり。ヴェルディケのハイドンがここまで素晴らしかったと言う記憶がありませんでしたが、これは圧倒的な演奏。99番のアダージョは宇宙的な深み、そして軍隊の2楽章の素晴らしさも腰にくるようなずしりとインパクトのあるもの。ハイドンの交響曲の最高の演奏として多くの人に勧めたい素晴らしい演奏です。1956年の録音とは思えない素晴らしい録音も絶品。評価はもちろん両曲ともに[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲99番 軍隊 ヒストリカル ハイドン入門者向け

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

ヴェルディケという名前ですが、かろうじて聞いたか聞かないかくらい曖昧な記憶しかありません。半世紀以上前に、ウィーン国立歌劇場管弦楽団と、名演を残してくれていたこと。作曲家とマエストロに、感謝いたします。

第99番、あまり聴きませんが、今宵久々に、朝比奈隆指揮のCD に耳を傾けました。演奏もさることながら、この曲の持つ凄さに、あらためて驚きました。ベートーベンを先取りするような力強い旋律、リズム。緩徐楽章やメヌエットのトリオは、シューベルトに通じる素朴で自然体の流れ。モーツァルトよりはるかに新しい音楽であると再確認しました。クラリネットの響きも、印象に残りました…ご紹介のヴェルディケの演奏も聴いてみたいです。

Re: No title

有田さん、こんばんは。
モーゲンス・ヴェルディケは知る人ぞ知る存在だったのではないでしょうか。経歴を見てもデンマークを中心に活動していたようですし、ウィーン国立歌劇場管弦楽団でハイドンを録音することになったのも、プロデューサーの酔眼ではなかったかと勝手に想像しています。調べると手元にないアルバムに「天地創造」があるようなので、これは探してみないとと思ってます。

99番はニックネームがないので目立ちませんが、名曲ですね。102番なども素晴らしい構成感で聴き応えがあります。ハイドンの交響曲に駄作はなく、ハイドンの創作の推移がわかって貴重です。ニックネームのついた曲にはそれなりの面白さがありますが、ついていない曲も音楽的に一曲一曲創意が凝らされ、ハイドンの想像力がどれほど人並みはずれたものか驚くばかりです。いろいろ楽しんで聴いてください。

ヴェルディケのハイドン

LP時代にハイドンと言えばヴェルディケ、ヘンデルと言えばボイド・ニールと言われたことはご存じないと思いますが、ことほど左様に十八番とは恐ろしいものです。
それを的確にお聴きになる眼力に敬服です。ヴェルディケは当時ハイドンのあらゆるジャンルを録音していました。

Re: ヴェルディケのハイドン

audioterpさん、コメントありがとうございます。

ヴェルディケですが、私の世代は同時代に聴いている訳ではありませんので、純粋に聴いた印象で記事を書いています。ジャケットに写るヴェルディケの姿は、今の時代には失われてしまった指揮者の品格のようなものが感じられて、畏敬の念すら感じさせます。ハイドンの音楽の体現者として一世を風靡したのでしょうね。古い録音には音から伝わるもの以上のものがあることがわかりました。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

時計悲しみ古楽器弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.54弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.64天地創造ヴォルフレスピーギリヒャルト・シュトラウスリゲティヨハン・シュトラウスタリス軍隊交響曲10番モーツァルトピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサバリトン三重奏曲ピアノソナタXVI:52ベートーヴェン交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71ブルックナー交響曲88番ベルリオーズバッハナッセンウェーベルンベンジャミングリゼーシェルシメシアンヴァレーズ弦楽四重奏曲Op.20交響曲65番交響曲67番交響曲9番弦楽四重奏曲Op.76交響曲39番交響曲61番交響曲73番狩りリームピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20アンダンテと変奏曲XVII:6四季交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:45ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:44ピアノ三重奏曲第九太鼓連打ヒストリカルオックスフォード交響曲99番ボッケリーニシューベルトロンドン交響曲5番チャイコフスキーストラヴィンスキーチェロ協奏曲ライヴピアノ協奏曲XVIII:11弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34サントリーホールブーレーズ弦楽四重奏曲Op.74哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ騎士オルランド無人島アルミーダチマローザ変わらぬまこと英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1交響曲3番交響曲79番ラメンタチオーネアレルヤ驚愕チェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲27番交響曲19番紀尾井ホールショスタコーヴィチドビュッシーミューザ川崎協奏交響曲LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲97番告別交響曲90番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ニコライミサ小オルガンミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲93番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃SACDライヴ録音武満徹交響曲81番交響曲80番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかりBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲4番交響曲15番交響曲1番交響曲37番ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:35ライヒャドニぜッティロッシーニ弦楽三重奏曲シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26パレストリーナモンテヴェルディアレグリバード美人奏者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲51番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオカノンモテットドイツ国歌オフェトリウムよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲62番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
5位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ