Haydn Disk of the Month - January 2019

今年のお正月は、母親のいないお正月。昨年中に葬儀や四十九日を済ませてバタバタしているうちに年が明けました。

IMG_4560.jpg

普段の年は、年末から嫁さんが母親に色々聞きながら御節料理などを作ったりするんですが、もちろん御節料理を作るめでたい気分であるはずもなく、また、年末に無理やり旅行に行って、ちょっと気晴らしをしたりしているうちに年が明けたという感じ。ということで、お正月はあり合わせのものでちびちびやっていました。写真は年末の伊豆旅行のお土産のイナゴ(笑)と塩辛。いただきものの日本酒と肴でちびちびやりながら正月を過ごしました。

1月はブログの方も旅行記を書いているうちに半ば過ぎて、仕事も出張が多かったり、色々飲み会があったり、仕事以外でも寒中見舞いを作ったり、香典返しの手配をしたり、相続の整理などバタバタしているうちに月末になってしまいました。バタバタしているうちに月末になるのはいつものことですね(笑)



レビューもはかどらず、月末記事をどうしようかと思ってはみましたが、幸い素晴らしいアルバムにも出会いましたので、書くことにしました。今月のベスト盤はこちら!

Rabinovich1.jpg
2019/01/21 : ハイドン–ピアノソナタ : 【新着】ロマン・ラビノヴィチのピアノソナタ全集第1巻(ハイドン)

このところハイドンのピアノソナタの注目すべき録音が色々リリースされる中、全集を謳ってリリースされたもの。記事にも書きましたが、定番のオルベルツの全集を過去のものにするような、ハイドンのソナタの決定盤的素晴らしさ。ハイドンのソナタの魅力を全て含んだような見事な演奏で、今後のリリースが楽しみです。未聴の方は是非聴いてみてください。記事のコメントで、当ブログの影のご意見番、Skunjpさんも激賞の名盤です!




実は1月はコンサートにも2つ出かけていたんですが、それも記事にしていませんでしたので、最後にちょっと触れておきます。

IMG_4724_20190131222909a71.jpg
読売日本交響楽団:第213回土曜マチネーシリーズ

一つは読響(1月12日東京芸術劇場)ですが、お目当てはホアキン・アチュカロというスペインのピアニストのラヴェルのピアノ協奏曲。これは絶品でした。86歳と高齢にも関わらず輝かしい音色に含蓄に富んだリズム感と深い陰影。アンコールは左手だけで弾くスクリャービンの「左手のための2つの小品〜ノクターン」も左手だけから実に深い音楽を紡ぎ出します。86歳とは思えぬ素晴らしいテクニックとあふれんばかりの音楽に感激。この日の指揮は山田和樹で、初めて聴きましたが、後半のシェエラザードはアニメ音楽のような語り口で、深みに欠けた感じ。伝統的なクラシックとは違う感性の持ち主のようですが、新たなファン層の拡大にもなっているのでしょうね。ライヴ収録されていたようですので、アルバムがリリースされるかもしれません。皆さんの耳で確かめてみてください。

IMG_4760_20190131222911630.jpg
東京オペラシティコンサートホール:バッハ・コレギウム・ジャパンベートーヴェン《第九》

もう一つはバッハ・コレギウム・ジャパンの第九(1月24日東京オペラシティ)。バッハ・コレギウム・ジャパンは何度か聴いていますが、宗教音楽以外をやるというイメージを持っていなかったのでチケットを取った次第。前半3楽章はちょっとせかせかとした印象で、オケの精度もちょっと荒いところもありましたが、圧巻だったのは4楽章。特にコーラスの透き通るようなハーモニーと声量は圧倒的。第九はコンサートも録音も色々聴いてはいますが、これほど素晴らしいコーラスは初めてでした。オケも最後は静謐なバッハを奏でるバッハ・コレギウム・ジャパンらしからぬ怒涛の迫力で締める見事な演奏でした。



さて、これから年度末に向けてどうも仕事はバタバタしそうですので、記事を書くペースは上がりそうにありませんが、無理せずやっていこうと思います。引き続きよろしくお願いいたします。



2019年1月のデータ(2019年1月31日)
登録曲数:1,365曲(前月比+1曲) 登録演奏数:11,340(前月比+85演奏)



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ラヴェル リムスキー・コルサコフ ベートーヴェン

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは!影のご意見番です!(^^)

Daisyさん、こんばんは!

影のご意見番への大抜擢、有り難き幸せです(^^)。希少なハイドンブログです。陰ながら応援させていただきます!

早いもので、バタバタしているうちに、年が明けたと思ったらもう2月も半ば近いですね。光陰矢の如し!人の心痛を癒やすのは歳月と言いますが、時間がスルスルと流れるのも時には悪くありません。

さて、私のハイドン鑑賞ですが、もうハイドンって何でこんなに飽きないのか、そしてますます面白く感じられるのか、本当に不思議です!

私の場合はいろいろと用事をしながら聴くことも多いのですが、いつしか手が止まり、気がつけば用事をほっぽり出して聴き込んでいます。(いかんいかん…)

特に弦楽四重奏曲とピアノ曲を偏愛していますが、聴きたくても聴けないあのクロイツベルガー弦楽四重奏団の演奏に横目を使いながら(^o^;、若手の弦楽四重奏団のハイドンを片っ端から聴いています。

本当にそれぞれが個性的で、若いながらハイドンに打ち込む熱意と成果が心強い限りです。

そしてピアノソナタ!モーツァルトでもなくベートーヴェンでもなく、あえてハイドンに一枚を費やする見識が泣けますね。こちらもSpotifyで聴きまくってます!

幸いにしてDaisyと重なった時にコメントさせていただきたいと思います!

では、ますますお宝の名演がゾクゾクと掘り出されますように!(^^♪

失礼!

> 幸いにしてDaisyと重なった時に

すみません。Daisy「さん」が抜けていました。<m(__)m>

Re: こんばんは!影のご意見番です!(^^)

Skunjpさん、いつもながらコメントありがとうございます。

巷では、やれ、クラシックはブルックナーがとどめだの、クルレンツィス爆演だの言っている日本人のなんと多いことか!(チコちゃんの森田アナ風)

我々酸いも甘いも嚼み分けた大人(前期高齢者)は、ハイドンの室内楽の限られた音符の中にどれだけ多彩なアイデアと美しいメロディーが込められているかをじっくり楽しんで豊かな音楽生活を送っているんですね(笑) 解きほぐせないほどのアイデアが盛り込まれた音楽だからこそ、飽きるどころかますます深みにハマっていくわけです。身を任せてさらに深みにハマりましょう(笑)

ご指摘通り、若手演奏家によるハイドンの演奏には惹きつけられるものが多いですね。現代の感覚とハイドンの時代から普遍性のある音楽が出会うことで新たな価値が生まれているのでしょう。

あと3回突っ込んでいただければ名誉ご意見番の称号を進呈いたします!

さらに発掘を続けます。

追伸

Daisyさん、追伸です。

最近、しばしば聴いて楽しんでいる弦楽四重奏団とは、たとえばサラゴン四重奏団であったり、それよりも頻繁に聴いているのはエンゲゴール四重奏団のOp76の5だったりします。

確かエンゲゴール四重奏団はOp77の1がありましたが、あちらは新鮮な秀演ながら若干荒い感じがしました。

ところがOp76の5の方は曲の魅力に新たに開眼させられる演奏でした。私の持論としてOp76という曲集全体が四重奏の枠を超えて弦楽オーケストラに近づいている印象を持っており(ハイドンがそこを目指した?)、なかなかしっくりくる演奏がなかったのですよ。

その点、エンゲゴール四重奏団は妙に説得力があり、他の優秀盤をしのぐ魅力を感じます。

そういえば、Daisyさんのリストを拝見したのですが、この盤はお持ちではないとお見受けしました…(^-^;

Re: 追伸

Skunjpさん、コメントの波状攻撃ありがとうございます!


サラゴン四重奏団もレビューしたのはもう5年も前のことで、若干記憶が薄れかかっていたので、取り出して聴き直してみると、若手らしい瑞々しい感性が光るなかなかいい演奏ですね。レビュー当時は超鮮明な響きへの驚きがちょっと人工的な印象を感じたように書いてありますが、若手の感性を素直に受け入れるこちらの懐が浅かったかもしれませんね。今聴くと迸るような表現意欲にあふれた演奏に聴こえます。

エンゲゴール四重奏団は、以前レビューした時にOp.76のNo.5の方も探したんですが、手に入らなかったので、そのままになっていました。こちらの方が良いとの啓示がありましたので、遅ればせながら早速注文を入れさせていただきました(笑) 到着が楽しみであります!


プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

交響曲76番オックスフォード交響曲90番ライヴ録音ヴィヴィアーニバリトン三重奏曲四季ロンドンピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:21ベートーヴェンピアノソナタXVI:19古楽器ピアノソナタXVI:23先生と生徒音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲オルガン協奏曲XVII1:1協奏交響曲ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲93番軍隊ヒストリカル交響曲70番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番トランペット協奏曲悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6モーツァルトヨハン・クリスチャン・バッハ交響曲4番ピアノ三重奏曲ピアノソナタXVI:51豚の去勢にゃ8人がかり十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモーバッハヘンデルスカルラッティショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフタリスリヒャルト・シュトラウスヨハン・シュトラウスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71ブルックナー交響曲88番ベルリオーズウェーベルンベンジャミンナッセンメシアンシェルシグリゼーヴァレーズ弦楽四重奏曲Op.20交響曲67番交響曲9番交響曲65番交響曲73番交響曲39番交響曲61番狩りリームアンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打ボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74無人島騎士オルランドアルミーダ変わらぬまこと哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲27番交響曲19番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ドニぜッティライヒャロッシーニ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26アレグリモンテヴェルディパレストリーナバード美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌オフェトリウムカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ